また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > guchi999さんのHP > 日記
2020年04月08日 17:28昔話全体に公開

山と車とアクシデント

 先月、peachyさんが、山に行こうとしたら飛び石で車のガラスにヒビがはいり、山は諦めたという話を書かれていました。( https://www.yamareco.com/modules/diary/44874-detail-206091 )私も同じような経験があります。

 友人と月山、鳥海山、岩手山の3つを登ろうと前夜発3泊4日の東北遠征に出発した直後、関越道の東松山インターを過ぎたあたりでビシッという音がしてフロントガラスに夜目にも判る傷が付き、嵐山パーキングで確認をすると2僂らいのヒビが入っていました。出鼻を挫かれた感じでしたが、友人とのスケジュールの都合もあり、併せガラスだからいきなり前が見えなくなることは無いだろうとそのまま続行、ヒビが広がらないか心配しながらの4日間になりました。
 これ以外にも、車で山に行った時のアクシデントが幾つかあります。

 11月の蓼科山に行くために夜中のビーナスラインを上がって行くと、道が大きくカーブした所でスピンしそうになって焦った事がありました。沢から流れ出た水が凍り、それで滑ったのです。運よくスピンはしなかったけど、チェーンも無く、その先も凍結しているのは明らか。戻る事にしました。
 戻るのは良いのだけど、そこに来るまでにも何ヶ所か凍結した所を通過してます。それまでは意識せずに通過した所でも、一度滑ってしまうと慎重になります。凍結箇所の手前で止まり、滑らないようにゆっくり下る、それを繰り返していました。
 しかし、これが逆に良くなかったのでしょう。路面が傾いた所でハンドルを真っすぐにしているにも関わらず、車が斜めに進み始めました。道路の端はガードレールが無く、そちらの方に吸い寄せられて行きます。ハンドルを切っても方向は変わらず、ブレーキを踏むと横滑りは更に大きくなります。それでも何とか脱輪する前に凍結した所を通過出来ましたが、あれは気が気ではありませんでした。

 滑ったといえば、ある年の冬、雪の降るなか富士見から八ヶ岳へ向かう途中、チェーンを付けるのが面倒で騙し騙し走っていたら、とうとう坂道で車が上がらなくなり後ろに滑り始めました。その時は友人が運転していたので「なんか後ろに下がっているけど大丈夫なのか?」と聞いたら「あんまり大丈夫じゃないと思う・・・」なんて言う。
 幸い他の車もおらず数mほど下がった所で道を塞ぐように斜めになって止りましたが、もっと早くチェーンを付けるべきでした。

 山ではありませんが車山にスキーに行き、駐車場に着いてサイドブレーキをうっかり引いたら凍り付いた事もありました。1日スキーをやって帰る時になっても凍り付いたまま。仕方なしにロックした後輪を引きずりながらノロノロと白樺湖まで下って、やっとサイドブレーキが外れました。
 FF車でサイドブレーキが凍り付くと厄介です。雪や凍った下り坂で後輪がロックしてるとスピンしやすくなりますから。
 雪道では他にも、ブレーキを踏んだら車輪がロックして雪の壁に突っ込んだり、路上の氷の塊を踏んで車が180度回転したとか、ありがちな事をやらかしてます。

 山からの帰り道、長い下り坂でブレーキが利かなくなった事もありました。これは雪道ではないですが、山中湖から三国峠を越えて小山に下る坂道で、ブレーキを踏んだら前輪から白煙があがりブレーキが利かなくなったのです。
 白煙の原因はブレーキスピンドルがパッドを突き破り、熱いディスクにオイルが吹き付けたからでした。パッドが薄くなってるのは分かっており、山から帰ったら交換するつもりでしたが、まさかあんな事になるとは思っていませんでした。
 マニュアル車だったので1速までシフトダウンし、サイドブレーキで止めようとしましたが、1速でも十分にスピードが落ちず、最悪は側壁に擦り付けて止める覚悟もしていると、傾斜が緩くなった所があり、そこで止める事ができました。
 いま乗っている車はオートマチックで、サイドブレーキは電磁式です。これで同じようなアクシデントがあった時に対処できるか不安な気がしてます。もっとも、そんな心配をするより、ちゃんと整備点検しておけばよいのですけどね。

 これはアクシデントと言うには微妙ではありますが、八ヶ岳へ行くために友人の運転する車で夜中の中央道を走り、諏訪インターの料金所で検問で停められたことがありました。
 警官に免許証を求められた友人は、私に向かって「おい、免許を出せよ!免許!」と言うのです。一瞬、何の事かと思ったけど、彼は山で無くすのが嫌だからと免許を持って行かないのを知ってたので、後部座席に置いたザックから自分の免許を出して友人に渡しました。彼はそれを警官に提示して平然としています。警官も特にいぶかる様子もなく一瞥しただけで、すぐに免許を返してくれ「それでは、お気をつけて。」と無事放免。
 私と友人は年齢と身長こそ同じようだけど、人相や髪型は違います。あきれて「よく、人の免許で通ろうと思ったなぁ」と言うと「暗いし、どうせ良く見やしね〜よ。しかし、余計な事を言わずに免許を出してくれて助かったよ。」と澄ましていました。

 取り留めもなくダラダラと書いて長くなったので、これでお終いにしますが、ここに書いたアクシデントは、最初の一つ以外は全て八ヶ岳およびその周辺に出かけた時の話です。八ヶ岳とは相性が悪いのかという気もしますが、それだけ多く八ヶ岳周辺に行ってるからなのでしょう。長く山をやっていると、こういう事例も溜まるものです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:595人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2015/1/26
投稿数: 3595
2020/4/8 19:55
 RE: 山と車とアクシデント
こんばんは。
スリルを感じながら楽しく読ませていただきました!
よくぞ生きながらえて、と!
写真がとってもカッコえーです。
登録日: 2017/12/4
投稿数: 840
2020/4/8 19:57
 RE: 山と車とアクシデント
こんばんは。
去年11月末に蓼科と車山に、車で行った時、
人工雪を降らせていて、何台か車が通って、道にうっす〜く引き延ばされてた雪が付いていて、歩いてたら絶対こけるやつや〜って思って運転緊張したのを思い出しました
反対車線から車が来なかったので、怖くて真ん中を走りました。
情景が想像できるだけに、日記読みながら緊張しました(笑)
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1760
2020/4/8 21:51
 RE: 山と車とアクシデント
guchiさん、こんばんは!

飛び石を受けた時は、こんな不幸な目に合うのは私だけだ(T^T)と
この世の終わりくらいの凹みようでした。
私がピンチの時には、いつも助けてくださりありがとうございます!
私より上級の苦労話を聞かせていただき励まされました(*^-^*)
おかげさまで先週無事にフロントガラスの交換の修理が終わってピッカピカの新品に生まれ変わり、
車に乗る度に気分上々、ゲンキンなものです(^_^;)

山に行く時は、一般道以外もたくさん走りますから、ドキドキする場面もたくさんありますよね💦

登山2年生くらいで一人で初めてテント背負って雲取山に行った時、
いろいろ不安だから夜中出発で行ったんですけど、
上野原を過ぎてから急に山の中になって、一人のドライブがめちゃめちゃ怖かったです。
あ、別にアクシデントはありませんでしたが💦
あの頃と比べると、今はだいぶ神経が太くなりました(笑)

雪道はまだ一人で走っていないので、
guchiさんのご経験のお話、ためになりました!
登録日: 2013/11/24
投稿数: 2337
2020/4/9 9:41
 RE: 山と車とアクシデント
showさん、こんにちは。

車でのアクシデントは誰にもあるでしょうが、書いていて我ながら少し多いかもしれないと思いました。
それでも、車は多少壊れた事があっても体は無傷な事が多かったから悪運が強いのでしょう。
ただね、その悪運がいつ尽きるのか不安なところもあるのですよ。

写真は高ボッチ高原に夕日の写真をを撮りに行った時、車に反射しているのが綺麗だったので撮りました。
ただ、車は自分のではなく友人のですが。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 2337
2020/4/9 10:21
 RE: 山と車とアクシデント
akangelさん、こんにちは。

雪道は慣れないと怖いですよね。
でも、滑りそうなのを上手く走れたとか、少し滑る感じが独特な楽しさみたいなのもあって、嫌いじゃないです。
ただ、車山のように天気が良い日が多くて、気温が低く、車の数も多い所だと、テカテカに磨かれたアイスバーンになり、あれは厄介です。
昔みたいにピンのあるスパイクタイヤならまだしも、スタッドレスは滑るからチェーンも用意した方が良いですね。
でも、今は持ってないのですけど。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 2337
2020/4/9 10:56
 RE: 山と車とアクシデント
peachyさん、こんにちは。

なにかアクシデントがあると、自分だけが不幸だという気分になりますよね。
助けるもなにも、単に自分の意見や経験を書いているだけですが、それが何らかの助けになっているのであれば幸いです。
なにはともあれ、ガラスが新品になって良かったですね。

山に行く時は、車通りの少ない道を夜に走る事が多いから慣れないうちは不安だったでしょうね。
上野原から雲取だと鶴峠を越える道ですね。
あそこではイノシシが出てきて、車の前を逃げるから追い回したようになった事があります。
そんな気はなかったのですけどね。
そういえば別の所ですが、シカが前に飛び出してきて、ぶつかりそうになった事もありました。動物も要注意です。

雪道は、akangelさんへのコメントにも書いたけど、楽しさとともに気をつけなければいけない事が色々ありますね。
まあ、それも”慣れ”ですけど。
登録日: 2013/11/8
投稿数: 1186
2020/4/25 20:28
 RE: 山と車とアクシデント
guchiさん、お久しぶりです。緊張と共感して拝見しました。ご経験豊富ですね。蓼科山で引き返されるくだりは力入りました〜笑。

私もフロントガラスのヒビ経験あります。正月になぜか僅かにヒビが入ってて、修理できないまま月末に八ヶ岳へ向かい渋ノ湯に着いたら窓の端から端までに大成長しててビックリ。外気-12℃の中、28℃の温風を当てててからかもしれません。整備不良とも言いますが汗。

GWにこれまたなぜか八ヶ岳のオーレン小屋へ行く桜平の朝イチの林道でも一箇所ツルツルの坂道があり、勢いつけて何とか通過しましたが、右の沢へ落ちなかくて良かったと後から冷や汗でした。

家族で地元のスキー場に行った帰りに、急坂の細い林道をゆっくり下ってて、ワダチでスリップしゆっくり右ターンし右の雪壁にあたって止まり、180度回転したので対向車には何事もなかったような顔をしてまたスキー場へと登って行ったことがあります。左にターンしてたら谷底でした〜汗。未だに嫁さんに握られてる弱みの一つです。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 2337
2020/4/26 8:42
 RE: 山と車とアクシデント
pewa-lakeさん、お久しぶりです。
いやいや、pewa-lakeさんも色々経験されてるじゃないですか。

フロントガラスのヒビを放置しておくのは確かに整備不良なのだけど、修理は日数がかかるし料金も高いから、小さいヤツだと先延ばしにしてしまいますよね。
私はガラスのヒビは3回経験があり、最初にヒビが入ったときは車もボロで買い換えるつもりだったので半年以上そのまま乗ってました。

雪道や凍結路でのスリップやスピンは誰しもありますよね。
180度回転して何事もなかったように戻った気持ち分かります。
私も滑って尻を振った時に同乗者が騒ぐので、ドリフト走行だと言い張った事があります。
後になっても色々言われるけど、大事にならなかったなら結果オーライです。


ページの先頭へ