また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2587489 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

新穂高温泉〜高瀬ダム縦走 [後編] 水晶岳登頂、残念だった水晶小屋、初めての裏銀座堪能、そして下山直前に蜂に刺されて病院へ緊急搬送(-。-;

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月20日(日) ~ 2020年09月21日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー
高瀬ダムより予約していたタクシーで大町温泉郷へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
53分
休憩
10分
合計
1時間3分
S水晶小屋13:1313:39水晶岳13:4914:15水晶小屋
2日目
山行
6時間55分
休憩
36分
合計
7時間31分
水晶小屋05:5306:26東沢乗越06:2607:33真砂岳分岐07:3408:08野口五郎岳08:2008:32野口五郎小屋08:3910:39烏帽子ひょうたん池10:4010:46烏帽子小屋10:5311:29三角点11:3512:29権太落し12:54ブナ立尾根取付12:5813:10高瀬ダム テント場13:1113:19高瀬ダム濁沢登山口13:2013:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されています。

写真

水晶小屋で受付を済ませ、空身で水晶岳頂上へいざっ。
2020年09月20日 13:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋で受付を済ませ、空身で水晶岳頂上へいざっ。
とうちゃこです。
とはいえ、小屋から頂上までは結構注意が必要な箇所があります。
2020年09月20日 13:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうちゃこです。
とはいえ、小屋から頂上までは結構注意が必要な箇所があります。
5
素晴らしい景観。槍ヶ岳方面。手前に鷲羽岳、奥には乗鞍岳、笠ヶ岳は見切れてしまいました。
2020年09月20日 13:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景観。槍ヶ岳方面。手前に鷲羽岳、奥には乗鞍岳、笠ヶ岳は見切れてしまいました。
2
こちらは明日向かう野口五郎岳。その向こうは表銀座。
2020年09月20日 13:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは明日向かう野口五郎岳。その向こうは表銀座。
2
赤牛岳。奥に立山。その先に鹿島槍ヶ岳、五竜岳も。
2020年09月20日 13:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳。奥に立山。その先に鹿島槍ヶ岳、五竜岳も。
1
とうちゃこです。
2020年09月20日 13:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうちゃこです。
3
立山、剱岳。鹿島槍ヶ岳、五竜岳がバッチリ。
2020年09月20日 13:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、剱岳。鹿島槍ヶ岳、五竜岳がバッチリ。
ハシゴが一ヶ所。慎重に。
2020年09月20日 14:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴが一ヶ所。慎重に。
水晶小屋から秋をお届けします。
2020年09月20日 14:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋から秋をお届けします。
水晶小屋からサッポロ黒ラベルもお届けします。水晶岳にカンパ〜イ。うふ。
2020年09月20日 14:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋からサッポロ黒ラベルもお届けします。水晶岳にカンパ〜イ。うふ。
1
ごちそうだよー。
2020年09月20日 14:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごちそうだよー。
1
アーベントロート。槍ヶ岳が燃えています。
2020年09月20日 17:44撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベントロート。槍ヶ岳が燃えています。
5
長い1日が暮れてゆく。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い1日が暮れてゆく。。
5
水晶小屋のホシガラスくん。きゅわゆいねー。
2020年09月20日 18:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋のホシガラスくん。きゅわゆいねー。
2
小屋内はきれいです。
北アルプスで一番小さい小屋だという。一階、中二階、二階に部屋があり、COVID-19対策として、ビニールシートで間仕切りをされており、シーツと枕カバー、食事を小屋に頼む場合は什器を持参です。今年は今月小屋閉めだそうです。Tシャツ完売、本日チカラ汁は既に終了でした。
2020年09月21日 05:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内はきれいです。
北アルプスで一番小さい小屋だという。一階、中二階、二階に部屋があり、COVID-19対策として、ビニールシートで間仕切りをされており、シーツと枕カバー、食事を小屋に頼む場合は什器を持参です。今年は今月小屋閉めだそうです。Tシャツ完売、本日チカラ汁は既に終了でした。
1
夕食は撮り忘れましたが、ジビエ丼です。
尾西のご飯にお湯を注ぎ待つ事15分。お湯は若干多めに。その間に半解凍されたジビエ具材を湯煎で温めて丼にします(セルフ)。インスタントのお味噌汁とお茶も出ますが、くれぐれもお味噌汁は丼が出来てからお湯を注いで下さい。尾西にお湯を注いだ時にうっかりお味噌汁にもお湯を注いでしまうと、丼が出来上がる15分後にはすっかり冷めてしまいます。。
写真は朝ごはんメニュー。
おかずと尾西とお味噌汁とお茶です。
2020年09月21日 05:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は撮り忘れましたが、ジビエ丼です。
尾西のご飯にお湯を注ぎ待つ事15分。お湯は若干多めに。その間に半解凍されたジビエ具材を湯煎で温めて丼にします(セルフ)。インスタントのお味噌汁とお茶も出ますが、くれぐれもお味噌汁は丼が出来てからお湯を注いで下さい。尾西にお湯を注いだ時にうっかりお味噌汁にもお湯を注いでしまうと、丼が出来上がる15分後にはすっかり冷めてしまいます。。
写真は朝ごはんメニュー。
おかずと尾西とお味噌汁とお茶です。
1
今日もよく晴れそうです。
2020年09月21日 05:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もよく晴れそうです。
気温が低く、薄手のウールの手袋では暫くすると手がかじかんできました。
水晶岳は遠くから見ても山容が黒いですが、水晶小屋が建つ場所は赤岳の肩です。周辺の土が赤いことから名がついているそう。歩いているとよく分かります。
2020年09月21日 05:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が低く、薄手のウールの手袋では暫くすると手がかじかんできました。
水晶岳は遠くから見ても山容が黒いですが、水晶小屋が建つ場所は赤岳の肩です。周辺の土が赤いことから名がついているそう。歩いているとよく分かります。
誰かに会わないかなー。
2020年09月21日 05:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かに会わないかなー。
おや。オハヨー。イワヒバリと槍ヶ岳。映えてます。
2020年09月21日 05:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや。オハヨー。イワヒバリと槍ヶ岳。映えてます。
4
急いで下山はもったいない。
2020年09月21日 05:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いで下山はもったいない。
裏銀座ルートは本当にずっーっと槍と一緒。
2020年09月21日 05:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座ルートは本当にずっーっと槍と一緒。
1
この道は幅の細い箇所も多い。
2020年09月21日 05:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は幅の細い箇所も多い。
右に滑ると大変。
2020年09月21日 05:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に滑ると大変。
おや、雷鳥が1羽。
2020年09月21日 06:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、雷鳥が1羽。
1
ずーっと佇んでいました。見送ってくれたのかな。ありがとう。
2020年09月21日 06:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずーっと佇んでいました。見送ってくれたのかな。ありがとう。
4
少し明るくなってきた。奥は常念岳かな。
2020年09月21日 06:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた。奥は常念岳かな。
旅の疲れはあまりない。
2020年09月21日 06:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅の疲れはあまりない。
3
これから進む道。
2020年09月21日 06:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む道。
1
東沢乗越。アップダウンあり、なかなか標高は下がらない。
2020年09月21日 06:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越。アップダウンあり、なかなか標高は下がらない。
水晶岳。左の方の赤岳の肩に小屋が。朝はあそこに居たのになあ。
2020年09月21日 06:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳。左の方の赤岳の肩に小屋が。朝はあそこに居たのになあ。
◎印を頼りに足元に注意して。
2020年09月21日 06:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◎印を頼りに足元に注意して。
真砂岳、野口五郎岳。
2020年09月21日 07:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳、野口五郎岳。
1
雄大。でも優しい山容。
2020年09月21日 07:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大。でも優しい山容。
1
立山と初秋。
2020年09月21日 07:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山と初秋。
水晶から先の方が秋が進んでいる感じ。
2020年09月21日 07:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶から先の方が秋が進んでいる感じ。
イワギギョウ。可憐ね。
2020年09月21日 07:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギギョウ。可憐ね。
随分気温が上がってきた。シェルを脱ぎました。
2020年09月21日 07:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分気温が上がってきた。シェルを脱ぎました。
トレランの方とちらほらすれちがい。
2020年09月21日 07:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレランの方とちらほらすれちがい。
砂礫の道の始まり。
2020年09月21日 07:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫の道の始まり。
1
立山、劔山が随分近くなりました。
2020年09月21日 07:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、劔山が随分近くなりました。
1
赤牛岳方面。
2020年09月21日 07:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳方面。
まき道がずっとついています。
2020年09月21日 07:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まき道がずっとついています。
綺麗に晴れ始めました。少し暑い。
2020年09月21日 07:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に晴れ始めました。少し暑い。
水晶岳がすっかり遠くなっちゃった。
2020年09月21日 07:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳がすっかり遠くなっちゃった。
1
さて、野口五郎岳は頂上ルートとまき道がありますが、行かねばなるまいて。しかし、分岐の標示が何もない。
2020年09月21日 07:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、野口五郎岳は頂上ルートとまき道がありますが、行かねばなるまいて。しかし、分岐の標示が何もない。
1
とおもたら足元に。見逃し注意です。下ってくる人がいれば大丈夫ですけどね。
2020年09月21日 07:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とおもたら足元に。見逃し注意です。下ってくる人がいれば大丈夫ですけどね。
2
後ろに槍ヶ岳がちらり。
2020年09月21日 08:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろに槍ヶ岳がちらり。
とうちゃこー。360度のパノラマ。
2020年09月21日 08:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうちゃこー。360度のパノラマ。
2
薬師岳。本当にでっかい。薬師岳から先も踏破してみたい。
2020年09月21日 08:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳。本当にでっかい。薬師岳から先も踏破してみたい。
2
立山、劔が一層近くに。
2020年09月21日 08:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、劔が一層近くに。
鹿島槍ヶ岳、五竜岳も近い。
2020年09月21日 08:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳、五竜岳も近い。
2
少し進むと窪みに野口五郎小屋が見えました。ブルーの屋根が好き。
2020年09月21日 08:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと窪みに野口五郎小屋が見えました。ブルーの屋根が好き。
1
看板に味がある。お水500ml 100円で分けていただきました。
2020年09月21日 08:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板に味がある。お水500ml 100円で分けていただきました。
1
さて、烏帽子方面に。まだまだ先は長いのです。
2020年09月21日 08:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、烏帽子方面に。まだまだ先は長いのです。
ずっと居たい。
2020年09月21日 08:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと居たい。
この風景の一点になって
2020年09月21日 09:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この風景の一点になって
1
言葉がないなあ。
2020年09月21日 09:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉がないなあ。
石の感じが燕岳に似てる。
2020年09月21日 09:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の感じが燕岳に似てる。
1
薬師岳が後方に。
2020年09月21日 09:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳が後方に。
1
ひたすらに空が近い。
2020年09月21日 09:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらに空が近い。
三ケ岳に近づいてきました。
2020年09月21日 09:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ケ岳に近づいてきました。
1
白馬岳にも似てるかな。
2020年09月21日 09:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳にも似てるかな。
1
祠のよう。ビバーク出来そうな場所です。
2020年09月21日 09:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠のよう。ビバーク出来そうな場所です。
さて、ようやく烏帽子岳。水晶小屋からの稜線歩きはとても楽しかったけれど、意外に長い下山。
2020年09月21日 10:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ようやく烏帽子岳。水晶小屋からの稜線歩きはとても楽しかったけれど、意外に長い下山。
でも真っ青な空は気持ちいいねー。
2020年09月21日 10:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも真っ青な空は気持ちいいねー。
1
火星みたいだね。行ったことないけど、、
2020年09月21日 10:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火星みたいだね。行ったことないけど、、
1
烏帽子岳は時間切れの為、次回?に。
2020年09月21日 10:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳は時間切れの為、次回?に。
1
高瀬ダムが見えてきたあ。しかし、まだまだ長いのです。
2020年09月21日 10:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムが見えてきたあ。しかし、まだまだ長いのです。
下がり始めます。
2020年09月21日 10:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下がり始めます。
1
烏帽子小屋手前のひょうたん池。ここから小屋まで地味にアップダウンがあり、疲れた脚に堪えます。
2020年09月21日 10:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋手前のひょうたん池。ここから小屋まで地味にアップダウンがあり、疲れた脚に堪えます。
今季は使えませんが、テン場良い感じ。
2020年09月21日 10:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今季は使えませんが、テン場良い感じ。
こんな空ですから〜
2020年09月21日 10:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな空ですから〜
小屋の青屋根が見えてきた。
2020年09月21日 10:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の青屋根が見えてきた。
1
こんちは。野口五郎小屋のご主人とこちらのご主人はご兄弟だとか。屋根の色と看板がお揃いです。おトイレをお借りして少し休憩。
2020年09月21日 10:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんちは。野口五郎小屋のご主人とこちらのご主人はご兄弟だとか。屋根の色と看板がお揃いです。おトイレをお借りして少し休憩。
1
高瀬ダムは右方向。
2020年09月21日 10:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムは右方向。
丸太橋が渡れなかったらどうすればいいのだろう、、
2020年09月21日 10:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋が渡れなかったらどうすればいいのだろう、、
ここからブナ立て尾根の始まりですな。樹林帯か、、もう青空とはサヨナラです涙〜。
2020年09月21日 10:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからブナ立て尾根の始まりですな。樹林帯か、、もう青空とはサヨナラです涙〜。
1
倒木数カ所あり。慎重に進めば問題ありません。
2020年09月21日 11:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木数カ所あり。慎重に進めば問題ありません。
4番三角点。ここは電波入ります。
2020年09月21日 11:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番三角点。ここは電波入ります。
6番中休み。ここも電波が入るので、ここからタクシー予約が出来ます。6番から電話をすると、タクシーは下山の目安がつくそうです。ここから1時間半くらい。
2020年09月21日 11:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6番中休み。ここも電波が入るので、ここからタクシー予約が出来ます。6番から電話をすると、タクシーは下山の目安がつくそうです。ここから1時間半くらい。
1
しめじしめーじ。可愛く生えてます。僕たちがんばってますっ。
2020年09月21日 12:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しめじしめーじ。可愛く生えてます。僕たちがんばってますっ。
1
7番一休み。
2020年09月21日 12:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7番一休み。
烏帽子小屋から登山口まで、この数字に励まされ。大体標高100M毎が目安かな。
2020年09月21日 13:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋から登山口まで、この数字に励まされ。大体標高100M毎が目安かな。
急登の始まりだよー。
2020年09月21日 13:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の始まりだよー。
ええ。そうですとも。
2020年09月21日 13:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ。そうですとも。
登山口を振り返り。
2020年09月21日 13:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を振り返り。
一つめの橋。これが烏帽子小屋の立て看板にあった丸太橋。水量は多くないので渡れました。左奥に濁沢の滝があります。
2020年09月21日 13:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つめの橋。これが烏帽子小屋の立て看板にあった丸太橋。水量は多くないので渡れました。左奥に濁沢の滝があります。
荒涼とした砂礫のような場所を歩いていきます。ここが濁沢キャンプ場。向こうに高瀬ダム湖が。
2020年09月21日 13:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒涼とした砂礫のような場所を歩いていきます。ここが濁沢キャンプ場。向こうに高瀬ダム湖が。
二つめの橋は吊り橋。金具が緩んでいる箇所あります。
2020年09月21日 13:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つめの橋は吊り橋。金具が緩んでいる箇所あります。
長いトンネルをテクテク歩き
2020年09月21日 13:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いトンネルをテクテク歩き
高瀬ダム湖に到着ー。蕎麦屋さんもコーラもありません。
2020年09月21日 13:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダム湖に到着ー。蕎麦屋さんもコーラもありません。
ありがとうね!また来るよー。予め予約しておいたアルピコタクシーを待ちます。楽しかった!
しかし、この後、バディの身体中にハチによる強烈なアレルギー反応が出て大変な事に。。
2020年09月21日 13:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうね!また来るよー。予め予約しておいたアルピコタクシーを待ちます。楽しかった!
しかし、この後、バディの身体中にハチによる強烈なアレルギー反応が出て大変な事に。。

感想/記録

恋い焦がれていた水晶岳に遂に登頂できました。360度、素晴らしい眺望も拝めることが出来、感動の涙が出てきました。そして憧れの水晶小屋に宿泊です。コロナ感染防止の中、色々なルールが設定されていて、さすがだなぁと感心していたのですが…。
朝から歩き疲れて休んでいる登山客をよそに、酔っぱらった小屋番と一部の常連(?)客がバダバタと大騒ぎ。更に20時消灯後にも小屋番や一部の登山客がマスクもせずに酒盛りしながら、くっちゃべったり、大笑いしたりと、とてもプロの山小屋とは思えない残念な光景に出会してしまいました。もう二度と利用することはないでしょう。
翌朝も天候に恵まれ、初めての裏銀座で北北アルプスのオールスター達の姿を眺めつつ、縦走最終日を堪能しました。烏帽子小屋からブナ立て尾根を下山し、登山口直前(11〜12の間)のフラットな山道を歩いている時、枯れ葉の中に埋もれていた木の根に、以前捻挫した左脚が変な角度で踏み込んでしまい転倒。暫く痛みに耐えながら寝転んでいましたが、立ち上がると右脚のスネあたりに激痛が走りました。見てみると、小さな黒い蜂がタイツの更に靴下の上から針を差込んでいました。慌てて振り払い、そのまま下山を続け無事高瀬ダムへ到着しました。しかし、タクシーを待つ間に身体中に痒みが現れ、耐え難い状態に。取り敢えずタクシーで大町温泉郷の宿にチェックイン。その際に蜂に刺された旨を相談すると、直ぐに救急車を呼んでくださり、受入れてくれた病院で坑アレルギーと痒みどめの点滴を打っていただき、同じ成分の薬を処方してもらいました。その後も定期的に発疹があらわれ激しい痒みに襲われますが、徐々に回復している感じです。宿屋や病院、そしてバディに感謝です!

感想/記録

初めての水晶岳〜ブナ立て尾根への裏銀座ルートは景観が素晴らしく、雷鳥、イワヒバリ、イワツバメ、ホシガラスくん達にも出会えました。次はこの先のルートで扇沢まで、もしくは双六小屋から西鎌尾根を通って槍ヶ岳までも歩き通したいです。ただ、ハチに刺されるとは思いもよらず、装備の甘さを痛感しました。虫除け、ポイズンリムーバーを必ず携帯、いつでも使用出来るよう肝に命じたいと思います。でもしかし、楽しかったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:318人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/13
投稿数: 34
2020/9/23 19:29
 な、なんというオチでしょう(>_<)
もう題名からドキドキしてしまいました。とりあえず大事に至らずに良かったです(^_^;)
そして、本当の山のど真ん中で刺されなくて良かったです(。>д<)
登録日: 2011/5/9
投稿数: 8
2020/9/23 21:58
 普段の行いの問題かもです
本当に下山口まで数百メートルでの出来事でした。でも本当に最後で良かったです。不幸中の幸いと前向きに捉えますw
登録日: 2014/2/13
投稿数: 34
2020/9/24 8:05
 Re: 普段の行いの問題かもです
次回はアナフィラキシーショックの可能性も出てくるかもしれないので、エピペンの携行も視野に入れた方が良いかもしれませんね(>_<)
登録日: 2011/5/9
投稿数: 8
2020/9/24 15:58
 エピペン
さすが、よくご存知です。
自分に針を刺せる自信がありませんが…😅

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ