また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2562150 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北陸

黒部五郎岳,鷲羽岳,水晶岳,薬師岳 5日目 6日最終日

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
8月24日
昼過ぎに松山インターに乗る。
松山自動車道→瀬戸大橋→山陽自動車道→名神高速道路→

25日
東海北陸自動車道→飛騨白川PA
萩町合掌造り集落を観光する。
北陸自動車道→立山インター→県道6号→有峰林道→折立登山口

26日
折立登山口→太郎平小屋 泊 

27日
太郎平小屋→黒部五郎小舎 泊。

28日
黒部五郎小舎→水晶小屋 泊


29日
水晶小屋→薬師沢小屋 泊

30日
薬師沢小屋→薬師岳山荘 泊

31日
薬師岳山荘→折立
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
28分
合計
5時間30分
S折立06:3806:42十三重之塔 慰霊碑06:4307:54太郎坂08:36青淵三角点08:4809:05積雪深計測ポール09:0710:53五光岩ベンチ10:5611:22太郎兵衛平11:3212:08太郎平小屋G
日帰り
山行
7時間50分
休憩
49分
合計
8時間39分
太郎平小屋06:1206:24太郎山06:2508:12神岡新道分岐08:21北ノ俣岳08:3409:08赤木岳09:0910:03中俣乗越12:08黒部五郎の肩12:2112:27黒部五郎岳12:4212:50黒部五郎の肩12:5614:51黒部五郎小舎
日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間8分
合計
7時間25分
黒部五郎小舎05:4907:28三俣蓮華岳巻道分岐07:3308:43三俣山荘08:5310:44鷲羽岳11:2011:56ワリモ岳12:0312:18ワリモ北分岐12:2813:14水晶小屋
日帰り
山行
6時間21分
休憩
1時間38分
合計
7時間59分
水晶小屋05:5806:36水晶岳07:0407:34水晶小屋08:0208:34ワリモ北分岐08:44岩苔乗越08:4709:37祖父岳09:5110:11祖父岳分岐10:1311:06雲ノ平山荘11:2711:42奥日本庭園11:4312:10アラスカ庭園12:1113:57薬師沢小屋
日帰り
山行
7時間22分
休憩
1時間6分
合計
8時間28分
薬師沢小屋05:5806:07カベッケが原07:03第三徒渉点07:0407:34第二徒渉点07:40第一徒渉点07:4308:55太郎平小屋09:2209:44薬師峠09:4510:38薬師平10:4411:43薬師岳山荘11:5313:04薬師岳避難小屋跡13:26薬師岳13:4414:02薬師岳避難小屋跡14:26薬師岳山荘
日帰り
山行
4時間1分
休憩
26分
合計
4時間27分
薬師岳山荘05:5706:24薬師平06:2506:56薬師峠07:17太郎平小屋07:2707:47太郎兵衛平08:04五光岩ベンチ08:51積雪深計測ポール08:5709:05青淵三角点09:0709:29太郎坂09:3210:13十三重之塔 慰霊碑10:1410:17折立10:2010:24ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北アルプス縦走60キロ5泊6日



8月の終わりに北アルプスの日本百名山4峰を縦走、登山をして来ました。
 折立登山口から総距離60キロメートルを踏破し次の厳峰の頂に立ちま
した。

 黒部五郎岳  2840m
 鷲羽岳    2924m
水晶岳    2978m
 薬師岳    2926m

 お天気に恵まれ過ぎて熱中症、高山病に耐えながら何とか戻ることが
できました。

以下はそれらのすべての詳報と写真を日にちごとに順次アップしてゆく
予定です。



8月24日
昼過ぎに松山インターに乗る。
松山自動車道→瀬戸大橋→山陽自動車道→名神高速道路→

25日
東海北陸自動車道→飛騨白川PA
萩町合掌造り集落を観光する。
北陸自動車道→立山インター→県道6号→有峰林道→折立登山口

26日
折立登山口→太郎平小屋 泊 

27日
太郎平小屋→黒部五郎小舎 泊。

28日
黒部五郎小舎→水晶小屋 泊


29日
水晶小屋→薬師沢小屋 泊

30日
薬師沢小屋→薬師岳山荘 泊

31日
薬師岳山荘→折立
その他周辺情報立山 天然温泉 湯めごこち  076−464-2600

写真

薬師沢小屋前の橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋前の橋
1
薬師沢小屋前の谷川
2020年08月30日 06:00撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋前の谷川
太郎小屋から薬師岳に向かって20分ほどでキャンプ場が見えてきた。
2020年08月30日 09:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋から薬師岳に向かって20分ほどでキャンプ場が見えてきた。
小さな屋根が壊れた避難小屋
2020年08月30日 13:14撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな屋根が壊れた避難小屋
ケルンの中に木造があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンの中に木造があった。
2
らさらに15分ほど行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らさらに15分ほど行く
薬師岳の頂上に祠が立っていた。
2020年08月30日 13:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳の頂上に祠が立っていた。
薬師岳の頂上
2020年08月30日 13:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳の頂上
岩がゴツゴツしている上に祠が立っていた。
2020年08月30日 13:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴツゴツしている上に祠が立っていた。
岩がゴツゴツしている上に祠が立っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴツゴツしている上に祠が立っていた。
ラス越しに中をのぞくと金色の仏像、木造、石仏などが数体並んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラス越しに中をのぞくと金色の仏像、木造、石仏などが数体並んでいた。
薬師岳山荘から朝の景色 槍が岳などが見えた。
2020年08月31日 05:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の景色 槍が岳などが見えた。
薬師岳山荘から朝の薬師岳の景色
2020年08月31日 05:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の薬師岳の景色
薬師岳山荘から朝の景色
2020年08月31日 05:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の景色
薬師岳山荘から朝の景色
2020年08月31日 05:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の景色
薬師岳山荘から朝の景色 黒部五郎岳
2020年08月31日 05:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の景色 黒部五郎岳
薬師岳山荘から朝の景色
2020年08月31日 05:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘から朝の景色
太郎平小屋が見えてきた。
2020年08月31日 07:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋が見えてきた。
折立登山口に着いた。
2020年08月31日 10:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立登山口に着いた。

感想/記録

黒部五郎岳,鷲羽岳,水晶岳,薬師岳 5日目と 6日最終日

●8月30日

薬師沢小屋ではゆっくり眠れたが、谷川の流水の音がうるさくて2時頃
からは浅い眠りになっていた。

5時50分に薬師沢小屋を出発した。予定では太郎平小屋まで4キロ3時間だ。
出発は小屋の裏山から100mほど高度を上げると、昨日の庭園にあった
ような木道が続いていた。

木道は3キロほど続き、残り1キロは高度をグングン上げてゆく。
標高2000mから2330mまでだから結構きつかった。

太郎平小屋には9時に着いた。ほぼ予定の時間通りだった。
ここでカップ麺を食べて9時20分に薬師岳山荘に向けて出発をした。

木道を暫く行くとキャンプ場があり10ほどのテントが設置されていた。
このキャンプ場を過ぎたあたりから本格的な大岩の登りとなる。

岩を登り切ったところが少し平らに、広くなっておりここが薬師平らし
かった。
薬師平には木道があり水平移動だが、終わるとすぐにまた急な岩登り
となる。

このころから頭痛がひどくなる。太郎平小屋を過ぎたあたりから軽い
痛みが始まり気になっていたのだが段々とひどくなった。

この頭痛の原因は
熱中症だろうか?
高山病だろうか?
リュックの重さのせいか?
原因はわからなかった。

薬師岳山荘まで無事に行けるだろうかと、激しくなる痛みをこらえた。
何とか山荘に着くと12時だった。
着いたとたんに何故か痛みがスーッと引いていた。
一体何だったんだ。
 
30分ほど山荘で休んでいたら疲れもなく、頭痛もない。
至極体調がよくなったので、小さなリュックを背負って、これから
薬師岳に登ることにした。

不思議なほど快調であった。リュックの重みがそれほどきつかったの
かと改めて思い知った。
 
なだらかな坂を上ってゆくと小さな屋根が壊れた避難小屋とケルンの
ような石積みがあり、そのケルンの中に木造があった。

らさらに15分ほど行くと薬師岳の頂上だった。
岩がゴツゴツしている上に祠が立っていた。ガラス越しに中をのぞ
くと金色の仏像、木造、石仏などが数体並んでいた。
 
薬師岳の頂上周囲の景色はガスが巻いていてあまりよく見えなかった。
明日の朝に山荘から見えるだろうと思って、景色が見えないことには
こだわらなかった。

薬師岳の頂上で昨日、折立から登ってきた女性から聞いたのだが、
折立の駐車場でクマが出て、名古屋ナンバーの車の窓ガラスを壊して
熊が車内を荒らしたようだ。
 
私のジムニーは大丈夫だろうかと心配になった。
後日談だが、次の日(31日)立山の温泉でテレビを見ていたら、
ニュースの映像で折立駐車場にまたクマが出たと、白い軽四のボン
ネットにクマが上がっているのが放映されていた。

さて、薬師岳山荘で最終の一泊をするのだが、寝床は衝立で仕切られ
ていた。
コロナの関係で水が一切ない。消毒液もトイレと談話室の2個のみ。
朝の洗顔や歯磨きの水がないので持参のペットボトルの水を使った。
コロナが心配だからと客に水を提供しないのはひどすぎると思った。
却って不衛生ではないかと思った。
ただ、食事はここ薬師岳山荘が一番おいしかった。

寝室は本来16人部屋の設定であるが、この日に泊ったのは8人だった。





黒部五郎岳,鷲羽岳,水晶岳,薬師岳 6日目最終日

●8月31日
薬師岳山荘を4時40分に目覚めた。疲れていたのかよく眠れた。
朝食後にカメラを持って外に出てみた。
雲が出ていて槍ヶ岳程度しか写せなかった。
 
6時に下山に向けて薬師岳山荘を出発した。
5時間あとの11時には折立に着く予定だ。12時に雷雨が予想されたので
気がかりだった。

薬師岳山荘は標高2,703mにある。
折立登山口は1350mだから高度を一気に1350m下げることになる。

中継点の太郎平小屋には予定の1時間半を要して、7時半に着いた。
ここで軽い行動食を口にした。
 
それからの下山は実に楽勝だった。
登りは苦労したが快適に足が動いた。

折立駐車場に着くと、通路に置いていた、シャワー用の10リッター入りの
水タンクは熊対策のためなのか、片付け処分されていた。仕方ない。

ならば、車内に飲料水として置いていた水でシャワーを浴びた。
5日間の汗がいっぺんに流れたようで気持が良かった。
 
立山インター近くまで行き、「湯めごこち」という温泉に入った。
¥880−浴室内にある簡易ベットに横になっていたら1時間近く眠ってし
まった。夕食もこの温泉内にあるレストランで済ませてから高速に乗った。
自宅までナビで750キロ、11時間。

愛媛には翌日の9月1日15時頃に戻ってきた。
直接自宅には帰らずに、家族の所有する別宅で3日ほど自主隔離をして
コロナに感染していないことを確認してから9月3日に自宅に帰った。

以上で
北アルプス縦走60キロ5泊6日の
すべての報告を終わりにします。
これで私の日本百名山の登頂は56峰になりました。

最後まで見ていただきありがとう御座いました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:234人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ