また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1201901 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

聖岳-赤石岳-悪沢岳 椹島・二軒小屋時計回り周回

日程 2017年07月16日(日) 〜 2017年07月19日(水)
メンバー
天候全日通してほぼ晴れ 初日の聖平小屋のみ夜雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
入山:静岡駅より千代田タクシー(南アルプスアクセスパック利用)4,800円
下山:しずてつジャストライン (南アルプス登山線)3,100円
畑薙(臨時P)-椹島間は東海フォレストの送迎バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間51分
休憩
14分
合計
6時間5分
S牛首峠04:2404:50聖沢登山口06:09聖沢吊橋07:02造林小屋跡07:0707:52乗越07:5509:05滝見台09:1110:29聖平小屋
2日目
山行
7時間47分
休憩
1時間21分
合計
9時間8分
聖平小屋06:0806:11聖平小屋分岐06:1206:35薊畑分岐06:3607:30小聖岳07:3909:06聖岳09:3411:56兎岳12:0212:52小兎岳12:5313:43中盛丸山14:0914:24中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)15:04百間洞山の家15:1315:16宿泊地
3日目
山行
7時間4分
休憩
1時間30分
合計
8時間34分
宿泊地05:3006:36百間平08:47赤石岳避難小屋09:1209:16赤石岳09:2409:37赤石岳・小赤石岳間分岐09:3910:00小赤石岳10:45大聖寺平11:10荒川小屋11:4512:48お花畑(荒川前岳南東斜面)13:0613:39前岳13:4013:59中岳14:0014:04荒川中岳避難小屋
4日目
山行
8時間48分
休憩
1時間14分
合計
10時間2分
荒川中岳避難小屋05:2506:41悪沢岳07:0807:38丸山08:14千枚岳08:1708:41千枚小屋08:4610:14万斧沢ノ頭12:30二軒小屋ロッジ13:0715:13滝見橋15:22椹島ロッジ15:2415:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
聖沢登山口ー聖平小屋間、所々鉄の橋が痛んでいます。また崩壊中の斜面あり。
赤石ー荒川小屋間の雪渓は全く問題なし
茶臼岳への最初にある吊り橋はダム湖の水不足のため底面が露出しいつもより高度感増してます。+20〜30m位
その他周辺情報聖・赤石の稜線の一部ではSoftbankでもメールの受信くらいは可 悪沢は圏外
しずてつジャストラインは途中休憩で井川駅立ち寄り 店の茹でトウモロコシ(200円)は美味しいです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 17K重すぎた

写真

椹島ロッジの受付カード裏面は登山ルートとどこの小屋で小屋泊なのか、テント泊なのか予定を書きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島ロッジの受付カード裏面は登山ルートとどこの小屋で小屋泊なのか、テント泊なのか予定を書きます。
3
前泊は椹島のテント場です この日は5張りくらい。1000円で入浴も可 自炊場脇には洗面台もありコンセントもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊は椹島のテント場です この日は5張りくらい。1000円で入浴も可 自炊場脇には洗面台もありコンセントもあります。
1
いよいよ出発。椹島ロッジから聖沢の登山口まで40-50分歩きます。椹島ロッジの敷地内の車道は遠回りなので烏森山登山コースの一部からショートカットします。写真は赤石岳。よく見える。http://m-alps-live.jp きっとここと同じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ出発。椹島ロッジから聖沢の登山口まで40-50分歩きます。椹島ロッジの敷地内の車道は遠回りなので烏森山登山コースの一部からショートカットします。写真は赤石岳。よく見える。http://m-alps-live.jp きっとここと同じ。
1
聖沢の登山口には2組のパーティが支度中でした。熊注意との事です。なお今年から東海フォレストのバスは、畑薙からの往路はこの登山口では降ろしてくれないようです。一旦椹島からダムに行くバスでしかダメらしいです。この登山道の先は聖平小屋で東海フォレストの経営じゃありませんからね。でも百間洞にはここから行くんですけどね。色々事情があるのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖沢の登山口には2組のパーティが支度中でした。熊注意との事です。なお今年から東海フォレストのバスは、畑薙からの往路はこの登山口では降ろしてくれないようです。一旦椹島からダムに行くバスでしかダメらしいです。この登山道の先は聖平小屋で東海フォレストの経営じゃありませんからね。でも百間洞にはここから行くんですけどね。色々事情があるのでしょう。
2
もろに壊れた橋。きっと雪のせいですかね ロープが張っているので通過は問題ないです。でも400kには耐えられないでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もろに壊れた橋。きっと雪のせいですかね ロープが張っているので通過は問題ないです。でも400kには耐えられないでしょう
1
この橋も網目の部分が凹んでいます。これは落石の影響でしょうか?怖いですが通るに支障はなかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋も網目の部分が凹んでいます。これは落石の影響でしょうか?怖いですが通るに支障はなかったです。
定員5人とありますが、踏み板は年季が入っていて、正直怪しいです。転落はないと思いますが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定員5人とありますが、踏み板は年季が入っていて、正直怪しいです。転落はないと思いますが。
補強してある木材も崩れて下まで落ちていってます。ゆっくり歩いて通りますが多くの人が通るのでますます崩壊が進むと思われます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
補強してある木材も崩れて下まで落ちていってます。ゆっくり歩いて通りますが多くの人が通るのでますます崩壊が進むと思われます
同じ箇所を通過後にみたところ。なんともないようですが、道は痛んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ箇所を通過後にみたところ。なんともないようですが、道は痛んでいます。
ここも同様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも同様です。
登る途中で開けた場所から。飯田方向よりガスが上がってこようとしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る途中で開けた場所から。飯田方向よりガスが上がってこようとしています。
この木製の橋も大丈夫か?と思わされましたが、しっかり地面に足を付けて登れるので心配いりませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木製の橋も大丈夫か?と思わされましたが、しっかり地面に足を付けて登れるので心配いりませんでした。
ここは雪の重みと想像されます。ぐんにゃりと曲がっていますが通行に支障なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは雪の重みと想像されます。ぐんにゃりと曲がっていますが通行に支障なし
1
聖平小屋に着きました。名物のウェルカムフルーツポンチ。
程よい甘さがしみます。8番の札はテントの受付票がわり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋に着きました。名物のウェルカムフルーツポンチ。
程よい甘さがしみます。8番の札はテントの受付票がわり
2
夕方になりだんだん降ってきました。
遅めの到着の人は雨中のテント設営になりました。
自分はテント内より高みの見物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方になりだんだん降ってきました。
遅めの到着の人は雨中のテント設営になりました。
自分はテント内より高みの見物です。
聖岳への最後の急登を登りながら後ろを振り返ると次第に雲が晴れて来ます。上河内岳とおそらく茶臼岳が見えて来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳への最後の急登を登りながら後ろを振り返ると次第に雲が晴れて来ます。上河内岳とおそらく茶臼岳が見えて来ます。
1
左側光岳と右側はおそらく池口岳 そしてそれらを超えていこうとする雲 綺麗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側光岳と右側はおそらく池口岳 そしてそれらを超えていこうとする雲 綺麗です
1
聖岳山頂は広いです。奥聖方向からみた山頂標識方面。皆さんちょうど晴れた時間に登ってきたのでラッキーです。
関西、名古屋からは易老度から登るのがアクセス的には一番良いのだとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳山頂は広いです。奥聖方向からみた山頂標識方面。皆さんちょうど晴れた時間に登ってきたのでラッキーです。
関西、名古屋からは易老度から登るのがアクセス的には一番良いのだとか。
1
赤石岳が見えます。昨年の海の日の連休、小屋締め間近の10月の連休に目指しましたが叶わず、3度目の正直で臨みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳が見えます。昨年の海の日の連休、小屋締め間近の10月の連休に目指しましたが叶わず、3度目の正直で臨みます。
2
兎岳への登り途中、奇岩発見 どうしても左に向かって歩くねずみ男に見える 命名ねずみ男岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳への登り途中、奇岩発見 どうしても左に向かって歩くねずみ男に見える 命名ねずみ男岩。
3
兎岳避難小屋。雰囲気あります。入り口にはゴミが散乱していますが、聖平を出たときはひょっとしたらここで1泊もあるかと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋。雰囲気あります。入り口にはゴミが散乱していますが、聖平を出たときはひょっとしたらここで1泊もあるかと思いました。
1
中は綺麗。前日ここに泊まった人ともあったが、泊らなくてよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は綺麗。前日ここに泊まった人ともあったが、泊らなくてよかった。
1
状況が許せば1、2張り分のスペースはありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
状況が許せば1、2張り分のスペースはありました。
そして兎岳の山頂標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして兎岳の山頂標識
兎岳へ向かう稜線の登山道 南アルプスっぽい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳へ向かう稜線の登山道 南アルプスっぽい
2
小兎岳への登りから歩い来た道を振り返る。左から聖岳、聖兎のコル、兎岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小兎岳への登りから歩い来た道を振り返る。左から聖岳、聖兎のコル、兎岳
1
小兎岳山頂はひっそりとしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小兎岳山頂はひっそりとしています。
中央左寄り塩見岳、その奥に間ノ岳が見えます 天気は上々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央左寄り塩見岳、その奥に間ノ岳が見えます 天気は上々
1
百間洞山の家に到着。百間洞下降点からかなり降ります。コースタイム以上にかかった気がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間洞山の家に到着。百間洞下降点からかなり降ります。コースタイム以上にかかった気がします。
1
16時までに受付が条件の揚げたてとんかつ。この日は宿泊者も少なくテント泊の人も食べることができました。食べて生き返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時までに受付が条件の揚げたてとんかつ。この日は宿泊者も少なくテント泊の人も食べることができました。食べて生き返ります。
3
テント場上段は小屋からかなり上になります。トイレとか水場はかなり遠くなります。やはり百間洞は空いている時に行くと吉のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場上段は小屋からかなり上になります。トイレとか水場はかなり遠くなります。やはり百間洞は空いている時に行くと吉のようです。
百間平に向かう途中に大沢岳を振り返る。今回はいけませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間平に向かう途中に大沢岳を振り返る。今回はいけませんでした。
1
聖兎のコルから顔をだす光岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖兎のコルから顔をだす光岳
赤石避難小屋。ジュースを買ったところ、「なんだ酒じゃないのか?W」と小家主のおじさん。いつか泊まりたい赤石避難小屋。天気のいい時に星を眺めたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石避難小屋。ジュースを買ったところ、「なんだ酒じゃないのか?W」と小家主のおじさん。いつか泊まりたい赤石避難小屋。天気のいい時に星を眺めたい。
4
晴れ間を待っているとこの状態。重装備で標識まで駆け上がり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ間を待っているとこの状態。重装備で標識まで駆け上がり
赤石岳山頂より赤石避難小屋を見下ろします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳山頂より赤石避難小屋を見下ろします。
1
赤石岳から中岳分岐へ向かう間、ずっと富士山が見えています。きつい登りもこれを見ると随分と気持ちがポジティブになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳から中岳分岐へ向かう間、ずっと富士山が見えています。きつい登りもこれを見ると随分と気持ちがポジティブになります。
赤石岳からの下降中に見える荒川小屋に向かうトレイルが見渡せます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳からの下降中に見える荒川小屋に向かうトレイルが見渡せます。
2
荒川小屋へ向かう雪渓。 特に危険はないように切ってあります。感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋へ向かう雪渓。 特に危険はないように切ってあります。感謝。
2
荒川小屋の入り口。11時過ぎについて受付には誰もいなかったが、呼ぶと元気な女性が出て来た。荒川カレーとトマトジュースを所望する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋の入り口。11時過ぎについて受付には誰もいなかったが、呼ぶと元気な女性が出て来た。荒川カレーとトマトジュースを所望する
1
荒川カレー。トッピングにニンニクスライスがかけてありとても美味しい。サービスです!との味噌汁と合わせ大満足。これで中岳分岐まで登れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川カレー。トッピングにニンニクスライスがかけてありとても美味しい。サービスです!との味噌汁と合わせ大満足。これで中岳分岐まで登れそうです。
1
荒川小屋の目的地別時間標識は便利です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋の目的地別時間標識は便利です
2
荒川小屋より前岳を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋より前岳を見上げる
赤石岳と荒川小屋。中岳に向かう登山道より振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳と荒川小屋。中岳に向かう登山道より振り返る
2
中岳分岐に向かう2900地点のお花畑見事でした 自分史上一番立派なお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳分岐に向かう2900地点のお花畑見事でした 自分史上一番立派なお花畑
1
鹿の食害から守る防護策付きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の食害から守る防護策付きです
前岳は視界が限られてました。中岳分岐と目と鼻の先です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳は視界が限られてました。中岳分岐と目と鼻の先です。
三伏峠に続く道。ここから2日あれば伊那大島までいけちゃいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠に続く道。ここから2日あれば伊那大島までいけちゃいます。
中岳分岐 後ろはデポした自分のザック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳分岐 後ろはデポした自分のザック。
中岳避難小屋 雨不足で水が足りていないようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳避難小屋 雨不足で水が足りていないようです
1
登山道と間違ってトイレ方向に行く人が多いらしく「トイレだけ」=「トイレ岳」3060mの新しい山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道と間違ってトイレ方向に行く人が多いらしく「トイレだけ」=「トイレ岳」3060mの新しい山。
2
沈みゆく夕日 中岳避難小屋は付近は360度遮るものがない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沈みゆく夕日 中岳避難小屋は付近は360度遮るものがない
夕日が西の空を染めます。標高3060から赤くなった雲
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日が西の空を染めます。標高3060から赤くなった雲
1
明けて4時半過ぎ 悪沢の肩から朝日が顔を出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けて4時半過ぎ 悪沢の肩から朝日が顔を出します。
2
悪沢岳への急登をほぼ登り終え朝露が朝日を受けて光る様を撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳への急登をほぼ登り終え朝露が朝日を受けて光る様を撮影
1
悪沢岳山頂より中岳、前岳方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂より中岳、前岳方向
悪沢岳山頂でブロッケン現象!ガスがかかったり晴れたりする状況の中ラッキーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂でブロッケン現象!ガスがかかったり晴れたりする状況の中ラッキーです。
2
初日から歩いてきた道のりを一望します。聖岳、兎岳、中森丸山、赤石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日から歩いてきた道のりを一望します。聖岳、兎岳、中森丸山、赤石岳
2
カメラに泊まる1匹
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラに泊まる1匹
千枚岳の唯一の梯子 登り切って梯子を降りる時が少々怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳の唯一の梯子 登り切って梯子を降りる時が少々怖い
1
咲き誇っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き誇っています
1
はるばる来し方を振り返る 左から前岳、中岳、東岳(悪沢岳)の荒川三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるばる来し方を振り返る 左から前岳、中岳、東岳(悪沢岳)の荒川三山
さらにその前に歩いた聖岳、赤石岳 自分の足跡をたどれます。
なんども見返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにその前に歩いた聖岳、赤石岳 自分の足跡をたどれます。
なんども見返します。
さて下山は二軒小屋を目指してマンノー沢の頭を下ります。ほぼ一方的な下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山は二軒小屋を目指してマンノー沢の頭を下ります。ほぼ一方的な下り。
素敵なトレイル部分もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なトレイル部分もあります。
最後の最後で南アルプスらしい階段、梯子の登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後で南アルプスらしい階段、梯子の登場
最後はこの釣り場時で終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はこの釣り場時で終了。
二軒小屋に降り立つ。静かです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋に降り立つ。静かです
2
二軒小屋にて休憩。カップヌードルと緑のたぬきとかチョイスがあった中でで金ちゃんラーメンを選択。静岡ですからね。でも二軒小屋はカップ麺とパン位しかないとのことで、ちょっと食べたい縦走の後半には物足りなかったのでテント泊は諦め椹島へ林道を歩くことにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋にて休憩。カップヌードルと緑のたぬきとかチョイスがあった中でで金ちゃんラーメンを選択。静岡ですからね。でも二軒小屋はカップ麺とパン位しかないとのことで、ちょっと食べたい縦走の後半には物足りなかったのでテント泊は諦め椹島へ林道を歩くことにした。
1
二軒小屋の大井川の控えめなダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋の大井川の控えめなダム
美しい林道2時間少々の旅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい林道2時間少々の旅
車屋沢橋から長い長い林道 静岡まで108k
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車屋沢橋から長い長い林道 静岡まで108k
椹島無事帰還しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島無事帰還しました
椹島は登山者の憩いの場ですね 入浴後の冷えた生ビール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島は登山者の憩いの場ですね 入浴後の冷えた生ビール
1
持って来たフリーズドライにも飽きて来て椹島ロッジのカレーをいただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持って来たフリーズドライにも飽きて来て椹島ロッジのカレーをいただきます。
ホッとします。今回初めてコーヒーを入れてゆったりします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッとします。今回初めてコーヒーを入れてゆったりします。
下山後最終日バスに時刻まで時間あるのでゆっくり準備。梅雨が明けたらしくテント内は温室状態なので外で作業。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後最終日バスに時刻まで時間あるのでゆっくり準備。梅雨が明けたらしくテント内は温室状態なので外で作業。
今回は2泊をテントで過ごした椹島のロッジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は2泊をテントで過ごした椹島のロッジ
1
しずてつジャストラインのバスは大型です。道が狭いのですれ違いは大変です。運転手さんの技量には感心します。これは井川駅での休憩時。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しずてつジャストラインのバスは大型です。道が狭いのですれ違いは大変です。運転手さんの技量には感心します。これは井川駅での休憩時。
しずてつジャストラインの社内
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しずてつジャストラインの社内
途中休憩は井川駅です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中休憩は井川駅です
ちょうど列車が入線して来たのでパシャリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど列車が入線して来たのでパシャリ
訪問者数:817人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/24
投稿数: 3
2017/7/26 16:49
 椹島ロッジでテント泊してた男です!
天気が良くて最高でしたね〜。色々情報いただいてありがとうございました。小生も無事歩ききりました。椹島ロッジの炊事場で話し込んでいた時、蚊にかまれまくったようです。。夜中になると痒くてねれませんでした〜。また山行記録チェックさせてもらいます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ