また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1193378 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

白毛門、谷川岳、平標山 馬蹄形+主脈縦走で一気貫通。雲上のトレイルは百花繚乱なれど炎天下で連日ヘロヘロ!最終列車に乗り遅れ、越後湯沢駅の外ベンチで夜を明かす

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年07月09日(日) ~ 2017年07月11日(火)
メンバー
天候9日 晴れ 稜線昼25度以上、ほぼ無風。湯沢、最高気温15時06分、32.7度。
風がほとんどなく、暑さ的にはこの日が一番堪えました。この日は皆さん暑さで苦労されたみたい。谷川岳レコを見ると水不足の声があちこちから聞こえてきます。

10日 晴れ 稜線昼25度以上、南の風10m。朝、避難小屋外17度。湯沢、最高気温14時36分、35.8度。
この日は風が強く気温の割に涼しく歩けました。

11日 晴れ、稜線昼25度以上、南の風0〜5m。朝、避難小屋外15度。湯沢最高気温12時53分、34.5度。
午後は風が少し出て助かりました。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
白毛門登山口駐車場を利用。

★越後湯沢発の水上行きの最終は17:51です。車の回収等で土樽や土合に戻る方は注意!
タクシー代をNAVITIMEで調べたら、上毛高原→土合=6,570円。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間38分
休憩
54分
合計
9時間32分
S白毛門登山口駐車場05:3405:42東黒沢07:47松ノ木沢の頭08:0009:07白毛門09:1510:25笠ヶ岳10:3312:25朝日岳12:3012:35朝日岳の水場12:5513:16ジャンクションピーク15:06清水峠白崩避難小屋
2日目
山行
10時間0分
休憩
2時間31分
合計
12時間31分
清水峠白崩避難小屋05:5205:56清水峠07:03七ツ小屋山07:1608:10蓬ヒュッテ08:3308:43蓬ヒュッテの水場08:5009:05蓬ヒュッテ09:2309:24蓬峠10:25武能岳10:4011:08笹平12:44茂倉岳12:5613:23一ノ倉岳13:2813:45ノゾキ14:31谷川岳14:4615:03谷川岳(トマノ耳)15:0615:12谷川岳・肩の小屋15:5117:09オジカ沢ノ頭17:1018:05小障子ノ頭18:23大障子避難小屋
3日目
山行
8時間52分
休憩
2時間1分
合計
10時間53分
大障子避難小屋05:5906:27大障子ノ頭06:3307:26万太郎山07:4308:25越路避難小屋08:39毛渡乗越08:5310:27エビス大黒ノ頭10:4411:17エビス大黒避難小屋12:05仙ノ倉山12:1312:48平仙鞍部12:4913:07平標山13:1013:48平標山の家14:3915:34平元新道登山口16:42平標登山口駐車場16:4616:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
谷川岳・肩の小屋での滞在時間には、雪渓の下での水くみ(3.5L)を含みます。
清水峠(到着後、水くみ)と大障子避難小屋(日の出前、水くみ)の水場のログは取ってません。
コース状況/
危険箇所等
★朝露が酷く、特に清水峠付近、要ロングゲイター。画像参照。
★日陰が一切無いので、晴れて風のない日は要熱中症対策。こまめな要水分・塩分補給、水は多めに持参(主脈日帰で6L持参の人いました)。要事前水場チェック。
★注意箇所
’歪形コースのジャンクションピークから先、右側の崖の縁の外傾したザレたトレイルが少しあります。崖は急で落ちたらアウトです。
⊆臾縦走路、特に前半は随所に崖の縁のトレイルがあります。崖は急で落ちたらアウトです。
北アみたいに岩々してないので、草に覆われたメロウな道に見えますが、草で足元が見えない所が多く、一般的な北ア縦走路より、主脈縦走路のほうがよほど危険度が高いと感じました。
B臂禹劵瞭の下り、登山道の崩壊している箇所は予想していたより歩きやすかった。むしろ崖の縁のトレイルのほうが危険度高いと思いました。

★主脈など稜線漫歩に見えるが、アップダウンが予想以上にキツく、暑いと灼熱地獄になります。日陰が無いし、北アのように次々に現れる営業小屋で涼しく休む(北アは標高が高いので小屋などの木陰は涼しい)ことも、ドリンクや食べ物を購入することもできません。
★この時期、馬蹄形や主脈縦走を日帰りで行うには、健脚者であることは当然ですが、暑さ対策のため早立ち必須、水場によらない場合は最低5Lの水を持つことが必要と感じました。
★馬蹄形より主脈縦走のほうが、危険・注意箇所が多いです。ただし馬蹄形のほうがCTが多く体力的にはキツいと思います。
その他周辺情報水場と避難小屋の状況は、できるだけ写真に撮ってきたので、参考にしてください。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

深夜0時頃自宅を出発、車で土合に向かう。土合駅、駅泊暗黙の了解なんでしょうか。左の待合室は使用禁止。駅前に数張りのテントあり。
車内で2時間ほど仮眠。
2017年07月09日 02:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜0時頃自宅を出発、車で土合に向かう。土合駅、駅泊暗黙の了解なんでしょうか。左の待合室は使用禁止。駅前に数張りのテントあり。
車内で2時間ほど仮眠。
1
白毛門駐車場に移動。明るくなってたので水場はすぐに見つかりました。ここで2.5L汲む。
2017年07月09日 05:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門駐車場に移動。明るくなってたので水場はすぐに見つかりました。ここで2.5L汲む。
4
天気が良いし、日曜なので結構な数が駐車してました。ちなみに下山後の12日朝は私の車だけでした。
2017年07月09日 05:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良いし、日曜なので結構な数が駐車してました。ちなみに下山後の12日朝は私の車だけでした。
東黒沢にかかる橋。積雪期にはここに雪が積もりナイフリッジになる。
2017年07月09日 05:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東黒沢にかかる橋。積雪期にはここに雪が積もりナイフリッジになる。
杉の植林とかがないので、すぐにブナの原生林。数年前の4月10日に尻セードした斜面かな。
2017年07月09日 05:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林とかがないので、すぐにブナの原生林。数年前の4月10日に尻セードした斜面かな。
1
尾根に乗ると、根の張りだした急登が始まる。高さを選べるので俺的には歩きやすい。
2017年07月09日 06:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると、根の張りだした急登が始まる。高さを選べるので俺的には歩きやすい。
シリオP.F.302の本チャン。
2017年07月09日 06:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シリオP.F.302の本チャン。
3
白毛門沢の大滝。
2017年07月09日 06:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門沢の大滝。
ヨツバヒヨドリ
2017年07月09日 07:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ
1
ハナニガナ?タカネニガナ?
2017年07月09日 07:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナニガナ?タカネニガナ?
綺麗な森です。
2017年07月09日 07:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な森です。
1
アカモノ?
2017年07月09日 07:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ?
1
松の木沢の頭。
2017年07月09日 07:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の木沢の頭。
4
タテヤマリンドウ
2017年07月09日 08:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
1
ゴゼンタチバナ
2017年07月09日 08:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
笠ヶ岳と朝日岳。
2017年07月09日 08:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳と朝日岳。
5
シロバナニガナ?
2017年07月09日 08:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニガナ?
白毛門、2回目。ここまで休憩混みで3時間半。ほぼCT通り。この後、暑さで一気にペースダウン。
2017年07月09日 08:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門、2回目。ここまで休憩混みで3時間半。ほぼCT通り。この後、暑さで一気にペースダウン。
2
正面、一ノ倉の大岩壁。
2017年07月09日 09:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面、一ノ倉の大岩壁。
4
ふぞろいどら焼き、7個入り。
2017年07月09日 09:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぞろいどら焼き、7個入り。
3
ツマトリソウ
2017年07月09日 09:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
イワカガミ
2017年07月09日 09:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
イワカガミ
2017年07月09日 09:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
1
マイズルソウ
2017年07月09日 09:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ
1
笠ヶ岳、
2017年07月09日 09:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、
2
ゴゼンタチバナ
2017年07月09日 09:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
2
タテヤマリンドウ
2017年07月09日 09:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
笠ヶ岳。
2017年07月09日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。
1
朝日岳、山頂は奥のなだらかな尾根の右端です。
2017年07月09日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳、山頂は奥のなだらかな尾根の右端です。
5
暑さ対策で1つ(1L分)持参。5個くらいあっても良かった。
2017年07月09日 10:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑さ対策で1つ(1L分)持参。5個くらいあっても良かった。
左が清水峠方面、朝日岳からの尾根。奥は巻機山。
2017年07月09日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が清水峠方面、朝日岳からの尾根。奥は巻機山。
正面、7つ小屋山、その右は大源太山。
2017年07月09日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面、7つ小屋山、その右は大源太山。
1
正面に清水峠の避難小屋が見えました。
2017年07月09日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に清水峠の避難小屋が見えました。
一ノ倉の岩壁。
2017年07月09日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉の岩壁。
1
笠ヶ岳避難小屋。
2017年07月09日 10:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳避難小屋。
避難小屋内。
2017年07月09日 10:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内。
1
ニッコウキスゲ
2017年07月09日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
ハクサンシャクナゲ
2017年07月09日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
ミヤマカラマツ
2017年07月09日 10:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ
大源太山アップ。
2017年07月09日 12:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山アップ。
2
鮮やかでとても綺麗な色でした。
タカネバラ?
2017年07月09日 12:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかでとても綺麗な色でした。
タカネバラ?
イワウメ?
2017年07月09日 12:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメ?
1
朝日岳。
2017年07月09日 12:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。
ウスユキソウの仲間。
ホソバヒナウスユキソウ?
2017年07月09日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウの仲間。
ホソバヒナウスユキソウ?
1
ダイモンジソウ
2017年07月09日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウ
1
ウスユキソウの仲間。朝日岳付近に多く自生してました。
2017年07月09日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウの仲間。朝日岳付近に多く自生してました。
2
振り返る。そうだ4月もこのアングルで撮影したの思い出しました。
2017年07月09日 12:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。そうだ4月もこのアングルで撮影したの思い出しました。
6
2014年04月09日(水) の時の写真。
2014年04月09日 15:24撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2014年04月09日(水) の時の写真。
5
ホソバヒナウスユキソウ?
2017年07月09日 12:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ?
1
ホソバツメクサ?
2017年07月09日 12:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバツメクサ?
朝日岳、水は2L以上消費しました。
2017年07月09日 12:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳、水は2L以上消費しました。
1
ジャンクションピーク方面。朝日岳の水場に行きます。
2017年07月09日 12:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク方面。朝日岳の水場に行きます。
宝川温泉分岐からすぐです。小沢がありました。上に雪渓がないのであまり冷たくないです。
2017年07月09日 12:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝川温泉分岐からすぐです。小沢がありました。上に雪渓がないのであまり冷たくないです。
3
朝日岳の水場。
2017年07月09日 12:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の水場。
6
チングルマ
2017年07月09日 13:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
七つ小屋山と大源太山。
2017年07月09日 13:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ小屋山と大源太山。
ジャンクションピーク、巻機山分岐。
2017年07月09日 13:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク、巻機山分岐。
巻機山方面に10mも進むとご覧のように藪。巻機山までは距離もあるし、残雪期でないと無理ですね。少なくても私には巻機山まで藪漕ぎする体力もルーファイする技量もありません。条件が良ければ残雪期に2泊で可能かもしれませんが、今のところそれだけの気力も体力もありません。
2017年07月09日 13:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山方面に10mも進むとご覧のように藪。巻機山までは距離もあるし、残雪期でないと無理ですね。少なくても私には巻機山まで藪漕ぎする体力もルーファイする技量もありません。条件が良ければ残雪期に2泊で可能かもしれませんが、今のところそれだけの気力も体力もありません。
道が外形していて、その下は急な崖、草付きです。スリップしたら止まりません。
2017年07月09日 13:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が外形していて、その下は急な崖、草付きです。スリップしたら止まりません。
2
暑い!清水峠までが長い!
2017年07月09日 13:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い!清水峠までが長い!
2
このようななんてことない所でも暑さでヘロヘロ+重荷でバテバテで歩いて、けつまずき右にこけ、滑落すると命は無いでしょう。
2017年07月09日 13:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このようななんてことない所でも暑さでヘロヘロ+重荷でバテバテで歩いて、けつまずき右にこけ、滑落すると命は無いでしょう。
ワタスゲ
2017年07月09日 14:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲ
ミヤマクルマバナ?
2017年07月09日 14:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマクルマバナ?
やっと、清水峠の避難小屋(手前の小さい方)が見えてきました。水場は左の一番大きな雪渓を渡った脇に有りました。
2017年07月09日 14:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、清水峠の避難小屋(手前の小さい方)が見えてきました。水場は左の一番大きな雪渓を渡った脇に有りました。
1
清水峠の避難小屋。当初、蓬峠のテント泊もありかな、なんて考えてましたが、もうバテバテです、この避難小屋に泊まります。
2017年07月09日 15:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠の避難小屋。当初、蓬峠のテント泊もありかな、なんて考えてましたが、もうバテバテです、この避難小屋に泊まります。
2
避難小屋の後ろのテントサイト。
2017年07月09日 15:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の後ろのテントサイト。
標識のある方が、登山道。水を汲んだ後、上の踏み跡の調査に行きました。水場の雪渓の上に出ました。
群馬側の水場です。新潟県側にも水場が有るようですが未確認。
2017年07月09日 15:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識のある方が、登山道。水を汲んだ後、上の踏み跡の調査に行きました。水場の雪渓の上に出ました。
群馬側の水場です。新潟県側にも水場が有るようですが未確認。
3
標識のある方を数分進むと雪渓が出てきます。
2017年07月09日 15:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識のある方を数分進むと雪渓が出てきます。
1
雪渓を横断すると水の流れが現れます。
2017年07月09日 15:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を横断すると水の流れが現れます。
2
3L汲みました。冷たくて美味しかったです。翌日、蓬峠でさらに3L汲みました。
2017年07月09日 15:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3L汲みました。冷たくて美味しかったです。翌日、蓬峠でさらに3L汲みました。
2
避難小屋内部。
2017年07月09日 15:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内部。
1
避難小屋2階。マックス6人でしょうか。本日は私一人。このあと、前橋のソロが来ましたが、最終的にテント泊をえらびました。
2017年07月09日 15:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋2階。マックス6人でしょうか。本日は私一人。このあと、前橋のソロが来ましたが、最終的にテント泊をえらびました。
1
夕ご飯は豚骨ラーメンとザーサイ。当初カレーだったんですけど、乾燥米がふやけるのを待てなかったのでラーメンに変更しました。
2017年07月09日 17:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕ご飯は豚骨ラーメンとザーサイ。当初カレーだったんですけど、乾燥米がふやけるのを待てなかったのでラーメンに変更しました。
1
チーズとウインナー。
2017年07月09日 18:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チーズとウインナー。
5
雲がわいて夕日はダメでした。
2017年07月09日 18:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がわいて夕日はダメでした。
翌日。ご来光。
2017年07月10日 04:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日。ご来光。
7
前橋のソロ。初めてのテント泊だそうです。
2017年07月10日 04:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前橋のソロ。初めてのテント泊だそうです。
2
朝ご飯。タラコパスタとウインナー。
2017年07月10日 05:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝ご飯。タラコパスタとウインナー。
4
朝露が酷いのと、この辺り笹が深いのでゴアのズボンを着る。
2017年07月10日 05:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露が酷いのと、この辺り笹が深いのでゴアのズボンを着る。
雪渓で冷やされた、空気が上昇して霧となり小屋を包む。
2017年07月10日 06:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓で冷やされた、空気が上昇して霧となり小屋を包む。
3
笹が深いです。
2017年07月10日 06:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が深いです。
七つ小屋山。
2017年07月10日 06:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ小屋山。
3
タテヤマウツボグサ?これも自信ないな。
2017年07月10日 06:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ?これも自信ないな。
大源太山。
2017年07月10日 06:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山。
6
七つ小屋山、2回目。
2017年07月10日 07:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ小屋山、2回目。
今日は正面左の谷川岳を超して水場のある大障子避難小屋まで行かないと。谷川岳がずいぶん遠くに見えます。
2017年07月10日 07:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は正面左の谷川岳を超して水場のある大障子避難小屋まで行かないと。谷川岳がずいぶん遠くに見えます。
5
振り返る。
2017年07月10日 07:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
奥の三角は万太郎らしいです。
2017年07月10日 07:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の三角は万太郎らしいです。
2
笠から朝日岳。
2017年07月10日 07:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠から朝日岳。
前橋のソロとキスゲ咲くトレイル。
2017年07月10日 07:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前橋のソロとキスゲ咲くトレイル。
4
ハクサンチドリ
2017年07月10日 07:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
2
ヨツバヒヨドリ
2017年07月10日 07:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ
キスゲと谷川連峰。
2017年07月10日 07:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスゲと谷川連峰。
手前のキスゲのつぼみがバナナに見えてきました。
2017年07月10日 07:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のキスゲのつぼみがバナナに見えてきました。
1
ハクサンフウロ
2017年07月10日 07:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
2017年07月10日 07:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
蓬ヒユッテ。6月に大源太山に登った時と同じでCCレモンを購入。
2017年07月10日 08:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬ヒユッテ。6月に大源太山に登った時と同じでCCレモンを購入。
4
前橋さんと水場に行く。下り10分。冷たくて美味しかったです。少し甘みがあり、今回の水場で一番美味しい水でした。
2017年07月10日 08:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前橋さんと水場に行く。下り10分。冷たくて美味しかったです。少し甘みがあり、今回の水場で一番美味しい水でした。
5
ハクサンチドリとミヤマキンポウゲ?のわけないよな。
2017年07月10日 09:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリとミヤマキンポウゲ?のわけないよな。
今度はカリフラワーに見えてきました。
2017年07月10日 09:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はカリフラワーに見えてきました。
1
武能岳。
2017年07月10日 09:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳。
3
振り返る。
2017年07月10日 09:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
3
ハクサンシャクナゲ。
2017年07月10日 10:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ。
武能岳。奥は左、一ノ倉岳。右、茂倉岳。
2017年07月10日 10:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳。奥は左、一ノ倉岳。右、茂倉岳。
4
振り返る。
2017年07月10日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
3
ウサギギク
2017年07月10日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク
3
これ何だっけ?武能岳を超して振り返ったのかな?
2017年07月10日 11:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ何だっけ?武能岳を超して振り返ったのかな?
3
茂倉岳の登り、これを超すと谷川岳も近い。
2017年07月10日 11:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳の登り、これを超すと谷川岳も近い。
1
モミジカラマツ
2017年07月10日 11:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
茂倉岳
2017年07月10日 12:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳
1
左のピークは一ノ倉岳。ピーク下の雪渓下から雪解け水がジャンジャン流れてます。
2017年07月10日 12:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のピークは一ノ倉岳。ピーク下の雪渓下から雪解け水がジャンジャン流れてます。
1
茂倉岳でマフィンを食べる。風が強く涼しいです。
2017年07月10日 12:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳でマフィンを食べる。風が強く涼しいです。
3
正面、茂倉岳。手前が一ノ倉岳方面。この雪渓下から水がジャンジャン流れてます。
2017年07月10日 13:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面、茂倉岳。手前が一ノ倉岳方面。この雪渓下から水がジャンジャン流れてます。
1
谷川岳。
2017年07月10日 13:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳。
2
一ノ倉岳、数回目。避難小屋があります。
2017年07月10日 13:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳、数回目。避難小屋があります。
1
避難小屋内。キャパは2人?
2017年07月10日 13:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内。キャパは2人?
2
谷川岳。
2017年07月10日 13:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳。
5
やさしい鎖場
2017年07月10日 13:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やさしい鎖場
2
ハクサンコザクラ
2017年07月10日 13:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ
ノゾキ
2017年07月10日 13:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノゾキ
1
覗いてみました。怖いですね!
2017年07月10日 13:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覗いてみました。怖いですね!
3
やさしい鎖場。ここを超すと奥の院。
2017年07月10日 14:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やさしい鎖場。ここを超すと奥の院。
3
奥の院。
2017年07月10日 14:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院。
2
そしてオキの耳、10回目くらい。
2017年07月10日 14:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてオキの耳、10回目くらい。
1
トマの耳を望む。
2017年07月10日 14:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳を望む。
5
オジカ沢の頭。左は爼ぐら。爼ぐらへはバリです。主脈はオジカ沢の頭から裏側に一端下ります。右奥に薄ら見える大きな山が仙ノ倉岳です。
2017年07月10日 14:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭。左は爼ぐら。爼ぐらへはバリです。主脈はオジカ沢の頭から裏側に一端下ります。右奥に薄ら見える大きな山が仙ノ倉岳です。
4
西黒尾根。
2017年07月10日 14:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根。
1
西黒尾根下部。
2017年07月10日 14:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根下部。
東尾根ですか?昔小雨降る中ソロで登りましたが、濡れた草付きが滑りそうで怖かったです。今では乾いていても行きたくないですね。
2017年07月10日 14:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根ですか?昔小雨降る中ソロで登りましたが、濡れた草付きが滑りそうで怖かったです。今では乾いていても行きたくないですね。
マチガ沢のBCはここらドロップですか?やっぱオレにはできない!
2017年07月10日 14:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチガ沢のBCはここらドロップですか?やっぱオレにはできない!
トマの耳
2017年07月10日 15:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳
1
左に肩の小屋が見えました。前橋のソロ男性が見えました。
2017年07月10日 15:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に肩の小屋が見えました。前橋のソロ男性が見えました。
1
手前の雪渓がマチガ沢の四ノ沢ですか?以前BCでここからドロップしようとして、もし四ノ沢じゃなかったら、もし途中で岩がでてたら、もしクレバスがあったら、と思ったら怖くてドロップできませんでした。熊穴沢に変更しました。
2017年07月10日 15:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の雪渓がマチガ沢の四ノ沢ですか?以前BCでここからドロップしようとして、もし四ノ沢じゃなかったら、もし途中で岩がでてたら、もしクレバスがあったら、と思ったら怖くてドロップできませんでした。熊穴沢に変更しました。
2
肩の小屋前の雪渓。小屋番さんとコーラ飲みながら話をし、この雪渓下で水が出てるというので、ここで3.5L汲みました。

前橋のソロとは肩の小屋でお互いエールを送り、分かれました。
2017年07月10日 15:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋前の雪渓。小屋番さんとコーラ飲みながら話をし、この雪渓下で水が出てるというので、ここで3.5L汲みました。

前橋のソロとは肩の小屋でお互いエールを送り、分かれました。
2
さて主脈縦走に入ります。
2017年07月10日 16:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて主脈縦走に入ります。
1
オジカ沢の頭。
2017年07月10日 16:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭。
3
え、ここ登るの、バリだな!なんだ左に巻き道がありました。
2017年07月10日 16:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え、ここ登るの、バリだな!なんだ左に巻き道がありました。
2
巻いてすぐの鎖場。
2017年07月10日 16:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いてすぐの鎖場。
1
振り返る。この縦走路、ウッカリ転倒すると、助からないな。
2017年07月10日 16:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。この縦走路、ウッカリ転倒すると、助からないな。
1
俎ぐら。バリです。大変そうだ!
2017年07月10日 17:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎ぐら。バリです。大変そうだ!
5
オジカ沢の頭。
2017年07月10日 17:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭。
1
正面一番奥が仙ノ倉岳。アップダウンが結構ありますね。
2017年07月10日 17:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面一番奥が仙ノ倉岳。アップダウンが結構ありますね。
2
オジカ沢の頭の避難小屋。
2017年07月10日 17:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭の避難小屋。
内部。
2017年07月10日 17:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内部。
2
雲がわいてきました。
2017年07月10日 17:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がわいてきました。
3
ここで西黒尾根から平標山日帰りピストン(主脈往復)のソロと会う。顔出しの許可得てます。湯川高之さんです。水があと一口だそうです。40kmだからと甘く見てたとおっしゃってました。
https://plus.google.com/+takayukiyukawa
2017年07月10日 17:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで西黒尾根から平標山日帰りピストン(主脈往復)のソロと会う。顔出しの許可得てます。湯川高之さんです。水があと一口だそうです。40kmだからと甘く見てたとおっしゃってました。
https://plus.google.com/+takayukiyukawa
6
ようやく、大障子避難小屋が近づいてきた。小屋の手前左に水場に下る道が見えました。あれ!ドアが開いてるぞ、誰かいるのかな?
2017年07月10日 18:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、大障子避難小屋が近づいてきた。小屋の手前左に水場に下る道が見えました。あれ!ドアが開いてるぞ、誰かいるのかな?
3
やはり開いてました。でも誰もいません。
ドアノブが壊れて閉まらないようです。
2017年07月10日 18:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり開いてました。でも誰もいません。
ドアノブが壊れて閉まらないようです。
2
小屋内。広いです。キャパは6人くらい?
2017年07月10日 18:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内。広いです。キャパは6人くらい?
2
今夜もカレーは食べたくないです。塩気のあるモノが食べたい、醤油ラーメンとチーズにしました。
2017年07月10日 18:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜もカレーは食べたくないです。塩気のあるモノが食べたい、醤油ラーメンとチーズにしました。
3
翌日です。昨夜は強風でしたが、明るくなる頃には収まりました。
2017年07月11日 04:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日です。昨夜は強風でしたが、明るくなる頃には収まりました。
3
日の出前に水場に行きます。4日程前のレコで水場がなかなか見つからず、雪渓の下だと分かるのに40分かかったとのこと。
小屋前の笹の踏み跡を下ると、すぐにがラ場。
2017年07月11日 04:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に水場に行きます。4日程前のレコで水場がなかなか見つからず、雪渓の下だと分かるのに40分かかったとのこと。
小屋前の笹の踏み跡を下ると、すぐにがラ場。
がラ場の下に雪渓。慎重に雪渓の脇を下ると、
2017年07月11日 04:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がラ場の下に雪渓。慎重に雪渓の脇を下ると、
1
雪渓終端に水がジャンジャン流れてました。4L汲みました。
水場まで下り10分位。

水場探しで40分かかった方や、諦めて雪をスプーンで1kg採取した方もいました。
2017年07月11日 04:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓終端に水がジャンジャン流れてました。4L汲みました。
水場まで下り10分位。

水場探しで40分かかった方や、諦めて雪をスプーンで1kg採取した方もいました。
4
小屋に戻りご来光を見る。風が無く、今日も暑くなりそうだ。10時頃には曇って欲しいところだ。
2017年07月11日 05:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に戻りご来光を見る。風が無く、今日も暑くなりそうだ。10時頃には曇って欲しいところだ。
1
ウインナーとマフィンとナメコの味噌汁。
2017年07月11日 05:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウインナーとマフィンとナメコの味噌汁。
3
ドアを強めに閉める。少々の風では開かないと思う。
2017年07月11日 05:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドアを強めに閉める。少々の風では開かないと思う。
1
昨夜お世話になった大障子避難小屋を振り返る。ちなみに昨夜は私一人でした。
2017年07月11日 06:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜お世話になった大障子避難小屋を振り返る。ちなみに昨夜は私一人でした。
4
気になる山だ!大源太山ではない、大源太山はこの右の方に見えてました。
2017年07月11日 06:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になる山だ!大源太山ではない、大源太山はこの右の方に見えてました。
1
大障子ノ頭。正面は万太郎山。
2017年07月11日 06:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭。正面は万太郎山。
大障子ノ頭の下り。登山道崩壊箇所。この岩場、写真で見るより急です。
2017年07月11日 06:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭の下り。登山道崩壊箇所。この岩場、写真で見るより急です。
1
しっかり黄色ペンキでマーキングされてました。
2017年07月11日 06:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり黄色ペンキでマーキングされてました。
1
慎重に歩けば問題無いです。
2017年07月11日 06:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に歩けば問題無いです。
1
ウラジロヨウラク
2017年07月11日 07:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
万太郎
2017年07月11日 07:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎
2
振り返る。
2017年07月11日 07:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
1
ここは中間で右に曲がります。
2017年07月11日 07:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは中間で右に曲がります。
3
エビス大黒の頭が見えます。右端は仙ノ倉。
2017年07月11日 07:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒の頭が見えます。右端は仙ノ倉。
1
越路避難小屋
2017年07月11日 08:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越路避難小屋
1
エビス大黒ノ頭と仙ノ倉が今日の山場だ。
2017年07月11日 08:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭と仙ノ倉が今日の山場だ。
3
毛渡乗越(1568m)
2017年07月11日 08:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛渡乗越(1568m)
この辺も熱中症ぎみになり、足がもつれて崖側に転けたら、そこで人生終わりますね。振り返って撮影。
2017年07月11日 09:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺も熱中症ぎみになり、足がもつれて崖側に転けたら、そこで人生終わりますね。振り返って撮影。
2
タテヤマウツボグサ?
2017年07月11日 09:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ?
ウラジロヨウラク
2017年07月11日 09:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
アキアカネが乱舞してました。この画像に100匹は写ってます。
2017年07月11日 09:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキアカネが乱舞してました。この画像に100匹は写ってます。
1
ウサギギク?
2017年07月11日 10:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク?
エビス大黒ノ頭。
2017年07月11日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭。
仙ノ倉。
2017年07月11日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉。
2
左に、平標山の家(1660m)が見えました。松手山(1614m)経由の方が早いけど水が持たない。平標山の家に下ることにしました。
2017年07月11日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に、平標山の家(1660m)が見えました。松手山(1614m)経由の方が早いけど水が持たない。平標山の家に下ることにしました。
2
エビス大黒ノ頭でカレー。乾燥米は朝お湯を入れて下ごしらえ済み。カレーを湯煎せずに御飯にのせ、1分でできあがり。美味しかったです。
2017年07月11日 10:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭でカレー。乾燥米は朝お湯を入れて下ごしらえ済み。カレーを湯煎せずに御飯にのせ、1分でできあがり。美味しかったです。
2
どこだっけ?
2017年07月11日 10:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこだっけ?
エビス大黒避難小屋
2017年07月11日 11:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒避難小屋
2
内部、狭いです。キャパ2人?晴れた日中の避難小屋はどこも中は蒸し風呂です。
2017年07月11日 11:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内部、狭いです。キャパ2人?晴れた日中の避難小屋はどこも中は蒸し風呂です。
2
仙ノ倉。
2017年07月11日 12:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉。
3
仙ノ倉に着きました。2回目です。この先は楽です。
2017年07月11日 12:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉に着きました。2回目です。この先は楽です。
2
ドローンを飛ばしてました。
2017年07月11日 12:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドローンを飛ばしてました。
平標山に着きました!BCで2回、今回で3回目。このくそ暑い中、とうとう最終ピークにたどり着けました。水はこのペットボトルの200ccと予備のプラティパスの150cc。
2017年07月11日 13:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山に着きました!BCで2回、今回で3回目。このくそ暑い中、とうとう最終ピークにたどり着けました。水はこのペットボトルの200ccと予備のプラティパスの150cc。
4
正面、仙ノ倉。山頂は左端だと思う。
2017年07月11日 13:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面、仙ノ倉。山頂は左端だと思う。
1
平標山の家に行きます。
2017年07月11日 13:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山の家に行きます。
1
平標山の家
2017年07月11日 13:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山の家
この水は美味しい湧き水です!もちろん無料、マグカップ一気に4杯飲み、ポカリも1本購入して飲みました。
ここで50分滞在。滞在30分にすれば、1本前のバスに乗れて水上行き最終に間に合ったのだ。
2017年07月11日 13:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水は美味しい湧き水です!もちろん無料、マグカップ一気に4杯飲み、ポカリも1本購入して飲みました。
ここで50分滞在。滞在30分にすれば、1本前のバスに乗れて水上行き最終に間に合ったのだ。
1
やっと雲が出てきました。左、仙ノ倉。右はエビス大黒ノ頭。
2017年07月11日 14:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと雲が出てきました。左、仙ノ倉。右はエビス大黒ノ頭。
平標山の家の隣に、避難小屋!協力金2000円です。十分泊まる価値ありですね。小屋のおばちゃんと長話。夏の暑い時期に谷川の縦走はするもんじゃないと言われました。この日は夕方までに6Lの水を消費しました。
2017年07月11日 14:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山の家の隣に、避難小屋!協力金2000円です。十分泊まる価値ありですね。小屋のおばちゃんと長話。夏の暑い時期に谷川の縦走はするもんじゃないと言われました。この日は夕方までに6Lの水を消費しました。
5
下ります。
2017年07月11日 14:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
地図の水場ってここですか?なんとなく飲みたくない水。
平標山の家で冷たくて美味しい水がジャバジャバでてるので、ここの水場は価値が薄い。飲む人いないでしょう。
2017年07月11日 16:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図の水場ってここですか?なんとなく飲みたくない水。
平標山の家で冷たくて美味しい水がジャバジャバでてるので、ここの水場は価値が薄い。飲む人いないでしょう。
1
ギンリョウソウ
2017年07月11日 16:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
1
17:15のバスに乗りました。乗客はオレだけ。結局、終点まで誰も乗ってこなかった!この路線も危ないな、週末はそれなりにハイカーが乗るので週末だけは残りそう。
2017年07月11日 17:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:15のバスに乗りました。乗客はオレだけ。結局、終点まで誰も乗ってこなかった!この路線も危ないな、週末はそれなりにハイカーが乗るので週末だけは残りそう。
感想欄に書いた理由で、水上行き最終に乗り遅れる。しかし最終が18時前だなんて信じられない。ちなみに下りは21時過ぎまである。駅近くの食堂で夕ご飯。
2017年07月11日 18:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感想欄に書いた理由で、水上行き最終に乗り遅れる。しかし最終が18時前だなんて信じられない。ちなみに下りは21時過ぎまである。駅近くの食堂で夕ご飯。
3
共同浴場(400円)シャンプー、ボディソープあり。
2017年07月11日 19:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
共同浴場(400円)シャンプー、ボディソープあり。
2
駅構内は24時に施錠されるので、その前に外に出る。そして外のベンチで仮眠。20時頃から雨が降り出しました。雨のせいか、蚊はあまりいませんでした。でも眠れませんでした。手元の温度計では24度、シュラフは不要です。蚊対策で足だけ入れました。

地元のおばちゃんの話では、昔は上り水上行きも21時過ぎまであったとのこと。
2017年07月12日 01:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅構内は24時に施錠されるので、その前に外に出る。そして外のベンチで仮眠。20時頃から雨が降り出しました。雨のせいか、蚊はあまりいませんでした。でも眠れませんでした。手元の温度計では24度、シュラフは不要です。蚊対策で足だけ入れました。

地元のおばちゃんの話では、昔は上り水上行きも21時過ぎまであったとのこと。
2
6:12の水上行き始発に乗る。
2017年07月12日 06:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:12の水上行き始発に乗る。
2
久々の列車の旅、なかなかいいもんですね!座って、ゆっくり景色を見られるんですから。
2017年07月12日 06:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の列車の旅、なかなかいいもんですね!座って、ゆっくり景色を見られるんですから。
3
土合の踏切。正面が白毛門ですかね。
2017年07月12日 06:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合の踏切。正面が白毛門ですかね。
1
白毛門登山口駐車場に着きました。誰もいませんでした。ちなみに土合駅も駐車は皆無で、誰もいませんでした。

渋滞に巻き込まれること無く、途中の高坂SAで食事と給油・洗車をして3時間ほどで自宅に着き、レコの作成を始めました。
2017年07月12日 06:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門登山口駐車場に着きました。誰もいませんでした。ちなみに土合駅も駐車は皆無で、誰もいませんでした。

渋滞に巻き込まれること無く、途中の高坂SAで食事と給油・洗車をして3時間ほどで自宅に着き、レコの作成を始めました。
4

感想/記録
by mtken

『花の名などは、ボチボチ記入していきます。花の名はレコや図鑑を見ながら書いてるので自信は無いです。間違えていることも十分にあります。』

馬蹄形+主脈縦走ですが、今回、西黒尾根を歩いてないので正確にはどちらも不完全です。ちなみに西黒尾根は過去、5、9、12月に都合10回位は通ってます(マチガ沢本谷、東南稜、東尾根等の下りで使用したため、ほとんど下り)。

膝の方は、ペースが遅かったせいかなんとか持ちました。今日12日はほとんど痛みがありません。筋肉痛もほとんどないです。シリオの新靴は及第点ですね、当たる箇所は特にありませんでした。

とにかく暑い、暑かった!夏の谷川は暑いという話を聞いたことがあるが、まさかこれほど暑いとは予想していなかった。10日は風があったのでよかったが、9日は風がほとんど無く、11日は午後から少し吹いたがそれでも暑くバテバテでした。

アルプスと比べ1000m低く、気温が5〜7度は高い。この差が大きい。荷の重さと相まって、20〜30分に1回は荷を下ろし給水しないと熱中症になりかねない。また風の吹いてると所では、立ち止まり、全身で風を受け体温を下げる行為を幾度となく繰り返しました。

【9日】
朝日岳日帰りピストンの方、馬蹄形時計回り(日帰りや泊まり)の方など多くの方とスライド。白毛門までは休憩込みでほぼCT通りに来たが、この先、暑さのため一気にペースダウン。朝日岳で水2.5Lをほぼ飲みきり、朝日岳の水場で1.5L汲む。
清水峠避難小屋で水場から戻ると、前橋からのソロ青年が来る。テント泊が初めてとの事で、雷雨の心配が無くなった午後8時に小屋の裏に設営してました。

★朝日岳の水場は宝川温泉分岐から2分くらいで、木道の所に小川が流れてました。

★清水峠水場(群馬県側)は避難小屋から5分ほどで土合に下る登山道脇にあります。ただしこの時期イヤラシい雪渓を横断しないとならない。もしくは雪渓に沿って草付きを下る。

【10日】
朝から風が強く(ヤマテンでは日中は南風14mの予報)、日差しは暑いが風のおかげでだいぶ助かった。前橋からのソロ青年と終日つかず離れず。七ッ小屋山で6人Pとスライド(大源太山経由で下る)、その後一ノ倉岳〜谷川岳まで10人位と会う。

★一ノ倉岳の少し下で、私の逆コースを1泊で行っている青年と会う。茂倉岳避難小屋泊まりだそうです。Wストックでガシガシ登ってきました。トライアスロン風の体格で筋肉量が上半身、下半身共にハンパなかったです。

前橋のソロ青年は馬蹄形にはあまりこだわらず、ロープウェイで下るとのこと。谷川岳肩の小屋でお互いにエールを送り分かれる。

肩の小屋の小屋番さんに、数日前に大障子避難小屋の水場を見つけるのに残雪のため40分かかったという記録の話をした。そしたら肩の小屋の雪渓の下で水が汲めるというので、そこで3.5Lの水を汲んでから大障子避難小屋に向かいました。荷が一気に重くなりキツかった。

★オジカ沢の頭の下りで、主脈日帰りピストン、湯川高之さんとスライド。40kmだからと甘く見ていたら、暑くて水があと一口しかないとのこと。荷が少ないのに驚く。主脈日帰りピストンする方がいるとは聞いていたが、まさか会うとは思ってませんでした。湯川高之さんの画像有り。
湯川高之さんはウェブプログラマ、格闘家、そしてクライマーでもあります。
https://plus.google.com/+takayukiyukawa

【11日】
夜間、風の音で目が覚める、15m程度吹いていたが、明るくなる頃には収まる。本日は昼頃には曇り、ガスがかかる予報。暑いのはこりごりなので早く曇って欲しいと思った。平標山手前まで誰にも会わず。そこから下は20人くらいとスライド。

★大障子避難小屋の水場。朝、日の出前に水場に向かう、10分ほどで雪渓が現れ、その下で水が汲めました。雪渓の下り注意!レコを見ると水場探しで40分かかった方や、諦めて雪をスプーンで1kg採取した方もいました。

曇ってきたのは平標山の家を下りだした頃からでした。結局、この日も暑かった!午後から多少風がでたからよかったが、とにかく熱中症にならないように考えながら行動した。

★平標山の家で冷たくて美味しい湧き水がバシャバシャでてました!これ知ってる方少ないと思います。無料なんで1L位飲んじゃいました。小屋のおばちゃんによると冬でもでてるとのこと。

【下山後】
水上行き最終列車に乗り遅れ、越後湯沢駅の外ベンチで夜を明かす。水上行き最終が17:51!確か下りの最終は21時頃でしょう。越後湯沢駅でバスを降り、ドリンクを飲んでから、さて水上行きは何時かな?温泉に入る時間あるかなと思いながら調べたのが17:53、もう間に合いませんでした。
緑の窓口で確認すると越後湯沢18:12新幹線→上毛高原(4分後の水上行きバス)→水上で2時間待ち在来線→越後湯沢行きがあるとのこと。

しばし考えた。明日は予備日なので、これも良い経験たど思い外のベンチで始発(6:12)まで待つことにしました。ベンチで朝まで横になってるだけなので楽勝楽勝、炎天下のなか重荷を背負って1時間歩くより全然楽です!

言い訳:当初、12(11日土合駅前泊)〜14日に列車利用(帰りは越後湯沢から新幹線)で行く予定をしていました。ところが天気が思わしくないので急遽9〜11日に変更。準備に時間がかかり、深夜車で行くことになったんです。なので、越後湯沢からの上り在来線ダイヤは全く調べてませんでした。

ハイドレーションパックシステムの必要性を初めて感じました。

ぐんま百名山 万太郎山 52/100
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1530人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/27
投稿数: 71
2017/7/13 20:50
 お疲れ様でした!
もしかして、朝日岳の水場を教えてくれた方でしょうか…
あの時、水1リットル以下でしたので助かりました。ありがとうございました。

とても暑い日でしたね、私は、日焼けで、今もヒリヒリ痛いです。
mtkenさんも3日間お天気 で何よりでした。

又、お会いした際にはよろしくお願い致します。
登録日: 2010/12/30
投稿数: 1281
2017/7/13 21:07
 Re: お疲れ様でした!
そうです、覚えていますよ。
レコ拝見しました。馬蹄形日帰りですね!ロングなので水5L以上消費(アクエリアス含む)したんですね。私は、清水峠まででしたので3.5Lで済みました。
私も、水が不足すると思い、急遽朝日岳で水を汲みました。それで場所や状況を正確に把握していたんです。

しかし暑かったですね、日陰がなく、灼熱地獄でした。時折塩をなめながら歩いてました。3日目は、景色はもう十分堪能したので、早く予報通り曇れ!と思いながら歩きました。

こちらこそよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ