また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2092101 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木サーキット&爺ヶ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月02日(土) ~ 2019年11月03日(日)
メンバー
天候11/2 快晴 11/3 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
11/2(土)3時AMに扇沢無料第一駐車場に駐車。その時点で2〜3割の混み具合。第二無料はまだ駐車なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間33分
休憩
1時間36分
合計
12時間9分
Sスタート地点05:3006:54大沢小屋06:5609:54針ノ木小屋10:0411:03蓮華岳11:2112:08針ノ木小屋12:1513:09針ノ木岳13:3114:11小スバリ岳14:19スバリ岳14:4516:07赤沢岳16:0917:00鳴沢岳17:0917:39新越山荘
2日目
山行
5時間16分
休憩
1時間2分
合計
6時間18分
新越山荘06:5707:37岩小屋沢岳07:4008:53種池山荘09:0209:35爺ヶ岳南峰09:44爺ヶ岳中峰09:5710:18爺ヶ岳南峰10:3811:04種池山荘11:2011:32富士見坂11:52水平岬12:22駅見岬12:2312:30ケルン(柏原新道)13:12柏原新道登山口13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[針ノ木雪渓]
この時期雪はないので、沢沿いの登山道を通過します。数回渡渉がありますが、沢の水量が激しく、また岩の表面が凍結しているので、簡単に渡れません。多少の浸水を覚悟で気合で渡るしかないのですが、万一に備え替えの靴下は必要です。雪渓上部は急な鎖場もあったり、登山道が細く崖側が切れ落ちている箇所もあり、油断出来ません。一部、沢の水で凍結している区間が15mほどあり、念の為チェーンスパイク付けました。

[針ノ木峠〜蓮華岳]
危険箇所ありません。雪も付いてますがノーアイゼンで行けました。

[針ノ木峠〜針ノ木岳]
針ノ木岳への登りの東斜面に10センチ程積雪あります。登りだったのでノーアイゼンで行けましたが、下りであればアイゼンを付けたと思います。

[針ノ木岳〜スバリ岳〜赤沢岳〜鳴沢岳]
時計回りで周回する場合の下りになる北側斜面にはもれなく雪が付いています。特に針ノ木岳の下りはアイゼンがないと厳しいでしょう。

[岩小屋沢岳〜種池山荘]
やっと人一人通れる幅のザレた痩せ尾根が続く危険箇所です。滑落したら重大事故に繋がります。慎重に通過しましたが、もし雪が付いていたらかなり怖いと思います。

[爺ヶ岳〜柏原新道〜扇沢]
危険箇所ありません。
その他周辺情報下山後は薬師の湯へ。大人750円
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

針ノ木雪渓を登ります。背後は爺ヶ岳かな。天気が良いので早く稜線にあがりたいと、かなり飛ばします
2019年11月02日 07:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓を登ります。背後は爺ヶ岳かな。天気が良いので早く稜線にあがりたいと、かなり飛ばします
稜線が近くなってきたが、一か月半ぶりの登山で呼吸がなじまず苦しい
2019年11月02日 09:01撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近くなってきたが、一か月半ぶりの登山で呼吸がなじまず苦しい
針ノ木峠に到着。槍穂と北アルプス南部が丸見え
2019年11月02日 10:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠に到着。槍穂と北アルプス南部が丸見え
ザックをデポして蓮華岳に向かいます
2019年11月02日 10:28撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックをデポして蓮華岳に向かいます
振り返ると針ノ木岳とスバリ岳、奥は立山、剱。うーん、控えめに言って最高でしょう
2019年11月02日 10:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると針ノ木岳とスバリ岳、奥は立山、剱。うーん、控えめに言って最高でしょう
1
蓮華岳の山頂部は広大で稜線散歩を楽しみます。富士山までよく見えました
2019年11月02日 10:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳の山頂部は広大で稜線散歩を楽しみます。富士山までよく見えました
中央右の爺ヶ岳から連なる稜線の奥には男前の鹿島槍。
2019年11月02日 11:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央右の爺ヶ岳から連なる稜線の奥には男前の鹿島槍。
蓮華岳山頂に到着。眼下には大町市市街と奥に浅間山
2019年11月02日 11:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳山頂に到着。眼下には大町市市街と奥に浅間山
名残惜しいが針ノ木岳に向かいます
2019年11月02日 11:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが針ノ木岳に向かいます
1
針ノ木岳の東側斜面には雪が残りますが登りなのでノーアイゼンで行けました。下りの場合はアイゼンがあったほうが安心です
2019年11月02日 12:37撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳の東側斜面には雪が残りますが登りなのでノーアイゼンで行けました。下りの場合はアイゼンがあったほうが安心です
針ノ木岳到着。この景色が見たかった
2019年11月02日 13:20撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳到着。この景色が見たかった
1
これから歩くスバリ岳方面
2019年11月02日 13:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩くスバリ岳方面
スバリ岳到着
2019年11月02日 14:37撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳到着
1
ライチョウにパワーをもらいます
2019年11月02日 14:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウにパワーをもらいます
高度を落としてから見上げる赤沢岳が大きくて一瞬挫けました(笑
2019年11月02日 14:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を落としてから見上げる赤沢岳が大きくて一瞬挫けました(笑
この後、鳴沢岳を通過して新越山荘に向かう途中で日没。17時半ごろ本日の幕地に着きました。
2019年11月02日 16:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、鳴沢岳を通過して新越山荘に向かう途中で日没。17時半ごろ本日の幕地に着きました。
おはようございます。本日もいい天気なので、予定変更して爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳を眺めに行きます
2019年11月03日 06:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。本日もいい天気なので、予定変更して爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳を眺めに行きます
お世話になった新越山荘。昨日は男性ソロ1名とご夫婦1組と相宿でした。
2019年11月03日 06:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった新越山荘。昨日は男性ソロ1名とご夫婦1組と相宿でした。
南方面の展望。遠くに富士山。まるで水墨画の世界
2019年11月03日 07:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面の展望。遠くに富士山。まるで水墨画の世界
岩小屋沢岳到着。後立山がよく見えます
2019年11月03日 07:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳到着。後立山がよく見えます
岩小屋沢岳から種池山荘間は、道幅狭く、ザレザレで片側切れ落ちています。雪が付いていたらかなり怖いでしょう
2019年11月03日 07:54撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳から種池山荘間は、道幅狭く、ザレザレで片側切れ落ちています。雪が付いていたらかなり怖いでしょう
爺ヶ岳〜鹿島槍の稜線が素晴らしい
2019年11月03日 08:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳〜鹿島槍の稜線が素晴らしい
種池山荘発見!
2019年11月03日 08:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘発見!
種池山荘のデポして爺ヶ岳へ。稜線は風もなくシェルいりませんでした
2019年11月03日 09:20撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘のデポして爺ヶ岳へ。稜線は風もなくシェルいりませんでした
下のほうは紅葉が綺麗でした
2019年11月03日 09:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のほうは紅葉が綺麗でした
爺ヶ岳中峰より南峰を望みます。奥には立山、剱。
2019年11月03日 09:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳中峰より南峰を望みます。奥には立山、剱。
鹿島槍ヶ岳。さすが日本一の双耳峰
2019年11月03日 10:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。さすが日本一の双耳峰
1
素晴らしい展望に恵まれた。下山しよう
2019年11月03日 11:01撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい展望に恵まれた。下山しよう
柏原新道より向かいの岩小屋沢岳の稜線を仰ぎ見る。歩いた後だからこそ分かる切れ落ち度。
2019年11月03日 12:04撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道より向かいの岩小屋沢岳の稜線を仰ぎ見る。歩いた後だからこそ分かる切れ落ち度。
無事下山しました。お疲れ様でした
2019年11月03日 13:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。お疲れ様でした
薬師の湯、いいお湯でした
2019年11月03日 15:34撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師の湯、いいお湯でした

感想/記録

今年最後の北アはどこに行こうと悩む。もういつ雪が付いてもおかしくないので、危険個所がなくて、折角の北アなのでテントで1泊2日で回れるところ…。最近気になっていた「針ノ木サーキット」に行くことにしました。
天候にも恵まれ、最高の山行となりました。
新越山荘でご一緒したご夫婦から、チキンディッシュのお裾分けをいただきました。味も大変おいしかったのですが、ソロの身としてはその優しい気持ちが心に響きました。最後握手して「また、どこかで会いましょう」。山っていいですね!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:423人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ