また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2062132 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

翠波峰〜東黒森

日程 2019年10月13日(日) 〜 2019年10月14日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スタート地点の翠波峰と、下山口へは送り迎えしてもらいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
20時間55分
休憩
1時間46分
合計
22時間41分
S翠波峰06:0106:28鋸山登山口06:3006:47鋸山06:4907:11七々木山(三角点)07:1207:22豊坂分岐07:2307:37豊受山07:5108:29赤星山08:3610:30峨蔵越10:3111:16二ツ岳11:2211:42二ツ岳(西峰)11:4613:10黒岳13:21日本石13:51権現山14:0014:14権現越14:1714:32分岐15:04東赤石山15:0515:28赤石山荘15:4015:55石室越15:5716:22物住頭16:46西赤石山17:27銅山越17:57西山17:5918:21綱繰山19:02土山越19:0419:48獅子舞の鼻19:5820:52ちち山分れ20:5421:35ちち山21:3821:51ちち山分岐22:14笹ヶ峰22:1900:25寒風山00:3000:35寒風山(西峰)00:3703:19桑瀬峠03:58鷹ノ巣尾根分岐(仮称)04:20鞍部04:2105:00伊予富士05:0405:45鞍部分岐06:06東黒森06:1106:48ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笹で足元見えないところは、窪みや岩等で転倒注意。
岩は濡れていると滑るので転倒注意。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備ヘッドランプ 予備電池 スマホ GPS 計画書 保険証 防寒着 雨具 熊鈴 飲料 行動食 点滅灯 ファーストエイドキット タオル ロールペーパー ストック 予備靴下

写真

夜明け前の澄んだ空気感で今日の快晴を予感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の澄んだ空気感で今日の快晴を予感
4
翠波峰。今回の縦走はここからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翠波峰。今回の縦走はここからスタート
2
四国中央市の街並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四国中央市の街並み
1
朝日があたっていい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日があたっていい感じ
5
水を補給しに赤石山荘裏の
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を補給しに赤石山荘裏の
ガスってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきました
奥にちち山、笹ヶ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にちち山、笹ヶ峰
雲海が良い感じ。ですが、この中を歩いている時は前が良く見えずに迷いまくりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が良い感じ。ですが、この中を歩いている時は前が良く見えずに迷いまくりです。
6
月に照らされた雲海と冠山と平家平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月に照らされた雲海と冠山と平家平
5
夜明け前の良い感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の良い感じ
6
東黒森。今回はここまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東黒森。今回はここまで
3

感想/記録

今回は翠波峰をスタートし石鎚山までの縦走で計画してましたが、残念ながら時間切れで東黒森までの縦走でした。

13日(土)の朝6時に翠波峰をスタートして縦走開始。
鋸山、豊受山、赤星山を通過すると、ここからが難所の始まり。
GPSを持ってるので大きく迷う事は無いですが、ルートを探しながらウロウロ、岩は滑り転倒。笹道は足元が見えずに窪みや岩で転倒。木の根っこで滑り転倒。
そしてまた転倒…
たぶん、一日で50回位はこけたかと…

今回は、東赤石山までが勝負と思い休まずに歩き続けて、東赤石山からは水を補給しに赤石山荘へと降りていき、そこの水場で休憩する以外は殆ど休まずに行動して西赤石山へと到着したのが約11時間後の16時45分。
そして、銅山越を越えたところで夕食休憩をして夜になると、笹道と岩で怖くて走れず。特に下りの岩があるところは滑るのが怖くて慎重に降りていきました。
また、シシ舞ノ鼻付近では濃霧で周りが見えずに迷ってしまいました。

ちち山分れまで上がってくると雲海の上に出て良い天気だったのですが、笹ヶ峰へと続く笹道は足元が見えないので慎重に歩きました。
そして、西赤石山を越えて一般登山道になったという安心感からなのか?
精神的に張りつめていたものが緩んできて、夜になってライトの明かりだけを見て歩く事しかできない状態で、段々と睡魔に襲われだし、寒風山を越えたところで朦朧状態になってきたので危ないと思い、座りこんでエマージェンシーシートを纏って体育座りで2時間程就寝Zzz

目が覚めて、気持ちを入れ直してゆっくりと歩を進めていき、ジネンゴノ頭(黒森山)手前に来た時に、相方が土小屋に到着したとの連絡が入ったので、チャレンジはここで取り止めて、瓶ヶ森林道へと降りたところに迎えにに来てもらいピックアップしてもらい土子屋へ。

久々の長時間行動。
やってる時はしんどいですけど、終わってみると、いつものように楽しかったです。
良い経験となりました。まだ体が怠いですけど…
訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/11
投稿数: 255
2019/10/15 21:49
 凄すぎ
50回も転倒 大丈夫ですか?
人間技じゃない
お疲れ様でした。
登録日: 2012/6/4
投稿数: 807
2019/10/15 21:53
 Re: 凄すぎ
ありがとうございます。

脚にたくさんの擦り傷と打撲跡が出来ました。
50回も転倒は人間技?
凄い人なら転ばずに歩くかと思いますが、人間なので
失敗(転倒)ばかりです。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 255
2019/10/15 22:39
 Re[2]: 凄すぎ
それだけ転んでもやり続けるのが凄いです。
次の日に奥様と鎖登るのもまたまた凄い‼
優しい旦那様ですね😃
登録日: 2012/6/4
投稿数: 807
2019/10/16 8:39
 Re[3]: 凄すぎ
転ぶのは慣れてるので、それで嫌になるというのは無いですね。

月曜日の7時30分に土小屋に集合して
一緒に石鎚山の紅葉を見に登る約束をしていたので
それに間に合うように縦走するつもりでしたが、
睡魔には勝てませんでした。
登録日: 2015/6/29
投稿数: 501
2019/10/16 19:06
 お疲れ様でした。
やってる時はしんどいですけど、終わってみると、いつものように楽しかったです。

それが良いんですよね✨
登録日: 2012/6/4
投稿数: 807
2019/10/16 22:44
 Re: お疲れ様でした。
ロングトレイルをやると、謙虚になりますね。

家に帰って、スイッチ押せば明かりがついて、風呂も入れて…
と、文明の有り難さを痛感します。
ちょっと大げさかも知れませんが、少なからず精神に影響を与えるようです。
これが「修行」というものなのかも知れません
登録日: 2015/12/21
投稿数: 754
2019/10/18 10:16
 凄いです
私なんか区切りながら6日間かけた歩いたコースを1日ですか!
凄いです。
50回転倒、大きな怪我も無く何よりです。
赤星山〜東赤石間なんて歩いた人でないとチョットその雰囲気は分かりませんよね。
ご無事で何よりです。
お疲れさまでした。
登録日: 2012/6/4
投稿数: 807
2019/10/18 12:36
 Re: 凄いです
sea1020さん
初めまして!

今回は12日から14日にかけて行われる四国山地縦走チャレンジという大会が台風の影響で中止となり、その翌日13日から同じコースを個人チャレンジとして縦走してみました。

赤星山〜峨蔵越間は、ルートが分かりづらいだけだったので、まだましだったのですが、峨蔵越〜東赤石山間は、ほんとエグかったです。
速度上げれないので時間かかりました。
岩もツルツル滑って、膝頭を強打した時には「やってもうた。終わった」と思いましたが打ち所が良かったのか、大丈夫でした。

来年のUTMF(ウルトラトレイルマウントフジ)の出場がかなえば(抽選通れば)、再びチャレンジしてみても良いかな?と考えてます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ