また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2405002 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月20日(土) ~ 2020年06月21日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

藤原岳
ガスで視界が悪い
2020年06月20日 02:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳
ガスで視界が悪い
1
セキオノコバの池の水も多い
2020年06月20日 05:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキオノコバの池の水も多い
竜ヶ岳
ガスと強風、風速10メートル以上はあった
2020年06月20日 06:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳
ガスと強風、風速10メートル以上はあった
1
石榑峠から三重県側に100メートルほどの所に、滝のような水場がある
2020年06月20日 07:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石榑峠から三重県側に100メートルほどの所に、滝のような水場がある
キャンプ適地
石榑峠を100メートルほど登った所に、整地された広い場所がある
2020年06月20日 07:25撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ適地
石榑峠を100メートルほど登った所に、整地された広い場所がある
釈迦ヶ岳
2020年06月20日 10:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳
1
登山道から20メートルの所に沢あり
水量豊富で枯れることは無いように思える
2020年06月20日 12:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から20メートルの所に沢あり
水量豊富で枯れることは無いように思える
2
キャンプ適地
2020年06月20日 13:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ適地
2
昨日までの雨でどこの川も水量が多く、渡るのに苦労する。
ココだけは靴を脱いで渡った
2020年06月20日 13:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日までの雨でどこの川も水量が多く、渡るのに苦労する。
ココだけは靴を脱いで渡った
1
キャンプ適地
2020年06月20日 14:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ適地
2
御在所岳
2020年06月20日 18:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳
2
御在所岳でテント泊の人気場所?
2020年06月20日 18:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳でテント泊の人気場所?
2
武平峠の西側駐車場でテントを張る
2020年06月20日 20:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武平峠の西側駐車場でテントを張る
1
入道ヶ岳
2020年06月21日 07:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳
1
井戸谷避難小屋
2020年06月21日 08:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸谷避難小屋
避難小屋の中
一人は寝られそう
2020年06月21日 08:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の中
一人は寝られそう
1
椿大神社バス停
ここから近鉄四日市駅まで行って、電車を乗り継いで西藤原駅まで帰る
約2時間40分かかり、合計で1580円
2020年06月21日 08:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿大神社バス停
ここから近鉄四日市駅まで行って、電車を乗り継いで西藤原駅まで帰る
約2時間40分かかり、合計で1580円
1
今回のゴミ拾い
竜ヶ岳の登山道だけでゴミ袋が一杯になってしまった。
登山者の多いところはゴミも多い。
2020年06月21日 09:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のゴミ拾い
竜ヶ岳の登山道だけでゴミ袋が一杯になってしまった。
登山者の多いところはゴミも多い。
6
撮影機材:

感想/記録

有名な鈴鹿セブンマウンテン縦走
私の実力では1泊2日だろうが、1日でどこまで歩けるか挑戦してみる。
目標は武平峠まで。

1日目は、前日までの雨の影響でガスが多い、そして風が強い。
藤原岳頂上山荘は、窓が開いていて、中の椅子やテーブルが濡れている。
換気のため開けたのかもしれないが、最後の人は閉めていってほしいですね。
藤原岳ではガスで視界が悪く、雨で土が柔らかくなっているため滑りやすく、激下りの場所では3回ほど尻餅をついた。
竜ヶ岳ではガスは減ってきたが、強風で体がよろめく。
石榑峠で水を補給、100メートル上のテント適地を確認。確かに景色も良いし人気の場所だろう。
釈迦ヶ岳ではガスも、ほとんどなくなり、眺望が良くなってきた。
八風峠を超えたあたりで、急激にお腹が空いた状態になった。多分シャリバテである。もう10時間ぐらい歩いているが、行動食はしっかり食べている。少し食べる量を増やして歩くペースを落としたら、正常に戻った。
中峠から少し登ったところで、登山道から20メートルほどの所に沢があり、水がたくさん流れていた。これだけ流れていれば平時でも枯れることは無いと思う。
根の平峠の所も、平らなところがあり、テントを張るには良いと思う。水場も近い。根の平峠から杉峠下のテント適地にかけては、沢沿いなので水に困ることは無い。
それにしても、渡渉するところが多い。川の水が増水していて苦労したが、靴を脱いで渡ったのは1箇所だけで済んだ。
雨乞岳では、登山道が所々、白いロープが張られて新しくなっている。崩れているところが多いので整備しているようだ。もう夕方近くなのに多くの登山者とすれ違った。イブネとかでテント泊するのだろうか。
雨乞岳を降りてから、御在所岳の登山口まで、また増水した川を渡渉しながら進む。
そしてマイナールートで御在所岳を登る。この頃には疲れが溜まって、歩行ペースがかなり落ちている。
やっとのことで、御嶽大権現の建物の裏に出る。
御在所岳山頂で写真を撮ったら、食料がちょっと心配になったので、自販機でジュースを買ってエネルギー補給した。
御在所岳でテントを張ろうかと迷ったが、風が強く寒いので、予定通り、武平峠まで降りることにした。
武平峠の西側駐車場もテントを張るには良いところだと思う。雨乞岳への登山道の橋を渡ってすぐの所から降りれば沢の水を汲める。
私がテントを張ったところは、大きな石があって荷物を置くのに都合が良かった。
食事をしたら、特に厚着をすることなく、シェラフに入ってすぐに寝た。

2日目は、2時に起床、3時出発
6時間で椿大神社バス停まで行く予定だ。
鎌ヶ岳では、登山中に犬を連れたご夫婦とすれ違った。
早朝はガスもほとんど無く、景色が良い。風も少ない。今日は天気が良いだろうと、このときは思っていた。しかしこの後、御在所岳方面は、どんどんガスが増えてくる。
水沢峠を超えたあたりで、左膝がだんだん痛くなってきた。歩けないほどではないが、これ以上負担をかけないために、倒木をノコギリで切って杖を作る。
入道ヶ岳は、その山容とは違って、登る直前に急な下りと、急登がある。鈴鹿セブンマウンテン最後のラスボス的な凶暴さだ。
登頂後は、近くにいた登山者に写真を撮って頂いた。
下山は、約1時間ほど。下山にどれくらいかかるか不安で、バスの時間に間に合うかどうか、ちょっと焦って下山したが、もう少しゆっくりでも良かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:260人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/4/7
投稿数: 21
2020/6/21 22:21
 おつかれさまでした。
竜ヶ岳から石榑峠への下り、重ね岩の少し上でお会いした newayと申します。
藤原岳から来られたと伺ったので何時から登られたのか気になっていたのですが、1時前からだったのですね。
無事入道ヶ岳まで行かれたとのこと、ゴミ拾いもおつかれさまでした。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしてます。
登録日: 2019/4/29
投稿数: 9
2020/6/22 11:54
 Re: おつかれさまでした。
コメントありがとうございます。
夜中に出発したので、縦走中で一番最初にお会いしたのが、newayさんです。
その後、石榑峠に降りたら、続々と登山者が登っていくところでした。
鈴鹿山脈はよく行くので、またお会いできるかもしれませんね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ