また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2026462 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

赤牛岳周回(七倉ダム→船窪小屋→針ノ木谷→奥黒部ヒュッテ→読売新道→赤牛岳→水晶岳→野口五郎岳→烏帽子小屋→ブナ立尾根→高瀬ダム→七倉ダム)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年09月14日(土) 〜 2019年09月15日(日)
メンバー
 mkt1003(CL)
天候晴れ(3日目はガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長野県安曇野ICから約1時間で七倉ダムに着きます。道は舗装されており、道幅もあり運転しやすいです。
9/14の朝7時頃着で駐車場はいっぱいで、路肩に止めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
13時間44分
休憩
43分
合計
14時間27分
奥黒部ヒュッテ(東沢出合)02:2207:12赤牛岳07:2409:17温泉沢ノ頭09:1910:19水晶岳10:47水晶小屋10:5611:22東沢乗越12:32真砂岳分岐12:36真砂岳12:3713:27野口五郎岳13:3213:44野口五郎小屋13:5816:39烏帽子ひょうたん池16:49烏帽子小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スマホの電池切れで、3日目のGPSログは無し。
3日目は、4:30烏帽子小屋スタート、三角点に5:20到着(夜明け前でほぼコースタイム通り)、ここから明るくなってきたのでペースを上げ、7:20に七倉ダム到着(コースタイムのほぼ50%)。
コース状況/
危険箇所等
【七倉ダム→船窪小屋】
・七倉山荘奥に許可車のみ通れるゲートがあり、それをくぐり、橋を渡ると左手に七倉登山口があります。
・天狗の庭までは樹林帯で、非常に整備された登山道です。たまに休憩適地があります。
・天狗の庭からは素晴らしい景色が広がります。
・天狗の庭から標高を上げて行くと、船窪小屋に着きます。

【船窪小屋→針ノ木谷出合】
・船窪小屋からテント場まで下り基調で20〜30分程度かかります。
・船窪小屋のテント場は広々してて良さそうな所。泊まる人も少なそうなので、穴場のように思います。ただ、水場が危険です。急な下りを下って最後は崩落地を進みます。ここ核心部です。テント場から往復15分くらい。水は冷たくて美味しいです。
・テント場から船窪乗越まで下り、そこから針ノ木谷出合は若干、踏み跡が薄くなりますが特に問題無しです。

【針ノ木谷→平の渡し舟】
・初日の核心部、針ノ木谷の沢沿いルート。事前にいろんな方のレコを参考にさせてもらいました。
・基本的には印が多く、道迷いは無いと思います。
・10回くらいの渡渉があり、自分はトレランシューズで行きましたので、乾きやすいため、バシャバシャ沢に入りました(替えの靴下も持参しています)。
・ただ、濡れている岩は滑りやすいです。何度か転びそうになりました。また、流れが早い所があり、ストックでバランスをとりながら慎重に行きました。
・中盤に、上流から下流を見て、右側の山沿いを歩きます。ここがけっこうしんどかったです。
・最後のしっかりとした橋を渡ると渡渉は終わり。そこから平の渡し舟の乗り場までは平坦で走りやすい区間です(ここら辺はビバーク適地が多く、沢沿いで水も簡単に手に入りますので、良いかなと思いました)。

【平の渡し舟→奥黒部ヒュッテ】
・この区間は色々な人がレコしているように、ハシゴが連続するアスレチック区間です。良く整備されているなと感心しました。但し、ハシゴが1つでも壊れていると通過が難しくなるので、山小屋にルートの確認が必要です。
・ハシゴで沢を何度か通過するため、水は適宜補充できます。
・この区間はペースが上がらないです。自分は1日目の最後という事もあって、ほぼコースタイムで歩きました。

【奥黒部ヒュッテ】
・この日はテント10張ほどでゆったりと過ごせました。詰めれば20張以上は張れると思います。
・黒部川沿いという事もあり、水が豊富です。
・テント場は、大きめの石があり、ツェルトが張りやすかったです。
・ここはトイレが奇麗な事もグッドです。

【奥黒部ヒュッテ→赤牛岳(読売新道)】
・長い尾根道です。
・序盤は、太い木の根が露出したり、大きい岩を越えたりと難儀しました。ロープやステップがあり、登るのには問題無いですが疲れます。細かいアップダウンもあります。
・中盤からは森林限界が近づき自分としては歩きやすくなりました。ただ、とても長い尾根でここで消耗して、後工程のペースが落ちました。
・他の方のレコに書かれているように3/8から4/8の間が長く感じます(実際に距離も長いのかも)。

【赤牛岳→水晶小屋】
・すれ違ったトレイルランナーの方も言っていましたが、この区間は時間短縮が難しかったです。赤牛岳直下は走れるのですが、読売新道の登りの疲れからか、アップダウンでペースが上がらず、温泉沢の頭までコースタイム通り、温泉沢の頭から水晶岳まではコースタイムを僅かに超えました。
・だいぶ高山病(軽い頭痛)も出てきました。まぁ夜中の2時30分から行動していればそうなるかもしれませんが。

【水晶小屋→烏帽子小屋】
・水晶小屋から真砂岳分岐までは急な下りあり、大きい岩ありと、少し注意する必要があります。
・他の区間はさすが裏銀座縦走路という感じで歩きやすいです。私は頭痛があり、ほとんどペース上がらなかったですが。
・烏帽子小屋手前の下りでガスが晴れてきてブロッケン現象を初めて見ました!
・ここら辺の小屋(水晶小屋、野口五郎小屋、烏帽子小屋)は、水が有料です。
・烏帽子小屋はテント張れますが、石が少なく、ツェルト張るのに苦労しました。

【烏帽子小屋→七倉ダム(ブナ立尾根)】
・北アルプス三大急登と言われていますが、良く整備され、下りやすかったです。読売新道の方がキツイです。
・三角点より下は、走って下れます。登山口付近の鉄の階段は過保護だと思うくらい整備されてますね。さすが裏銀座縦走路の始点です。
・登山口からはほぼ平地。走りました。高瀬ダムから七倉ダムまでは4つのトンネルを通りますが、夜だと怖いですね。
その他周辺情報駐車場にある七倉山荘の日帰り入浴を利用しました。
http://www.webmarunaka.com/nanakura/index.html

夏季は6:00~19:30までやっており有り難いです。この日は一番風呂でした。源泉かけ流しです。露天風呂は熱くて入れなかった。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ポール テントマット シェラフ

写真

七倉登山口からスタート。長距離登山の始まり。
2019年09月14日 07:00撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉登山口からスタート。長距離登山の始まり。
天狗の庭で小休止。高瀬ダムの全容が奇麗に見えます。
2019年09月14日 09:47撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭で小休止。高瀬ダムの全容が奇麗に見えます。
船窪小屋に到着。ベンチで少し休ませて頂き、出発。いつか小屋泊まりしたい。
2019年09月14日 10:24撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪小屋に到着。ベンチで少し休ませて頂き、出発。いつか小屋泊まりしたい。
船窪小屋テント場の水場。水量豊富、冷たくて美味しい水。ただ、今まで経験した水場でアプローチがダントツの危険度でした。
2019年09月14日 10:47撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪小屋テント場の水場。水量豊富、冷たくて美味しい水。ただ、今まで経験した水場でアプローチがダントツの危険度でした。
1
水場への最後のアプローチ。けっこう急で上の方にはハシゴが見えます。
2019年09月14日 10:47撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場への最後のアプローチ。けっこう急で上の方にはハシゴが見えます。
水場の下を見ると…落ちたらthe endですね。
2019年09月14日 10:47撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の下を見ると…落ちたらthe endですね。
テント場で休憩後、船窪乗越まで来ました。ここから針ノ木谷に下ります。
2019年09月14日 11:33撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場で休憩後、船窪乗越まで来ました。ここから針ノ木谷に下ります。
船窪乗越からは槍ヶ岳が見えました。
2019年09月14日 11:33撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪乗越からは槍ヶ岳が見えました。
左が針ノ木岳、右が蓮華岳。針ノ木岳はニセ剣岳と言われますが、船窪小屋から見るとすごい似ているなと思い、納得しました。
2019年09月14日 11:37撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が針ノ木岳、右が蓮華岳。針ノ木岳はニセ剣岳と言われますが、船窪小屋から見るとすごい似ているなと思い、納得しました。
針ノ木谷の中盤あたり。このガレ場がけっこう疲れました。
2019年09月14日 12:40撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木谷の中盤あたり。このガレ場がけっこう疲れました。
針ノ木谷をだいぶ下った所。針ノ木は水取り放題で暑い日には最高です。
2019年09月14日 13:55撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木谷をだいぶ下った所。針ノ木は水取り放題で暑い日には最高です。
最後の渡渉は立派な橋があり、ほっとしました。
2019年09月14日 14:12撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の渡渉は立派な橋があり、ほっとしました。
針ノ木谷と平の渡し舟の間のビバーク適地。ここら辺は平らな所が多かった。沢も近くにあり、水にも困らないし、良さげ。
2019年09月14日 14:17撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木谷と平の渡し舟の間のビバーク適地。ここら辺は平らな所が多かった。沢も近くにあり、水にも困らないし、良さげ。
平の渡し舟の注意書きや時刻表。関西電力が無料で運営してくれているんですね。
2019年09月14日 14:41撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平の渡し舟の注意書きや時刻表。関西電力が無料で運営してくれているんですね。
奥黒部ヒュッテまでの大人のアスレチック区間。これが一番長いハシゴだと思います。整備された方に感謝です。
2019年09月14日 15:43撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥黒部ヒュッテまでの大人のアスレチック区間。これが一番長いハシゴだと思います。整備された方に感謝です。
今日のお宿。ツェルトでも快適な気温でした。装備軽量化のためOMMのDuoマットにしましたが、連泊するとは。連泊だと背中痛くなりますね。
2019年09月14日 17:24撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお宿。ツェルトでも快適な気温でした。装備軽量化のためOMMのDuoマットにしましたが、連泊するとは。連泊だと背中痛くなりますね。
2日目。夜が明けてきました。立山方面かな。
2019年09月15日 05:11撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。夜が明けてきました。立山方面かな。
遥か下の方に黒部湖が見えます。あの近くで泊まった事を思えば、だいぶ登ってきました。
2019年09月15日 05:31撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か下の方に黒部湖が見えます。あの近くで泊まった事を思えば、だいぶ登ってきました。
お月様と薬師岳。モルゲンロートです。
2019年09月15日 05:36撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お月様と薬師岳。モルゲンロートです。
これから進む縦走路の先には水晶岳。そして更に奥に槍ヶ岳。
2019年09月15日 07:14撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む縦走路の先には水晶岳。そして更に奥に槍ヶ岳。
水晶岳と笠ヶ岳のコラボバージョン。
2019年09月15日 07:14撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳と笠ヶ岳のコラボバージョン。
こっちは野口五郎岳なと裏銀座縦走路。大回りしてあっちに行くのか。工程はまだまだながい。
2019年09月15日 07:15撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは野口五郎岳なと裏銀座縦走路。大回りしてあっちに行くのか。工程はまだまだながい。
こっちは烏帽子岳方面。
2019年09月15日 07:15撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは烏帽子岳方面。
蓮華岳、針ノ木岳、後立山連峰の山々と黒部湖のコラボ。
2019年09月15日 07:15撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳、針ノ木岳、後立山連峰の山々と黒部湖のコラボ。
薬師岳はでかいなぁと近くで見ると改めて思います。
2019年09月15日 07:15撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳はでかいなぁと近くで見ると改めて思います。
見えにくいけど、遥か遠くには白山か見えました。写真無いけど富士山も見えてました。
2019年09月15日 07:15撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えにくいけど、遥か遠くには白山か見えました。写真無いけど富士山も見えてました。
1年越しのリベンジ達成!感無量です。赤牛岳の山頂に来ました。読売新道を登ってきたという所がまた嬉しい。
2019年09月15日 07:16撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年越しのリベンジ達成!感無量です。赤牛岳の山頂に来ました。読売新道を登ってきたという所がまた嬉しい。
1
下の方には高天原温泉。赤い屋根だから目立ちます。
2019年09月15日 07:30撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方には高天原温泉。赤い屋根だから目立ちます。
さらば赤牛岳!今までで、登るのに一番苦労した山かな。いつかまた来ます。
2019年09月15日 07:38撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば赤牛岳!今までで、登るのに一番苦労した山かな。いつかまた来ます。
水晶岳までの縦走路途中。やっぱり水晶岳と槍ヶ岳のコラボいいですね。
2019年09月15日 07:58撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳までの縦走路途中。やっぱり水晶岳と槍ヶ岳のコラボいいですね。
水晶岳が近づいてきた。ゴツゴツ感がすごい。
2019年09月15日 09:32撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳が近づいてきた。ゴツゴツ感がすごい。
水晶岳到着。この時点でバテバテ。まだ槍ヶ岳が見えている。この後、徐々にガスが出てきます。
2019年09月15日 10:17撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳到着。この時点でバテバテ。まだ槍ヶ岳が見えている。この後、徐々にガスが出てきます。
野口五郎岳。この直前に今日中に高瀬ダムに下りる事を断念。スマホの電池切れる前に嫁に連絡。
2019年09月15日 13:28撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳。この直前に今日中に高瀬ダムに下りる事を断念。スマホの電池切れる前に嫁に連絡。
やっと着いた烏帽子小屋。疲れました。
2019年09月15日 16:49撮影 by STF-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた烏帽子小屋。疲れました。

感想/記録

去年敗退した赤牛岳に1年越のリベンジしてきました!赤牛岳の山頂に立った時は感無量。

七倉ダムからの裏銀座縦走路の登山は始めてでしたが、登山道も整備されており、車でのアクセスも良く、また来たいと思いました。

朝早くからやっている七倉山荘の温泉もいいですね。

また、針ノ木谷の渡渉もなかなかバリエーションに富んでいて面白かった。奥黒部ヒュッテ手前のアスレチック区間、水が豊富な奥黒部ヒュッテ、テント場も良かった。

読売新道はもういかなくてもいいかなと今は思っていますが、3日間の予定で入れば、登り応えがあって良い登山道だと思います。

赤牛岳に登ってからは富士山から後立山連峰まで見える360度のパノラマ。今年の夏は雨でなかなか良い天気ではなかったけど、それが帳消しになる天気でした。

この景色を見ると山は辞められませんね。次は七倉ダムから船窪小屋経由、不動岳を経由してブナ立尾根から下るルートで周回したいなと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:292人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高山病
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ