また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925791 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

上高地〜奥穂・ジャン・西穂 日帰り周回

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり一時晴れ のち霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回歩いた登山道に残雪はありません。
ピッケル・アイゼンなしでも安心して通行できます。
ただし、エスケープに天狗沢利用を想定してのピッケル・アイゼンの装備はありかも。
その他周辺情報島々付近でバスと乗用車の事故により長時間の全面通行止めが発生。
松本方面は沢渡付近からの大渋滞となりました。
私は木曽福島経由で塩尻I Cから帰宅。3時間ほどのロスでした。
一本道のためエスケープできないため事故は命とりです。安全運転に心掛けましょう!!

写真

岳沢の雪渓
2019年07月13日 06:37撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢の雪渓
紀美子平
2019年07月13日 08:00撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平
2
プチ雲海
2019年07月13日 08:23撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ雲海
1
吊尾根ですれ違ったのはほとんどが韓国人でした(*_*;
2019年07月13日 08:43撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根ですれ違ったのはほとんどが韓国人でした(*_*;
2
ジャンに誰かいる
2019年07月13日 08:54撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンに誰かいる
1
もう少し
2019年07月13日 08:54撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し
誰もいない奥穂山頂
2019年07月13日 09:00撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない奥穂山頂
2
槍さん
2019年07月13日 09:00撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍さん
2
さあ後半戦へ
2019年07月13日 09:07撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ後半戦へ
2
奥穂に登山者の姿
2019年07月13日 09:15撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂に登山者の姿
1
一気に行こう!
2019年07月13日 09:29撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に行こう!
2
自撮りなり
2019年07月13日 09:35撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮りなり
4
とりあえずジャン
2019年07月13日 09:36撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずジャン
4
槍も入れて
2019年07月13日 09:37撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍も入れて
4
コブ尾根の頭方面
2019年07月13日 10:20撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブ尾根の頭方面
間ノ岳と西穂
2019年07月13日 10:24撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳と西穂
1
西穂遠く見えるけど30分後には立ってた
2019年07月13日 10:48撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂遠く見えるけど30分後には立ってた
1
西穂リーチ
2019年07月13日 11:17撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂リーチ
1
人が多かったので、離れた所から西穂山頂
2019年07月13日 11:21撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が多かったので、離れた所から西穂山頂
1
たぶんPPからの西穂
2019年07月13日 11:39撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんPPからの西穂
1
今回の運動強度データ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の運動強度データ

感想/記録

奥穂〜西穂日帰り周回は2度目です。
前回は南稜からでしたが今回は一般道の重太郎新道からです。
上高地から1時間10分で岳沢小屋まで、奥穂まで3時間、トータル8時間が今回の目標でした。
当初は金曜日に有給とって登山者が少ない平日にサクッと登る予定でしたが、天気には勝てませんので予備日の土曜日に決行しました。日曜日が仕事なので辛いなあ〜とは思ってたのですが…
当日の天気はほぼ予想通り。涼しそうなのである意味ピーカンよりgoodです。
核心は序盤です。岳沢小屋までいかにタイムを縮められるか…
これまでの最短が1時間40分なので、今の実力からすると1時間15分が理論上の最速タイム。これを5分でも短縮できれば…と意気込み過ぎました。さらに遅れを取り戻そうと重太郎新道でペースを乱し…
結果的に序盤で体力を使い果たし、紀美子平で足が動かなくなり吊尾根で失速、奥穂3時間目標など恥ずかしくて言えないタイムで着地することになりました。
しかし、その後の西穂までの縦走は程よい緊張感と手ごろなアップダウンが続いているので体力温存できました。そして最後西穂〜上高地まで他の登山者に迷惑をかけながらも檄下りを続けて8時間強で全行程を終えることができました。

私的には重太郎新道でタイム稼いで、という思惑があったのですが、その登りが逆に失速につながったのが何とも皮肉でした。
今年は手を使うような登山をしてなかったので勝手が違ったのでしょうか。でも久しぶりに岩と遊べてとても楽しかったです。
ジャンはもちろん直登でしたが、簡単に登れるルートを忘れてしまい変なところから取り付いて、一瞬「しまった!」と思いましたが難なくクリアでした。
体重が減り身体が軽くなったためかな⁉

次は明神加えて時計周りの馬蹄形も面白そう!
ターゲットタイムは9時間ってところか…
って、その前に明神II峰をフリーソロで登れるかだな。。
訪問者数:647人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 1806
2019/7/14 18:39
 このお天気で
良く行くなぁ〜と感心していますが、岳沢小屋まで 1H というのは、やはり大変なのですね。ここで無理すると紀美子平辺りで失速する可能性は高いです。
私事ですが、よくもまぁ、かつて 2:50 で登れたものだと思います。
重太郎で稼ぐというのは、厳しいですね。稼ぐと今度は、吊り尾根でダウンします。南稜の頭は遠いです
が、その先が凄い。穂高から西穂山荘まで 3H とは。その後、下りもダッシュ。毎日の階段は威力抜群のようです。

案外、帰りの遠回りが試練だったりして。お疲れ様でした。

P.S.
明神 II 峰登りは、フリーで問題無し・・のはず。出だし 3m ぐらい III+。その先は階段。それより V 峰から下りが嫌になります
北尾根末端経由で明神をバス運行時間内で日帰りというのもよかでしょう。
登録日: 2011/11/8
投稿数: 757
2019/7/14 19:59
 Re: このお天気で
いやまったく師匠のおっしゃる通りです。
下りでタイムを稼げるタイプになってきました
ロングの場合、これも重要になるので、やはり階段トレの成果でいいでしょうか

それにしても奥穂まで2時間50分てのは恐ろしい
攻略法が見えてきません<(_ _)>
ま、後々体力測定で試してみたいですね
もし奥穂まで3時間で行ければ、全行程6時間台行けそうですが

北尾根、明神と色々課題ありますが、
最大の課題はやはり帰りの運転ですね。
早く自動運転になって、寝たまま帰れるようにならないかなあ〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ