また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1851867 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳・大滝山

日程 2019年05月16日(木) 〜 2019年05月17日(金)
メンバー
天候16日 晴れ後曇り後雨  17日 晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
バス
京都八条口 P10:45 〜上高地 A5:20(往路)
上高地 P3:40 〜京都八条口 P9:10(復路)
さわやか信州号 


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上高地に登山ポスト有り。
横尾〜2625P  標高2000mを越えた付近から残雪。アイゼンが有った方が安定する。稜線に出ると雪は無い。
長塀尾根  稜線を少し降りた所から残雪〜標高2000m位まで。下部は雪抜けが起きる。下りはアイゼンが無くても下れた。然し雪抜けでバランスを崩し易い。怪我注意。
上高地〜横尾  雪は無い。
その他周辺情報宿泊施設多数あり。徳本峠小屋は要予約と聞く。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ヘルメット

写真

16日A5:34 上高地バスターミナル。夜行バスで・・少し寝不足。
2019年05月16日 05:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16日A5:34 上高地バスターミナル。夜行バスで・・少し寝不足。
1
A5:40 定番の河童橋。
2019年05月16日 05:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:40 定番の河童橋。
3
A6:17 明神。明神岳がスッキリ・・
2019年05月16日 06:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:17 明神。明神岳がスッキリ・・
4
A6:56 徳沢。
2019年05月16日 06:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:56 徳沢。
1
A7:21 道脇のフキノトウ。
2019年05月16日 07:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:21 道脇のフキノトウ。
A7:44 横尾。
2019年05月16日 07:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:44 横尾。
5
A7:45 蝶ヶ岳登山道入口。
2019年05月16日 07:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:45 蝶ヶ岳登山道入口。
A8:03 登山道に残雪が現れる。
2019年05月16日 08:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:03 登山道に残雪が現れる。
A8:16 槍ヶ岳が見えます。ここが槍見台?
2019年05月16日 08:16撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:16 槍ヶ岳が見えます。ここが槍見台?
8
A8:38 標高2000mの標識。
2019年05月16日 08:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:38 標高2000mの標識。
A8:52 複数のベンチのある所から槍ヶ岳をズーム。
2019年05月16日 08:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 複数のベンチのある所から槍ヶ岳をズーム。
10
A8:52 槍ヶ岳の左側。中央が中岳。その右が大バミ岳。(バミの字が出ない)
2019年05月16日 08:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 槍ヶ岳の左側。中央が中岳。その右が大バミ岳。(バミの字が出ない)
1
A8:53 ベンチからはこんな感じ。この先位からアイゼンを着ける。
2019年05月16日 08:53撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:53 ベンチからはこんな感じ。この先位からアイゼンを着ける。
1
A9:29 雪が少し黒くなった踏み固まった所を辿る。印もあるので迷わなかった。雪抜け注意。
2019年05月16日 09:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:29 雪が少し黒くなった踏み固まった所を辿る。印もあるので迷わなかった。雪抜け注意。
A10:11 視界が広がる。
2019年05月16日 10:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:11 視界が広がる。
1
A10:28 2625P。稜線の手前から雪が無くなる。アイゼン外す。
2019年05月16日 10:28撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:28 2625P。稜線の手前から雪が無くなる。アイゼン外す。
A10:42 蝶槍に着く。
2019年05月16日 10:42撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:42 蝶槍に着く。
7
A10:43 蝶槍から常念岳を見る。常念乗越の常念小屋へ行こうとここまで来たが、体調不良。食欲が無く、軽い頭痛。高山病気味・・断念する。
2019年05月16日 10:43撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:43 蝶槍から常念岳を見る。常念乗越の常念小屋へ行こうとここまで来たが、体調不良。食欲が無く、軽い頭痛。高山病気味・・断念する。
5
A10:43 槍ヶ岳をズーム。槍ヶ岳を見るのに良い場所です。
2019年05月16日 10:43撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:43 槍ヶ岳をズーム。槍ヶ岳を見るのに良い場所です。
10
A10:44 涸沢カールをズーム。
2019年05月16日 10:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:44 涸沢カールをズーム。
3
A10:44 南方を見る。手前のピークが三角点のある旧蝶ヶ岳山頂。奥のピークが現在の蝶ヶ岳。
2019年05月16日 10:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:44 南方を見る。手前のピークが三角点のある旧蝶ヶ岳山頂。奥のピークが現在の蝶ヶ岳。
2
A11:12 軽く食べた後、絶景を見ながら、蝶ヶ岳ヒュッテへ向かいます。
2019年05月16日 11:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:12 軽く食べた後、絶景を見ながら、蝶ヶ岳ヒュッテへ向かいます。
5
A11:15 振り返って蝶槍。
2019年05月16日 11:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:15 振り返って蝶槍。
2
A11:20 旧蝶ヶ岳山頂2664.5mの三角点。奥は蝶槍・常念岳。その奥は大天井岳でしょうか。
2019年05月16日 11:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:20 旧蝶ヶ岳山頂2664.5mの三角点。奥は蝶槍・常念岳。その奥は大天井岳でしょうか。
A11:32 左から前穂高・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高・南岳。穂高連山が一望です。
2019年05月16日 11:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:32 左から前穂高・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高・南岳。穂高連山が一望です。
7
A11:52 蝶ヶ岳ヒュッテ。手前の棒は避雷針だそうです。ヒュッテの左奥が大滝山。ヒュッテの直ぐ上が、現在の蝶ヶ岳山頂。
2019年05月16日 11:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:52 蝶ヶ岳ヒュッテ。手前の棒は避雷針だそうです。ヒュッテの左奥が大滝山。ヒュッテの直ぐ上が、現在の蝶ヶ岳山頂。
2
P0:13 蝶ヶ岳山頂2677m。
2019年05月16日 12:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:13 蝶ヶ岳山頂2677m。
4
P0:29 記念撮影( ^ω^)・・・
2019年05月16日 12:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:29 記念撮影( ^ω^)・・・
6
P0:30 天気は悪くなって来ています。槍沢を登っている人がいる様な・・・
2019年05月16日 12:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:30 天気は悪くなって来ています。槍沢を登っている人がいる様な・・・
1
P0:38 誰かが作ったモニュメント?
2019年05月16日 12:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:38 誰かが作ったモニュメント?
3
P1:24 蝶ヶ岳ヒュッテ内。この時は私一人。最終的に宿泊者は四人でした。
2019年05月16日 13:24撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:24 蝶ヶ岳ヒュッテ内。この時は私一人。最終的に宿泊者は四人でした。
2
P4:11 夕景・・夜は雨。
2019年05月16日 16:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4:11 夕景・・夜は雨。
1
17日A4:12 天気は回復。飛び起きる。
2019年05月17日 04:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17日A4:12 天気は回復。飛び起きる。
3
A4:20 山々の頂きだけ雲が・・
2019年05月17日 04:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A4:20 山々の頂きだけ雲が・・
1
A4:50 太陽を直視出来る微妙な日の出。
2019年05月17日 04:50撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A4:50 太陽を直視出来る微妙な日の出。
6
A5:10 カヤクグリ。
2019年05月17日 05:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:10 カヤクグリ。
9
A5:10 カヤクグリは単独でいる事が多いと本に書いてあるが、この時は3〜4羽群れていた。
2019年05月17日 05:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:10 カヤクグリは単独でいる事が多いと本に書いてあるが、この時は3〜4羽群れていた。
5
A5:12 前穂高岳が見えて来ました。ズーム。
2019年05月17日 05:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:12 前穂高岳が見えて来ました。ズーム。
3
A5;20 奥穂高岳も・・
2019年05月17日 05:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5;20 奥穂高岳も・・
A5:20 最高にズーム。
2019年05月17日 05:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:20 最高にズーム。
6
A5:21 乗鞍岳。
2019年05月17日 05:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:21 乗鞍岳。
5
A5:22 大キレット。
2019年05月17日 05:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:22 大キレット。
2
A5:23 太陽が二つ・・肉眼では上に太陽が分かるのですが、・・下の太陽は水田(?)に写っている。
2019年05月17日 05:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:23 太陽が二つ・・肉眼では上に太陽が分かるのですが、・・下の太陽は水田(?)に写っている。
2
A5:24 私のカメラと技術では・・??写らない。
2019年05月17日 05:24撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:24 私のカメラと技術では・・??写らない。
2
A5:25 満足できる朝でした。朝食に戻ります。写真の二人は同宿の方々。
2019年05月17日 05:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A5:25 満足できる朝でした。朝食に戻ります。写真の二人は同宿の方々。
2
A6:29 今日の山行開始。時間に余裕があるので、大滝山をピストンします。この先が大滝山と三股の分岐。気付かず三股の方へ少し降りてしまう。トレースがそちらに付いている。
2019年05月17日 06:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:29 今日の山行開始。時間に余裕があるので、大滝山をピストンします。この先が大滝山と三股の分岐。気付かず三股の方へ少し降りてしまう。トレースがそちらに付いている。
A6:38 登り返して、大滝山へ向かいます。
2019年05月17日 06:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:38 登り返して、大滝山へ向かいます。
1
A6:41 標高差130m程下ります。
2019年05月17日 06:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:41 標高差130m程下ります。
A7:20 鍋冠山(冷沢)分岐。この先が大滝山北峰2616m。大滝山北峰の標識があったが、写真を撮り忘れた。北峰の方が、標高が高いのに後で気付く。
2019年05月17日 07:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:20 鍋冠山(冷沢)分岐。この先が大滝山北峰2616m。大滝山北峰の標識があったが、写真を撮り忘れた。北峰の方が、標高が高いのに後で気付く。
2
A7:25 北峰付近から見た槍ヶ岳。
2019年05月17日 07:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:25 北峰付近から見た槍ヶ岳。
1
A7:28 南峰手前。
2019年05月17日 07:28撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:28 南峰手前。
A7:31 大滝山南峰2614.5m。三等三角点も。
2019年05月17日 07:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:31 大滝山南峰2614.5m。三等三角点も。
5
A7:31 南峰からも・・槍ヶ岳。
2019年05月17日 07:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:31 南峰からも・・槍ヶ岳。
2
A7:33 蝶ヶ岳に戻ります。見えているのが蝶ヶ岳。
2019年05月17日 07:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:33 蝶ヶ岳に戻ります。見えているのが蝶ヶ岳。
1
A7:34 南峰を振り返って見る。
2019年05月17日 07:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:34 南峰を振り返って見る。
1
A7:37 大滝山荘。
2019年05月17日 07:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:37 大滝山荘。
2
A7:45 鍋冠山分岐から振り返って見た大滝山北峰。
2019年05月17日 07:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:45 鍋冠山分岐から振り返って見た大滝山北峰。
A8:13 蝶ヶ岳への登り返し。雪が緩むと大変だが、未だ締まっている。
2019年05月17日 08:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:13 蝶ヶ岳への登り返し。雪が緩むと大変だが、未だ締まっている。
1
A8:24 三股分岐付近から見た蝶ヶ岳。
2019年05月17日 08:24撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:24 三股分岐付近から見た蝶ヶ岳。
A8:33 蝶ヶ岳ヒュッテに帰る。預けていたリュックを回収し下山します。
2019年05月17日 08:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:33 蝶ヶ岳ヒュッテに帰る。預けていたリュックを回収し下山します。
1
A8:56 素敵な眺めにさよならします。長塀尾根で降ります。
2019年05月17日 08:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:56 素敵な眺めにさよならします。長塀尾根で降ります。
5
A9:02 この辺から再び雪斜面。アイゼンを着けても良いが、着けなかった。
2019年05月17日 09:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:02 この辺から再び雪斜面。アイゼンを着けても良いが、着けなかった。
2
A9:23 長塀山2565.1m。山頂標示は見当たらなかったが、GPSで確認する。
2019年05月17日 09:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:23 長塀山2565.1m。山頂標示は見当たらなかったが、GPSで確認する。
1
A10:02 下に降りる程、抜け易くなる。2回腿まで嵌まる。
2019年05月17日 10:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:02 下に降りる程、抜け易くなる。2回腿まで嵌まる。
A10:06 標高2000m位で地面が現れ始める。登る時はこの辺からアイゼンを着けても・・・
2019年05月17日 10:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:06 標高2000m位で地面が現れ始める。登る時はこの辺からアイゼンを着けても・・・
A10:44 徳沢に降りる。上高地P3:40発のバスだから、早すぎる・・ゆっくり帰る事にする。
2019年05月17日 10:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:44 徳沢に降りる。上高地P3:40発のバスだから、早すぎる・・ゆっくり帰る事にする。
1
A11:08 コゲラ。
2019年05月17日 11:08撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:08 コゲラ。
1
A11:10 二輪草の群落が道沿いに何か所もある。
2019年05月17日 11:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:10 二輪草の群落が道沿いに何か所もある。
3
A11:25 やっぱり現れました・・猿軍団。
2019年05月17日 11:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:25 やっぱり現れました・・猿軍団。
3
A11:30 エンレイソウも良く見た。
2019年05月17日 11:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:30 エンレイソウも良く見た。
2
A11:35 這い出して来たのか・・じっとしている。
2019年05月17日 11:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:35 這い出して来たのか・・じっとしている。
3
A11:41 ハシリドコロ。
2019年05月17日 11:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:41 ハシリドコロ。
2
P0:00 明神橋と明神岳。梓川右岸の散策路で戻ります。
2019年05月17日 12:00撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:00 明神橋と明神岳。梓川右岸の散策路で戻ります。
P0:30 梓川と焼岳。
2019年05月17日 12:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:30 梓川と焼岳。
4
P0:52 岳沢。
2019年05月17日 12:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:52 岳沢。
3
P0:57 河童橋にお別れをしてバス停へ・・
2019年05月17日 12:57撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:57 河童橋にお別れをしてバス停へ・・
1
案内板の説明を写す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の説明を写す。
1
撮影機材:

感想/記録

槍ヶ岳が美しく見える蝶ヶ岳へ行きたいと思い立ち、夜行バスを予約する。
京都P10:45発の「さわやか信州号」に乗る。朝A5:20頃上高地に着く。
よく寝れなかったが天気は上々。
八条口で乗る時、男性と女性各一名の方も蝶ヶ岳へ行かれるとの事。ところが翌日の蝶ヶ岳ヒュッテには泊まられていない。横尾にでも前泊されたのか?お会いできませんでした。

明神〜徳沢〜横尾と雪の無い道を快調に歩む。横尾から樹林帯の急坂に入る。登るにつれて、雪が登山道に現れ始め、2000mから残雪帯となる。槍見台、その上の展望所から槍・穂高を愛でながら登る。途中からアイゼンを着けたが、アイゼンの方がとても楽だった。最初から着ければ良かったと思う。
稜線直下まで残雪だが、稜線には雪は無い。

取り敢えず蝶槍まで行く。常念乗越の常念小屋まで行きたかったが、寝不足と急に高度を上げたせいか体調不良を感じる。高山病の初期の感じ。明日のバスの便も予約してあるので、P3:40までに上高地までもどらないといけない。明日の常念岳・蝶ヶ岳の登り返しに不安を感じて、常念岳は断念する。

天気は下り坂で夜には雨が降る。でも朝には回復しそうなので、大滝山〜徳本峠〜明神の下山を考えたが、小屋の人から、残雪と殆ど誰も歩いていないので迷い易い。時間が掛かる。ピバーグ・小屋泊まりの可能性もあると慰留される。
翌日大滝山をピストンだけにしたが、残雪帯はカンジキが欲しい状態だった。また、徳本峠小屋は予約しないと泊まれないとの事。

翌朝の大滝山のピストンは時間が早めだったので、雪が締まり快調に歩けた。小屋の人が前日大滝山まで歩いたトレースもあり、早く小屋に戻れる。

長塀尾根は登りと一緒で2000mまで残雪。下に降りる程抜け易くなる。抜けた時、関節等を痛めやすい。私も悪い右膝に少しダメージを与えてしまった。
兎に角、長塀尾根は長く感じる。やっとこさ徳沢に降り、荷物の整理をした。その時チョッキの内ポケットに携帯電話を入れた。もう帰って来た気になったのか・・上高地に着いたら携帯が見当たらない。
公衆電話で携帯に掛けると、呼び出し音は鳴るが、誰も出ない。何処かの草むらにでも落ちている様だ。
京都駅で遺失届は出したが、呼び出し音は鳴るが誰も出ない状況は続いている。困った・・・・
暫く様子を見て買い替える必要がありそうだ。。。。

続報・・お騒がせしました。上高地インフォメーションセンターから着払いで郵便局に届きました。(当方不在だった為)
一番近い交番をセンターで聞いた時、「ここに届けられる方もいる。見つかれば着払いで送りますが?」と尋ねられた。そんなも事もあるかと手続きをする。
詳しいことは、未だ受け取っていないので分からないが、矢張り日本は親切な方が多い。拾って下さった方、有難う御座います。
インフォメーションセンターの担当して下さったお姉さん、ご親切に郵送手続きをして頂き感謝致します。
日本は、親切な人がまだまだ沢山居られる。日本で生活できる事は幸せな事です。何時までもこんな国であって欲しい・・

ご訪問ありがとうございました。
訪問者数:513人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/2/18
投稿数: 101
2019/5/18 18:28
 すばらしい景色拝ませてもらいました
良いところに行ってこられたのですね。蝶ヶ岳からの槍穂パノラマは最高ですね。35年前の記憶が少し甦ってきました。
すばらしい景色、特にこれでもかという槍ヶ岳の写真 、堪能させていただきました。ありがとうございます。
携帯電話戻ってきますように……
登録日: 2017/3/27
投稿数: 295
2019/5/18 19:58
 Re: すばらしい景色拝ませてもらいました
HB1214さん 今晩は。

山行自体は、素晴らしく良好なものでした。目的の槍ヶ岳も堪能するほど見させて頂きました。smilescissors
でも最後に落とし穴が・・・wobbly
まあ、スマホにしろと言う事かとtelephone

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ