また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1090235 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(槍平冬期小屋1泊2日、登り中崎尾根、下り大喰尾根)

日程 2017年03月19日(日) 〜 2017年03月20日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候3/19(日)曇り時々雪→雪
3/20(月)晴れ(強風→無風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は新穂高登山指導センター向かいにある登山者専用無料駐車場(冬期)に止めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間1分
休憩
14分
合計
5時間15分
S新穂高温泉無料駐車場08:4809:02新穂高登山指導センター10:06穂高平小屋10:59白出沢11:1012:49滝谷避難小屋12:5214:03槍平小屋
2日目
山行
15時間42分
休憩
4時間6分
合計
19時間48分
槍平小屋01:2404:20停滞地点06:3008:12中崎尾根の最後にある木08:4309:44千丈乗越11:54槍ヶ岳山荘11:5612:26槍ヶ岳12:3613:20槍ヶ岳山荘13:2313:36飛騨乗越14:00大喰尾根のトップ14:0615:15宝の木15:2716:13槍平小屋17:0417:29滝谷避難小屋19:09白出沢19:58穂高平小屋21:04新穂高登山指導センター21:0521:12新穂高温泉無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中コース上で休憩を何回か取っているので休憩時間はもっとあります。
コース状況/
危険箇所等
▶残雪期とはいえ槍ヶ岳は気軽に登れません。
 
▶天気、風、雪の質や量などで難易度は変わると思います。
 自己責任で事故のないよう登りましょう。
 ご安全に!!
 
 
★参考までに3/20現在の状況を少しだけ・・

・穂高温泉〜槍平小屋までにあるいくつか沢や急斜面の尾根でデブリがほとんどなく不気味でした・・・これから雪崩れるのかな?
 (昨年同時期に登った時は全ての沢や尾根でデブリがあり「一度しっかり雪崩れたんだなー」と少しは安心して歩けたのですが・・・)

・槍平小屋から宝の木までもデブリはほぼ無し・・・
 (現在パワーを溜めている状況なのか??)

・上記のことからいつ雪崩れてもおかしくないと思うので入山される方は注意して下さい。

・新穂高温泉〜槍平小屋まではトレースあります。
 ラッセルされた方々、ありがとうございました。おかげで快適に歩けました♪
 途中、白出沢〜滝谷区間は右俣谷沿いにトレースがついてますが、白出沢を右俣谷まで下ってから右俣谷沿いを歩くトレースもありました。(BCの人のトレースだと思います。)下山時にそのトレースを辿ると遠回りになるので途中で右俣谷沿いから登るトレースを見逃さないよう注意して下さい。

・中崎尾根は前日に何人か登ったということでしたが翌日にはトレースは無し。
 (私たちが歩いた何分か後にはそのトレースは無くなってましたからねーww)

・大喰尾根はトレース無し。

・槍ヶ岳穂先の下のほうの雪は滑るので注意して下さい。
 (アイゼンに雪団子できまくりでした。)

・槍の穂先は鎖はほとんど埋まってました。

・大喰尾根の下りでもアイゼンに雪団子ができまくり滑ったので注意して下さい。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

新穂高登山指導センターで登山届提出済証のカードをもらって登山開始!!
(登山計画書は事前にメールで提出済み。)
2017年03月19日 09:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターで登山届提出済証のカードをもらって登山開始!!
(登山計画書は事前にメールで提出済み。)
3
白出沢に到着
2017年03月19日 10:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢に到着
デブリ無し・・・
2017年03月19日 12:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ無し・・・
1
ここもデブリ無し・・・
2017年03月19日 12:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもデブリ無し・・・
1
滝谷もデブリが無い・・・
2017年03月19日 12:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷もデブリが無い・・・
2
ようやく槍平
2017年03月19日 13:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく槍平
槍平冬季小屋に泊まります
(冬季小屋があるっていいですね♪)
入口掘るの大変だったろうなー・・・除雪してくださった方々ありがとうございました。
2017年03月19日 14:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平冬季小屋に泊まります
(冬季小屋があるっていいですね♪)
入口掘るの大変だったろうなー・・・除雪してくださった方々ありがとうございました。
8
ここから3/20です。

さて、今日中に新穂高温泉へ下山するのでこの時間(1:24)から行動開始します。
このあと中崎尾根の途中で星や月が見えるのに雪が舞って視界が確保できず風を避けれるところでツエルトを被って様子見野→風がおさまる感じではなかったので風が弱いところまで少し戻って雪洞掘って停滞→Iくんが不安そうにしてたので「ダメなら撤退するけどいい?」と聞くと「了解です。」と返事が返ってきた→夜明けまで待ってみましたが体が冷えてきて風も相変わらずの状態・・・9:00〜風が弱くなりその後は良くなるという予報でしたが「ま、雪山ってこんなもんだよね(笑)下山しよっか?」と言って了承してもらい下山開始した。
2017年03月20日 01:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから3/20です。

さて、今日中に新穂高温泉へ下山するのでこの時間(1:24)から行動開始します。
このあと中崎尾根の途中で星や月が見えるのに雪が舞って視界が確保できず風を避けれるところでツエルトを被って様子見野→風がおさまる感じではなかったので風が弱いところまで少し戻って雪洞掘って停滞→Iくんが不安そうにしてたので「ダメなら撤退するけどいい?」と聞くと「了解です。」と返事が返ってきた→夜明けまで待ってみましたが体が冷えてきて風も相変わらずの状態・・・9:00〜風が弱くなりその後は良くなるという予報でしたが「ま、雪山ってこんなもんだよね(笑)下山しよっか?」と言って了承してもらい下山開始した。
5
【中崎尾根の雪洞待機地点】
トレースは無くなってます・・・
(この左下に雪洞掘りました。)
2017年03月20日 05:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中崎尾根の雪洞待機地点】
トレースは無くなってます・・・
(この左下に雪洞掘りました。)
3
【中崎尾根の雪洞待機地点】
歩いてきたところもトレースは綺麗に無くなってます(笑)
2017年03月20日 05:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中崎尾根の雪洞待機地点】
歩いてきたところもトレースは綺麗に無くなってます(笑)
2
【中崎尾根の雪洞待機地点】
槍ヶ岳など
2017年03月20日 05:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中崎尾根の雪洞待機地点】
槍ヶ岳など
1
【中崎尾根の雪洞待機地点】
穂高など
2017年03月20日 05:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中崎尾根の雪洞待機地点】
穂高など
3
ここで撤退すると言ったので記念写真を撮りまくる(笑)
Iくんと槍
2017年03月20日 06:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで撤退すると言ったので記念写真を撮りまくる(笑)
Iくんと槍
5
Iくんと穂高
2017年03月20日 06:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iくんと穂高
6
Iくんと中崎尾根
2017年03月20日 06:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iくんと中崎尾根
5
Iくんと雪洞
2017年03月20日 06:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iくんと雪洞
6
やっぱりまだ風強い・・・
2017年03月20日 06:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりまだ風強い・・・
快晴なのに・・・
2017年03月20日 06:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴なのに・・・
雪洞崩して下山開始
2017年03月20日 06:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞崩して下山開始
雪煙あがりまくり!!
2017年03月20日 06:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙あがりまくり!!
1
若者にラッセル頼んでのんきに写真ww
このあと天気・風・体力・時間・そして気力など総合的な状況を判断して再アタックすることにしました。
2017年03月20日 06:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若者にラッセル頼んでのんきに写真ww
このあと天気・風・体力・時間・そして気力など総合的な状況を判断して再アタックすることにしました。
2
中崎尾根の最後にある木のところでアイゼン装着
2017年03月20日 08:12撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中崎尾根の最後にある木のところでアイゼン装着
2
ここは直登せず右からトラバースして千丈乗越へ
2017年03月20日 09:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは直登せず右からトラバースして千丈乗越へ
4
予定の5:00より4時間44分遅れの9:44に千丈乗越に到着
2017年03月20日 09:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定の5:00より4時間44分遅れの9:44に千丈乗越に到着
2
手前にある雪の穴の中から雷鳥が飛び出してきてビックリして思わず声をあげました(笑)
2017年03月20日 09:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前にある雪の穴の中から雷鳥が飛び出してきてビックリして思わず声をあげました(笑)
12
なかなか着かない・・・
2017年03月20日 10:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか着かない・・・
5
大迫力!!
2017年03月20日 11:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大迫力!!
17
槍ヶ岳山荘でロープなど準備して、Iくんは荷物デポして登攀開始!!
2017年03月20日 11:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘でロープなど準備して、Iくんは荷物デポして登攀開始!!
5
はしごを登りきったIくん
2017年03月20日 12:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごを登りきったIくん
4
雪に埋まっている鎖場
2017年03月20日 12:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋まっている鎖場
5
鎖場を通過したIくん
2017年03月20日 12:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を通過したIくん
7
【槍ヶ岳山頂より】
槍ヶ岳山荘のほう
2017年03月20日 12:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【槍ヶ岳山頂より】
槍ヶ岳山荘のほう
6
おつかれ〜
2017年03月20日 12:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれ〜
10
【槍ヶ岳山頂より】
常念とか
2017年03月20日 12:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【槍ヶ岳山頂より】
常念とか
10
【槍ヶ岳山頂より】
小槍のほう
2017年03月20日 12:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【槍ヶ岳山頂より】
小槍のほう
2
Iくん、やったね!!
2017年03月20日 12:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iくん、やったね!!
18
セルフでツーショットを試みるも・・・
2017年03月20日 12:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフでツーショットを試みるも・・・
6
ピンボケ(笑)
2017年03月20日 12:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケ(笑)
16
では、またいつか
2017年03月20日 13:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、またいつか
6
下りは大喰尾根から
2017年03月20日 13:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは大喰尾根から
3
飛騨乗越を通過
2017年03月20日 13:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越を通過
2
トラバースするのが近道だけど今回は直登します
2017年03月20日 13:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースするのが近道だけど今回は直登します
1
登り返しは堪える・・・
2017年03月20日 13:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しは堪える・・・
大喰尾根トップから
2017年03月20日 14:00撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰尾根トップから
11
トンガリとIくん
2017年03月20日 14:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンガリとIくん
7
大喰尾根を下ります
2017年03月20日 14:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰尾根を下ります
1
大喰尾根途中から見た槍ヶ岳
2017年03月20日 14:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰尾根途中から見た槍ヶ岳
3
(続)白い山々
2017年03月20日 14:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(続)白い山々
7
(続々)白い山々
2017年03月20日 14:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(続々)白い山々
5
大喰尾根下山中
2017年03月20日 14:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰尾根下山中
1
宝の木まで下山
2017年03月20日 15:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝の木まで下山
槍平まで下山。
右へのトレースは中崎尾根への取付き
2017年03月20日 16:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平まで下山。
右へのトレースは中崎尾根への取付き
ここを登って中崎尾根へ
2017年03月20日 16:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登って中崎尾根へ
槍平冬季小屋に到着
2017年03月20日 16:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平冬季小屋に到着
2
お世話になりました。
ここから重い荷物を背負って下山する(-_-;)
2017年03月20日 17:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になりました。
ここから重い荷物を背負って下山する(-_-;)
5
滝谷までは早かった
2017年03月20日 17:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷までは早かった
白出沢までは遠回りしてしまった・・・
2017年03月20日 19:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢までは遠回りしてしまった・・・
2
新穂高登山指導センターに無事到着し下山完了!!
疲れました(笑)
2017年03月20日 21:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターに無事到着し下山完了!!
疲れました(笑)
10

感想/記録

所属山岳会の後輩Iくんが会の例会の時に「雪があるうちに槍に登りに行きたいんですが、ご一緒してくれませんか?」と言ってきたので日曜日に予定をキャンセルしてその山行に乗っかった(笑)
私が登った雪のある時期の槍ヶ岳は標高2900mより上がカチカチにクラストしているので今回の山行ではその区間のIくんのアイゼン歩行だけ気がかりでした。
天気予報では風が強いらしいが晴れ・・・雪山にとってのネックの風かー
予報は予報、体感で無理と判断したら下山だけど・・・
はたしてどうなる??
いざ、クライム・オン


ヾ響
 
・槍平では正月はテン泊でしたが今回は小屋泊は暖かくて良かった♪
 (冬季小屋っていいですよねー♪)

・荷物は冬テン泊じゃなく冬小屋泊装備なのに重かった(-_-;)
  
・昨年同時期に登った時は全ての沢や尾根でデブリがあり「一度しっかり雪崩れたんだなー」と少しは安心して歩けたのですが今回はほぼノーデブリ・・・現在パワーを溜めている状況なのかな?
 (これから登る人は雪崩れに注意して下さい。)

・槍平小屋までのアプローチ日に沢にデブリがないことに不気味さを感じつつ小屋についてもチラホラ雪がずっと降っていたのでアタック日に雪崩れないことを祈りつつ酒を飲んでぐっすり寝ました(笑)
 深夜に小屋を出発、雪は止み月や星が見えていましたが積雪は20cmぐらいありました。
 おかげで千丈乗越までは基本膝下ラッセル、吹き溜まりのところは腰ラッセルでした。

・天気予報通りアタック日は風があり中崎尾根の途中で月や星は見えているのに雪が舞って視界が確保できず(夜間にゴーグルできないしww)風を避けれるところでツエルトを被って様子見しました。
 風がおさまる感じではなかったので風が弱いところまで少し戻って雪洞掘って停滞し夜明けまで待ってみましたが体が冷えてきて風も相変わらずの状態だったので撤退することを決め下山開始しました。

・下山を決め私は若者にラッセルさせながらのん気に写真を撮りながら後ろを歩いていた。
 しばらく歩いたところでIくんが「本当に残念です。。。でも1人なら中崎尾根登ってすぐのところで撤退していたと思うし、いい経験になりました。」と残念そうに話していたので諸条件を総合的に判断し「さっきより風が弱くなってきてるし晴れてて暖かいし下山の林道はヘッデンでの歩きになるかもしれないし新潟へ帰れるのは翌日になるけど、それでもいいなら再アタックする?」と聞くと「行きましょう!!」と元気よく返事が返ってきたので再アタックすることにしました。
 (Iくんは大学生で翌日も休みだからいいけど私が翌日仕事なので気遣ってくれてたようです。Iくん、いい子だ。)

・気がかりだった標高2900mより上の雪質ですがカチカチにクラストしてることなく滑落のリスクは低くてラッキーでした。

・穂先の基部の雪、大喰尾根の雪はアイゼンに雪団子ができくり滑って危なかったです。

・日焼け止めを忘れずにしっかり塗ったのですがバッチリ日焼けしました(笑)

・疲れました(笑)
 Iくんもお疲れさまでした!!次は何処登ろっか?(笑)


反省

・アタック時にワカンを携行すれば良かった。
 (ラッセルで停滞地点まで辿り着くのに時間がかかり結果的に停滞時間が短くてすみ再アタックできたので、それはそれで良かった??)
訪問者数:1831人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/1
投稿数: 378
2017/3/21 19:31
 お疲れ様でした〜<(_ _)>
yama_poundさん、Iくん、こんばんは〜♪

早速、雪洞講習実践でしたね!
山頂でのIくんの達成感に満ちた表情からも今回の山行の厳しさを感じられました。
槍ヶ岳山頂を踏む事が出来、そして何よりご無事で下山出来てホッとしました。

それとは別に山頂でのセルフタイマーでのツーショット写真、笑わせて頂きました♪
しかも2枚目はピンボケで…いい思い出ですね!
是非もう一度取り直しに行ってみてはいかがですか?(笑)
今回も日焼けしちゃったんですか〜?
やまパン改め、焦げパンですね〜(笑)

それにしても撤退を決めて下山途中からの再アタック‼
凄いです(>_<)
お二人様、お疲れ様でした〜<(_ _)>
登録日: 2013/5/6
投稿数: 1622
2017/3/22 7:48
 超ハードでしたね!
天候回復し良かったですね!
再アタックされ見事山頂に立てて良かったと思います。
増々、おとこらしくなったyamaさんを見れた気がします
若いって素晴らしい(^^)v

無事に御帰還出来て良かった!良かった!
そして、お疲れ様でした〜(^^)/
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1381
2017/3/22 16:49
 Re: お疲れ様でした〜<(_ _)>
marimituさん、こんにちは

風が弱まならい状況で中崎尾根を歩き続け、さらに風が強いと思われる西鎌尾根を歩いていたら厳しかったでしょうね・・・
停滞して様子見は間違いではなかったと思います。
私もIくんも良い経験ができレベルアップできたと思います
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1381
2017/3/22 16:59
 Re: 超ハードでしたね!
bamosuさん、こんにちは

風さえ無ければ何とかなると思っていたので風が弱まりラッキーでした
あとは夜まで歩く体力勝負、綺麗な景色と気力でカバーしながら歩いてきました!!
無事に下山でき良かったです。
登録日: 2012/10/23
投稿数: 961
2017/3/23 18:17
 お疲れ様でした
以前尾瀬にてコメントさせていただいたかと思います。
先週谷川東尾根に登られていたのですね。シンセンのコルあたりですれ違っていたようです。レコは上げる予定はありませんが、今回も一日違いで槍ヶ岳登りました(*^^*)私達は19日にアタック。14時過ぎには槍平に降りてきていてそのまま下山せずテントで宴会。ここでもすれ違っていたのでしょうね。
二週連続のニアミスにちょっぴりびっくりしてコメントしちゃいました。同じような山登り。また何処かでお会いすることもありそうです。
槍ヶ岳って槍平までが長いですね💦お疲れ様でした。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1381
2017/3/24 8:52
 Re: お疲れ様でした
mitukiさん、こんにちは
ご無沙汰でした

谷川東尾根のシンセンのコルは人が多くて誰が誰やら・・・
槍平小屋の緑のテントには最初に2人、後から2人歩いてきて入っていったような・・・
ま、ヘルメット・バラクラバ・サングラスで顔が見れないので誰が誰だかわかりませんがねー(笑)

19日にアタックでしたか!!
灰色の天気の中お疲れさまでした(^_^;)

mitukiさんは凄いところをいろいろと登られてますねー
私もmitukiさんの登ったルートを一つでも多く登れるよう日々精進します。

アプローチは短いほうがいいですよね(笑)
でも短いと人が多くなって静かな山行ができなくなると思うので、ある程度は仕方ないのかなー(笑)
登録日: 2012/6/28
投稿数: 718
2017/3/24 11:07
 登頂、おめでとうございます!
初めまして koufaxです。
槍ヶ岳登頂、おめでとうございます!
あの中崎尾根を登られたんですね!
凄いです!
私たちは、19日!下山しました。
体力、経験、技量、全てが足りませんでした。
これからも、レコ、楽しみにしています!私もこのレコ見て、元気いただきました!
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1381
2017/3/24 17:57
 Re: 登頂、おめでとうございます!
koufaxさん、初めまして
コメントありがとうございます

前日中崎尾根を何組か歩かれたと小屋に同泊した方に聞いていたので、トレースはあるでしょ、って思ってましたが全くのノートレースでした(笑)
ツボ足ラッセルでしたが問題なかったです!!
(問題だったのは風でした

koufaxさんもいろいろ登られているようで凄いです!!
雪山はリスクが大きいですがお互い安全登山で楽しみましょう
登録日: 2012/10/23
投稿数: 961
2017/3/27 18:25
 度々失礼します
そうです!その緑のテントに戻ってきたのが私達です(*^^*)
師匠と体力自慢の大学生が先にテント場に、
私ともう一人の仲間は途中アイゼン団子のストレスに
ワカンにチェンジして下ってきたので二手に下山したのです。
あっ。私がのろいというのもありますが(((^^;)

19日は中崎尾根に登り上げ千丈乗越より肩の小屋へ。
9時前には到着していましたが風とガスが収まるのを
冬季小屋にて一時間程待ち一瞬の青空を狙い槍穂へ登頂できました(*^^*)
ちゃんとピントの合っている写真とれましたよ。ふふっ。

私はまだまだですが、今より少しでも訓練して
目標の山にいっぱい安全に登りたいです♪
ヤマパンさんに絶対何処かで会えそうですので楽しみにしてます。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1381
2017/3/28 8:59
 Re: 度々失礼します
たしかに何処かで絶対会えそうですね!!
でも顔がわからないのでまたすれ違うと思いますが(笑)
(mitukiさんに会ったときのために厳しめの山に行くときは山パウンド作っておかなきゃねーww)

自然相手だし人のすることなので100%はありませんが、手間を省かず安全に留意して登山を楽しみましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ