また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868243 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

快晴の編笠山→権現岳→赤岳縦走

日程 2019年05月25日(土) 〜 2019年05月26日(日)
メンバー
天候快晴→薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間6分
休憩
17分
合計
5時間23分
S観音平10:4112:04雲海12:55押手川14:56編笠山15:1316:04青年小屋
2日目
山行
10時間14分
休憩
49分
合計
11時間3分
青年小屋05:5406:28のろし場06:2906:53西ギボシ06:5407:11東ギボシ07:1407:22権現小屋07:2307:25縦走路分岐07:2707:31権現岳07:3307:35権現小屋07:4007:42縦走路分岐08:08旭岳08:0908:45ツルネ08:4609:24キレット小屋09:3311:04天狗尾根 稜線分岐11:0711:42真教寺尾根分岐11:5212:05竜頭峰12:0612:13赤岳12:1712:43文三郎尾根分岐12:4513:33阿弥陀岳分岐13:3413:51行者小屋13:5214:53中ノ行者小屋跡16:01美濃戸山荘16:0216:57美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 不要
・エアマットレス

写真

来週末健康診断だったのに気づいたのと(数字かなりヤバいとみられる)、明日はカミさんが不在なので、じゃあ一人でハードなのやってくるかと決めて、編笠から権現・赤岳と、一泊二日でテン泊縦走することにした。初めてのコース。
思い立ったときには始発のあずさ取れず、2番目のやつに乗って寝ていた。いま茅野。
2019年05月25日 09:37撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来週末健康診断だったのに気づいたのと(数字かなりヤバいとみられる)、明日はカミさんが不在なので、じゃあ一人でハードなのやってくるかと決めて、編笠から権現・赤岳と、一泊二日でテン泊縦走することにした。初めてのコース。
思い立ったときには始発のあずさ取れず、2番目のやつに乗って寝ていた。いま茅野。
タクシーで観音平に。コンビニ寄ったのもあって3,510円也。
駐車場から溢れた車が、路肩にずらっと停められている。
2019年05月25日 10:22撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーで観音平に。コンビニ寄ったのもあって3,510円也。
駐車場から溢れた車が、路肩にずらっと停められている。
登山届けを書いて登山開始。
2019年05月25日 10:43撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届けを書いて登山開始。
新緑など眺めながらてくてく歩く。既に下ってきている人も居る。早朝からピストンだろうか。
2019年05月25日 10:52撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑など眺めながらてくてく歩く。既に下ってきている人も居る。早朝からピストンだろうか。
雲海だって。
2019年05月25日 11:48撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海だって。
計画では3.5hくらいで青年小屋としていたが、すでにヤバい。
ビール担いで20Kg程度だが、重さがどうとかでは無く、運動不足なかんじ。
多分安山岩だと思われるが、ゴツゴツしたのが出て来ている。
2019年05月25日 12:39撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画では3.5hくらいで青年小屋としていたが、すでにヤバい。
ビール担いで20Kg程度だが、重さがどうとかでは無く、運動不足なかんじ。
多分安山岩だと思われるが、ゴツゴツしたのが出て来ている。
やがて押手川なるところに出た。水が出ている。
ここからは編笠山の直登となる。右に巻いて、青年小屋までショートカットも出来る。
2019年05月25日 12:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて押手川なるところに出た。水が出ている。
ここからは編笠山の直登となる。右に巻いて、青年小屋までショートカットも出来る。
ひたすら登る。岩の隙間には、雪も出て来た。
2019年05月25日 13:46撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登る。岩の隙間には、雪も出て来た。
振り向くと南ア。北岳、甲斐駒、千丈がキレイに見えている。
2019年05月25日 14:00撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと南ア。北岳、甲斐駒、千丈がキレイに見えている。
なんとなく空が見えて、頂上近いかと思うがなかなかつかない。
2019年05月25日 14:21撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく空が見えて、頂上近いかと思うがなかなかつかない。
途中、青年小屋の、「もうちょっと」の看板があって、やっと着いた。
2019年05月25日 14:50撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、青年小屋の、「もうちょっと」の看板があって、やっと着いた。
素晴らしい景色。
まん中が赤岳で、右手前にギボシ、権現、
左に中岳、阿弥陀岳。中岳の奧には横岳が見えている。
2019年05月25日 14:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色。
まん中が赤岳で、右手前にギボシ、権現、
左に中岳、阿弥陀岳。中岳の奧には横岳が見えている。
1
左後ろには中央アルプス、右に御嶽、
2019年05月25日 14:56撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左後ろには中央アルプス、右に御嶽、
北アと乗鞍、
2019年05月25日 14:56撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アと乗鞍、
蓼科山、
2019年05月25日 14:56撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山、
そして右後ろに富士、
2019年05月25日 14:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして右後ろに富士、
真後ろには北岳、甲斐駒、仙丈。
360度丸見え。
2019年05月25日 14:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真後ろには北岳、甲斐駒、仙丈。
360度丸見え。
さて、青年小屋へ下る。
今日はキレット小屋まで行きたかったのだが、いま1515なので、この時点で諦めた。
北斜面には雪が結構残っていて下りにくい。
2019年05月25日 15:15撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、青年小屋へ下る。
今日はキレット小屋まで行きたかったのだが、いま1515なので、この時点で諦めた。
北斜面には雪が結構残っていて下りにくい。
青年小屋が見えた。
2019年05月25日 15:27撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋が見えた。
これも安山岩だろうか。
目印を頼りに、ピョンピョンはねるようにして小屋へ。
重い荷物だとキツイ。
2019年05月25日 15:44撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも安山岩だろうか。
目印を頼りに、ピョンピョンはねるようにして小屋へ。
重い荷物だとキツイ。
青年小屋。既に営業していた。
手続きしてテン場へ。
2019年05月25日 15:52撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋。既に営業していた。
手続きしてテン場へ。
テント設営完了。テン場にはざっと20張くらいか。
宿泊客は靴を数えたら10名程度の模様。
外のトイレがまだ使えないので、中のトイレが開放されている。なかなか良さそうな小屋。
テン場では、椅子を持って来てくつろいでいるパーティーもいる。テン泊目的で来ているのかも知れない。
2019年05月25日 16:31撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営完了。テン場にはざっと20張くらいか。
宿泊客は靴を数えたら10名程度の模様。
外のトイレがまだ使えないので、中のトイレが開放されている。なかなか良さそうな小屋。
テン場では、椅子を持って来てくつろいでいるパーティーもいる。テン泊目的で来ているのかも知れない。
さて、飲み始める。
2019年05月25日 16:45撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、飲み始める。
権現岳。18時過ぎても、日なたに居ればあったかい。日が長くなってきた。
2019年05月25日 18:20撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳。18時過ぎても、日なたに居ればあったかい。日が長くなってきた。
だいたい飲んだので、テントで晩メシ。
今日は1泊なので、フリーズドライでは無くレトルトカレー持って来た。うまいな。
2019年05月25日 19:01撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい飲んだので、テントで晩メシ。
今日は1泊なので、フリーズドライでは無くレトルトカレー持って来た。うまいな。
19時過ぎてもまだ明るい。
この後はすぐに寝たと思う。

おしっこしに起きたら、流れ星見えた。
目が悪い私にも見えた。10年前に、奥穂高山荘で見たぶりかも知れないし、忘れているだけかもしれない。
2019年05月25日 19:14撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19時過ぎてもまだ明るい。
この後はすぐに寝たと思う。

おしっこしに起きたら、流れ星見えた。
目が悪い私にも見えた。10年前に、奥穂高山荘で見たぶりかも知れないし、忘れているだけかもしれない。
翌日は5時起き。
朝メシは抜きで、テントをたたんでいる。
もう30分もすれば陽が当たってテント干せるだろうけど、今日は時間が無い。
2019年05月26日 05:28撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は5時起き。
朝メシは抜きで、テントをたたんでいる。
もう30分もすれば陽が当たってテント干せるだろうけど、今日は時間が無い。
1
出発直前。テントは結構残っている。
寝坊しているのか、空身で権現に行っているか不明。
2019年05月26日 05:56撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発直前。テントは結構残っている。
寝坊しているのか、空身で権現に行っているか不明。
0557、出発。
2019年05月26日 05:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0557、出発。
南斜面なのに樹林帯には結構な雪がある。
2019年05月26日 06:09撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面なのに樹林帯には結構な雪がある。
30分ほどで樹林帯を抜け、稜線にでた。
ギボシまだ遠いな。
2019年05月26日 06:25撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどで樹林帯を抜け、稜線にでた。
ギボシまだ遠いな。
1
左手には北ア。
2019年05月26日 06:25撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には北ア。
ギボシの本体にとりかかる。結構なガラ場。
2019年05月26日 06:37撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシの本体にとりかかる。結構なガラ場。
右手には富士。
2019年05月26日 06:39撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には富士。
手を使うような登りもあり、クサリが出て来た。
2019年05月26日 06:49撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手を使うような登りもあり、クサリが出て来た。
高度感のあるバンドなど通過して、
2019年05月26日 07:03撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感のあるバンドなど通過して、
1
ギボシと権現を結ぶ稜線に出た。
アレがギボシ頂上らしいので、ザックをおろしてちょっと見に行く。
2019年05月26日 07:09撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシと権現を結ぶ稜線に出た。
アレがギボシ頂上らしいので、ザックをおろしてちょっと見に行く。
なんかありがたそうなのがあった。
2019年05月26日 07:11撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかありがたそうなのがあった。
そこから権現。向かっていく人がちらちら見える。小屋も見える。
2019年05月26日 07:11撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから権現。向かっていく人がちらちら見える。小屋も見える。
赤岳方面。遠いな。中岳の左には硫黄が見えてきた。
間のキレットがどのくらいなのか、見た目では分からない。
地図で見た感じだと、キレット小屋から赤岳が核心のようだ。
2019年05月26日 07:11撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳方面。遠いな。中岳の左には硫黄が見えてきた。
間のキレットがどのくらいなのか、見た目では分からない。
地図で見た感じだと、キレット小屋から赤岳が核心のようだ。
1
荷物を背負い直して権現小屋。なんと営業中の看板が出ている。
よくこんな所に作ったなと思う。
2019年05月26日 07:21撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を背負い直して権現小屋。なんと営業中の看板が出ている。
よくこんな所に作ったなと思う。
たぶんイワヒバリ。数匹がピチュピチュと鳴いていた。
2019年05月26日 07:22撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんイワヒバリ。数匹がピチュピチュと鳴いていた。
権現へ向かう分岐。
2019年05月26日 07:26撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現へ向かう分岐。
ここも、ザックはおろして空身で散歩。
2019年05月26日 07:27撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも、ザックはおろして空身で散歩。
1
編笠と小屋が見える。
2019年05月26日 07:28撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠と小屋が見える。
裏側に回り込んで、
2019年05月26日 07:29撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側に回り込んで、
南ア。
さっきの分岐で、二人組のパーティーが、今日午後はにわか雨、と話しているのを聞いた。
そう言われると、昨日に比べると薄雲がかかっている。
2019年05月26日 07:34撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア。
さっきの分岐で、二人組のパーティーが、今日午後はにわか雨、と話しているのを聞いた。
そう言われると、昨日に比べると薄雲がかかっている。
1
行く道。
近くなってきている様に見えるが、間のキレットの長さがやはり掴めない。
2019年05月26日 07:40撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く道。
近くなってきている様に見えるが、間のキレットの長さがやはり掴めない。
2
ちょっと歩くと、最初のコルが見えた。
クサリが見えるが、
2019年05月26日 07:46撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと歩くと、最初のコルが見えた。
クサリが見えるが、
ちょっとビックリしたのがこれ。
2019年05月26日 07:48撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとビックリしたのがこれ。
下ってみたが、なかなかの高度感。
たぶん、今まで通過したハシゴで一番長いかも知れない。
昨日のタクシーの運ちゃんが、ここの中間で動けなくなった友人の話をしていたが、苦手な人は大変だろう。
2019年05月26日 07:51撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってみたが、なかなかの高度感。
たぶん、今まで通過したハシゴで一番長いかも知れない。
昨日のタクシーの運ちゃんが、ここの中間で動けなくなった友人の話をしていたが、苦手な人は大変だろう。
1
下りきって、名も無いピークに向かう。
2019年05月26日 08:01撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきって、名も無いピークに向かう。
1
ツルネなる小ピーク。
2019年05月26日 08:48撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルネなる小ピーク。
1
うーん、近くなってきたかな。
2019年05月26日 08:48撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、近くなってきたかな。
やがてコルが見えた。
2019年05月26日 09:01撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてコルが見えた。
雪が出て来て、
2019年05月26日 09:08撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出て来て、
崩壊地をトラバースして、
2019年05月26日 09:16撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地をトラバースして、
キレット小屋着。
記録見た事は無いが、さっきのハシゴと崩壊地トラバースを考えると冬はかなりヤバそう。GWにやろうと考えて諦めたが、知らないというのは怖い。(まあ、仮に来れたとして、ここの前に権現でギブしてそうだが。)
2019年05月26日 09:18撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋着。
記録見た事は無いが、さっきのハシゴと崩壊地トラバースを考えると冬はかなりヤバそう。GWにやろうと考えて諦めたが、知らないというのは怖い。(まあ、仮に来れたとして、ここの前に権現でギブしてそうだが。)
1
一本満足食って小休止して出発。
テン場と水場は、右手下の方に下る様だが、予定より遅れているので見なかった。そういえば昨日のテン場の水場にも行かなかった。
2.5L背負って来て、昨日小屋でお茶一本買って、いま1L持っている。
2019年05月26日 09:34撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本満足食って小休止して出発。
テン場と水場は、右手下の方に下る様だが、予定より遅れているので見なかった。そういえば昨日のテン場の水場にも行かなかった。
2.5L背負って来て、昨日小屋でお茶一本買って、いま1L持っている。
1
踏み抜きの多い樹林帯と、ちょっとした崩壊地を超えて、
2019年05月26日 09:38撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きの多い樹林帯と、ちょっとした崩壊地を超えて、
再び稜線に戻る。
(小屋は、コルを更に東にトラバースしたところにある)
2019年05月26日 09:42撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び稜線に戻る。
(小屋は、コルを更に東にトラバースしたところにある)
いよいよアレが近い。赤岳は見えてないと思われる。

右の槍みたいのは、大天狗ではないだろうか。
2019年05月26日 09:50撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよアレが近い。赤岳は見えてないと思われる。

右の槍みたいのは、大天狗ではないだろうか。
ちょっと進んで振り返る。
結構歩いたな。権現のピークは判然としない。
2019年05月26日 10:05撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進んで振り返る。
結構歩いたな。権現のピークは判然としない。
阿弥陀と中岳の見え方が変わってきた。
いつか行くのか知らないが、阿弥陀の南陵というのがあれか、と思う。
2019年05月26日 10:09撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀と中岳の見え方が変わってきた。
いつか行くのか知らないが、阿弥陀の南陵というのがあれか、と思う。
いよいよ基部らしきところに来た。
随分とガレている。
左手前のピークと、右奧のピークの間に谷筋がありそうだが、どう登るのかは分からない。
2019年05月26日 10:09撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ基部らしきところに来た。
随分とガレている。
左手前のピークと、右奧のピークの間に谷筋がありそうだが、どう登るのかは分からない。
振り返る。小屋らしき物が見えたが、帰って拡大して見ると、テン場とトイレの様だった。テラスのような所にあるようだ。
2019年05月26日 10:14撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。小屋らしき物が見えたが、帰って拡大して見ると、テン場とトイレの様だった。テラスのような所にあるようだ。
さっきの所から右に巻くように登ってきて、谷筋に出る。
2019年05月26日 10:18撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの所から右に巻くように登ってきて、谷筋に出る。
これも安山岩だろうか。簡単に手でもげる。
2019年05月26日 10:19撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも安山岩だろうか。簡単に手でもげる。
ペンキを頼りに、谷を詰めていく。
2019年05月26日 10:25撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペンキを頼りに、谷を詰めていく。
基部で見た、左手前のピークの上に出た。先は長い。
左のピークの右のコルに、人が動くのが見えた。
右の壁の下部を通過して、左ピークに向かうようだ。
2019年05月26日 10:30撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基部で見た、左手前のピークの上に出た。先は長い。
左のピークの右のコルに、人が動くのが見えた。
右の壁の下部を通過して、左ピークに向かうようだ。
こんな感じに景色が変わる。
2019年05月26日 10:34撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じに景色が変わる。
さっき見えた人とすれ違った後。
これ、ペンキ無ければ絶対迷うな。
2019年05月26日 10:43撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき見えた人とすれ違った後。
これ、ペンキ無ければ絶対迷うな。
10分後。
2019年05月26日 10:52撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分後。
空には薄雲。
2019年05月26日 10:53撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空には薄雲。
最終的にこうなった。高い所を目指せば良かった様にも覚えているが、ペンキ無かったら来れる自信が全くない。
2019年05月26日 10:58撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終的にこうなった。高い所を目指せば良かった様にも覚えているが、ペンキ無かったら来れる自信が全くない。
新しい稜線。
2019年05月26日 10:58撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい稜線。
これ、今回帰って分かったが、大天狗と小天狗と言うようだ。
前回真教寺尾根から来たときも気になっていた。
2019年05月26日 10:59撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、今回帰って分かったが、大天狗と小天狗と言うようだ。
前回真教寺尾根から来たときも気になっていた。
来た道。権現の山頂が判別出来る様になった。
2019年05月26日 10:59撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道。権現の山頂が判別出来る様になった。
ちょっと怖いバンドをトラバース。
2019年05月26日 11:01撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと怖いバンドをトラバース。
真教寺尾根(右)と県界尾根(左)が見えた。
2019年05月26日 11:05撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根(右)と県界尾根(左)が見えた。
清里・野辺山方面。白く見えるのは畑のビニールのようだ。
2019年05月26日 11:05撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清里・野辺山方面。白く見えるのは畑のビニールのようだ。
まだまだある。
2019年05月26日 11:09撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだある。
阿弥陀と中岳が近い。山頂に人が見える。
2019年05月26日 11:14撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀と中岳が近い。山頂に人が見える。
左を巻くように歩いて行きます。
2019年05月26日 11:19撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を巻くように歩いて行きます。
そろそろ真教寺尾根の分岐に出て欲しいと思っていたら、
2019年05月26日 11:28撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ真教寺尾根の分岐に出て欲しいと思っていたら、
文三郎尾根への巻き道があった。
バスがギリになりそうな気がするので、時計を見てちょっと悩む。赤岳なんて何度も登ったはずだが、真教寺尾根の分岐までは繋いでおきたいのと、やはりせっかくだから赤岳踏んでくるか、と言う気になって先に進む。
2019年05月26日 11:32撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根への巻き道があった。
バスがギリになりそうな気がするので、時計を見てちょっと悩む。赤岳なんて何度も登ったはずだが、真教寺尾根の分岐までは繋いでおきたいのと、やはりせっかくだから赤岳踏んでくるか、と言う気になって先に進む。
1
やがてハシゴが出て、
2019年05月26日 11:40撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてハシゴが出て、
分岐に着いた。来た道と権現、奧に南ア。
ウィダーで小休止。
2019年05月26日 11:50撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に着いた。来た道と権現、奧に南ア。
ウィダーで小休止。
真教寺尾根(左)と、大天狗・小天狗(右)の関係。
2019年05月26日 11:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根(左)と、大天狗・小天狗(右)の関係。
そしてやっと赤岳頂上が見えた。
2019年05月26日 12:02撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてやっと赤岳頂上が見えた。
いま、竜頭峰(赤岳の南峰、名前は後で知った)のちょい下にいる。
2019年05月26日 12:03撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いま、竜頭峰(赤岳の南峰、名前は後で知った)のちょい下にいる。
せっかくなのでちょっとだけ登るとモニュメントが。
何で靴?と思ったが、朽ちた銅像の基部らしい。
2019年05月26日 12:04撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなのでちょっとだけ登るとモニュメントが。
何で靴?と思ったが、朽ちた銅像の基部らしい。
一旦分岐まで下ってザックを置き、
2019年05月26日 12:10撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦分岐まで下ってザックを置き、
ふう、着いた。
2019年05月26日 12:15撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、着いた。
2
赤岳頂上。
この時間なので人はほとんどいない。
2019年05月26日 12:15撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上。
この時間なので人はほとんどいない。
2
蓼科山まで続く稜線。
北横岳〜蓼科までの間以外は、これでひととおり繋いだことになる。
2019年05月26日 12:15撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山まで続く稜線。
北横岳〜蓼科までの間以外は、これでひととおり繋いだことになる。
一応360度視界はあるが、権現から見た時よりはずいぶん霞んでいる。
バスもあるしとっとと下りる。
2019年05月26日 12:16撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応360度視界はあるが、権現から見た時よりはずいぶん霞んでいる。
バスもあるしとっとと下りる。
ザック回収して、
2019年05月26日 12:25撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザック回収して、
1
キレット分岐。
巻き道の雪には、足跡が1つしか無かった。
2019年05月26日 12:36撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット分岐。
巻き道の雪には、足跡が1つしか無かった。
1
中岳と阿弥陀。
時間があれば阿弥陀登って御小屋尾根と思っていたが、それどころでは無い。
2019年05月26日 12:37撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀。
時間があれば阿弥陀登って御小屋尾根と思っていたが、それどころでは無い。
1
文三郎尾根を下る。足が痛くなってきた。
2019年05月26日 12:45撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根を下る。足が痛くなってきた。
2
行者小屋見えるが、遠いなあ。
2019年05月26日 12:45撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋見えるが、遠いなあ。
硫黄、大同心、横岳。
2019年05月26日 13:00撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄、大同心、横岳。
峰の松目に続く尾根には、なんかバンド状の層が見える。
縞枯という現象が一緒に起こっているのかも知れない。
2019年05月26日 13:05撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目に続く尾根には、なんかバンド状の層が見える。
縞枯という現象が一緒に起こっているのかも知れない。
1
樹林帯に入るとワンコが登ってきた。あとから軽装のペアの飼い主が登ってきたが、これから赤岳まで行くのだろうか。
2019年05月26日 13:17撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入るとワンコが登ってきた。あとから軽装のペアの飼い主が登ってきたが、これから赤岳まで行くのだろうか。
2
雪は結構残っていて、シャーベットになっているところもある。
2019年05月26日 13:19撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は結構残っていて、シャーベットになっているところもある。
1
行者小屋着いた。
2019年05月26日 13:41撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋着いた。
途中水場が見つからないと思っていたら、ここまで引いてきてくれている。
2019年05月26日 13:44撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中水場が見つからないと思っていたら、ここまで引いてきてくれている。
1
赤岳と阿弥陀。
2019年05月26日 13:50撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀。
下り始めている。いま1350で、終バスが1620、コースタイムがちょうど2.5hなので、早めに歩けば何とかなるかなと思っていた。
2019年05月26日 13:52撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めている。いま1350で、終バスが1620、コースタイムがちょうど2.5hなので、早めに歩けば何とかなるかなと思っていた。
道も悪くない。足も、痛いことは痛いが、そんなにゆっくり歩いたつもりも無い。
2019年05月26日 14:05撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道も悪くない。足も、痛いことは痛いが、そんなにゆっくり歩いたつもりも無い。
令和元年整備のお知らせ。
2019年05月26日 14:49撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
令和元年整備のお知らせ。
中間地点?のほこら。
ここまで、南沢ってこんな道だっけと思って写真撮りながら歩いていたら、1時間経過している。これはマズイ。
2019年05月26日 14:53撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点?のほこら。
ここまで、南沢ってこんな道だっけと思って写真撮りながら歩いていたら、1時間経過している。これはマズイ。
いつもの岩。
2019年05月26日 14:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの岩。
橋をかけ替えている。
頭が下がります。土日にやっているということはボランティアなのだろうか。
2019年05月26日 15:01撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋をかけ替えている。
頭が下がります。土日にやっているということはボランティアなのだろうか。
高巻き道。この辺で、あ、ダメかなと思った。
今のペースが精一杯で、これ以上は上げられない。
2019年05月26日 15:26撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き道。この辺で、あ、ダメかなと思った。
今のペースが精一杯で、これ以上は上げられない。
最後の徒渉。
2019年05月26日 15:46撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の徒渉。
堰堤を越えて美濃戸山荘。
ダメでした。あと25分なんてムリ。なので、ザックをおろして顔を洗う。
2019年05月26日 15:54撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を越えて美濃戸山荘。
ダメでした。あと25分なんてムリ。なので、ザックをおろして顔を洗う。
あとはショートカット交えて林道歩いて、
2019年05月26日 16:28撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはショートカット交えて林道歩いて、
八ヶ岳山荘は1650頃。30分遅れとなりました。
2019年05月26日 16:57撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘は1650頃。30分遅れとなりました。
タクシー呼んでもらって、とりあえずビール。中では、トランプがゲストの千秋楽をやっている。
あずさは、1906のしか取れなかった。
2019年05月26日 17:02撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシー呼んでもらって、とりあえずビール。中では、トランプがゲストの千秋楽をやっている。
あずさは、1906のしか取れなかった。
なので、茅野でメシ。今日初めてのまともな食い物。

この後は、あずさで爆睡して東京戻りました。
電車下りたらクソ暑い!(北海道で5月の記録、3日連続真夏日)
汗垂らして帰って、ビール飲んで風呂入って寝ました。
お疲れさまでした。
2019年05月26日 18:28撮影 by X100F, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、茅野でメシ。今日初めてのまともな食い物。

この後は、あずさで爆睡して東京戻りました。
電車下りたらクソ暑い!(北海道で5月の記録、3日連続真夏日)
汗垂らして帰って、ビール飲んで風呂入って寝ました。
お疲れさまでした。
1

感想/記録
by aiki

詳細は写真コメント参照ください。

念のためアイゼンとピッケル持っていったのですが、出番はありませんでした。
運動不足のせいか足が出ずだいぶスローペースで、初めて終バス乗り遅れました。

帰りのタクシーの運ちゃんの話では、先週女乃神茶屋登山口まで迎えに行った客は、トレランの人で、夜の12時に観音平から入って、八ヶ岳全山走り抜け、その日の18時に女乃神茶屋まで下りて来たとのこと。すごい人もいるもんだと思いました。
訪問者数:691人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ