また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1970563 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

蝙蝠尾根 反時計廻りパターン

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月10日(土) 〜 2019年08月12日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:中央高速松川IC−鳥倉ゲート
帰路:新東名浜北IC−岡部IC

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間54分
休憩
41分
合計
9時間35分
Sスタート地点04:5205:01鳥倉林道ゲート(駐車場)05:0405:39鳥倉林道登山口05:4506:25豊口山のコル06:2606:55ほとけの清水06:5607:28塩川・鳥倉ルート合流点07:3207:52三伏峠小屋07:5508:29烏帽子岳08:3008:56前小河内岳08:5709:22小河内岳09:2711:08板屋岳11:44高山裏避難小屋11:5612:11高山裏縦走路水場12:1314:12前岳14:1314:24中岳14:2514:27荒川中岳避難小屋
2日目
山行
8時間28分
休憩
29分
合計
8時間57分
宿泊地05:4906:17悪沢岳06:37丸山06:3807:05千枚岳07:0607:59万斧沢ノ頭09:41二軒小屋ロッジ10:0410:57蝙蝠岳登山口11:0111:41中部電力施設14:46徳右衛門岳
3日目
山行
7時間47分
休憩
48分
合計
8時間35分
徳右衛門岳05:3706:52四郎作ノ頭06:5307:18蝙蝠岳07:1908:24北俣岳08:2508:40北俣岳分岐09:07塩見岳東峰09:1809:21塩見岳09:54塩見小屋09:5511:00本谷山11:1611:47三伏山11:4912:01三伏峠小屋12:1112:37塩川・鳥倉ルート合流点12:3912:54ほとけの清水12:5513:14豊口山のコル13:1513:38鳥倉林道登山口13:3914:12鳥倉林道ゲート(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・高山裏避難小屋からあとのガレを上り詰めて荒川前岳直下へ出る箇所は
 やせ尾根が待っています。 やばいルートを間違えた?と思うほど。
・北俣岳通過は悪天、強風だと要注意
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 バックアップのライターとか着火道具

写真

鳥倉ゲート前の第1Pは満車、第2Pも残り数台でした、
路注もチラホラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉ゲート前の第1Pは満車、第2Pも残り数台でした、
路注もチラホラ
林道区間は調子よく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道区間は調子よく
1
登山口で登山カードを書いて出発です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口で登山カードを書いて出発です
いつものようなペースで歩けなく、珍しく休憩したいなんて言いながらなんとか三伏峠小屋ですが
無理だからソロで行ってくれと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものようなペースで歩けなく、珍しく休憩したいなんて言いながらなんとか三伏峠小屋ですが
無理だからソロで行ってくれと
話し合いの結果、ソロで計画実行、という事で分岐は右です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
話し合いの結果、ソロで計画実行、という事で分岐は右です
小河内岳の小屋が見え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳の小屋が見え
1
小河内岳からの富士山はサイコーですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳からの富士山はサイコーですよ
2
この崩落地帯は気を付けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この崩落地帯は気を付けて
1
高山裏非難小屋が見えてホッと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏非難小屋が見えてホッと
2
その後はだらだらの登りで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後はだらだらの登りで
このガレから急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガレから急登
1
前岳直前は切れ落ちてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳直前は切れ落ちてました。
1
初日の宿が見えました。
何とか15時前、夕立前の到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日の宿が見えました。
何とか15時前、夕立前の到着
1
某A避難小屋ではないので、到着してすぐにビール下さいとは言いませんでした(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
某A避難小屋ではないので、到着してすぐにビール下さいとは言いませんでした(笑)
2日め 出発時のダイアモンド悪沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日め 出発時のダイアモンド悪沢岳
3
サクッとひと登りで悪沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッとひと登りで悪沢岳
1
さあこれから行きますよ。。蝙蝠尾根が待っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあこれから行きますよ。。蝙蝠尾根が待っています。
3
振り返って赤石、荒川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って赤石、荒川
2
延々と1600m下降のマンノー沢の尾根から下りたら
そこはオアシスでした。
工事業者が大勢錯綜、、て感じではなく静かでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と1600m下降のマンノー沢の尾根から下りたら
そこはオアシスでした。
工事業者が大勢錯綜、、て感じではなく静かでした。
1
お楽しみのゲット難関なダムカード
ダムマニアでも交通機関の無いここまで来るのは大変です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お楽しみのゲット難関なダムカード
ダムマニアでも交通機関の無いここまで来るのは大変です。
倒木も大したことなく水場到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も大したことなく水場到着
この矢印に従って下りますがガスも出てきてロスト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この矢印に従って下りますがガスも出てきてロスト
何とか水場に辿り着いてゴクゴク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか水場に辿り着いてゴクゴク
1
通過に難儀の倒木は3か所だったと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過に難儀の倒木は3か所だったと思います。
蝙蝠岳の手前で眺望サイコーな小ピークでしばしマッタリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳の手前で眺望サイコーな小ピークでしばしマッタリ
4
ようやくたどり着いた蝙蝠岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくたどり着いた蝙蝠岳
4
これから向かう塩見岳への稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう塩見岳への稜線
6
核心部となる北俣岳へのアプローチ
これ以降は写真無し(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部となる北俣岳へのアプローチ
これ以降は写真無し(^^;
3
千塩尾根からも結構登ってきてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千塩尾根からも結構登ってきてました。
4
数年ぶりの塩見岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数年ぶりの塩見岳
3
uranbonさんと無事合流
遠山郷の温泉&お食事処
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
uranbonさんと無事合流
遠山郷の温泉&お食事処
3

感想/記録

蝙蝠岳へ周回で行くには相応な日程が必要なので
やはり夏休みを利用するしかありません。
でもこのルートなら混雑は無いでしょう。
逆に何か有っても見つけてもらえないかも、なのでいつも以上に慎重に歩きました。
uranbonさんとの計画段階では時計回りと反時計回りで何度も意見交換。
結局天気との兼ね合いで反時計回りとしました。
初日の夜が雨予報だったので、ビバーク地で雨よりも避難小屋が良いねと
いう事と、二軒小屋から大きく登り返さないとならないのですが、時計回りでは荒川への高低差の方が大きいため、標高が500mほど低い蝙蝠岳への登りの方がまだマシだった、という理由でした。
実際中岳避難小屋で寛いでいる16時頃に夕立が有りました。
時計回りの方が眺望的には良かったと思うし、結果的には徳右衛門岳直下のビバーク地も樹林帯の中だったので雨の心配はそんなに要らなかったようです。

(初日 8月10日)
鳥倉ゲートに到着したのが既に4時過ぎ。。仮眠する間もなく準備して出発です。
計画ではuranbonさんと廻る予定でしたが、彼女は寝不足のために
全然歩けないらしく、周回は諦め三伏峠小屋へ停滞し、塩見岳と蝙蝠岳のピストンへ変更。
ソロとなり心細かったけど周回してきました。

台風10号の影響はまだなく、天気は素晴らしくて眺望を楽しみながら
三伏小屋から烏帽子岳、小河内岳へ。
ソロの女性に追いつくと、赤石避難小屋まで行くと。。自分に抜かれているようでは大丈夫かな?と思ったけど、良いなあ、小屋に着いたら宴会なんだろうなと羨ましかった(笑)
小河内岳の避難小屋は改修中とのことでしたが、ここからの富士山の眺めはスンゴク良いです。
下って高山裏避難小屋でコーラ買って飲みながら昼食休憩。
気合いを入れて荒川岳まで600mを登ります。
最初はダラダラ登りの行程ですが、ガレが見えたらそこからプチ急登。
薄いけど踏み跡があり辿って登り詰めると、荒川前岳の直下は切れ落ちているやせ尾根でした。。聞いてないよ〜 というか、登りでヨロヨロになった脚でしたので必要以上に緊張してしまいました。
予定通りに頑張って14:30頃に中岳避難小屋泊。
到着時は自分ひとりでしたが最終的には5人の宿泊者。
そのうち静岡市の消防隊員たちが数名小屋に見え、なんとショーゴさんも。
少しお話ししましたが、そのあと荒川小屋に行くそうで他の隊員たちと一旦小屋を出られたのですが、またわざわざ戻ってきて挨拶をしてくれ。。
そういうところがみんなに愛されているんだよなあ。。と再認識。
避難小屋では食事したら同宿者といろいろ話をしていましたが寝不足も有ったので早々に就寝。。多分18時頃。

(2日め 8月11日)
二軒小屋までのマンノー沢の尾根の下りや、蝙蝠尾根は倒木がひどくて大変らしい。。という情報があり、小屋番さんもそう言うので
2日めは二軒小屋どまりかなあ?と出発を遅らせて5時半にしたのですが
結果については、千枚から二軒小屋の間の区間は倒木で難儀する個所はダムを目の前にした1か所のみ。
二軒小屋までの1600mほどを下りながら、時計回りでこれを登らなくて良かった〜と思っていたら、ソロ男性が登ってこられ、暗いうちから二軒小屋を出発されたようです。
二軒小屋に着いたらそこはオアシスでした。
コーラ150円!! スポドリやお茶も買い、ビールも350mlを買い込んで
1時間近くもまったりと大休止しましたが、イザ蝙蝠尾根へ向かいます。
二軒小屋から徳右衛門岳までは倒木で困る箇所はゼロです。
徳右衛門岳手前の水場は、登りで行くと木に”水”のペイントがあり
矢印の看板も付いていてわかり易かったです。
登りの途中ですれ違ったソロ男性より、冷たくて美味しい水が出ていましたよと聞いていたので、ちょっと判り難かったけど下って水場まで行き、その場でたくさん飲みました。


(3日目 8月12日)
倒木状況ですが
徳右衛門岳から先の森林限界までの間では、通過するのにいやらしい倒木は3か所で、あとは普通に跨いだり潜ったり、回り道で回避できるので
大きく歩行時間を遅らせる要因ではないです。

徳右衛門岳含め、それまでずっと眺望が無かったもので蝙蝠岳の手前の小ピークに着いた時にはそれだけで大満足、目の前に蝙蝠岳があり山頂標まで見えているのですが、しばらくまったりと。
そこで出会った方は蝙蝠岳の直前でビバークしたらしいのですが
徳右衛門岳の水場の情報を間違って教えてしまいました。
ごめんなさい、
鞍部のところですね?と聞かれれ、そうですと答えたのですが
ビバークしたのは鞍部だけど水のマークは向かって行くと下りの斜面の途中だったんですよね。。無事に気が付いたかな?

塩見岳への稜線は奇麗に気持ちよく延びているし、振り返れば富士山や前日から来た山々の眺望を堪能しながらですが、そこはやっぱり時計回りの方が歩きながらの眺望は楽しめたのかも?

この最終日の核心部は北俣岳の岩場ですね。
台風の強風が影響しだしたら嫌だなあと思っていましたが、風はそこそこ強かったけど何とか無事通過。。でも写真撮る余裕はなかったです。
塩見岳で小休止、三伏小屋まで歩きだしたら、本谷山の手前で
uranbonさんがお迎えに来てくれてました。
久々に(笑)無事に会えてうれしかった。
しゃべりながら無事に下山。
毎朝の出発時刻は遅れたけど、長い行程なので結果は予定通りなスケジュールに挽回出来て歩きとおせ、南アルプスのロングコース満喫な山旅でした。
下山後は遠山郷の温泉でご飯も食べてから帰りました。
次回は寝不足にならないように段取りしますね..uranさん




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:694人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/5
投稿数: 191
2019/8/14 22:20
 たいしたもんです!
ヘタレのuranです。無事グルリ周回コースの完歩お疲れ様でした。私は結果的に美味しいとこどりだけさせてもらっちゃいました  蝙蝠岳はやはり素晴らしい山でしたね。苦労しないと行けないだけの価値ありです。天気に恵まれそれぞれ満足の行く山行ができて良かったです。寝不足大敵!年相応の行動を心掛けるようにします
登録日: 2010/1/7
投稿数: 609
2019/8/15 10:14
 Re: たいしたもんです!
いやー今回は走らない(重くて走れない)ように廻ったので
本当にこの行程で行けるのかチト心配でも有りましたが
結果オーライで楽しめて良かったですよ。
お互いに満足できて良かったですよね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ