また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1241721 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木岳〜爺ヶ岳周回

日程 2017年08月27日(日) 〜 2017年08月29日(火)
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢無料駐車場利用
日曜日早朝から登山開始で…
前日のPM10:00で駐車場率60〜70%
当日AM5:00でほぼ満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間0分
休憩
1時間11分
合計
8時間11分
Sスタート地点05:2706:35大沢小屋06:3909:19針ノ木小屋10:1412:08蓮華岳12:2013:38針ノ木小屋
2日目
山行
7時間50分
休憩
59分
合計
8時間49分
針ノ木小屋05:3306:29針ノ木岳06:4007:15小スバリ岳07:1707:26スバリ岳07:3109:31赤沢岳09:3610:31鳴沢岳10:4611:45新越山荘12:0212:56岩小屋沢岳13:0014:22種池山荘
3日目
山行
4時間31分
休憩
26分
合計
4時間57分
宿泊地04:2704:55爺ヶ岳南峰04:5605:46爺ヶ岳中峰05:4705:57爺ヶ岳南峰06:0406:32種池山荘06:4507:31富士見坂07:3207:53水平岬07:5408:25駅見岬08:2608:36ケルン(柏原新道)08:3709:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届ポスト:針ノ木遊歩道入口と柏原新道入口にあり
◇登山道
・扇沢〜針ノ木小
雪渓歩きは前半の一部のみ。ルートは赤でペイントされている。
(アイゼン未装着)
基本、雪渓横の迂回路がルートとなる。
最後の水場からやや急勾配となる。砂礫て滑りやすいので注意。
・針ノ木小屋〜蓮華岳
危険箇所特になし
・針ノ木小屋〜種池山荘
名のある各ピークは尖り気味で、短い距離で高低差が大きい。
降りは特に慎重を要する。
ルートは石にマーキングされており明瞭。
・種池小屋〜爺ヶ岳
危険箇所特になし
・種池小屋〜扇沢(柏原新道)
特に危険箇所なし
その他周辺情報お風呂:薬師の湯
各山荘で割引券あり(700円→500円)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

扇沢からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢からスタート
天気は申し分ない(≧∇≦)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は申し分ない(≧∇≦)
だいぶ溶けちゃったけど、針ノ木大雪渓に突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ溶けちゃったけど、針ノ木大雪渓に突入。
沢を渡って、少しだけ雪渓歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡って、少しだけ雪渓歩き。
赤のペイント部分を忠実に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤のペイント部分を忠実に進む。
沢にせり出す雪庇。沢の水はもちろん冷え冷えだ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢にせり出す雪庇。沢の水はもちろん冷え冷えだ♪
1
後半は雪渓横の迂回路を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半は雪渓横の迂回路を登る。
振り返ると爺ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると爺ヶ岳。
笑顔のウサギギク♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笑顔のウサギギク♪
最後の水場で明日の水も確保。
重っ!( ̄◇ ̄;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の水場で明日の水も確保。
重っ!( ̄◇ ̄;)
砂礫の急勾配をつづら折りに登ると針ノ木小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫の急勾配をつづら折りに登ると針ノ木小屋。
テント場からの見晴らしも良きです♪扉を開けると槍が見える我が家だ( ´ ▽ ` )
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場からの見晴らしも良きです♪扉を開けると槍が見える我が家だ( ´ ▽ ` )
テント設営後、蓮華岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営後、蓮華岳へ。
北アルプスの山並みを横目に♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山並みを横目に♪
富士山も薄っすら顏を出している♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も薄っすら顏を出している♪
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。美しい双耳峰だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。美しい双耳峰だ。
来た道を振り返る。蓮華岳はなだらかな山容だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。蓮華岳はなだらかな山容だ。
小さなピークを二つ越えると蓮華岳の山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークを二つ越えると蓮華岳の山頂。
コマクサ♪砂礫は女王様まみれだ。^_^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ♪砂礫は女王様まみれだ。^_^
2
蓮華岳山頂到着!いい天気だヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳山頂到着!いい天気だヽ(^。^)ノ
山頂で昼寝をしていたらガスが上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で昼寝をしていたらガスが上がってきた。
二日目の稜線歩き。まずは針ノ木岳へ。背後の蓮華岳から朝日が昇りは始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目の稜線歩き。まずは針ノ木岳へ。背後の蓮華岳から朝日が昇りは始める。
針ノ木岳の登りはこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳の登りはこんな感じ。
針ノ木岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
本日もおはよう、富士山♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日もおはよう、富士山♪
次なるピーク、スバリ岳へ。後立山の山並み・・・贅沢な景色だ(≧▽≦)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次なるピーク、スバリ岳へ。後立山の山並み・・・贅沢な景色だ(≧▽≦)
スバリ岳の登り。浮石まみれの急斜面(;'∀')
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳の登り。浮石まみれの急斜面(;'∀')
スバリ岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
次なるピーク、赤沢岳へ。細かいアップダウンは続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次なるピーク、赤沢岳へ。細かいアップダウンは続く。
登山道は変化に富んでおり飽きないzo。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は変化に富んでおり飽きないzo。
まだまだ、続くアップダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、続くアップダウン。
赤沢岳への登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳への登り。
歩いた道を振り返る。だいぶ下ってきたなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いた道を振り返る。だいぶ下ってきたなぁ。
赤沢岳への登り。岩稜帯の急斜面をガシガシ登る。登山道の印は的確なので安心だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳への登り。岩稜帯の急斜面をガシガシ登る。登山道の印は的確なので安心だ。
赤沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
立山、別山、剱岳〜かっこいい山並みだぁ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
立山、別山、剱岳〜かっこいい山並みだぁ♪
1
水晶岳、赤牛岳、薬師岳も!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳、赤牛岳、薬師岳も!
1
・・・来てよかったなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・来てよかったなぁ。
1
鳴沢岳への登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳への登り。
鳴沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
1
鳴沢岳の降りは岩稜帯の激下り。短い距離だがスリリング(;'∀')
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳の降りは岩稜帯の激下り。短い距離だがスリリング(;'∀')
新越山荘。稜線歩きも後半、歩くぞ〜ヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越山荘。稜線歩きも後半、歩くぞ〜ヽ(^。^)ノ
ヤマハハコ。かわいいなぁ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ。かわいいなぁ♪
新越岳。岩小屋沢岳手前のピーク。山頂表記はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越岳。岩小屋沢岳手前のピーク。山頂表記はない。
新越岳から15分ほどで岩小屋沢岳だ。アップダウンはあるがのんびり歩ける道♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越岳から15分ほどで岩小屋沢岳だ。アップダウンはあるがのんびり歩ける道♪
岩小屋沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
だいぶガスがあがってきたわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳山頂到着!ヽ(^。^)ノ
だいぶガスがあがってきたわ。
雄山をズームで。御前沢雪渓がきれいに見える。ロマンあふれる氷河なのだ(≧▽≦)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山をズームで。御前沢雪渓がきれいに見える。ロマンあふれる氷河なのだ(≧▽≦)
なにトリカブトかな???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにトリカブトかな???
爺ヶ岳が近くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳が近くなってきた。
岩小屋岳から種池山荘までは片側が砂礫のガケになっている道が多い。最後まで気を抜かず歩かねば!(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋岳から種池山荘までは片側が砂礫のガケになっている道が多い。最後まで気を抜かず歩かねば!(^_^)
1
種池山荘が見えてきた。もう一息登って降りたら到着だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘が見えてきた。もう一息登って降りたら到着だ。
タケシマランの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケシマランの実。
シナノオトギリソウ。鮮やかな黄色に惹かれるなぁ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリソウ。鮮やかな黄色に惹かれるなぁ♪
種池山荘からの夕日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘からの夕日。
1
3日目、早朝爺ヶ岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、早朝爺ヶ岳へ。
クリアな日の出は見られなかったが、夜明けと共に移り行く景色はとても美しい。寒いけど美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリアな日の出は見られなかったが、夜明けと共に移り行く景色はとても美しい。寒いけど美しい。
1
静かな1日の始まりだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな1日の始まりだ。
爺ヶ岳南峰から日の出を眺めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳南峰から日の出を眺めた。
南峰から東へ15分程で爺ヶ岳中岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から東へ15分程で爺ヶ岳中岳山頂。
南峰から種池山荘を見下ろす。
いい山歩きだあったなぁ・・・と、しみじみ。(^-^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から種池山荘を見下ろす。
いい山歩きだあったなぁ・・・と、しみじみ。(^-^)
1
柏原新道を下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道を下山。
さよなら稜線。楽しかったよ。ヽ(^。^)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら稜線。楽しかったよ。ヽ(^。^)ノ
1
柏原新道登山口到着。
後立山を北上したかったなぁ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道登山口到着。
後立山を北上したかったなぁ・・・。

感想/記録
by chikah

今回は後立山連峰の南端、針ノ木岳から爺ヶ岳を周回してみた。
以前から扇沢を取り巻く威圧的な山並みを歩いてみたいと思っていた。
天気に合わせ仕事の休暇をとったので、3日間とても良い天気!
余談だか、行きの高速道路でJRと並走する区間があり、そこでドクターイエローを見た。(o^^o)
結果、山歩きを楽しめた〜ヤツのお陰でもあったのかもしれない。

欲をいえば、大雪渓の雪の上をザクザク登りたかったのだが、8月の後半ではさすがに通行不可。今回雪渓を歩いたのは前半の一部分だけ。
残りは雪渓を横目に迂回ルートをひたすら登る。
溶けゆく雪渓を見ながら登るのもなかなかオツなのだが…。
雪渓登りは、またのお楽しみだな。

今回は2泊3日で周回するのんびりプランだ。
しかし扇沢から針ノ木小屋の距離は考えていたより短く、早朝出発だったためAM10時前に針ノ木峠に着いてしまった。( ̄◇ ̄;)
蓮華岳に登っても、時間はたっぷりあった。
1日目は山頂昼寝と読書三昧。
まぁ、たまにはこういうのもいいかもしれない。

2日目は、針ノ木小屋から種池小屋へ。
前々から歩いてみたかったこの稜線、起伏に富んだ面白いルートだった。(≧∇≦)
名のあるピークを6つ越え、名もないピークをいくつか越える。
名のあるピークは稜線から突出してるので高低差が激しい。
わしわし登ってガグンと降る。
登りはいいが、降りでの砂礫の急斜面&浮石の道はドキドキだ。
コマクサには優しいがハイカーには手厳しい道なのだ。
そこがまた面白くもあったが♪

様々な山が連なる景色に囲まれながら、稜線をポクポク歩いた。
今までに登った山、これから登りたいと思っている山へと思いを馳せた。

今回もいい山歩きだったな。(≧∇≦)
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/5
投稿数: 97
2017/9/9 19:59
 近場でニアミス!
chikahさん
こんばんは。

またまたテン泊でガッツリ歩かれましたね。
ニアミスといっても時期が1週間、場所は後立山の中央(唐松〜鹿島槍)と南の違いはありますが、広い北アルプスですものアバウトニアミスです。

お互いに天候に恵まれ 、昨年ご一緒だった水晶岳もバッチリ見えて良かったです。
私ジジ(爺ヶ岳)の北側も劔、立山の展望は抜群の稜線で楽しめますよ。
特に五竜前後は岩が多くて面白い。
是非お薦めします。機会があればお出かけください。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 38
2017/9/17 13:37
 Re: 近場でニアミス!
こんにちはyamatake01さん。
コメントありがとうございます。
そして返信たいへん遅れましてすみません(^^;

週は違えど、まさにアバウトニアミス。
後立山のルートが繋がりましたね♪

私も針ノ木〜爺ヶ岳の稜線から立山や劔、そしてyamatake01さんが歩いてこられた
唐松岳から爺ヶ岳の稜線を眺めておりました。
お互い天候にもほぼ恵まれ、充実した山歩きができましたね
おすすめの五竜前後のルート、yamatake01さんのレコを拝見して
歩いてみたい!(≧▽≦)と思っておりました。
確かに起伏があって面白そうです!〜鎖もあるようなので安心ですね。
五竜岳〜是非登ってみたいです。ヽ(^。^)ノ

今年は白馬+清水岳を計画しており、まずはそちらから攻めてみようと思います。
天気予報と にらめっこの日々です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ