ヤマレコ

記録ID: 1273906 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

青空の南八ヶ岳縦走(白駒池〜観音平)

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
 oec
天候2日間とも晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒池駐車場と観音平に1台ずつ車をデポ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間49分
休憩
2時間29分
合計
10時間18分
S白駒の池 駐車場05:5306:23白駒分岐06:27白駒の池06:33白駒荘07:07高見石07:09高見石小屋07:1008:04中山展望台08:08中山08:3908:49中山分岐08:55見晴らし台08:58中山峠09:39天狗岳分岐09:4209:50天狗の鼻09:5209:59東天狗岳10:0410:12天狗岳10:1710:28東天狗岳10:4610:59白砂新道入口11:07根石岳11:1611:21根石山荘11:46山びこ荘11:46夏沢峠11:46ヒュッテ夏沢12:0712:53硫黄岳12:5413:12硫黄岳山荘13:4414:08台座ノ頭14:24横岳(奥ノ院)14:3014:34無名峰14:46横岳(三叉峰)14:4814:54石尊峰14:59鉾岳15:0015:04日ノ岳15:1415:20二十三夜峰15:2115:27地蔵の頭15:2816:11行者小屋
2日目
山行
8時間1分
休憩
2時間27分
合計
10時間28分
行者小屋04:4804:56阿弥陀岳分岐05:55文三郎尾根分岐05:5606:29赤岳07:1307:16竜頭峰07:21真教寺尾根分岐07:2508:31キレット小屋08:5009:26ツルネ09:57旭岳10:0910:35縦走路分岐10:3710:41権現岳10:4610:48縦走路分岐10:5210:54権現小屋11:1511:23東ギボシ11:2411:36西ギボシ11:48のろし場12:08青年小屋12:2312:52編笠山13:0914:08押手川14:1014:42雲海15:16観音平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ヘッドライト 雨具 スマートフォン 食料 食器 行動食(非常食) ストック 防寒具 手袋 マット 寝袋 シュラフカバー 常備薬 帽子 サンダル サブザック 日焼け止め 虫除け サングラス
共同装備 地図 コンパス テント ガスストーブ

写真

観音平に1台デポして麦草峠まで来ると、夜もすっかり明けました。最初が登りじゃないのでお気楽。
2017年09月30日 06:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平に1台デポして麦草峠まで来ると、夜もすっかり明けました。最初が登りじゃないのでお気楽。
2
朝の白駒池。
2017年09月30日 06:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の白駒池。
4
紅葉の写真を撮りに来ている人がたくさんいました。
2017年09月30日 06:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の写真を撮りに来ている人がたくさんいました。
4
森の中を登ります。
2017年09月30日 06:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中を登ります。
1
1時間もかからず高見石小屋。スルーします。
2017年09月30日 07:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間もかからず高見石小屋。スルーします。
中山展望台で青空。
2017年09月30日 08:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台で青空。
続いて天狗岳へ。人が増えてきました。
2017年09月30日 09:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて天狗岳へ。人が増えてきました。
1
東天狗でザックをデポして西天狗へ。
2017年09月30日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗でザックをデポして西天狗へ。
5
10分ほどで着きました。こちらもにぎわっていました。
2017年09月30日 10:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで着きました。こちらもにぎわっていました。
4
10日くらい前マスコミがこぞって「八ヶ岳」と報道した場所が見えます。
2017年09月30日 10:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10日くらい前マスコミがこぞって「八ヶ岳」と報道した場所が見えます。
2
ザックを回収して根石岳へ。
2017年09月30日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを回収して根石岳へ。
2
天狗岳とはうって変わって静かな山頂。
2017年09月30日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳とはうって変わって静かな山頂。
5
夏沢峠まで降りると、山びこ荘もヒュッテ夏沢も営業終了していてびっくり。トイレが使えませんでした。
2017年09月30日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠まで降りると、山びこ荘もヒュッテ夏沢も営業終了していてびっくり。トイレが使えませんでした。
1
次の目標、硫黄岳へ。楽しい綾線歩き。
2017年09月30日 12:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目標、硫黄岳へ。楽しい綾線歩き。
6
絶壁。
2017年09月30日 12:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁。
2
相変わらず何もない山頂。
2017年09月30日 12:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず何もない山頂。
5
雲が沸いてきました。
2017年09月30日 14:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が沸いてきました。
2
横岳。
2017年09月30日 14:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳。
4
突然仕事を思い出してMacBook Airを広げるitog
2017年09月30日 14:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然仕事を思い出してMacBook Airを広げるitog
6
そして地蔵の頭。ここから行者小屋まで降ります。
2017年09月30日 15:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして地蔵の頭。ここから行者小屋まで降ります。
1
階段をえんえんと下って到着。テント場は混雑していました。
2017年09月30日 16:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段をえんえんと下って到着。テント場は混雑していました。
夕食の仕度をしていると稜線が赤く染まりました。
2017年09月30日 17:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食の仕度をしていると稜線が赤く染まりました。
6
翌朝。今度は文三郎尾根から登ります。
2017年10月01日 04:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。今度は文三郎尾根から登ります。
昨日降りた分だけ階段を登ります。
2017年10月01日 05:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日降りた分だけ階段を登ります。
このへん核心部。テントを担いで歩くのは初めてですが、何度も来ているので不安はありません。
2017年10月01日 06:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへん核心部。テントを担いで歩くのは初めてですが、何度も来ているので不安はありません。
1
あとちょっと。
2017年10月01日 06:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとちょっと。
2
最後の登り。
2017年10月01日 06:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
7
ついたー。
2017年10月01日 06:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついたー。
4
しばらく休んでから次の目標へ。キレット分岐から先は急に人が減ります。
2017年10月01日 07:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく休んでから次の目標へ。キレット分岐から先は急に人が減ります。
1
真教寺分岐。今日は右です。
2017年10月01日 07:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺分岐。今日は右です。
3
岩場を慎重に。
2017年10月01日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を慎重に。
2
安全地帯まで来ました。
2017年10月01日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全地帯まで来ました。
営業中のキレット小屋ははじめて。静かな小屋です。
2017年10月01日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
営業中のキレット小屋ははじめて。静かな小屋です。
2
小屋の周辺は樹林帯。
2017年10月01日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の周辺は樹林帯。
赤岳をバックに次の権現岳を目指します。
2017年10月01日 09:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳をバックに次の権現岳を目指します。
4
ツルネ。山頂標がなければ気付かず通り過ぎてしまいます。出合小屋から登る人はどの程度いるのでしょう。
2017年10月01日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ。山頂標がなければ気付かず通り過ぎてしまいます。出合小屋から登る人はどの程度いるのでしょう。
2
続いて旭日岳。急登の先は大きな岩があるだけ。
2017年10月01日 10:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて旭日岳。急登の先は大きな岩があるだけ。
1
そして例の大梯子。長いです。
2017年10月01日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして例の大梯子。長いです。
1
登り切りました。バックの赤岳と阿弥陀岳が映えます。
2017年10月01日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切りました。バックの赤岳と阿弥陀岳が映えます。
4
権現岳。
2017年10月01日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳。
2
万歳するitog
2017年10月01日 10:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万歳するitog
9
権現小屋で休憩。kao_riiiはミネラルウォーターも補給。
2017年10月01日 10:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現小屋で休憩。kao_riiiはミネラルウォーターも補給。
ギボシに寄って
2017年10月01日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシに寄って
岩場を下り
2017年10月01日 11:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を下り
2
のろし場を通過して
2017年10月01日 11:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場を通過して
遠い飲み屋へ。
2017年10月01日 12:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠い飲み屋へ。
2
青年小屋から最後の登り。
2017年10月01日 12:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋から最後の登り。
2
ここが最終目的地。
2017年10月01日 12:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが最終目的地。
6
インスタっぽい1枚。
2017年10月01日 12:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
インスタっぽい1枚。
5
また仕事を思い出してMacBook Airを広げるitog
2017年10月01日 12:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また仕事を思い出してMacBook Airを広げるitog
2
さあ降りましょう。さすがに疲れましたが…
2017年10月01日 13:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ降りましょう。さすがに疲れましたが…
2
無事下山。白駒池まで車を回収しに行きます。
2017年10月01日 15:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。白駒池まで車を回収しに行きます。
最後に音無の湯へ。温泉もとうふ料理もナイスでした。
2017年10月01日 18:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に音無の湯へ。温泉もとうふ料理もナイスでした。
5

感想/記録
by oec

3連休で八ヶ岳を縦走する予定でしたが台風のため延期。上の方を省略して2日間でアタックすることに。itogとka_oriiiの3人で挑戦します。

4時半に観音平の駐車場に集合。1台デポして麦草峠の先の白駒池駐車場まで3人で移動。メルヘン街道を走っている間に夜も明けて、駐車場に着くとちょうど毎日あるぺん号も来ていました。久々の重いテント泊装備で5:53出発。

白駒池までは森の中。カメラだけを持った観光客風の人も多いです。6:27白駒池。紅葉を堪能してからさくさくと先へ進みます。途中から岩と泥が交互に現れるやや歩きにくい道になります。7:09高見石小屋。続いてそのまま中山へ1時間ほど歩きます。
8:04中山展望台。眺望はよかったのですが寒くてすぐに逃げ出しました。8:08中山。山頂の少し先で長めの休憩を取り天狗岳へ。9:59東天狗。ザックをデポして西天狗までピストン。どちらも多くの登山者がいました。皇太子効果もあったのでしょうか。

根石岳へ降りるルートでまた静かな山歩きに戻ります。11:07 根石岳。ひっそりとした山頂。夏沢峠まで降りると、なぜか山びこ荘もヒュッテ夏沢も営業終了してました。硫黄岳までへの登りは単調で疲れが出てきます。12:53に硫黄岳。眺めは最高で思ったほどの風もなく、疲れが吹き飛びます。 硫黄岳山荘まで下りてからトイレ休憩。

硫黄岳から先は7月にも歩いたルートです。カニのヨコバイも問題なく通過し、14:24奥の院、14:46三叉峰と順に通りますがペースは落ち気味。途中、itogが突然「仕事を思い出した」と言ってMacBook Airをザックから取り出しますがいつものこと。15:27地蔵の頭。ここからは地蔵尾根を降ります。16:11今日のゴール、行者小屋に計画より少し遅れて到着。テント場は混雑していましたが何とか林の中にテントを張りました。

翌朝は4:30出発の予定でしたが少し遅れました。しかし森林限界に上がる頃にちょうど夜が明けます。5:55文三郎分岐。山梨県側に雲海が見えます。6:29赤岳。さすがに人が多いですが、ここも眺めはよく満足。itogはまたMacBook Airを広げて仕事に余念がありません。残りの2名はその間に十分休憩して、今度は権現岳を目指します。

キレット分岐まで戻ると人が少ない世界へ。7:21真教寺分岐。このあたりの下りの岩場はキツいですが慎重に降りれば問題ありません。岩場の後半はガレていて落石に注意しつつ降りました。森林限界まで降りて8:31キレット小屋。布団を干していました。今夜はぽかぽかでしょう。
9:26ツルネ、9:57旭岳と中間ピークを順にこなして疲れが出てきた頃に権現岳への大梯子が出現。登り切ればすぐ権現岳で10:41に到着。巨岩の上で出会った方に写真を撮ってもらったらすぐに降りて、目の前の権現小屋で休憩します。ka_oriiiが水が足りないと言ってミネラルウォーターを買いました。私も残り500mlですが、後は編笠山の登り返し以外ほぼ下るだけなので大丈夫だろうと判断。

権現小屋からは鎖場が続きますが岩場を何度も通過してきているので多少荷物が大きくても問題ありません。ギボシに一瞬寄ってからのろし場を通って12:08青年小屋。小屋の前の岩場はぴょんぴょんと登って12:52編笠山。itogがまたMacBook Airを取り出して最後のひと仕事。
この先はひたすら降りるだけ。岩が多くてテント泊装備にはこたえます。ペースは上がりませんが雑談しながら15:16観音平の駐車場へ無事到着。

白駒池まで戻って車を回収したら音無の湯へ。温泉もとうふ料理もいい所でした。
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ