また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1968745 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

涸沢〜奥穂高岳ピストン (+ジャンダルム滑落事故の目撃について)

日程 2019年08月10日(土) 〜 2019年08月11日(日)
メンバー
天候10日快晴
11日快晴(夕方から雨)
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡大橋駐車場まで自家用車
バスで上高地までアクセス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
感想の終盤、8/11朝方に起きたジャンダルムの滑落事故について心の整理のため書き留めています。読むのは気をつけてください。

涸沢までに危険個所はありません。
涸沢からザイテングラードに向かうパノラマコースには小規模な雪渓があり、下方からは踏み跡が見づらいですが登れます。(後述)
全体的な話として、ツキノワグマが出没中です。11日の下山中にはSガレ近傍の道脇10m程度の木々の中で木の実を食べていました。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 タオル カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット 携帯トイレ

写真

ちょっと遅めの上高地着
仮眠をとりながら来たら沢渡の時点ですっかり日が明けてしまいました
2019年08月10日 07:44撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと遅めの上高地着
仮眠をとりながら来たら沢渡の時点ですっかり日が明けてしまいました
2
すっきり快晴!良い山行になりそう
2019年08月10日 07:59撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっきり快晴!良い山行になりそう
11
川辺の朝霧に朝日が差し幻想的な光景。
群がる人を撮る図ですが、同じ穴のムジナですね
2019年08月10日 08:00撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川辺の朝霧に朝日が差し幻想的な光景。
群がる人を撮る図ですが、同じ穴のムジナですね
横尾着。ここまで2時間なのでいいペースでしょうか
2019年08月10日 09:58撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾着。ここまで2時間なのでいいペースでしょうか
6
すっかり日差しも強くなり、涼を求めて皆さん河川敷で休憩
実感的にも、見た目的にも涼しいですね。
2019年08月10日 11:08撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり日差しも強くなり、涼を求めて皆さん河川敷で休憩
実感的にも、見た目的にも涼しいですね。
6
快晴が続き景色がきれい!
代わりに日差しがきつすぎました・・・
終盤は何度もばてながら進む
2019年08月10日 12:31撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴が続き景色がきれい!
代わりに日差しがきつすぎました・・・
終盤は何度もばてながら進む
3
涸沢目前の雪渓で心なし涼しい気分になる。
多分実際に涼しいんだと思うんですけど、あまり実感はしなかった
2019年08月10日 12:56撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢目前の雪渓で心なし涼しい気分になる。
多分実際に涼しいんだと思うんですけど、あまり実感はしなかった
6
涸沢着!涸沢カールが美しい
2019年08月10日 14:47撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢着!涸沢カールが美しい
18
テン場には続々とテントが立ち並ぶ
この日は涸沢から動かず。暑いしね。夏バテです
2019年08月10日 15:11撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場には続々とテントが立ち並ぶ
この日は涸沢から動かず。暑いしね。夏バテです
7
翌午前2時過ぎ。
日の出を高いところで拝むべく、軽装で泊地を出発。
2019年08月11日 02:18撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌午前2時過ぎ。
日の出を高いところで拝むべく、軽装で泊地を出発。
3
テン場から直で登り始めるパノラマコースを進む。
ガレ場ですが、ちゃんと目印を探しながら進めば道迷いはしなそうです。(途中、しばらく目印がないポイントがありどきどきしながら進みましたが)
2019年08月11日 02:20撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から直で登り始めるパノラマコースを進む。
ガレ場ですが、ちゃんと目印を探しながら進めば道迷いはしなそうです。(途中、しばらく目印がないポイントがありどきどきしながら進みましたが)
1
・・・ところが!
涸沢小屋から続く道との合流目前の雪渓で思わぬ誤算。トレースがまったく見つからない。
たっぷり15分悩み、結局引き返して涸沢小屋から登り返すことに
2019年08月11日 03:02撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・ところが!
涸沢小屋から続く道との合流目前の雪渓で思わぬ誤算。トレースがまったく見つからない。
たっぷり15分悩み、結局引き返して涸沢小屋から登り返すことに
10
徐々に宵闇が明けていく
2019年08月11日 04:23撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に宵闇が明けていく
4
このころには肉眼にはすっかり明るく、ヘッドライトは片づける
2019年08月11日 04:23撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このころには肉眼にはすっかり明るく、ヘッドライトは片づける
10
日の出までにザイテングラードをぐんぐん上げる
岩稜は一気に高度を上げられて好きです。なにより楽
2019年08月11日 05:02撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出までにザイテングラードをぐんぐん上げる
岩稜は一気に高度を上げられて好きです。なにより楽
13
同じアングルの写真を何枚撮ってるのかというぐらいにシャッターを切っていました。
この一瞬一瞬の変化をみるためだけに、ここにこの時間に登りにきたと言っても過言ではない
2019年08月11日 05:12撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じアングルの写真を何枚撮ってるのかというぐらいにシャッターを切っていました。
この一瞬一瞬の変化をみるためだけに、ここにこの時間に登りにきたと言っても過言ではない
23
穂高岳山荘に到着するころにはすっかり朝。
周囲が囲まれているので、結果的にはザイテングラードを上げてる最中に夜明けだったのは良かったかもしれない
2019年08月11日 05:35撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着するころにはすっかり朝。
周囲が囲まれているので、結果的にはザイテングラードを上げてる最中に夜明けだったのは良かったかもしれない
8
穂高岳のとりつき
さすがにまだ人は少なめ
2019年08月11日 05:45撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳のとりつき
さすがにまだ人は少なめ
7
斜面に映る自分の影すら楽しいテンション
2019年08月11日 06:08撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に映る自分の影すら楽しいテンション
19
槍ヶ岳方面を望む。
気が向いたら大キレットもそのうち超えたいなぁと思いながら撮った一枚
2019年08月11日 06:11撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方面を望む。
気が向いたら大キレットもそのうち超えたいなぁと思いながら撮った一枚
23
噂に名高いジャンダルムを見つけ興奮。
これがあの難所かぁ、と感慨深い
2019年08月11日 06:18撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂に名高いジャンダルムを見つけ興奮。
これがあの難所かぁ、と感慨深い
26
裏銀座方面を望む。
初心者のころに行った黒部五郎ももう7年前のことと思うと随分歳をくってきた気分
初心者になに登らせてんだ
2019年08月11日 06:21撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座方面を望む。
初心者のころに行った黒部五郎ももう7年前のことと思うと随分歳をくってきた気分
初心者になに登らせてんだ
5
奥穂高岳着!
人も少なめ
2019年08月11日 06:22撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳着!
人も少なめ
21
西穂方面を見ていたらジャンダルムに行きたくなる
時間はないけど
2019年08月11日 06:24撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂方面を見ていたらジャンダルムに行きたくなる
時間はないけど
19
時間はないけどちょっとだけ体験してみよう!ということで馬の背だけ越えてみる
(事前に下調べはしています。念為)
2019年08月11日 06:42撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間はないけどちょっとだけ体験してみよう!ということで馬の背だけ越えてみる
(事前に下調べはしています。念為)
23
落ち着いて確実にかかるホールドで3点支持し進む
やっぱりそんなにむつかしくない
2019年08月11日 06:47撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち着いて確実にかかるホールドで3点支持し進む
やっぱりそんなにむつかしくない
23
見晴らしの良い、名前のない中間地点で折り返しを決断し休憩
奥穂山頂で会話をしていた方がすぐにやって来たので一緒に休憩。
2019年08月11日 06:52撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い、名前のない中間地点で折り返しを決断し休憩
奥穂山頂で会話をしていた方がすぐにやって来たので一緒に休憩。
19
2019/8/11 am7:00 眺めている目の前で人が落ちていった
即座に手分けして110と119に通報
2019年08月11日 06:52撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2019/8/11 am7:00 眺めている目の前で人が落ちていった
即座に手分けして110と119に通報
46
必要な通報を済ませ、逃げるように引き返す。
通報している間に合流していた方たちと共に4人で馬の背を渡る
足の震えが止まらない
2019年08月11日 07:25撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
必要な通報を済ませ、逃げるように引き返す。
通報している間に合流していた方たちと共に4人で馬の背を渡る
足の震えが止まらない
19
一緒に戻ってくれるひとたちがいてよかった
あんなに簡単に進んで来た馬の背が怖くてしょうがない
気を紛らわせたくてシャッターを切る
2019年08月11日 07:31撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一緒に戻ってくれるひとたちがいてよかった
あんなに簡単に進んで来た馬の背が怖くてしょうがない
気を紛らわせたくてシャッターを切る
32
奥穂や小屋を通過しザイテングラードに差し掛かる
このころには気持ちは落ち着いてきたが、上高地に至るまで滑落の場面がずっと頭の中でリピートされ続けた
2019年08月11日 08:33撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂や小屋を通過しザイテングラードに差し掛かる
このころには気持ちは落ち着いてきたが、上高地に至るまで滑落の場面がずっと頭の中でリピートされ続けた
14
行きの際に撤退した雪渓
昼日中に見ればなんてことはないですね
2019年08月11日 09:39撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きの際に撤退した雪渓
昼日中に見ればなんてことはないですね
3
Sガレの道脇で木々のなかで木が揺れている音が聞こえる。
サルあたりを期待してカメラを構えながら目を凝らしたらツキノワグマを発見。
慌ててシャッターを切ってその場を離れたが、ピントがまったく合っていないですね
2019年08月11日 11:16撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sガレの道脇で木々のなかで木が揺れている音が聞こえる。
サルあたりを期待してカメラを構えながら目を凝らしたらツキノワグマを発見。
慌ててシャッターを切ってその場を離れたが、ピントがまったく合っていないですね
13
横尾着。
すっかり歩行スピードも落ちている
2019年08月11日 13:31撮影 by DMC-GF6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾着。
すっかり歩行スピードも落ちている
5

感想/記録
by Dosu

山の日による3連休。天気は間違いなく快晴
行くしかねぇ、北アルプスへ・・・

金曜日の仕事後に思い立ち、買い物を済ませて出発。
仮眠を挟みながら、7:00ごろに沢渡大橋駐車場に到着。
バスは増発されていたのでしょう。聞いていたよりも早くに来たので時間ロスなく上高地に到着しました。

1日目は涸沢までなのでのんびり日程です。
とはいえ歩くのは平坦な道。歩けば勝手にぐいぐい進み、あっという間に横尾を過ぎて本谷橋までたどり着きました。
涼しい河川敷では大勢の登山者が休んでいます。むしろヘタレ混んでいます
なにせ快晴の中のきつい日差し。元気なのは若い子(10歳未満!)ばかり。

その後は傾斜が付き始める登山道では木陰も薄くなっていき、Sガレを過ぎてからは強い日差しに焼かれる。
黒い帽子できたことを後悔しながら、適度以上に休憩という名のダウンを挟みながら涸沢にたどり着く。
総じて景色もよく、直射日光を除けば湿度も低めで快適な登山日和でした。
この日はテントを張りさっさと就寝。


8/11(2日目)
1:30に起床し、2時過ぎには出発。
パノラマコースからザイテングラードに向かいました・・・・が!
涸沢小屋との合流ポイント目前の雪渓でトレースが見つけられない
雪渓は冷えて氷ついており無理をする気にはまったくなれず、たっぷり15分ほど悩んだ末に引き返すことに。
涸沢小屋から登り返して元のポイントにたどり着く頃には4時になってしまいました。

そこからは順調そのものでザイテングラードを上げている最中に日の出を拝むことができました。
やはり朝日に赤く照らされ、1秒ごとに変わる山容は素敵ですね。これを見るためだけに来ました

穂高岳山荘で小休止を挟む間に、スーツで山登りしてるヤベエのがいるという話題を小耳に挟む。あとで映像見ましたがヤベエですね

奥穂のとりつき部はいかにも渋滞の起きそうな道でしたが、幸い人はまだ少なめ。
あっという間に登り切って山頂に到着!
山頂からの景色は流石の一言。いい表現があるはずですがこういうときの語彙力の無さを嘆くばかりです

問題は、ここから見える西穂方面の景色のよさに心を奪われてしまったことです。
事前に下調べはしてある。奥穂から西へ進む人も多い。実力も時間も十分足りている。
そこまで考え馬の背を越えて、もう少し近くからジャンダルムを眺めてみたくなりました。
山頂から15分、馬の背を難なく越えてロバの耳直前のコルを挟んだ対岸位置で休憩。ここで折り返すことにしました。
深い切れ込みを挟み、視界いっぱいに広がるジャンダルムはやはり迫力があります。大満足です。

そのあとは逃げかえりました。
あんまり感慨はないです。

下山途中Sガレでクマが間近にいました。
ここのクマには気をつけましょう。大勢の人が周囲を話しながら通っていましたが、まったく気にした様子はありません。明らかに人慣れしてます。






ここからは心の整理です。
滑落事故を目撃したときの話です。
今現在に至るまで、頭の中でリピートの続く景色を書き留めます。
関係者の方にはすみません。どうかここに書き留めることをお許しください。


馬の背を過ぎた先、奥穂高岳の山頂で会話していた方が、後続してきたので一緒に休憩。
その方はジャンダルムでピストンの予定だそうです。いいですね。
山頂には数人の人影がありましたがすぐに引っ込んでいき、見える位置から数分間は人がいなくなっていました。


8/11 7:00ちょうど
他愛ない山話をしながら眺めていたら、ジャンダルムの山頂から赤い影がすべり落ちていきました。その人が、いつからそこにいたのかはまったくわかりません。
崖が崩れるような音を立てながら立ち姿勢で垂直に斜面をすべり落ちていき、新穂高温泉の方角に角度のついた壁に跳ね返されて逆さを向いた身体が大の字に開いたときに、それが人だと認識しました。
そのあと頭と全身を打ち付け2度跳ねながら、その人は岩陰の見えない位置に消えていきました。
今となっては見えなくなってよかったです。勝手ごとではありますが


その場で一緒にいた方と手分けして警察と消防に通報を行いました。その時点では冷静だったかと思います。
電話先から「事件か事故か」という定型文に始まり落ち着いて進む通話を、「早くしてくれ」という焦りでもどかしく思いました。話してる間に落ち着いてきましたが。
だってどう考えてもあれはだめです。
通報している間にも頭の中で繰り替えされるその瞬間の景色が、人が耐えられる状況でないことを強く印象づけてきました

慌てても捜索の妨げになるだけです。
時間や位置や服装を伝えて、折り返すから電源と電波は入れておくように指示を受けて通報は終わりました。

通報している間にほかに奥穂と西から2名の方が、この場所にたどり着いていました。
そして自分は「もう帰りたい」とわめいているわけです。
4人で奥穂高方面へ向かうこととなりました。自分の発言が2名の方を引き返させてしまったかもしれません。
申し訳ないです。そして一緒に引き返してくれてありがとうございます。山の中ではまったくそこまで考えられていませんでした。

行きでは楽しかった馬の背がたまらなく怖かったです。
足が震え、胸を触れなくても分かる程度に心拍数があがっていました。
難場が短くてよかったです。


手がかりの無い場所で、のぞき込むような姿勢はやめましょう。
崖の先はなにもありません。心惹かれますが、あんまり意味はないです。
もうしばらく忘れられなそうなので、自戒とします。


滑落された方は今朝収容されたとニュースで確認しました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
訪問者数:39998人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/6/23
投稿数: 7
2019/8/14 8:21
 ロバの耳通過中に見えた防災ヘリ
湧き立つ雲の中、隊員を吊り下げ、ジャンダルム直下でホバリングしていた防災ヘリは、遭難者の捜索にあたっていたのですね。故人のご冥福をお祈りします。
登録日: 2012/5/31
投稿数: 109
2019/8/17 7:59
 その恐怖心わかります。
 ジャンダルム〜ロバの耳は高度感はあるものの晴れて無風なら難易度は大したことはないですが、その恐怖心よくわかります。目の前で見た事故は一生忘れられないでしょうね。以前、北アルプス赤木沢遡行で真後ろにいた人が大滝上部のトラバースであわや滑落の転倒。幸い事なきを得ましたがしばらく足が震えました。その時の恐怖心はいい意味で目に焼き付いています。難所を通り越してホッとした瞬間が一番危ない…肝に銘じています。
登録日: 2019/5/26
投稿数: 1
2019/8/18 8:30
 こんにちは
私も滑落事故の時、割と側にいたものです。私の場合は20分前に山頂にいましたが、先の行程が長いのと、なんだか恐ろしい気がして5分ほどで奥穂高に戻ることにしました。その間、ほとんど登山者とすれ違っていないので、滑落された方とすれ違っているはずです。事故の時は奥穂高に戻る途中で振り返ると落石と赤い影が一瞬見えただけで人かは分かりませんでした。助けに行かれないかと一瞬思いましたが、治療スキルも背負う力も無いので、諦めてしまいました。通報は既にされたと近くの人に聞いたので、そのまま戻ることにしました。あの時は無風、雨、ガス無しの最高のコンディションだったので、何故滑落したかずっと考えてしまってます。結局、原因は謎のままです。暫くはそのことばかり考えてしまい、何故自分は生きて帰れたのか、そこまでして何故山に登るのかとかごちゃごちゃ考えてしまいます。
ただ、恐らくあの時の山頂からの景色は最高だったのは間違いないです。雨、ガスの中落ちるよりはマシかなと思っています。せめてもの救いかと。人間いつか死ぬので、自分が落ちていたらそれが運命だと思うでしょう。Dosuさんは通報などやれることはやったし、別の人生なので、気にするなとは言えませんが、一旦、日常的に戻るのが一番だと思います。
長文失礼しました。
登録日: 2018/12/3
投稿数: 0
2019/8/22 20:01
 知りませんでした
当日、ジャンダルムを降りて西穂側から6時59分に撮った写真をよく見たら、1人だけ人が小さく写っています。10分くらい前に山頂で撮った写真に写っていた赤い服でオレンジのヘルメットの人と、同じ人のように見えます。
西穂の方に向かっている途中でヘリコプターが飛んでいるなと思ったのですが、自分が見かけたと思われる人が落ちたとは夢にも思いませんでした。ご本人はもちろん連絡など大変な目にあった方がいる一方で、何も知らなかった自分が何故か情けなく感じます。
登録日: 2019/5/26
投稿数: 1
2019/8/23 21:33
 こんばんは
赤い服、オレンジヘルメット、青ザックの方は6時22分の写真にも写っていて、山頂〔6時37分〕でもすれ違ってます。ずっと槍の方等を眺めてる感じでした。確かに景色は最高でしたが、ちょっと滞在時間が長いかなと気になってました。
結局何も分からないですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ