また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1232596 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

真教寺尾根から 赤岳

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:曇り時々雨
2日目:曇り(展望のきく高度あり)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道長坂ICより。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
キレットの辺りの細かい岩は浮いている場合がある。
その他周辺情報天女の湯
http://www.kiyosato-okanokouen.com/blank-12
クーポンが入手できなかった。頑張ればあるけど。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山靴 ザック 雨具 水筒 ヘッドランプ(+予備電池) 地図 コンパス 時計 ツェルト 防寒具 手袋 帽子 日焼け止め サングラス ヘルメット シュラフ シュラフカバー 個人用マット ライター 個人用コッヘル ロールペーパー 本計画書 遭難対策マニュアル・緊急連絡カード 筆記用具 健康保険証 ナイフ 携帯電話
共同装備 4テン ガス ストーブ コッヘル

写真

駐車場よりスタート。
2017年08月19日 05:38撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場よりスタート。
駐車場を上がってすぐのところに道標。
2017年08月19日 05:44撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を上がってすぐのところに道標。
展望台と雲の切れ間。
2017年08月19日 05:51撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台と雲の切れ間。
下草を刈っていただいて助かります。
2017年08月19日 06:16撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下草を刈っていただいて助かります。
1
牛首山で休憩。
2017年08月19日 08:04撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首山で休憩。
キレット側が覗ける。
2017年08月19日 09:30撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット側が覗ける。
1
低空に薄い雲。上空にも塊になった雲。
2017年08月19日 09:31撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低空に薄い雲。上空にも塊になった雲。
登ってきたルートの雲が取れる。
2017年08月19日 10:21撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルートの雲が取れる。
真教寺尾根分岐。ここまでくれば山頂はすぐ。
2017年08月19日 11:06撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根分岐。ここまでくれば山頂はすぐ。
頂上山荘が見える。
2017年08月19日 11:52撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘が見える。
昼食準備中。青空が。
2017年08月19日 12:18撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食準備中。青空が。
本日は、(また)カルボナーラ。余ってたので。
(今回は)ウィンナーとポタージュ付き。前回忘れたから。
2017年08月19日 12:24撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は、(また)カルボナーラ。余ってたので。
(今回は)ウィンナーとポタージュ付き。前回忘れたから。
1
横岳と展望荘。
2017年08月19日 12:39撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳と展望荘。
行者小屋(手前)と赤岳鉱泉(奥)。
2017年08月19日 12:39撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋(手前)と赤岳鉱泉(奥)。
頂上山荘。山荘前は人で賑わっていた。
2017年08月19日 12:49撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘。山荘前は人で賑わっていた。
出発して振り返ったら青空が。赤岳の山頂にも人が。いつもか。
2017年08月19日 13:00撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発して振り返ったら青空が。赤岳の山頂にも人が。いつもか。
1
阿弥陀。ガスが取れた。
2017年08月19日 13:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀。ガスが取れた。
ガレてるから慎重に。
2017年08月19日 13:07撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレてるから慎重に。
分岐と阿弥陀。
2017年08月19日 13:10撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐と阿弥陀。
分岐の先から。
2017年08月19日 13:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の先から。
キレット小屋やテント、編笠も見える。
2017年08月19日 13:34撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋やテント、編笠も見える。
コマクサ。いくつかフレッシュなのもあったけど、さすがにここのコマクサも終わりかけ。
2017年08月19日 14:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ。いくつかフレッシュなのもあったけど、さすがにここのコマクサも終わりかけ。
平らなところが出てきたら…
2017年08月19日 14:18撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らなところが出てきたら…
キレット小屋。
2017年08月19日 14:30撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋。
テン場(の最上部辺り)から赤岳方面を仰ぐ。明日は良い天気になりますように。
2017年08月19日 16:16撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場(の最上部辺り)から赤岳方面を仰ぐ。明日は良い天気になりますように。
翌朝。ちょっと写真では現しきれなかった曙の美しさ。
2017年08月20日 04:43撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。ちょっと写真では現しきれなかった曙の美しさ。
3
ガスを通して輝く太陽。結構眩しい。
2017年08月20日 05:30撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスを通して輝く太陽。結構眩しい。
どうということのない道でも神秘的に見える。
2017年08月20日 05:39撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうということのない道でも神秘的に見える。
1
どこまでも広がる雲海。そして富士。
2017年08月20日 05:43撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも広がる雲海。そして富士。
1
こちらは南アルプス側。
2017年08月20日 05:45撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南アルプス側。
そして北アルプス側。槍や大キレットなんかも見てわかる。
2017年08月20日 05:47撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして北アルプス側。槍や大キレットなんかも見てわかる。
やたら虫が写っているが…よく見ると尖っているのは、金峰山五丈岩か。
2017年08月20日 05:51撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やたら虫が写っているが…よく見ると尖っているのは、金峰山五丈岩か。
ゲンジー梯子、下から。61段らしい。
2017年08月20日 06:33撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲンジー梯子、下から。61段らしい。
小屋、うっかり見逃すくらいガスが濃い。
2017年08月20日 06:41撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋、うっかり見逃すくらいガスが濃い。
ツリガネニンジン?
2017年08月20日 06:55撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン?
1
雲海の上を歩いて行けたら…。
2017年08月20日 07:09撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上を歩いて行けたら…。
編笠と青年小屋。
2017年08月20日 07:28撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠と青年小屋。
タカネマツムシソウ?とハチ?
2017年08月20日 08:01撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ?とハチ?
1
岩と南アルプス。
2017年08月20日 08:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と南アルプス。
天の河原。
あまのがわはら なのか てんのかわら なのか わからない。
2017年08月20日 09:56撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の河原。
あまのがわはら なのか てんのかわら なのか わからない。
天女山。駐車場の方が標高が高いという矛盾。
2017年08月20日 10:07撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山。駐車場の方が標高が高いという矛盾。
横断遊歩道の渡渉 
2017年08月20日 10:23撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横断遊歩道の渡渉 
牧場も横断する。有刺鉄線で仕切られた間を。
2017年08月20日 10:59撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場も横断する。有刺鉄線で仕切られた間を。
1
ルート変更だそうです。
2017年08月20日 11:22撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート変更だそうです。
最後、意外と時間かかった。
2017年08月20日 12:00撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後、意外と時間かかった。
ジャンも行きたかったけど、初の真教寺尾根もなかなか面白かった。八ヶ岳はまだ通ってないルートがたくさんあるな。

おしまい。
2017年08月20日 07:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンも行きたかったけど、初の真教寺尾根もなかなか面白かった。八ヶ岳はまだ通ってないルートがたくさんあるな。

おしまい。
1

感想/記録

北鎌尾根に向けてジャンでトレーニング山行、のはずだったが、4人中2人が事情により行けなくなってしまったため、サブプランとして赤岳真教寺尾根(キレット回り)に向かうことになった。

メンバーは自分以外にEさん。会としては新人で岩稜経験はあまりないとのこと。2人でテン泊するというのに、会ったのも2回目という、非常事態ぶりである。そもそも元々のCLはSさんであり、自分はそれを引き継いだという訳。

ということで、レンタカーもSさんが予約してくれたものを運転し、美し森へ向かう。自分のスマホが壊れ気味なので、ナビはEさんのスマホ頼み。深夜に無料駐車場に到着し、仮眠の後の山行開始となった。

美し森から真教寺尾根に向かうには、まず展望台を越え、たかね荘の横を通る。boroPさんにたかね荘に車が停められることを教えてもらったのに、車道の方の看板ではたかね荘と気付くことができず、登山道の方から見て気付いた。ただ、クマザサはかなり上の方まできれいに刈ってくれていたので、足元を濡らすことなく快適に登ることができた。

はじめのうち、天気は曇り。時々空が見えるといった具合で、登るには涼しくて良い気候とも言えた。牛首山までの地味な登りを半分眠くなりながら登りきり、ほとんど水平な部分を越えてようやく核心となる登り。その後半には鎖場も出てくる。鎖場の部分については、比較的長いところが多く、岩稜経験が少ない人にはちょっと手強かったかもしれない。ただ、ホールド・スタンスがしっかりしているところが多いので、登りとしてはさほど苦はなかった。他の人を見た感じ、下りは降りにくそうだったけど。

真教寺尾根分岐の近くで、牛首山の休憩でも話した方とまた会い、山頂を目前にして話し込んだ。前回は県界尾根をピストンし、今回は真教寺尾根をピストンしているとのこと。

山頂では、お昼休憩の間にあちこちの雲が抜けてはかかってという忙しさで、お湯を沸かしては写真を撮り、ウィンナーを焼いては写真を撮りという慌ただしさだった。そして、ここで今後のルートの決断。‥初の予定通り、阿弥陀を登って行者小屋へ、翌日キレットを越えて下りる阿弥陀岳や行者小屋を飛ばしてそのままキレット小屋へ、0ぬ鐶砲皀レットも無しにして、行者小屋泊で翌日県界尾根から下るの三択。結論としては、△鯀択した。

キレットはほとんど岩が濡れていなかったので、思ったより問題なく、下ることができた。ただし、ガレ場はやはり少し下りにくい。Eさんは登りより苦戦していた様子に見えた。スタンスが見えにくいからだと思う。それでも何だかんだで意外と順調にキレット小屋に到着。遠くから1張り見えていたが、テン場には2番手で到着し、なかなか良い場所を得ることができた。

キレット小屋のテン場では、1番手の方と装備(特にテント)の話や北ア(特に船窪)の話等をして過ごし、そうしている間に少しずつテン泊者が増えていった。とはいえ、全部で6,7組くらいだったかと思う。5時頃だったか、1度雨が降ってきた後、夜にも小雨ながら降ったり止んだりを繰り返していた。

翌朝、3時30分起床。身支度と朝食を済ますと、外は意外と良い天気に見える。テントは若干濡れているが。出発し、遭難碑の辺りまでは展望もまずまずだったが、権現は完全にガスの中で、上がるほどに視野は狭まっていく。分岐からすぐの小屋はうっすら見える程度で、山頂も御多分に漏れずガスガスだった。

権現からは下り基調。というか、ほとんど下り。三ツ頭の辺りまで来ると、権現を覆っていたガスから解き放たれ、再び展望が回復する。それも、遠く南アルプスや北アルプス、富士山、金峰山なんかが雲海に浮かぶ様がきれいに見えた。見えていたのは、前三ツ頭までで、そこから先は樹林帯で見えないうえに、雲海の中に突入したらしく、周りはガスガスになった。後から登ってきた人たちも間に合っていれば良いのだが。

ということで、前三ツ頭からは辛い単調な下り。クマザサと濡れた石だけがひたすら続く。ベンチが出てきた時は、GPSで天の河原まで半分くらいに見えたが、そこからは思ったより早く着いた。ただ、そこからの八ヶ岳横断遊歩道は計算以上に長かった。ちなみに渡渉が3回ある。この辺の情報も、さすがboroPさん。心構えができていなければ心が折れていたはず。ありがとうございました。
訪問者数:334人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/13
投稿数: 378
2017/8/21 21:38
 目的ある山行お疲れ様!!
朝露ビシャビシャもなく
余計な心配でしたね

いいなあ〜羨ましいなあ〜北鎌〜
連れ合いは 絶対行きたくないらしいし
テン泊は困難なんで 羨ましい限りですね
いつの日か 交通費と食費持つから 
rockwellさん ガイド・ボッカお願いしますね

水曜から南ア南部行ってきます
on-boroP
登録日: 2016/9/22
投稿数: 1
2017/8/22 21:14
 二度会った者
牛首山と赤岳山頂直下で、お話しさせていただいた者です(^^)。
その後、キレットにいかれたのですね(^^)。私も行きたくなりました(笑)。
ロングで登山されている記録、見ました!凄い❗小説みたいで(^^)
またどこかでお会いしましたら、宜しくお願いします(^^)
登録日: 2014/3/27
投稿数: 226
2017/8/22 22:18
 Re: 目的ある山行お疲れ様!!
boroPさん

刈ってくれた方のおかげなので、情報、非常に助かりました。
北鎌に行った際にはしっかりデータ取ってこようと思います。
行きましょう、北鎌。

とりあえず、南ア南部、いってらっしゃい。お気をつけて。
登録日: 2014/3/27
投稿数: 226
2017/8/22 22:23
 Re: 二度会った者
maenorikunn7さん

その節は、ありがとうございました。
周回してみましたが、最後の横断遊歩道は循環バスで駅まで出て、乗り換えて美し森まで行っちゃうのも手でした。逆回りのバスもあればもっと良いんですが。
そのうちきっと会うと思うので、是非声を掛けてください。
登録日: 2013/4/22
投稿数: 366
2017/8/23 15:02
 短いスパンでバンバン登るね
いいね
登録日: 2014/3/27
投稿数: 226
2017/8/24 23:10
 Re: 短いスパンでバンバン登るね
登れるときに登らねば。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ