また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1639786 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

北八ツぶらぶら(縞枯、三ツ岳、北横岳、中山、天狗、にゅう)

日程 2018年11月03日(土) 〜 2018年11月04日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候11月3日:晴れ→ガス→薄曇り→夜遅くは満天の星空
11月4日:晴れ→ガス→薄曇り→白駒の池から雨がぱらぱら
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高山3:40発 → 諏訪IC → 麦草峠6:30着

299号線メルヘン街道は、早朝に道路に出ている鹿の群れに注意。晴れた寒い朝は路面に霜が降りて滑り易くなるので注意
メルヘン街道の上部(別荘地から上)は11月15日頃に冬季閉鎖予定

白駒池のテン場:
青苔荘の横にある。900円。ベニヤ板のテラスの上に張る場合は+900円
霜が降りて地面は柔らかい。ほとんどの方がベニヤ板のテラスを利用。撤収および帰宅後の手入れが格段に楽になる
トイレは青苔荘隣接のトイレを利用。初回のみ100円を寄付してほしいとのこと。
恐ろしくきれいな洋式水洗トイレ。これでウォシュレット付きだったらペンション並み

※青苔荘とテン場は通年営業だが、メルヘン街道が閉鎖される時期から春までは、テン泊する場合についても事前連絡を青苔荘に入れてほしいとのこと。トイレ棟のヒータを止めたり、鍵をかける関係から

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間7分
休憩
2時間44分
合計
9時間51分
青苔荘06:2806:31白駒分岐06:36白駒の池 駐車場06:3806:53麦草峠 駐車場07:3007:32麦草ヒュッテ08:14丸山08:1908:36高見石小屋08:4509:39中山展望台09:5309:57中山10:07中山分岐10:13見晴らし台10:17中山峠11:02天狗岳分岐11:09天狗の鼻11:1211:15東天狗岳11:2411:37天狗岳11:4611:57東天狗岳12:0712:09天狗の鼻12:1112:16天狗岳分岐12:1812:49天狗の奥庭13:03黒百合ヒュッテ13:3313:37中山峠13:41見晴らし台13:47中山分岐14:29ニュウ14:3814:56白駒にゅう分岐14:5815:27白駒荘15:4815:50白駒の池15:56白駒の池 駐車場16:06白駒の奥庭16:16麦草峠16:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
麦草峠→茶臼山→縞枯山:
この時期の早朝は霜が降りていることが多いので、木道や岩を踏むときはスリップに要注意。300m弱を登るが危険箇所はない。茶臼も縞枯も山頂は樹林帯で眺望なし。すぐ近くに展望台がある

縞枯山→雨池峠→三ツ岳:
雨池峠まで150mほど下って、雨池山、三ツ岳に登り返す。三ツ岳へはかなり急登。喫すぐ手前から景を下ったところまで岩場的な稜線

三ツ岳→北横岳→坪庭:
曲、景と岩場が続く。落ち着いて三点確保しながら進めば問題ないが、慣れない人はちょっと緊張するかも。乾いていれば、岩はフリクションが効き滑ることはないが、濡れているときは要注意。北横岳ヒュッテから北横岳までの登りは整備された階段状の道をハイキング。坪庭への下りは割と急な下りだが危険箇所はない

坪庭→雨池峠→雨池:
坪庭はロープウェイからの観光客も歩く散策コース。分岐から雨池峠までは平原の中の木道を歩く。峠から雨池へは、150mほどの下り。泥濘で靴底に泥が付き、岩の上を歩くと滑るので注意

雨池→麦草峠→白駒池:
木道をしばらく進むと林道に出る。林道を進んだ後に右手の樹林帯へ入り緩やかに登って峠に戻る。麦草峠からは白駒の奥庭の木道を通って進む。その先は観光客も歩く木道と合流し、良く整備された道を池まで進む。朝早い時間は、樹林帯の中は霜が降りないので良いが、白駒の奥庭の木道は遮る樹林がなく霜が降りる。滑りやすく危険なので要注意。麦草峠まではメルヘン街道の車道を通る方がよい

麦草峠→高見石小屋→中山展望台:
丸山まで約200m登り、少し下って高見石小屋に着く。そこから中山展望台まで200m強を登る。段差のある結構な登りが続く

中山展望台→中山峠→東天狗→西天狗:
中山峠へ一旦下った後、東天狗への200m強の登りが続く。途中、岩場っぽい個所もあるが、特に危険個所というものではない。東天狗から西天狗は片道20分程度。鞍部で霜柱が解けてぬかるんでいる箇所がある。でも登山道以外を歩かないように

天狗岳分岐→天狗の奥庭→黒百合ヒュッテ:
小石の多い急坂を下る。奥庭手前から岩ゴロの道になる。ペンキ印はあるので道迷いはないと思うが、岩の上でバランスを崩さないよう注意。乾いていれば、岩はフリクションが効くので、岩の上をトントンと水平移動できる。濡れているときはこちらのルートは避けた方が安全。ヒュッテへの最後の下りは、フリクションが効くとはいえ、スリップに注意

黒百合ヒュッテ→中山分岐→にゅう:
中山峠まで木道を進み、中山分岐まで登り返す。そこからにゅうまでは緩やかに下る岩のない歩きやすい道。終盤に登り返すとにゅうに着く

にゅう→白駒の池:
木の根が多い下り。泥のついた靴底は滑るので、木の根に足を置かないこと。稲子湯への分岐まで下りると木道になる。手入れ状態が万全でなく、動いたり傾く木道があるので要注意

その他周辺情報日帰り温泉
メルヘン街道沿いに「石遊(いしやす)の湯」があるが、別荘地を抜けて1本横のヴィーナスラインにでて、滝の湯を利用した。新しくてゴージャス
蓼科グランド温泉滝の湯、0266−67−2525、13−20時、1500円
https://www.takinoyu.co.jp/hotspa/dayuse.html

素朴さを望むなら滝の湯のすぐ下にある「小斉(こさい)の湯」が源泉かけ流しでいいかも
0266−67−2121、8−20時、600円
http://www.kosainoyu.jp/hotspa.htm

レストラン
滝の湯からヴィーナスラインを3キロほど下ったところにあるリストランテ・イルポルトで食事した。おいしいイタリアンだが、運転のためワインを飲めないのがつらい。0266−71−5533、17−21時

写真

麦草峠公共駐車場。土曜日6:30で余裕だったが、戻ってきたら満員御礼状態だった
2018年11月03日 07:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠公共駐車場。土曜日6:30で余裕だったが、戻ってきたら満員御礼状態だった
2
土曜日は心配した霜はなく、木道は快適に歩けた
2018年11月03日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜日は心配した霜はなく、木道は快適に歩けた
2
これから進む茶臼山方面
2018年11月03日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む茶臼山方面
2
北八ツ的世界
2018年11月03日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ツ的世界
2
明日向かう天狗岳とその背後には雲がかかっている南八ツの山並み
2018年11月03日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日向かう天狗岳とその背後には雲がかかっている南八ツの山並み
1
原村方面。いつもながらこの時期はカラマツの紅葉がきれい
2018年11月03日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原村方面。いつもながらこの時期はカラマツの紅葉がきれい
2
茶臼山山頂は樹林におおわれているが、近くに展望台がある
2018年11月03日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂は樹林におおわれているが、近くに展望台がある
4
縞枯山方面。今季初めて霧氷に出会えた
2018年11月03日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山方面。今季初めて霧氷に出会えた
1
空が青いと霧氷が映える
2018年11月03日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青いと霧氷が映える
2
縞枯山山頂も樹林で眺望はないが、こちらにも霧氷が出来ていた。ちょっとガスが出始めた
2018年11月03日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山山頂も樹林で眺望はないが、こちらにも霧氷が出来ていた。ちょっとガスが出始めた
3
縞枯山展望台。南八ツ方面はガスで眺望なし
2018年11月03日 08:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山展望台。南八ツ方面はガスで眺望なし
1
展望台から北側を見下ろす。野辺山と同じ電波望遠鏡だろうか?
2018年11月03日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から北側を見下ろす。野辺山と同じ電波望遠鏡だろうか?
2
建設中かな?
2018年11月03日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建設中かな?
2
電波望遠鏡らしきアンテナの背後には浅間山と外輪山が見える
2018年11月03日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波望遠鏡らしきアンテナの背後には浅間山と外輪山が見える
1
浅間から右方向をみると左奥に両神山。手前は三国山から甲武信ヶ岳の稜線だろうか
2018年11月03日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間から右方向をみると左奥に両神山。手前は三国山から甲武信ヶ岳の稜線だろうか
3
展望台周辺の霧氷をもう一枚
2018年11月03日 08:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台周辺の霧氷をもう一枚
4
今日は南八ツは見えないな。残念!
2018年11月03日 08:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は南八ツは見えないな。残念!
1
雨池峠まで下りて雨池山に上る途中、ロープウェイ山頂駅が見えた。左下の平原に縞枯山荘があるが、隠れて見えない
2018年11月03日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠まで下りて雨池山に上る途中、ロープウェイ山頂駅が見えた。左下の平原に縞枯山荘があるが、隠れて見えない
1
三ツ岳へは結構な急登
2018年11月03日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳へは結構な急登
1
振り返ると雨池が見える。帰りに寄って行こう
2018年11月03日 10:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると雨池が見える。帰りに寄って行こう
1
岩ゴロの急登を進むと三ツ岳喫
2018年11月03日 10:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロの急登を進むと三ツ岳喫
1
曲、景へと岩稜が続く
2018年11月03日 10:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲、景へと岩稜が続く
1
要所には鎖も設置されている
2018年11月03日 10:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所には鎖も設置されている
1
景に向かう
2018年11月03日 10:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景に向かう
1
景から下りてきた。スライドしたご夫婦が登って行く
2018年11月03日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景から下りてきた。スライドしたご夫婦が登って行く
1
北横岳も霧氷ができていた
2018年11月03日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳も霧氷ができていた
4
北峰山頂。ガスガスで何も見えず
2018年11月03日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰山頂。ガスガスで何も見えず
2
ガスが背景ではサンゴも映えない
2018年11月03日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが背景ではサンゴも映えない
1
早々に坪庭に下りてきた
2018年11月03日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に坪庭に下りてきた
1
北八ツ的世界。火山岩、ハイマツ、遠くに縞枯れ
2018年11月03日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ツ的世界。火山岩、ハイマツ、遠くに縞枯れ
2
縞枯山荘で昼食にしよう
2018年11月03日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘で昼食にしよう
1
なんと軽食がない!コーヒーなどのドリンクのみ。甘酒を注文して、しばしストーブで暖を取る
2018年11月03日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと軽食がない!コーヒーなどのドリンクのみ。甘酒を注文して、しばしストーブで暖を取る
2
雨池峠から雨池へ下る。双子池方面とを結ぶ大河原峠線は通行止めとのことで迂回が必要
2018年11月03日 13:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠から雨池へ下る。双子池方面とを結ぶ大河原峠線は通行止めとのことで迂回が必要
1
雨池の湖畔に下りる。時計まわりに3/4周しようか思案するも
2018年11月03日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池の湖畔に下りる。時計まわりに3/4周しようか思案するも
3
紅葉も終わっているので、反時計回りに池の岸を1/4周進んでショートカット
2018年11月03日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も終わっているので、反時計回りに池の岸を1/4周進んでショートカット
1
林の中を緩やかに登って麦草峠に戻る。食べ損なった昼食代わりにパウンドケーキやソイジョイをかじりながら歩く
2018年11月03日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中を緩やかに登って麦草峠に戻る。食べ損なった昼食代わりにパウンドケーキやソイジョイをかじりながら歩く
1
麦草峠の駐車場でテン泊装備のザックに交換(40L→65L)
2018年11月03日 15:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠の駐車場でテン泊装備のザックに交換(40L→65L)
2
白駒の奥庭を通って青苔荘のテン場に向かう
2018年11月03日 15:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒の奥庭を通って青苔荘のテン場に向かう
1
夜中に起きると満天の星空。購入したサンヤンの単焦点広角レンズを使ってやっと星空を撮影できたが、レコにアップすると冴えない。まだまだ勉強不足だな
2018年11月03日 22:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に起きると満天の星空。購入したサンヤンの単焦点広角レンズを使ってやっと星空を撮影できたが、レコにアップすると冴えない。まだまだ勉強不足だな
1
池に映るオリオン座も撮影できたが、オリジナル画像の画質をレコで出せない。池に移る天の川を撮りたかったが、天の川は出ていなかった
2018年11月03日 22:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池に映るオリオン座も撮影できたが、オリジナル画像の画質をレコで出せない。池に移る天の川を撮りたかったが、天の川は出ていなかった
2
翌朝、テン場の様子。麦草峠で息子と合流するため早々に撤収。私もベニヤのテラスを利用した
2018年11月04日 06:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、テン場の様子。麦草峠で息子と合流するため早々に撤収。私もベニヤのテラスを利用した
3
樹林のない白駒の奥庭の木道は霜が降りて滑るので、白駒池駐車場へ出てメルヘン街道を歩く。路面も霜が降りているが滑らない
2018年11月04日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林のない白駒の奥庭の木道は霜が降りて滑るので、白駒池駐車場へ出てメルヘン街道を歩く。路面も霜が降りているが滑らない
1
駐車場で40Lザックに交換していると予定通り7時に息子が到着。一緒に天狗岳へ向かう。木の根と苔の北八ツ的世界を進む息子。お盆の金峰山以来の山登り
2018年11月04日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で40Lザックに交換していると予定通り7時に息子が到着。一緒に天狗岳へ向かう。木の根と苔の北八ツ的世界を進む息子。お盆の金峰山以来の山登り
2
高見石小屋。早すぎて揚げパンなかった
2018年11月04日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋。早すぎて揚げパンなかった
1
中山展望台から昨日歩いた北横岳方面。今日も朝は天気がいい
2018年11月04日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から昨日歩いた北横岳方面。今日も朝は天気がいい
2
でも天狗方面は雲が多い
2018年11月04日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも天狗方面は雲が多い
1
東天狗へ向かうも山頂はガスガス
2018年11月04日 11:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗へ向かうも山頂はガスガス
1
西天狗へ向かうとガスが取れ始めた
2018年11月04日 11:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗へ向かうとガスが取れ始めた
1
東天狗を振り返る
2018年11月04日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗を振り返る
2
南八ツは厚い雲に覆われ、雲間に稜線がちらりと見える
2018年11月04日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ツは厚い雲に覆われ、雲間に稜線がちらりと見える
2
西天狗山頂
2018年11月04日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗山頂
6
晴れているうちに東天狗に戻ろう
2018年11月04日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れているうちに東天狗に戻ろう
2
山頂で撮っていただいた。ガスは取れたが、残念ながら眺望は限定的
2018年11月04日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で撮っていただいた。ガスは取れたが、残念ながら眺望は限定的
6
天狗の奥庭に向けて下る
2018年11月04日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭に向けて下る
2
北側は青空が広がっている
2018年11月04日 12:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は青空が広がっている
1
天狗岳分岐から下りてきた道を振り返る
2018年11月04日 12:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳分岐から下りてきた道を振り返る
1
黒百合ヒュッテ目指して岩ゴロの奥庭を進む
2018年11月04日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ目指して岩ゴロの奥庭を進む
2
黒百合ヒュッテ
2018年11月04日 13:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
1
ヒュッテでお昼ご飯。ビーフシチューセット。これを当てにして昼食は持ってこなかった
2018年11月04日 13:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテでお昼ご飯。ビーフシチューセット。これを当てにして昼食は持ってこなかった
2
岩ゴロから解放され、にゅうへ向かう道は歩きやすい
2018年11月04日 13:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロから解放され、にゅうへ向かう道は歩きやすい
2
とりあえず、にゅうにも登ってみたがガスで展望はなし
2018年11月04日 14:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、にゅうにも登ってみたがガスで展望はなし
1
白駒池まで下りてきた。紅葉には遅し。新しい白駒荘でコーヒーとチーズケーキのセット。イマイチの天気だったが、息子は少しは気分転換できたかな
2018年11月04日 15:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池まで下りてきた。紅葉には遅し。新しい白駒荘でコーヒーとチーズケーキのセット。イマイチの天気だったが、息子は少しは気分転換できたかな
3
撮影機材:

感想/記録

仕事が忙しくなかなか山に行けない息子が、どこかに行きたいとのこと。1泊でのんびりとした山に行けたら良いのだが、変則勤務なので土日が連休にならない。雪になるギリギリ前に何とか天気が持ちそうなので、息子が休みの日曜に両方の間を取って北八ヶ岳を計画した(息子のアパートから2時間、私のアパートから3時間)

いくつか計画した中から息子が選んだのは、麦草峠から天狗岳へ向かうコース。私は土日が休みなので、土曜日に縞枯山や北横岳を歩き、白駒池でテン泊し、日曜の朝7時に麦草峠で落ち合うことにした。白駒池でテン泊する目的は、星空撮影のトライアンドエラー。サンヤンのF2.8の単焦点広角レンズを購入したので、その性能を試すことにした

ネットでは、星空撮影用にそれなりの評価を得ているレンズで、私の腕でも満天の星空を捉えることができた。残念ながらレコにアップしたら暗くて元画像のようには見えない。まだまだ試行錯誤が必要だ

さて、翌朝に麦草峠駐車場で息子と合流し、一緒に天狗岳を目指した。荷物は軽くしていたが初日の疲れで息子のペースについていけない。同じ歩数で進んでも、息子の一歩のストライドが大きく、段差も一気に上がっていく。特に段差は、私が2歩で上がるところを一歩で上がっていく

結構速いペースで登っているはずなのに、高見石小屋に着いてチェックすると山プラのCTと同じ。このCTは絶対におかしい。以降も同じ。東西天狗に登り、奥庭を下りて黒百合ヒュッテに着くとCTより遅い。信じられない。そんなに私が足を引っ張っているのだろうか。ちょっと愕然とする

息子も前回の金峰山よりはるかにきついという。きついのは自分だけじゃないと知ってちょっと安心した。天狗にはいろんなルートから数回登っているが、今回が一番きつく感じた。筋力の衰えかな・・・

まぁ、それはさておき、東天狗に着いたときはガスガスだったが、西天狗を往復しているときにガスが一時的にとれ、多少展望が開けたのは幸いだった。青空の中、麦草峠から中山展望台までの登りの部分と合わせて、まずまずの天候の中で登れ、息子も満足したようだ。CMじゃないが、私にとってもプライスレスな一日になった

 
訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 226
2018/11/5 20:16
 親子そっくりですね
息子さんとの登山、いいですね。
うちの場合は、普段はそれほど会話がなくても、登山中はお互いに心が軽くなるようで、色々と話ができて、登山中が一番よく話している気がします。
自然に身を置くというのはいいですよね。

星空写真ですが、ヤマレコにアップすると画像が圧縮されるためだと思うのですが、どうしても暗く見えてしまいますよね。
撮影後の自宅での画像編集の際に、元画像で見ると少し粗さが出るくらいにまで明るくするほうがいいようです。
写真を見ると満天の星空だったようで、十分に星空を楽しめたのではないでしょうか。

あと、北八ヶ岳に行くなら、麦草峠の北側にある地獄谷が個人的には好きです。
今週末、会社の人から登山を依頼されて、地獄谷に連れていく予定です。
天気が晴れるか崩れるか微妙なところで、まだ行くかどうか確定させていませんが。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 506
2018/11/6 7:45
 Re: 親子そっくりですね
eurekapapaさん、コメありがとうございます

やはり圧縮のせいですか。天の川がきれいに映った写真をアップされている方がいるので、不思議に思っていたのですが、画像操作で明るくしておく必要があるんですね。Canonの画像処理ソフトで試してみます

地獄谷というのは知りませんでした。次回に足を延ばしてみます
今週末は日曜が何とかなりそうですね。今のところ土曜日は微妙です
麦草峠あたりの紅葉はすでに終わっていますが、好天に恵まれて、最後の秋山を楽しめることを祈っています
登録日: 2013/9/16
投稿数: 2309
2018/11/6 19:36
 楽しみの幅が拡がってきましたね
星空にご執心ですか?
私は最近三脚がお蔵入りしてます。
星空が面白いように撮れるようになったら蛍なんかも楽しいかもしれませんね。
蛍も何枚もの写真重ねて絵になる写真が出来るようです。

Pinball_1957さんも大きかったとコメントで拝見しましたが息子さん190くらいあるんですか?
木の根の登山道歩く後姿がとても絵になります。
金峰、北八ツと来ましたがどこか意中に秘めてる山あるかもしれません。
北アルプスであれ南アルプスであれ、そう遠くないうちに一緒に歩けるとイイですね。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 506
2018/11/7 7:49
 Re: 楽しみの幅が拡がってきましたね
満天の星空に輝き流れる天の川を撮るというのが今のところの目標ですね
テン泊でも小屋泊でも、酔っぱらって寝てしまうというのが毎度のパターンなので、星空撮影の機会を逃してばかりです(笑)

東天狗のツーショットは、私の立つ岩がちょっと低いので大きく差があるように見えますが、184位じゃないでしょうか

来シーズン連れて行くとしたら南アですかね。息子がまとまった休みが取れればですが。
息子の会社が不埒にも椹島を拠点に穴を開けようとしているので、現場視察がてら荒川三山に行けたらと思っています(工事とは関係ない部署ですが)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ