また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2479331 全員に公開 ハイキング 剱・立山

立山縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月04日(火) ~ 2020年08月06日(木)
メンバー
天候8/4:晴れ後曇り、8/5:晴れ時々曇り、8/6:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
電鉄富山⇔立山:電車=1,230円
立山⇔称名滝:バス=500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
20分
合計
7時間50分
S称名滝バス停08:4009:00八郎坂登り口10:50弘法12:20立山カルデラ展望台12:40弥陀ヶ原ホテル13:0013:30一ノ谷15:00天狗平山荘16:00みくりが池16:30雷鳥沢キャンプ場
2日目
山行
7時間50分
休憩
3時間0分
合計
10時間50分
雷鳥沢キャンプ場06:0007:30剱御前小舎07:5008:10別山南峰08:20別山北峰09:20真砂岳10:10富士ノ折立10:30大汝休憩所11:00雄山11:2011:50一の越山荘12:50浄土山13:20ホテル立山13:50みくりが池温泉14:3014:50雷鳥荘16:3016:50雷鳥沢キャンプ場
3日目
山行
7時間50分
休憩
10分
合計
8時間0分
雷鳥沢キャンプ場06:0006:40新室堂乗越07:40奥大日岳09:00七福園09:20大日小屋09:40大日岳10:00大日小屋11:40大日平山荘11:5012:30牛ノ首13:20大日岳登山口14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八郎坂:一部崩落しており、靴幅程度の踏み場所しかない。倒木あり。
弘法〜立山荘:木道だがクマザサなど藪がひどい。
夏なので水分補給大事。
その他周辺情報雷鳥沢ヒュッテの日帰り温泉はできず、代わりにロッジ立山連峰が利用可能。(来行沢ヒュッテは売店のみ)
雷鳥荘は日帰り温泉喫茶店共に利用可能。
みくりが池温泉は喫茶店は利用可能、温泉は不可。
大日小屋は休業中。緊急時の使用は可能らしいが、利用時には管理人に連絡をする。
※小屋では必ずマスクを着用する。ない場合は利用できない。今回はバフで口鼻を覆っていたが大丈夫だった。

装備

個人装備 長袖シャツ(1) Tシャツ(3) ズボン(2) 靴下(4) グローブ(1) 雨具(1) 日よけ帽子(1) 靴(1) ザック(1) ザックカバー(1) サブザック(1) 行動食(1) 非常食(1) 調理用食材(3) ハイドレーション(5L) ガスカートリッジ(2) コンロ(1) 食器(1) ライター(1) 地図(地形図)(1) コンパス(1) 笛(1) 計画書(1) ヘッドランプ(1) 予備電池(3) ファーストエイドキット(1) 常備薬(1) ロールペーパー(1) 保険証(1) 携帯(1) 時計(1) サングラス(1) タオル(1) ツェルト ストック(1) カメラ(1) テント(1) テントマット(1) シェラフ(1) ヘルメット(1)
備考 森永製菓の「in塩分+」を食べながら水を飲むだけでスポーツ飲料を飲んでいる感覚になれるのでおすすめ。

写真

ここからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
2
称名滝展望台とは違った眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝展望台とは違った眺め
2
八郎坂出たところから見た大日岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八郎坂出たところから見た大日岳方面
1
この木道はましですが、弘法〜立山荘は藪漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木道はましですが、弘法〜立山荘は藪漕ぎ
大日連山がきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日連山がきれい
1
モミジカラマツ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ?
1
浄土山〜竜王岳〜鬼岳〜獅子岳〜鷲岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山〜竜王岳〜鬼岳〜獅子岳〜鷲岳
1
獅子岳〜鷲岳〜鳶岳 後ろは烏帽子岳の頭かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子岳〜鷲岳〜鳶岳 後ろは烏帽子岳の頭かな?
薬師岳 その後ろはわからず。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳 その後ろはわからず。。。
1
立山荘からは気持ちが良い木道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山荘からは気持ちが良い木道
2
大日平と比べるとこちらには池糖がたくさんある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平と比べるとこちらには池糖がたくさんある
1
一ノ谷 不動滝の源流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ谷 不動滝の源流
獅子というよりゴリラのような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子というよりゴリラのような
1
立山荘があんなに遠くに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山荘があんなに遠くに
遠くに立山高原ホテル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに立山高原ホテル
1
この絵はいつ見ても好き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この絵はいつ見ても好き
2
テントは平日にもかかわらずそこそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントは平日にもかかわらずそこそこ
2
晴れ渡ってきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ渡ってきれい
1
剱御前小舎からの剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎からの剱岳
2
これから進む道のり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む道のり
2
別山北峰からの剱岳 やや雲がかかり残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山北峰からの剱岳 やや雲がかかり残念
1
セーブポイントのような祠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セーブポイントのような祠
1
右の残雪部分が内蔵助氷河らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の残雪部分が内蔵助氷河らしい
1
ダムがよく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムがよく見える
1
去年歩いた烏帽子岳〜水晶岳方面はガスで残念ながら見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年歩いた烏帽子岳〜水晶岳方面はガスで残念ながら見えず
1
浄土山を下りてからの歩道?が地味にしんどい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山を下りてからの歩道?が地味にしんどい
新室堂乗越からの剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新室堂乗越からの剱岳
ハクサンイチゲ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ?
1
奥大日岳からの剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳からの剱岳
2
一昨日歩いたと思うと感慨深い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨日歩いたと思うと感慨深い
1
それにしてもこちらから見ると”平”に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもこちらから見ると”平”に見える
1
七福園のワンコ岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七福園のワンコ岩
1
大日小屋からの剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋からの剱岳
2
大日岳の途中で雷鳥親子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳の途中で雷鳥親子
3
大日岳からの剱岳〜雄山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳からの剱岳〜雄山
2
大日平から見た大日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平から見た大日岳
1
大日平小屋 ジュースがうまい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平小屋 ジュースがうまい
1

感想/記録

八郎坂〜大日登山道周遊、立山連山縦走を行った。目標は1.剱岳を色々な角度で撮影、2.去年歩いた烏帽子〜水晶岳を雄山から眺める、3.立山全景を堪能する、だ。
初めて八郎坂から入山。高度が上がるにつれて称名滝の全景が見えて癒される。八郎坂の次は木道をひたすら歩いて立山荘を目指す。台地に上がると開けているためこれまでに何度か登った大日連山が眺められ、懐かしく感じる。弘法からは木道なのに藪漕ぎをすることとなり、思いの外時間をとられ、松尾峠は諦めた。
立山カルデラ展望台ははじめて訪れたが、圧巻の景色だった。ここで噴火が起こり立山が形作られたと思うと感慨深い。
立山荘で一息入れて続いて一ノ谷を目指す。ここからは池糖が至るところに見られる。大日平もラムサール条約に登録されているが、弥陀ヶ原の方が池糖が多そうだ。
針葉樹林帯を抜けると立山三山、大日連山、天狗山をぐるりと眺められる。影がなくなり暑さが増してくる。緩やかな上り坂をヘロヘロな足取りで歩き何とか雷鳥沢キャンプ場に到着し一日目終了。

二日目は剱御前〜別山〜立山〜浄土山を周遊。このルートは4,5年ぶりに上るため懐かしい。
剱岳を色々な角度から撮る。剱御前から別山の方から見るとどっしりした山容で要塞のように見えるから面白い。
別山に到着した頃から雲がわき始め、富士の折立に到着した頃には後ろ立山は見えなくなり、去年歩いた烏帽子岳〜水晶は生憎見えなかった。雄山からはひたすら歩荷トレーニングとなり、しんどかった。雷鳥荘で温泉と休憩してからテント場に戻り二日目終了。

最終日は朝から雲一つない天気。
新室堂乗越についた頃に朝日が室堂平に差し込み輝いて見える。奥大日岳ではおこじょを三匹見たという先行者に会ったが、私がついた頃には見られず残念だった。奥大日岳を越えると高度感のある梯子があり慎重に降りていく。途中開けたところから弥陀ヶ原や天狗平を見ると見事な平だ。暑いなかよく歩いたものだ。七福園の一番大きな岩の上に登り小休止。大日小屋を通過し大日岳へ向かう。奥大日岳〜大日岳から見る剱岳はスマートな形で槍のように見えるから面白い。
大日小屋からは灼熱地獄だった。歩けど歩けど称名滝に到着できず体力、精神力共に削られた。下山してからは急ぎ称名滝展望台に行き、天然シャワーを浴びてクールダウンし、家路についた。


去年登った山々を見ることは叶わなかったが、剱岳と立山全景を堪能できたので、満足な山登りとなった。ただ、久しぶりの山だったこともあり体力の無さを実感し、あまり景色を堪能する余裕がなかったのが悔やまれる。日頃から里山に登って体力をつけねばと改めて感じた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:335人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ