また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1972333 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬大雪渓〜清水尾根〜祖母谷温泉〜唐松岳〜八方尾根

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月11日(日) 〜 2019年08月13日(火)
メンバー
天候8月11日(日):快晴!午後からガス
8月12日(月):快晴!午後からガス
8月13日(火):快晴!→ガス
アクセス
利用交通機関
タクシー
<行き>
●クルマ:猿倉駐車場(無料/100台程度)

<帰り>
●タクシー:八方ゴンドラ〜猿倉(3,200円)
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間5分
休憩
1時間22分
合計
12時間27分
S猿倉登山口駐車場04:4204:46猿倉荘04:4805:34白馬尻荘05:36白馬尻小屋07:22岩室跡07:3507:49避難小屋07:5809:02清水岳分岐(2774m)09:2010:07裏旭岳11:10清水平11:1111:27清水岳直下11:30清水岳11:3311:36清水岳直下11:5813:25不帰岳避難小屋13:3917:06祖母谷地獄17:09祖母谷温泉
2日目
山行
8時間46分
休憩
1時間42分
合計
10時間28分
祖母谷温泉05:4307:32南越峠07:4008:28餓鬼ノ田圃09:31餓鬼山避難小屋09:4809:54ニゴリ沢ノ頭10:52餓鬼山11:2412:28大黒銅山跡13:1316:11唐松岳頂上山荘テント場
3日目
山行
2時間13分
休憩
36分
合計
2時間49分
唐松岳頂上山荘テント場07:1607:16唐松岳頂上山荘07:2207:37唐松岳07:4908:01唐松岳頂上山荘08:0708:37丸山08:3908:47扇雪渓08:5109:27八方池09:3009:31第三ケルン09:38八方ケルン09:3909:43第2ケルン09:50石神井ケルン10:03八方池山荘10:0510:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
1年のうちでも最も混雑する時季に1日目の主稜線の清水岳分岐以降出会ったのは3組ほど、
2日目は祖母谷温泉から唐松岳頂上山荘までは貸切でした。
このように歩く人が少ない割にルートはしっかりと整備されていて、
危険箇所や迷いやすいところもありませんが、とにかく体力勝負です。
この時季に歩くのはあまりオススメしません(暑くてタイヘン)。

●猿倉荘〜主稜線・清水岳分岐
猿倉荘(1230)から主稜線の清水岳分岐(2770)まで高低差1500m強の登りです。
猿倉荘の脇から登り始めるとすぐに林道に合流。
しばらく林道を辿った後、林道終点から緩やかに登ると白馬尻小屋へと至ります。
白馬尻小屋を過ぎると1680m〜2120m付近までは快適な雪渓歩き。

●主稜線・清水岳分岐〜清水岳
分岐から旭岳との鞍部まで緩やかに下り、旭岳の山腹の岩ゴロの道を進みます。
山頂が判然としない裏旭岳(2733)から鞍部まで200mほど九十九折に下った後、
小旭岳(2636)は南から、P2585は北から巻きます。
清水平から緩やかにお花畑を登ると清水岳直下に到着です。
山頂は北に100mほど進んだところにありますが、特に目印はありませんでした。

●清水岳〜祖母谷温泉
清水岳(2603)から祖母谷温泉(780)まで高低差およそ1800mの下り。
清水尾根は池塘とお花畑が点在する素晴らしい尾根でした。
ただし足元がザレているところもあります。
2000m付近で樹林帯に入り緩やかな尾根をしばらく進むと不帰岳避難小屋へと至ります。
不帰岳避難小屋(1945)から百貫ノ大下りの手前までは、
小刻みにアップダウンを繰り返してほとんど標高を下げていない感覚でツラかった。
百貫の大下りからは、百貫山と名剣山の山腹を巻くように標高を下げていき、
名剣谷と祖母谷の出合で林道に出ます。
林道を1kmほど歩くと祖母谷温泉に到着です。

※祖母谷温泉テント場:一人600円。温泉入浴料は別途600円

●祖母谷温泉〜唐松岳
祖母谷温泉(780)から唐松岳(2696.9)まで単純標高差およそ1920mの登り。
祖母谷温泉から祖母谷と祖父谷をまたぐ2本の橋を渡り登山道へ入り、
南越峠まで高低差700mほどを南越沢に沿って登っていきます。
1150m付近からは四十八曲と呼ばれる九十九折の登山道となります。

南越峠から餓鬼ノ田圃、餓鬼山避難小屋を経て餓鬼山まではさらに高低差700mの登り。
この時季は樹林帯の暑さも加わりだいぶ消耗しました。
餓鬼山の手前は痩せた尾根にザレた崩落地、ハシゴが連続します。

餓鬼山から大黒銅山跡(水場)までは、高低差300mの下り。
こちらも痩せ尾根とザレた崩落地、ハシゴが一部あり。
大黒銅山跡には水場あり(往復10分ほど。餓鬼沢の水をそのまま汲みます)。

大黒銅山跡から唐松岳までは、高低差およそ850mの登り返し。
鉱山跡からしばらくは池塘と木道が続く平坦地を進みます。
2000m付近から馬鹿下りと呼ばれる九十九折の登山道をひたすら登っていきます。
2330m付近の尾根の東側に出るところで唐松岳方面の視界がズドンと開け、
ここからはガレ場のトラバース道を進んでいくと
やがて唐松岳頂上山荘のテン場へと至ります。この付近は滑落注意。

※唐松岳頂上山荘テント場:一人1200円

●唐松岳〜八方池山荘
山荘直下のトラバース道は通行禁止になっていて、
尾根筋を辿るルートに付け替えられていました。

 
その他周辺情報【温泉】
おびなたの湯(600円)
 
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

【前日】
猿倉の駐車場に早めに入りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【前日】
猿倉の駐車場に早めに入りました
2
駐車場で夜ごはん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で夜ごはん
3
【8月11日(日)day 1】
猿倉荘よりスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月11日(日)day 1】
猿倉荘よりスタート
まずは1.5kmほどの林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは1.5kmほどの林道歩き
登山道に入ってしばらく進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ってしばらく進むと…
白馬尻山荘に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻山荘に到着です
これまで大雪渓は雪の季節にしか来たことがないのでこの標識を見るのは初めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで大雪渓は雪の季節にしか来たことがないのでこの標識を見るのは初めて
1
白馬尻山荘より白馬主稜を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻山荘より白馬主稜を見上げます
1
白馬尻山荘に到着と同時に朝日が昇ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻山荘に到着と同時に朝日が昇ってきました
1
山荘よりほどなく進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘よりほどなく進むと…
雪渓尻はだいぶ汚れてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓尻はだいぶ汚れてます
白馬主稜とデブリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬主稜とデブリ
あー涼しくて気持ちイイー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー涼しくて気持ちイイー
2
半袖だと寒いくらい(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半袖だと寒いくらい(photo komemame)
前方に天狗菱が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に天狗菱が見えてきました
2120m付近で雪渓から離れて夏道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2120m付近で雪渓から離れて夏道へ
天狗菱が近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗菱が近づきました
岩場を登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登っていきます
ハクサンフウロ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ(photo komemame)
2
雪渓を離れるとアッチッチ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を離れるとアッチッチ〜
1
クルマユリ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ(photo komemame)
2
振り返ると左から焼山〜火打〜妙高〜高妻&乙妻〜ギザギザ戸隠。雪渓には大行列
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると左から焼山〜火打〜妙高〜高妻&乙妻〜ギザギザ戸隠。雪渓には大行列
4
葱平からの天狗菱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葱平からの天狗菱
1
グイグイと標高を上げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グイグイと標高を上げていきます
小雪渓からの天狗菱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪渓からの天狗菱
2
離山を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
離山を見上げます
1
ここから眺める天狗菱が一番尖ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから眺める天狗菱が一番尖ってます
3
景色が良いのでスイスイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が良いのでスイスイ
ミヤマキンポウゲ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ(photo komemame)
ミヤマタンポポ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマタンポポ(photo komemame)
タカネナデシコ (photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ (photo komemame)
この辺りはいい雰囲気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはいい雰囲気
雲ひとつなくて日差しが強い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつなくて日差しが強い
トリカブト(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト(photo komemame)
クルマユリと青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリと青空
村営頂上宿舎が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営頂上宿舎が見えてきました
イワギキョウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(photo komemame)
稜線まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まであと少し!
1
ミヤマキンポウゲの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲの群落
1
正面に白馬山荘と白馬岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に白馬山荘と白馬岳
主稜線に乗りました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に乗りました(photo komemame)
主稜線の清水岳分岐でひと休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線の清水岳分岐でひと休み
1
主稜線より。旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線より。旭岳
5
主稜線より。剱&立山、毛勝三山。奥には白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線より。剱&立山、毛勝三山。奥には白山
1
アップで立山三山〜剱(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで立山三山〜剱(photo komemame)
3
アップで毛勝三山。左から猫又山〜釜谷山〜毛勝山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで毛勝三山。左から猫又山〜釜谷山〜毛勝山
1
アップで白山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで白山(photo komemame)
1
主稜線より。左から穂高〜槍〜野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師〜立山三山〜剱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線より。左から穂高〜槍〜野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師〜立山三山〜剱
アップで槍〜野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで槍〜野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師(photo komemame)
主稜線より。杓子〜鑓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線より。杓子〜鑓
2
さて、清水岳に向かいます。正面に旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、清水岳に向かいます。正面に旭岳
ちょっとハイマツ漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとハイマツ漕ぎ
3
旭岳との鞍部まで下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳との鞍部まで下ります
チングルマの果穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの果穂
2
さっきまでの喧騒が嘘のようにこちらは静か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでの喧騒が嘘のようにこちらは静か
4
ミヤマキンバイ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ(photo komemame)
タテヤマリンドウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ(photo komemame)
草原の先に剱&立山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原の先に剱&立山
4
アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで(photo komemame)
旭岳の山腹を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳の山腹を進みます
旭岳を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳を見上げます
白馬岳をバックに(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳をバックに(photo komemame)
1
振り返って白馬岳。非対称山稜の風上側はなめらかな斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って白馬岳。非対称山稜の風上側はなめらかな斜面
1
岩ゴロのルートを進みます(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロのルートを進みます(photo komemame)
剱&立山と裏銀座〜槍穂高。眼下には濃い緑と雪渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱&立山と裏銀座〜槍穂高。眼下には濃い緑と雪渓
3
ここまで標高を上げるとカラッとして涼しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで標高を上げるとカラッとして涼しい
2
素晴らしい眺め。槍〜剱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺め。槍〜剱。
3
アップで前穂〜奥穂〜槍(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで前穂〜奥穂〜槍(photo komemame)
アップで野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師。眼下には黒部ダム。こう見るとやっぱり高いところにあるね(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで野口五郎〜鷲羽〜水晶〜赤牛〜薬師。眼下には黒部ダム。こう見るとやっぱり高いところにあるね(photo komemame)
素晴らしい眺め。後立山の稜線。眼下の緑がいいね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺め。後立山の稜線。眼下の緑がいいね!
4
振り返って白馬岳もいったんここで見納めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って白馬岳もいったんここで見納めです
清水岳まで続く稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳まで続く稜線
1
このルートはずっと剱と裏銀座を眺めながら進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートはずっと剱と裏銀座を眺めながら進みます
2
裏旭岳付近より剱立山&裏銀座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏旭岳付近より剱立山&裏銀座
1
旭岳を振り返ります。こちらからの眺めも素晴らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳を振り返ります。こちらからの眺めも素晴らしい
4
小旭岳との鞍部まで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小旭岳との鞍部まで…
200mほど九十九折に下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mほど九十九折に下ります
コマクサ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ(photo komemame)
2
こちらは大きな株(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは大きな株(photo komemame)
3
見渡す限り誰一人いません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見渡す限り誰一人いません
7
朝日岳とイブリ尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳とイブリ尾根
1
小旭岳は尖ってるね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小旭岳は尖ってるね
5
鞍部付近はミヤマキンバイのお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部付近はミヤマキンバイのお花畑
2
その中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その中を進みます
1
振り返って旭岳と裏旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って旭岳と裏旭岳
1
小旭岳を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小旭岳を見上げます
1
後立山方面。五竜と鹿島槍が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山方面。五竜と鹿島槍が見えました
アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで(photo komemame)
ハクサンフウロ。小旭岳は南側を巻きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。小旭岳は南側を巻きます
このあたりにもミヤマキンバイの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりにもミヤマキンバイの群落
1
チシマギキョウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ(photo komemame)
1
旭岳と裏旭岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳と裏旭岳を振り返ります
1
タカネマツムシソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
4
アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで(photo komemame)
3
この辺りはサイコーの場所でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはサイコーの場所でした
1
横を見るとほれ、これもんの景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を見るとほれ、これもんの景色
2
清水岳に向かって緩やか〜に登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳に向かって緩やか〜に登ります
この時間になっても空には雲ひとつありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間になっても空には雲ひとつありません
ハクサンコザクラ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ(photo komemame)
3
モミジカラマツ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ(photo komemame)
3
ミヤマアズマギク(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク(photo komemame)
2
清水岳直下も大きなお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳直下も大きなお花畑
2
清水岳直下に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳直下に到着
1
山頂は縦走路から北に100mほど進んだところにあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は縦走路から北に100mほど進んだところにあります
頂上標などの目印はなく、っぽいところでテキトーにパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標などの目印はなく、っぽいところでテキトーにパチリ
3
山頂より。旭〜白馬〜雲に覆われた小蓮華
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。旭〜白馬〜雲に覆われた小蓮華
4
山頂より。鉢ヶ岳と雲に覆われた雪倉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。鉢ヶ岳と雲に覆われた雪倉
4
山頂より。杓子〜鑓〜五竜〜鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。杓子〜鑓〜五竜〜鹿島槍
3
山頂より。アップで五竜と鹿島槍(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。アップで五竜と鹿島槍(photo komemame)
清水岳直下に戻ってお昼休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳直下に戻ってお昼休憩
1
さて、清水尾根を下ります。池塘がいいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、清水尾根を下ります。池塘がいいね
2
アップで。フォトジェニックな場所やね(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。フォトジェニックな場所やね(photo komemame)
1
午後になって少しガスが上がり始めましたがまだまだ青空優勢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後になって少しガスが上がり始めましたがまだまだ青空優勢
1
祖母谷に続く清水尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母谷に続く清水尾根
2
清水岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳を振り返ります
2
ハクサンシャジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
2
清水尾根と眼下に祖母谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水尾根と眼下に祖母谷
2
気持ちいい(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい(photo komemame)
1
なだらかな尾根を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根を下ります
1
清水尾根にも池塘が点在
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水尾根にも池塘が点在
4
小旭岳を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小旭岳を見上げます
こちらは清水岳と下ってきた清水尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは清水岳と下ってきた清水尾根
1
タテヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
1
ニッコウキスゲだらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲだらけ
3
その中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その中を進みます
1
こんな道がいつまでも続けばいいのに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道がいつまでも続けばいいのに
1
2100m付近で樹林帯に入ってしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2100m付近で樹林帯に入ってしまいます
1
樹林帯に入ると歩きやすい道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると歩きやすい道が続きます
標高を下げると灼熱地獄に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を下げると灼熱地獄に
不帰岳避難小屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰岳避難小屋に到着
不帰岳避難小屋からから百貫ノ大下りの手前までは、小刻みにアップダウンを繰り返してほとんど標高を下げていない感覚でツラかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰岳避難小屋からから百貫ノ大下りの手前までは、小刻みにアップダウンを繰り返してほとんど標高を下げていない感覚でツラかった
百貫ノ大下りを通過する頃には暑さと疲れで完全なグロッキー状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百貫ノ大下りを通過する頃には暑さと疲れで完全なグロッキー状態
冷たい沢水があり助かりました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たい沢水があり助かりました(photo komemame)
1
百貫ノ大下りは百貫山と名剣山の山腹を巻くように標高を下げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百貫ノ大下りは百貫山と名剣山の山腹を巻くように標高を下げていきます
ようやく名剣谷に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく名剣谷に出ました
1
名剣谷と祖母谷の出合で林道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名剣谷と祖母谷の出合で林道に入ります
林道を1kmほど進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を1kmほど進むと…
祖母谷温泉に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母谷温泉に到着
テントを立てて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを立てて…
すぐに温泉にザブンという幸せ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに温泉にザブンという幸せ
3
そして、待ちに待って、待ち焦がれたこれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、待ちに待って、待ち焦がれたこれ
6
まずは牛タンを肴にグビグビ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは牛タンを肴にグビグビ
1
メインは、まず野菜を炒めて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインは、まず野菜を炒めて…
続けてハラミを焼いて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続けてハラミを焼いて…
1
ゴハンの上に乗せればハラミ丼のできあがり。最近食事がワンパターンやな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴハンの上に乗せればハラミ丼のできあがり。最近食事がワンパターンやな
3
【8月12日(月)day 2】
祖母谷温泉をスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月12日(月)day 2】
祖母谷温泉をスタート
1
対岸から祖母谷温泉。お世話になりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸から祖母谷温泉。お世話になりました
1
祖母谷と祖父谷をまたぐ2本の橋を渡り登山道へ入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母谷と祖父谷をまたぐ2本の橋を渡り登山道へ入ります
1
南越峠まで高低差700mほどを南越沢に沿って登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越峠まで高低差700mほどを南越沢に沿って登っていきます
振り返ると名剣山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると名剣山かな
1
悪い道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪い道が続きます
1
本日も暑くてすでに汗ダクダク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も暑くてすでに汗ダクダク
1
1150m付近からは四十八曲と呼ばれる九十九折を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1150m付近からは四十八曲と呼ばれる九十九折を登ります
南越峠で尾根に乗りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越峠で尾根に乗りました
1
それまでと比べると歩きやすい登山道に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それまでと比べると歩きやすい登山道に
樹林越しに時折遠望が望めます。剱〜小窓ノ王〜小窓雪渓〜池の平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林越しに時折遠望が望めます。剱〜小窓ノ王〜小窓雪渓〜池の平
1
剱と八ッ峰。手前は坊主山かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱と八ッ峰。手前は坊主山かな?
2
樹林の奥に餓鬼ノ田圃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の奥に餓鬼ノ田圃
2
南越峠から餓鬼山まで高低差700mの登りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越峠から餓鬼山まで高低差700mの登りです
餓鬼山避難小屋までは歩きやすい足元
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山避難小屋までは歩きやすい足元
天狗ノ頭〜旭岳。旭岳から続く左奥の尾根は昨日歩いた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭〜旭岳。旭岳から続く左奥の尾根は昨日歩いた稜線
2
餓鬼山避難小屋に到着。ここで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山避難小屋に到着。ここで休憩
1
餓鬼山を望みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山を望みます
餓鬼山手前からは痩せた尾根や…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山手前からは痩せた尾根や…
ザレた崩落地や…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた崩落地や…
ようやく餓鬼山。この頃から1時間に1回ほどは休憩しないとダメになってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく餓鬼山。この頃から1時間に1回ほどは休憩しないとダメになってきました
3
山頂より。右から天狗ノ頭〜旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。右から天狗ノ頭〜旭岳
2
山頂より。右から唐松岳〜不帰三峰〜二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗の大下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。右から唐松岳〜不帰三峰〜二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗の大下り
3
さて、先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、先に進みます
めったに見ないこの角度からの唐松岳。こちら側からもいい形をしてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めったに見ないこの角度からの唐松岳。こちら側からもいい形をしてます
4
こちらからの五竜も秀麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらからの五竜も秀麗
3
尾根が痩せてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が痩せてきました
1
餓鬼山から大黒銅山跡までせっかく稼いだ標高を300mほど吐き出します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山から大黒銅山跡までせっかく稼いだ標高を300mほど吐き出します
3
唐松岳より延びる尾根。大きく下った後あれを登り返すのかぁ(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳より延びる尾根。大きく下った後あれを登り返すのかぁ(汗)
3
餓鬼山を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山を振り返ります
1
ガンガン下ります(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンガン下ります(涙)
2
要所にはハシゴの登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所にはハシゴの登り返し
まだ下るのかぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ下るのかぁ〜
黒金銅山跡に到着。ここでこの日中の下山は完全に諦めて唐松岳頂上山荘でのテン泊に決定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金銅山跡に到着。ここでこの日中の下山は完全に諦めて唐松岳頂上山荘でのテン泊に決定
2
ビバーク跡あり。黒金銅山跡のすぐ先に水場の分岐があります。たまらずここでも休憩。水場は餓鬼沢まで下って沢水をダイレクトに汲みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビバーク跡あり。黒金銅山跡のすぐ先に水場の分岐があります。たまらずここでも休憩。水場は餓鬼沢まで下って沢水をダイレクトに汲みます
1
木道と池塘。歩く人がほとんどいないのにちゃんと整備されている不思議
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道と池塘。歩く人がほとんどいないのにちゃんと整備されている不思議
4
しばらく平坦地を進んだ後に…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく平坦地を進んだ後に…
2000m付近から馬鹿下りと呼ばれる九十九折の登山道をひたすら登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m付近から馬鹿下りと呼ばれる九十九折の登山道をひたすら登っていきます
見上げると東谷山と奥に五竜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると東谷山と奥に五竜
1
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
タテヤマウツボグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ
振り返ると先ほどまでいた餓鬼山。こう見ると存在感あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると先ほどまでいた餓鬼山。こう見ると存在感あり
1
シロバナニガナとハナニガナ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニガナとハナニガナ
1
2330m付近の尾根の東側に出るところで唐松岳方面の視界がズドンと開けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2330m付近の尾根の東側に出るところで唐松岳方面の視界がズドンと開けます
1
アップで唐松岳頂上山荘とテント場。歩いている人も見えて少し元気が出ました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで唐松岳頂上山荘とテント場。歩いている人も見えて少し元気が出ました(photo komemame)
3
ここからはトラバース気味に進んでいきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはトラバース気味に進んでいきます
餓鬼山からはずっと五竜を眺めながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山からはずっと五竜を眺めながら
1
崩落地のトラバースも結構ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地のトラバースも結構ありました
ゆっくりと標高を上げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりと標高を上げていきます
見えてからが遠いやつな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてからが遠いやつな
1
トラバース道にはクサリが付いていますが、ここまでの登りでかなり疲れているので慎重に進みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道にはクサリが付いていますが、ここまでの登りでかなり疲れているので慎重に進みました
ようやくテント場が射程範囲に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくテント場が射程範囲に
1
テント場の末端に到着。ああ疲れた〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の末端に到着。ああ疲れた〜
2
小屋までまだこんなに登らなきゃいけませんが、何はともあれまずはテントを張ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋までまだこんなに登らなきゃいけませんが、何はともあれまずはテントを張ります
1
小屋でテント代を払い、ビールやらパンやら買い込んで再びはるか下のテントまで戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋でテント代を払い、ビールやらパンやら買い込んで再びはるか下のテントまで戻ります
本日の我が家。到着が遅れ良い場所ではありませんでしたが住めば都
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の我が家。到着が遅れ良い場所ではありませんでしたが住めば都
3
【8月13日(火)day 3】
テン場より。五竜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月13日(火)day 3】
テン場より。五竜
4
テン場より。剱立山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場より。剱立山
1
唐松岳。本日は八方尾根を下るだけなのでゆっくりの出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳。本日は八方尾根を下るだけなのでゆっくりの出発
3
時間あるので唐松岳にちょこっと立ち寄り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間あるので唐松岳にちょこっと立ち寄り
4
本日もいい天気(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日もいい天気(photo komemame)
4
不帰嶮経由で猿倉に下山することも考えましたが、混雑と天気悪化が予想されたためゆっくり八方尾根を下ることに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰嶮経由で猿倉に下山することも考えましたが、混雑と天気悪化が予想されたためゆっくり八方尾根を下ることに
3
唐松岳山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂に到着
3
山頂より。五竜と奥に槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。五竜と奥に槍
4
五竜アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜アップで(photo komemame)
3
穂高&槍(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高&槍(photo komemame)
1
山頂より。剱&立山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。剱&立山
1
剱アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱アップで(photo komemame)
2
山頂より。毛勝三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。毛勝三山
山頂より。剱と毛勝三山の手前に餓鬼山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。剱と毛勝三山の手前に餓鬼山
1
山頂より。不帰嶮〜天狗ノ頭〜鑓ヶ岳〜小蓮華。左にちょこんと旭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。不帰嶮〜天狗ノ頭〜鑓ヶ岳〜小蓮華。左にちょこんと旭
3
山頂より。焼山〜火打〜妙高〜高妻乙妻
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。焼山〜火打〜妙高〜高妻乙妻
1
山荘に戻って、さて下山開始です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に戻って、さて下山開始です
山荘からは、夏道のトラバース道は通行禁止になっていて稜線にルートが付けられていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘からは、夏道のトラバース道は通行禁止になっていて稜線にルートが付けられていました
1
チングルマのお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマのお花畑
1
チングルマと五竜(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマと五竜(photo komemame)
4
振り返って唐松岳〜不帰嶮
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って唐松岳〜不帰嶮
3
天狗ノ大下り〜天狗平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ大下り〜天狗平
2
鑓ヶ岳〜杓子岳〜白馬〜小蓮華
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳〜杓子岳〜白馬〜小蓮華
4
五竜と鹿島槍(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜と鹿島槍(photo komemame)
4
イブキジャコウソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
2
ホタルブクロ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ(photo komemame)
白のハクサンシャジン(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白のハクサンシャジン(photo komemame)
あっという間にガスが上がってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にガスが上がってきました
コバギボウシ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバギボウシ(photo komemame)
クガイソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クガイソウ(photo komemame)
1
八方池山荘に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘に到着
あとはリフトでラクラク下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはリフトでラクラク下山
今回の山行は最後のリフトが一番気持ち良かった!お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行は最後のリフトが一番気持ち良かった!お疲れ様でした!
4

感想/記録

今年の夏休みは台風の進路を気にしながら、
前半は比較的条件が良さそうな北アルプスへ。
混雑が心配なので、ルートはまだ歩いたことがなかった清水尾根〜祖母谷〜唐松岳。
これなら、1年のうちで一番混雑するこの時季でも静かな山行ができそうです。

予想通り、
1日目の主稜線から清水岳を経て祖母谷温泉まで出会ったのは3組ほど。
2日目は唐松岳頂上山荘まで貸切でした。

でも、予想通りじゃなかったのが、このルートのハードさ。
この時季に登るもんじゃないなぁと。
主稜線を外れてから清水岳を経て清水尾根の樹林帯に入るまではね、サイコーの一言。
しかし、不帰岳避難小屋を過ぎてからが鬼門。
標高を下げて暑さMAX、なかなか標高を下げない尾根にイライラ。
百貫ノ大下りに至るころにはヘロヘロで意識がモーローとしてきました。

2日目も1日目の疲れが取れない中、
祖母谷温泉から唐松岳への累積標高2000m以上の登り返し。
疲れと暑さにやられてペースがまったく上がらず。
当初はこの日の下山を予定していましたが、
途中で八方リフトの時間には間に合わないことがわかります。
甘い見通しで出発時間を遅らせたのがアダとなりました。
何より、八方尾根を下る余力がもうありませんでした。

せっかく2泊するのなら、不帰嶮経由で猿倉へ戻ることも検討しましたが、
予報を見ると翌日は午後の天気がイマイチ。
後立山主稜線(特に不帰キレット付近)の渋滞を考えると気持ちが萎えてしまい、
大人しく八方に下山(こちらも大行列のすれ違いがタイヘンでしたが)。
八方池に着く頃には、信州側からガスが上がってきて稜線を覆いました。

さて、夏休み後半。残り少ない夏山を楽しめるといいな。

 

感想/記録

待ちに待った夏休み。
前半はかなり久しぶりな北アルプスへ行きました。
初日は大雪渓からはじまり、祖母谷温泉まで。
旭岳から羶絣戮らの稜線と清水尾根は、これ以上ないくらいわんさか花が咲いて、
今回、唯一気持ちよく気分良く歩けた部分だった気がします。
この3日間、暑くて辛かったけどこの区間は天国のようでした。

祖母谷温泉は、ほどよい温度で気持ちが良くいつまでも浸かっていたいお湯でした。
シャンプーやボディソープも置いてあるので、1日たっぷりかいた汗をきれいさっぱり洗い流せたのもありがたかった。貸し切りだったため、のんびりさせてもらいました。温泉後のビールは…いうまでもありません。
ただ、ここは標高が低いのもあると思うけど、
温泉のためか地面も暖かくて、夜中暑くて寝苦しいほどでした。

翌日。唐松岳までは辛かった!の一言。
景色が見えるわけでもなく、ひたすら登り。
暑さと疲労で何度も休憩しなければ進めませんでした。
唐松山荘とテン場が見えたときは、一瞬元気になりました。
人が歩いているのもしっかり見えたからゴールは近いはずだ!と。
でも、そこから先がこれまた遠かったなぁ。
ようやく到着した山荘でチップスターとビールをグビグビ、塩分と水分を同時補給。
この日は、お腹ペコペコのはずでしたが、コレ以外はほとんど何も食べず早々に寝てしまいました。
あまり良い場所にテントを張れず、寝心地は良くなかったけど、
疲れていたおかげで、しっかり眠ることができました。

ちゃんと歩ききった自分を本気で褒めてあげたいです。

じつは“DAY0”に、左足首をブヨにがっちりやられ、
足首がパンパンに腫れ上がってしまいました。
痛みとかゆみがすごくて、今回辛かったのはそれもありました。
今も大きな水ぶくれができていて、まだ腫れもひきません。
虫対策、しっかりしないとな。


おしまい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:964人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/4
投稿数: 442
2019/8/17 6:49
 このルートは・・・・。
後立山の黒部側ルート、確かに有るのは知っていますが実際に行く人は少ないですね
私も行ったことは有りません。
それを一旦黒部側に降りてからまた登り返すとは、ましてこの暑い時期に
本当にタフというか、物好きというか(すみません)
多分自分の目では一生見られない貴重な景色を見せて頂き有り難うございました。
夏休み後半戦も期待しています。
登録日: 2010/8/26
投稿数: 337
2019/8/19 13:03
 Re: このルートは・・・・。
yamayaさん

こんにちは。

夏休みは昨年に続いて北海道を予定していたのですが、
天気が思わしくなく(去年の二の舞は避けたかった)遠征は中止しました。

ということで、北アの中で歩いたことがなくて、
人が少ないところを選ぶと今回のようなルートになりました。

しかし、ホント暑さに苦しめられました。
気持ちだけは先走るのに、思うように進むことができませんでした。

でも、清水岳までは快適な稜線が続きますので、
白馬岳付近に訪れた際には、ぜひ足を延ばすことをオススメします。

コメントいただき、ありがとうございます!
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ