ヤマレコ

記録ID: 1284246 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

空木岳、南駒ケ岳

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
池山林道途中の紛らわしい駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間48分
休憩
30分
合計
8時間18分
S林道中間駐車場05:3005:40空木岳登山道入口(第二取付点)05:58空木岳登山口駐車スペース06:02林道終点06:0306:24タカウチ場(池山分岐)06:2507:05池山尾根水場07:1207:44尻無07:55マセナギ08:49大地獄08:5008:53小地獄08:5709:13ヨナ沢ノ頭09:1410:02空木平カール分岐点10:0310:24空木岳避難小屋10:2811:06空木平カール11:0711:32駒峰ヒュッテ11:3311:52空木岳11:5313:09赤梛岳13:1613:48摺鉢窪避難小屋
2日目
山行
7時間23分
休憩
28分
合計
7時間51分
宿泊地05:1106:13南駒ヶ岳06:2207:04赤梛岳07:0508:09空木岳08:2008:31駒峰ヒュッテ08:51駒石(駒石山)08:5209:17空木平カール分岐点09:1809:51ヨナ沢ノ頭09:5210:14小地獄10:1510:19大地獄10:59マセナギ11:11尻無11:34池山尾根水場11:3511:43池山小屋12:00池山12:0112:25タカウチ場(池山分岐)12:41空木岳登山口駐車スペース12:4213:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
100名山がブームになる前は、空木岳と言えば必ず1泊しないと登れない山だったのですが、久々に来てみると様変わりし、日帰りのハイキングコースと言えるほど道も整備され、利便性も向上していて驚きました。登山者の過半数が日帰りに見えます。駐車場が池山林道の上の方にあり、そこからのスタートだと往復20Km位になりますので、健脚者なら大丈夫でしょう。ただし、車で行く場合、この駐車場が曲者で、今回は難儀しました。その他の周辺情報に記載します。
1.林道終点からは始めは緩やかな遊歩道が続きます。池山に寄るコースと寄らないコース、遊歩道と登山道がいくつも交わりますが、どちらに行っても時間的には変わらないと思います。池山頂上経由の道は敬遠されがちですが、晴れた日には頂上から千畳敷のカールが綺麗に見えます。このあと迷い尾根通過後まで千畳敷は見えないので、寄っておくと良いと思います。また緩やかな遊歩道に対し、ショートカットの急な道もあります。こちらは指導票とかはありませんが使えます。
2.中間地点のマセナギと迷い尾根の間は、やせ尾根、クサリ場、ハシゴ等が次々現れす難所で、急な登り下りを繰り返します。注意はいりますが、特に危険というほどの事はないと思います。
3.迷い尾根を過ぎると、再び傾斜は緩やかになり、歩きやすい道が避難小屋分岐まで続きます。右手の木の間越しに千畳敷が綺麗に見えます。
4.避難小屋分岐から空木岳山頂までの尾根道は、まさにプロムナード。ハイマツの中に、動物の様な形の奇岩が点在し、あたかも彫刻の森に来ているような気分になります。こんな素敵な道は、なかなかありません。
5.空木岳から南駒ヶ岳までは、道は狭くなりますが、迷うことは無いでしょう。しかし、ごろごろの岩の道が多く、バランスが取り難く時間がかかります。

避難小屋の様子は以下。いずれも泊まる場合協力金1000円です。
1.池山小屋
びっくりするほど大きな小屋で、ロッジかと思いました。小屋の目の前に豊富な水場があります。内便所なので、小屋の中がほんのり昭和の香りがしました。
2.空木平の避難小屋
詰めれば15人くらい泊まれましょう。窓もあり、明るい小屋です。水は小屋入り口左前方に下ったところにあります。地図によっては水の表示が無い物もありますが、今回はしっかり流れていました。トイレあり。
3.南駒の摺鉢窪の避難小屋
今年回収され、綺麗な小屋になりました。最大15人は入ります。昔のタイプなので窓が小さく、やや暗いです。トイレあり、水場は無し。小屋の中に、汲み置きの天水のポリタンクがいくつか置いてありましたが、当て込まないほうがいいでしょう。
その他周辺情報駐車場に関し、
1.Googleマップで池山林道終点を指定してナビしたら、とんでもない林道に案内され、車がぐちゃぐちゃになりました。この地点はGoogle maoで場所として記載されていますが、ルートは認識されないみたいです。
2.来年の3月16日まで、菅の台から池山林道に入る道が通行止めです。よって、家族村までいったん戻って迂回しないといけません。
3.終点駐車場の3キロくらい手前に、中間駐車場があり、そこには、この先通行止め、ここで停めて、一旦林道を徒歩で下り登山道に入れ、と書いてあります。これを信じて駐車しましたが、実は全くのうそで、通行止め等無く、終点駐車場に皆さんしっかり停めていました。おかげで往復1時間ロスしました。工事が終わったら、すぐに撤去してもらいたいです。こういう無責任な案内は本当に迷惑と思います。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック 昼ご飯 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ シェラフ

写真

池山の美味しい水場です。池山小屋の前にも水場があります。このあと、空木平の避難小屋前以外に水はありません。避難小屋を経ず尾根道を行く場合は、ここでの水補充が必要です。
2017年10月08日 07:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山の美味しい水場です。池山小屋の前にも水場があります。このあと、空木平の避難小屋前以外に水はありません。避難小屋を経ず尾根道を行く場合は、ここでの水補充が必要です。
2
マセナギと迷い尾根の間に、この様なクサリ場がいくつか出てきます。乾いた岩なら問題ないですが、濡れた場合は要注意。
2017年10月08日 08:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マセナギと迷い尾根の間に、この様なクサリ場がいくつか出てきます。乾いた岩なら問題ないですが、濡れた場合は要注意。
難所を過ぎ、振り返ると、南アルプスが綺麗に見えます。
2017年10月08日 09:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所を過ぎ、振り返ると、南アルプスが綺麗に見えます。
避難小屋分岐辺りから見た南アルプス。甲斐駒、仙丈、北岳
2017年10月08日 10:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋分岐辺りから見た南アルプス。甲斐駒、仙丈、北岳
1
空木平避難小屋ルートから見上げた空木岳です。
2017年10月08日 10:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木平避難小屋ルートから見上げた空木岳です。
1
空木岳山頂。
2017年10月08日 11:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳山頂。
1
空木から見た南駒への道。左側の尾根を縦走していきます。
2017年10月08日 11:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木から見た南駒への道。左側の尾根を縦走していきます。
摺鉢窪避難小屋。この日は15名ほどでほぼ満室。後から来た6名と4名のパーティーはテン泊しました。人気の小屋ですね。
2017年10月08日 13:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺鉢窪避難小屋。この日は15名ほどでほぼ満室。後から来た6名と4名のパーティーはテン泊しました。人気の小屋ですね。
二日目の朝、稜線から見た南駒。堂々たる山容です。
2017年10月09日 05:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目の朝、稜線から見た南駒。堂々たる山容です。
1
北岳と間の岳の間から朝日が昇ります。
2017年10月09日 05:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と間の岳の間から朝日が昇ります。
2
雲海の彼方には朝焼けの御岳が赤く染まります。
2017年10月09日 06:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の彼方には朝焼けの御岳が赤く染まります。
南駒山頂から見た空木岳。
2017年10月09日 06:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒山頂から見た空木岳。
1
南駒より南方面。仙涯嶺と越百山
2017年10月09日 06:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒より南方面。仙涯嶺と越百山
再び御岳が雲上に浮かびます。
2017年10月09日 06:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び御岳が雲上に浮かびます。
1
北を見ると、空木岳がドーン。
2017年10月09日 07:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北を見ると、空木岳がドーン。
1
空木に戻って、木曽駒方向を見ます。
2017年10月09日 08:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木に戻って、木曽駒方向を見ます。
振り返って南駒
2017年10月09日 08:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って南駒
空木から池山に降りる尾根の岩のオブジェ。まさに彫刻の森のプロムナード
2017年10月09日 08:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木から池山に降りる尾根の岩のオブジェ。まさに彫刻の森のプロムナード
1
駒石もユニークな神の創造物
2017年10月09日 08:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒石もユニークな神の創造物
池山避難小屋
2017年10月09日 11:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山避難小屋
池山の頂上から千畳敷方面が綺麗に見えました。晴れていればここは寄っておくべきです。
2017年10月09日 12:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山の頂上から千畳敷方面が綺麗に見えました。晴れていればここは寄っておくべきです。
これが紛らわしい看板。通行止めなんかありません。
2017年10月09日 13:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが紛らわしい看板。通行止めなんかありません。
撮影機材:

感想/記録

快晴の二日間、素晴しい山行を満喫しました。多くの人が日帰りの軽装で登る中、自分の大荷物は異様でしたが、苦労して登った人しか味わえない見事な朝焼け、モルゲンローテの山々は値千金のご褒美です。
晴天、紅葉、三連休と重なって、空木岳はおそらく今秋一番の人だったと思いますが、南駒まで来る人は少なく、静かな山頂を楽しめました。
訪問者数:159人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ