また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2019711 全員に公開 ハイキング剱・立山

バッテバテの立山 剱は見ただけ

日程 2019年09月14日(土) 〜 2019年09月15日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
横浜を午前2時過ぎ出発。
6時過ぎに扇沢に着いた時は当然無料駐車場は全て満車でしたが有料駐車場は十分入れられました。しかし30分後にはここも満車。。
始発の関電バスは見送り7時のに乗りましたが比較的空いてました。その後、ケーブル、ロープウェイ、トロリーバスと乗り継いで2時間弱で室堂へ着いたので、連休初日にしては効率良かったです。
帰りは翌日の14時台のトロリーバスから始め扇沢へと戻りましたが、流石に結構な混雑でした。それでも黒部平で蕎麦食べて2時間半ほどだったので予想したよりも少なかったのだと思います。本番は来週ですかね。
その後、松本で一泊して8時過ぎに帰途に着きました。高速は混雑してる箇所あれど渋滞とはなってませんでした!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間47分
休憩
2時間12分
合計
6時間59分
Sスタート地点08:5109:39一の越山荘09:4309:51刈安峠09:51奥黒部ヒュッテ(東沢出合)09:51第三吊橋跡09:51水俣乗越09:51槍沢大曲り09:51屏風ノ頭09:52奈川渡ダム09:5209:52屏風ノ頭09:52水俣乗越09:52第三吊橋跡09:52奥黒部ヒュッテ(東沢出合)09:52刈安峠09:52御山谷2320m地点10:41雄山11:0911:28立山11:3911:43大汝休憩所12:0112:14富士ノ折立12:2312:56真砂岳12:5613:52別山南峰13:5814:50剱沢キャンプ場15:4615:52剱澤小屋15:5215:52剱沢キャンプ場
2日目
山行
6時間6分
休憩
43分
合計
6時間49分
剱沢キャンプ場07:0907:56剱御前小舎08:0008:48新室堂乗越08:4809:02室堂乗越09:0809:462511mピーク09:5410:01カガミ谷乗越10:0110:23奥大日岳10:2410:41奥大日岳三角点10:5511:09奥大日岳11:0911:25カガミ谷乗越11:2611:342511mピーク11:4112:08室堂乗越12:0812:26新室堂乗越12:2612:48浄土橋12:4912:56雷鳥沢キャンプ場13:06雷鳥沢ヒュッテ13:0813:21雷鳥荘13:2213:46みくりが池温泉13:4613:50みくりが池13:5014:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
観光地と侮るなかれ、急登のガレザレで岩場多し。こけたりすると無事ではいられない箇所もありますので気をつけて
人がたくさんいて迷いよう無いのですが、落石注意な箇所がたくさんあって神経使います。うっかりしちゃった人も「あっ」とか、「危なっ」とか独り言的に声あげる人しかいなくて残念でした
その他周辺情報下山後は大町温泉郷の薬師の湯へ。混雑ぶりが無ければ良い温泉だと思います。。
その後、松本駅近くのビジネスホテルで一泊。晩御飯は居酒屋の大漁さんで。飛び込み入ったにしてはまあまあでした。

写真

さあ、行きますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、行きますか
絶賛観光放水中
2019年09月14日 07:26撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶賛観光放水中
1
先ずは雄山へ。良い天気
2019年09月14日 08:46撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは雄山へ。良い天気
混み合ってます。落石注意
2019年09月14日 09:56撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混み合ってます。落石注意
2
雄山山頂の社。\500で参拝記念の鈴がもらえるのと、ご祈祷後御神酒が振舞われますが回し飲み
2019年09月14日 10:38撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山山頂の社。\500で参拝記念の鈴がもらえるのと、ご祈祷後御神酒が振舞われますが回し飲み
1
大汝山の小屋。春を背負ってます
2019年09月14日 11:27撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山の小屋。春を背負ってます
2
大汝山。GPS的にはここが立山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山。GPS的にはここが立山
2
そして剱岳どーん。キャンプ場まだまだ張れるようです
2019年09月14日 14:01撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして剱岳どーん。キャンプ場まだまだ張れるようです
2
剱沢キャンプ場。平らな所は空いてませんでしたがトイレと水場近くに確保
2019年09月14日 16:40撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場。平らな所は空いてませんでしたがトイレと水場近くに確保
今日の晩ご飯は酢豚にしてみました。当たりです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の晩ご飯は酢豚にしてみました。当たりです!
2
明け方、たくさんの人が既に登ってます。私はテントの中から見守り中
2019年09月15日 04:23撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方、たくさんの人が既に登ってます。私はテントの中から見守り中
1
朝日が当たり始める剱岳
2019年09月15日 05:38撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が当たり始める剱岳
奥大日岳山頂より。今日は雲海の景色です
2019年09月15日 10:42撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳山頂より。今日は雲海の景色です
1
前剱になってみた
2019年09月15日 10:48撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前剱になってみた
2
雷鳥沢から立山の稜線を振り返ります。この後地獄の登り返しが。。
2019年09月15日 12:54撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢から立山の稜線を振り返ります。この後地獄の登り返しが。。
1
撮影機材:

感想/記録

おことわり
GPSが狂って雄山の手前で黒部源流の方へジャンプしちゃってますf^_^;

ずっと行きたかった立山へ敢えて混雑必至の連休に行ってきました。
室堂へ着くと流石!最初から絶景が広がってました。
まず雄山へ登り、ご祈祷してもらって富士ノ折立、真砂岳、別山と経由して本日のキャンプ地、劔沢へ下ります。
しんどいけどずっと絶景で楽しかったです。
そして今回もしかしたら登っちゃうかもと思いながらここまで来たのですが目の前に見える剱岳を見て、怖そうでこれは登れないなーと感じたのでまた次回に残す事にしました。
テントを張り劔沢小屋へ買い出しに出かけると、混雑のためソフトドリンクはテン泊者には提供出来ないとの事。ビールと水は冷えてないものならば買えるという状況でしたが、自分達がビールと水を買うと水も売り切れてしまいました。
まあ、水場からはじゃぶじゃぶ出てるので大丈夫ですが要煮沸です。
乾杯して夕食をとりまったりしていると寒くなってきたので就寝。
星でも撮ろうと夜中に起きると中秋の名月のため明る過ぎて星見えずでした。
3時過ぎには剱岳へ向かう人で騒がしくなり再び目覚めたので剱岳へ向かうヘッデンの列を撮影。お気をつけて〜
ところでテン場のトイレはバイオのところと、くみ取りの2ヶ所あり、バイオはキレイなトイレでした。
スタッフから許容量超えてしまうので出来るだけくみ取りの方を使うように案内されます。
朝はキャンプ地スタッフがラジオ体操を始めるので一緒に体操した後奥大日岳へと向かいました。
立山らしからぬ優しい登山路で剱岳をまた別角度て堪能できるとの事だったので寄ることにしました。
剱御前まで登り、その後1時間ほど下ると奥大日岳への登りとなります。
ところで、その途中て黒部湖の駅から登ってきて、今日のうちに仙人峠まで行くと言う変態に出会いましたが物凄い速度で登って行ったのできっとたどり着くことでしょう。。山にはいろんな変態がいます(笑)
さて次、雷鳥沢への分岐でザックをデポしようか迷ったのですが盗難が怖いのでそのまま担いで行くことに。地獄谷や称名滝の上部を眺めながら進んでいきます。
優しい登山路との情報通りそれほど急登では無かったのですがだんだんと足が上がらなくなっていき、途中からドンガメ状態。。
ここが山頂であって欲しい所は山頂でなく、文字通り奥の方にありました(笑)
山頂では雲海に浮かぶ別角度の剱岳をチラ見するくらいしか元気も無く、そそくさと雷鳥沢へ向かい始めるも太もも横の筋肉が痛くなり始め歩く速度は更に遅くなり歯を食いしばって雷鳥沢キャンプ場まで下りて行きました。
今日はここでテントを張る予定にしてましたが、キャンプ場には売店が無く買い物のために雷鳥沢ヒュッテまで上り下りする必要があると分かり、この体調だとそれはやってられないと迷わず頑張って下山する事にしました。
そこから室堂までの登り返しは自分的に今回の核心部と言うほどキツかったです。。
ちくしょーエレベーターとか、橋とかかけろよ観光地のくせにと毒づきながら歩いて、ようやくたどり着いた室堂からは太ももの痛みのためびっこを引いてしか歩けないくらいになり、まあ、下山を決断して正解だったと思いました。
そこからは車を1ミリも運転したくなかったので急遽松本に宿を取り、まずは大町温泉郷の薬師の湯で汗を流し。
少しスッキリして松本までなら運転できる程度に回復。宿にチェックインして夜の松本駅周辺へくり出しました。
ですが意外にどの店も混雑で何件か断られ、適当に空いてて入った居酒屋で反省会して翌朝に横浜へ戻りましたが筋肉痛も無くなり渋滞も無く快適に帰れたのでこれも正解だったかと。

今回は立山が目的で剱はあわよくばと流動的にきてみましたが、剱岳に行くならば迷わず劔沢へ向かう工程しか自分の体力では無理な事がわかり、それはそれで予習になったので良かったです。
立山は別山北峰や、三山縦走も残ってるので何回か行くことになりそうです。
ともかく天気も良くて予想した混雑ほどでは無くずっと絶景に囲まれて満足な旅となりました。
来週はどこへ行こう
訪問者数:166人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ