また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276554 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

紅葉狩りに、大日岳〜立山(北ア)

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候1日目 晴れ
2日目 晴れ〜薄雲
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
 称名道路(一般県道弘法称名立山停車場線)の開門時間は7:00〜18:00。立山駅から称名滝行きの始発バスは7:30、最終バスは16:20です。運賃は片道 500円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間43分
休憩
44分
合計
7時間27分
S大日岳登山口07:0807:56牛ノ首08:38大日平山荘08:4310:31大日小屋10:42大日岳10:4710:56大日小屋11:0911:42中大日岳11:46七福園12:55奥大日岳三角点13:1413:26奥大日岳13:37カガミ谷乗越13:3813:432511mピーク14:07室堂乗越14:18新室堂乗越14:31浄土橋14:3214:35雷鳥沢キャンプ場
2日目
山行
5時間12分
休憩
2時間30分
合計
7時間42分
雷鳥沢キャンプ場04:1304:17浄土橋05:23一の越山荘05:2506:06雄山06:19立山06:24大汝休憩所06:2906:39富士ノ折立06:4007:09真砂岳07:1007:42別山南峰07:4307:49別山北峰08:0308:08別山南峰08:27剱御前小舎09:11浄土橋09:15雷鳥沢キャンプ場11:2111:30雷鳥沢ヒュッテ11:36雷鳥荘11:48みくりが池温泉11:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 大日岳〜雷鳥沢 登山道は整備され歩きやすいですが、始めの登山道は新しめ岩がに崩落した箇所があり。牛ノ首付近は痩せ尾根がちょっとあり、万が一滑落するとアウト。大日平小屋からしばらく続く木道は濡れて滑りやすいです。大日岳からは登山道の幅が狭くすれ違いに注意。
 雷鳥沢〜雄山〜別山 一ノ越手前の雪渓も無くなり特に危険な箇所は無いと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

いつもの大日岳登山口からスタート。
2017年09月30日 07:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの大日岳登山口からスタート。
1
樹林帯を抜けると木道が続く大日平へ。
2017年09月30日 08:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると木道が続く大日平へ。
ラムサール条約登録湿地です。
2017年09月30日 08:33撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラムサール条約登録湿地です。
1
大日平山荘を過ぎるとまた木道が続きます。
2017年09月30日 08:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平山荘を過ぎるとまた木道が続きます。
1
紅葉が始まっていますね。
2017年09月30日 08:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっていますね。
5
水を汲める沢は水量が細くなっています。
2017年09月30日 09:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を汲める沢は水量が細くなっています。
1
紅葉が色づいています。
2017年09月30日 09:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が色づいています。
2
弥陀ヶ原と右は鍬崎山、左は薬師岳。
2017年09月30日 10:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原と右は鍬崎山、左は薬師岳。
1
大日小屋が見えてきた。
2017年09月30日 10:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋が見えてきた。
稜線に出ると剱岳がドーン。
2017年09月30日 10:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると剱岳がドーン。
2
ザックをデポして大日岳頂上へ。
2017年09月30日 10:44撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックをデポして大日岳頂上へ。
3
富山平野もはっきりと分かります。
2017年09月30日 10:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野もはっきりと分かります。
1
毛勝三山。
2017年09月30日 10:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山。
白馬岳や白馬鑓ヶ岳も見えます。
2017年09月30日 10:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳や白馬鑓ヶ岳も見えます。
大日小屋と中大日岳へ続く稜線。
2017年09月30日 10:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋と中大日岳へ続く稜線。
1
ナナカマドの実と剱岳。
2017年09月30日 10:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実と剱岳。
4
ちょっと地味な中大日岳頂上。
2017年09月30日 11:41撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと地味な中大日岳頂上。
奥大日岳へ続く美しい稜線。
2017年09月30日 11:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳へ続く美しい稜線。
1
広い日本庭園のような七福園。
2017年09月30日 11:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い日本庭園のような七福園。
3
ナナカマドは赤い実だけですね。
2017年09月30日 11:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドは赤い実だけですね。
この辺は紅葉が終わりつつあります。
2017年09月30日 11:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は紅葉が終わりつつあります。
3
稜線より下はまだ紅葉がありますね。
2017年09月30日 11:52撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より下はまだ紅葉がありますね。
立山はまだ遠い。
2017年09月30日 11:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山はまだ遠い。
稜線を歩いて行きます。
2017年09月30日 11:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を歩いて行きます。
1
奥大日岳へ続く稜線。
2017年09月30日 12:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳へ続く稜線。
2
富山湾が見えますね。
2017年09月30日 12:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾が見えますね。
振り返ると山腹が紅葉に覆われていました。
2017年09月30日 12:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると山腹が紅葉に覆われていました。
途中には霜柱もあり。
2017年09月30日 12:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中には霜柱もあり。
アルペンルートの七曲がり。
2017年09月30日 12:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペンルートの七曲がり。
ようやく奥大日岳頂上が見えてきた。
2017年09月30日 12:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく奥大日岳頂上が見えてきた。
奥大日岳頂上に到着。
2017年09月30日 12:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳頂上に到着。
5
また剱岳を撮影。
2017年09月30日 12:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また剱岳を撮影。
稜線と立山。
2017年09月30日 12:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線と立山。
特徴のある山容の、槍ヶ岳や笠ヶ岳はすぐに分かりますね。
2017年09月30日 12:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴のある山容の、槍ヶ岳や笠ヶ岳はすぐに分かりますね。
振り返っての大日岳、中大日岳。
2017年09月30日 12:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての大日岳、中大日岳。
先へ進みます。
2017年09月30日 13:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先へ進みます。
途中にあった池。
2017年09月30日 13:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった池。
所々草紅葉も見えます。
2017年09月30日 13:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々草紅葉も見えます。
1
眼下の紅葉。
2017年09月30日 13:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の紅葉。
室堂が見えてきた。
2017年09月30日 13:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂が見えてきた。
槍ヶ岳や穂高連峰をアップで。
2017年09月30日 13:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳や穂高連峰をアップで。
2
また眼下の紅葉を撮影。
2017年09月30日 13:37撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また眼下の紅葉を撮影。
立山が大きく見えるようになってきた。
2017年09月30日 13:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山が大きく見えるようになってきた。
1
またまた剱岳を撮影。
2017年09月30日 13:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた剱岳を撮影。
振り返っての奥大日岳。
2017年09月30日 13:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての奥大日岳。
2
軽くアップダウンしながら進みます。
2017年09月30日 13:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽くアップダウンしながら進みます。
この辺は紅葉がちょっと寂しいかも。
2017年09月30日 13:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は紅葉がちょっと寂しいかも。
1
紅葉を入れて剱岳を撮影。
2017年09月30日 13:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を入れて剱岳を撮影。
2
振り返っての歩いてきたトレイル。
2017年09月30日 13:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての歩いてきたトレイル。
ハイマツの中を歩いて行きます。
2017年09月30日 14:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの中を歩いて行きます。
雷鳥沢野営場が見えてきた。
2017年09月30日 14:06撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢野営場が見えてきた。
2
結構テントの数が多いですね。急ぎます。
2017年09月30日 14:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構テントの数が多いですね。急ぎます。
もうちょっと。
2017年09月30日 14:25撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと。
1
雷鳥沢野営場に到着しましたが、テントを張るスペースはまだ余裕でした。
2017年09月30日 14:33撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢野営場に到着しましたが、テントを張るスペースはまだ余裕でした。
1
で、重かったけど保冷剤代わりの凍らせたペットボトルと一緒に担ぎ上げたビールで乾杯。
2017年09月30日 15:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、重かったけど保冷剤代わりの凍らせたペットボトルと一緒に担ぎ上げたビールで乾杯。
4
夕食は水戻しパスタとレトルトソースにソーセージを載せて。
2017年09月30日 17:06撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は水戻しパスタとレトルトソースにソーセージを載せて。
3
翌日、赤くなった空に富士山から撮影。
2017年10月01日 05:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、赤くなった空に富士山から撮影。
空に浮かび上がる北アルプスの稜線。
2017年10月01日 05:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に浮かび上がる北アルプスの稜線。
雄山山頂まであともうちょっと。
2017年10月01日 05:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山山頂まであともうちょっと。
1
でも間に合わず日が昇り始めた。
2017年10月01日 05:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも間に合わず日が昇り始めた。
ようやく雄山山頂に到着し、朝日を撮影。
2017年10月01日 05:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく雄山山頂に到着し、朝日を撮影。
2
赤く染まる雄山神社。
2017年10月01日 05:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く染まる雄山神社。
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山。
2017年10月01日 05:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山。
1
朝日がますます昇っていきます。
2017年10月01日 05:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日がますます昇っていきます。
2
立山からりんごキャンペーン。
2017年10月01日 05:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山からりんごキャンペーン。
2
北アルプスの山々も明るくなってきました。
2017年10月01日 05:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山々も明るくなってきました。
白山もはっきりと見えます。
2017年10月01日 06:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山もはっきりと見えます。
剱岳も見えています。
2017年10月01日 06:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳も見えています。
1
大日岳山頂にも朝日が。
2017年10月01日 06:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳山頂にも朝日が。
後立山連峰オールスターズ。
2017年10月01日 06:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰オールスターズ。
大汝山へ向かう途中から。
2017年10月01日 06:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山へ向かう途中から。
真砂岳、別山を目指します。
2017年10月01日 06:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳、別山を目指します。
富山県最高峰大汝山。
2017年10月01日 06:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山県最高峰大汝山。
1
大汝山の天辺から北アルプスを撮影。
2017年10月01日 06:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山の天辺から北アルプスを撮影。
同じく後立山連峰オールスターズ。
2017年10月01日 06:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく後立山連峰オールスターズ。
日が高くなってきた。
2017年10月01日 06:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が高くなってきた。
黒部湖はまだ日が当たりませんね。
2017年10月01日 06:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖はまだ日が当たりませんね。
大汝避難小屋は営業を終了しました。
2017年10月01日 06:28撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝避難小屋は営業を終了しました。
1
楽しい稜線歩き。
2017年10月01日 06:30撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩き。
大日岳にも日があたり明るくなってきました。
2017年10月01日 06:33撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳にも日があたり明るくなってきました。
富士ノ折立。
2017年10月01日 06:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ノ折立。
1
真砂岳へ続く美しい稜線。
2017年10月01日 06:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳へ続く美しい稜線。
頂上へ向かいます。
2017年10月01日 06:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上へ向かいます。
ここも楽しい稜線歩き。
2017年10月01日 07:02撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも楽しい稜線歩き。
また後立山オールスターズ。
2017年10月01日 07:03撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また後立山オールスターズ。
真砂岳に到着。
2017年10月01日 07:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳に到着。
ここも縦走してみたい。
2017年10月01日 07:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも縦走してみたい。
別山へ向かいます。
2017年10月01日 07:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山へ向かいます。
ここを歩いて行くと。
2017年10月01日 07:28撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを歩いて行くと。
別山南峰から剱岳を撮影。
2017年10月01日 07:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山南峰から剱岳を撮影。
3
後立山連峰オールスターズ。
2017年10月01日 07:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰オールスターズ。
不帰嶮と唐松岳。
2017年10月01日 07:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰嶮と唐松岳。
鹿島槍ヶ岳。
2017年10月01日 07:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。
素晴らしい山並み。
2017年10月01日 07:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい山並み。
剱岳頂上をアップで。
2017年10月01日 07:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳頂上をアップで。
1
剱沢野営場のテントは少ないですね。
2017年10月01日 07:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱沢野営場のテントは少ないですね。
1
剱岳北方稜線。
2017年10月01日 08:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳北方稜線。
歩いてきた立山。
2017年10月01日 08:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた立山。
剱御前小舎と奥には大日連山。
2017年10月01日 08:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎と奥には大日連山。
1
剱御前小舎に到着。
2017年10月01日 08:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎に到着。
1
雷鳥坂の紅葉。
2017年10月01日 08:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥坂の紅葉。
雷鳥沢野営場に帰還。
2017年10月01日 09:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢野営場に帰還。
水たまりには氷が張っていた。
2017年10月01日 09:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水たまりには氷が張っていた。
雷鳥沢から紅葉を撮影。
2017年10月01日 09:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢から紅葉を撮影。
2
室堂乗越付近。
2017年10月01日 09:13撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂乗越付近。
1
立山方面。
2017年10月01日 09:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面。
紅葉はもう終盤のようですね。
2017年10月01日 09:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はもう終盤のようですね。
今回の我が家。
2017年10月01日 09:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の我が家。
お昼ご飯はやっぱりカレー。
2017年10月01日 10:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ご飯はやっぱりカレー。
2
室堂に戻ってくる頃には少し曇ってきました。
2017年10月01日 11:41撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に戻ってくる頃には少し曇ってきました。
1
みくりが池。
2017年10月01日 11:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池。
帰りはこのバスで称名滝駐車場へ。お疲れ様でした。
2017年10月01日 13:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはこのバスで称名滝駐車場へ。お疲れ様でした。
1

感想/記録

【感想/記録】
 登山グループの隊長と穂高方面へ行く予定がぽしゃったので、1人でテン泊できて紅葉が美しそうな立山行く事に。アルペンルートを使うと楽すぎて、トレーニングにならないので、称名滝登山口から大日岳、奥大日岳を経て雷鳥沢野営場へ向かいテン泊、2日目日は立山を周回する事に。

■1日目 活動時間:7時間27分活動距離:12.22km 高低差:1,572m 累積標高上り/下り:1,911m / 666m 消費カロリー:3087kcal
 紅葉が見頃の時期なので、立山駅周辺の駐車場は激混みが予想され、称名滝駐車場からスタート。帰りは立山駅から便数が少ないバスに乗って帰って来なければいけませんが、早くスタートできます。途中でチラッと見た立山駅川沿いの駐車場は、5時45分頃なのに、かなり埋まっているようでした。桂台のゲートには6時前に到着し一番乗りでしたが1時間以上も待たねばならず暇です。

 幸いゲートは6時40分過ぎにオープン、称名滝駐車場でトイレを済ませ、準備をして登山口へ向かいます。並んだ車の数は少なく駐車場は十分余裕がありました。歩いていると樹林帯はやっぱり暑く、汗だくになりそう。急坂を登っていると心拍数が140を超えたので、猿ヶ馬場で給水がてらちょっと一休み。重いザックを背負っているので痩せ尾根の牛ノ首は慎重にクリアして、急坂を登りきると木道が続く大日平か大日平山荘に到着し、行動食を食べて出発。

 木道が続きしばらくすると、丸い岩が重なった登山道が続くようになります。ここも急坂ですが標高を上げていくと、キレイな紅葉が見えてきました。重いザックを背負っているので、歩みは遅いですが、10時半過ぎにようやく大日小屋分岐点に到着。剱岳が正面にドーンと見えました。ザックをデポして大日岳を目指します。重い荷物が無いとあっと言う間に山頂に到着。立山、薬師岳、遠くには槍ヶ岳も見えて最高のお天気です。

 大日岳から降りて大日小屋の前で昼食を食べてから出発。中大日岳、七福園を過ぎて一旦下りまた登り返すと奥大日岳に到着、立山が大きく見えます。紅葉を見ながら小さなアップダウンを繰り返すと、雷鳥沢野営場が遠くに見えてきました。結構テントで埋まっており、急いで下山するため木道は走って、14時半過ぎに野営場に到着。幸いテントが設営できるスペースは十分余裕がありました。

 テントをサクッと設営し受け付けを済ませ、ビールを飲んでマッタリしましたが、日差しが少しあってもやはり寒い。夕方近くには雲が出てきて日差しが隠れ、更に寒くなってきました。夕食のパスタを食べて7時前には寝ました。

■2日目 活動時間:5時間40分 活動距離:12.25km 高低差:751m 累積標高上り/下り:1,274m / 1,118m 消費カロリー:2480kcal
 翌日は雄山でご来光を見るために3時過ぎに起床するも、寒くてシュラフから中々出られない。朝食用のお湯も沸くのに時間がかかり、結局予定より遅れて4時10分頃にテントを出発。今回はサブザックなので身体が軽い。地図には雷鳥沢から一ノ越までのショートカットがあるので、この登山道を進みます。でも一ノ越と室堂の分岐点を見逃し、結局室堂山荘より少し進んだところの登山道に合流。空が明るくなってきたので、休まずドンドン進みます。

 一ノ越に到着すると、東の空が赤く染まってきました。ご来光間に合うようにガンガン登りますが、息が上がってスピードが出ない。三ノ越からは富士山もはっきり見えますが、頂上に出ないとご来光が見えない。息を切らせて登っている途中で、後ろの浄土山や薬師岳が赤く染まり、ご来光に間に合いませんでした。しばらく登るとようやく雄山の山頂に到着。ご来光の瞬間には間に合いませんでしたが、朝日と北アルプスの山々、八ヶ岳、南アルプスも見えました。

 少し休んでから大汝山、富士ノ折立から下り、朝日を浴びる真砂岳の稜線を歩き、別山南峰に到着。ここで剱岳を見ながらパンを食べ、少し休んでから剣御前小舎を経て、雷鳥坂を下ってテントに帰還。時間がもったいないので、テントの撤収をしながらお昼ご飯のカレーの準備をし、立山を見ながらカレーを食べてコーヒーを飲んで、雷鳥沢野営場を後にしました。ここから石階段が永遠と続きますが、ドンドン登って室堂に到着。

 雄山からのご来光に間に合わなかったので、来年は間に合うようにまた来たいと思います。弥陀ヶ原を歩き八郎坂を下って、称名滝駐車場へ戻る野望がありましたが、疲れたのであっさり日和り、アルペンルートのバスとケーブルカーに乗って下山しましたとさ(笑)。

【注意点や反省点】
 ザックとカメラバッグ、ウエストポーチの重さは約16.5kg(水分850ml+ビール350ml含む)。
 雷鳥沢野営場はソフトバンクが4Gでしたバッチリ繋がりネットが快適です。
 日中は日差しがあると暑いくらいでしたが、日没後は急に寒くなり、19時前にはテントの結露が凍結していました。明け方は氷点下くらいに気温が下がりますので防寒対策はしっかりと。春秋用のシュラフでないと寒くて寝られませんでした。
 寒さに弱いiPhoneをテントの中に放置していたら死にました。幸いモバイルバッテリーで充電したら蘇生しましたが、これからはiPhoneは保温しなければいけない季節ですね。
 紅葉は大体標高2200〜1600mくらいまでが見頃のようでした。紅葉の見頃はこれからドンドン標高が下がると思いますが、近づくと枯れ葉のようで、発色は今ひとつのようでした。
 齢五十半ばだと気になるのが自身の健康です。8月に受けた生活習慣病の結果は、検査項目全てAでした。洞性徐脈の指摘を受けた心電図は恐らくスポーツ心臓の影響。悪玉コレステロールが多めで、善玉コレステロールが少なめなのはまだ改善の余地ありです。登山を始める前はメタボで脂肪肝、挙げ句の果てに糖尿病と診断され、メタボ精鋭チームに選抜されて生活習慣指導を受けさせられました。炭水化物少なめの食生活、毎日の歩荷ウォーキングと毎週の登山での運動で生活習慣が改善されて、無事健康を取り戻せました(^_^)。もう平地の歩荷ウォーキングでは身体に負荷がかからなくなり、最近は走るようにしています。

【Apple Watch等による計測結果】
ムーブ(安静時を越える推定エネルギー消費量 / kcal)
  759
  816
エクササイズ( 活発に活動した分数 / 分)
  39
  63
スタンド(1時間のうち1分以上身体を動かした時間 / 時間)
  15
  13
登った階数( 一階=約3mの高度を上昇 / 階)
  410
  305
ウォーキングの距離(km)
 21.4
 21.9
歩数(1日で歩いた歩数 / 歩)
 30,353
 29,923
心拍数 (1日で最低、最高の心拍数)
 51〜144
 41〜150
体重
 61.3 -> 61.8
 2日目は楽な山行だったのか体重増加となりました(´Д`)。
訪問者数:137人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ