また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2618527 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

鷲羽岳→水晶岳→雲ノ平→双六岳  寒い夏休み

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月01日(木) ~ 2020年10月03日(土)
メンバー
天候1日目 雨のち曇り(稜線は雹が降ったらしい)
2日目 快晴
3日目 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深夜に新穂高無料駐車場に到着、4割ほどの空き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間14分
休憩
2時間30分
合計
10時間44分
三俣山荘05:1406:42鷲羽岳06:4507:09ワリモ岳07:1807:27ワリモ北分岐08:15水晶小屋08:1608:44水晶岳09:0109:21水晶小屋09:3409:59ワリモ北分岐10:07岩苔乗越10:1110:53祖父岳10:5411:14祖父岳分岐11:43雲ノ平テント場13:1614:00祖父岳分岐14:0115:01黒部川水源地標15:0915:55三俣山荘15:58宿泊地
3日目
山行
6時間0分
休憩
44分
合計
6時間44分
宿泊地06:2807:02三俣峠07:16三俣蓮華岳07:1807:40丸山07:58中道分岐08:18双六岳08:3608:57双六岳中道分岐08:5809:00双六岳巻道分岐09:09双六小屋09:2009:24双六池09:49くろゆりベンチ09:58花見平09:5910:09弓折乗越10:1410:37鏡平山荘10:48鏡池10:4911:09シシウドヶ原11:1011:22イタドリが原11:2311:31チボ岩11:38秩父沢出合12:04小池新道入口12:18わさび平小屋12:27笠新道登山口12:35中崎橋12:47お助け風穴13:00登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)13:0313:10中崎山荘 奥飛騨の湯13:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
しっかりコース整備はされています。ありがとう御座います。
その他周辺情報三俣山荘、水晶小屋閉まっていてびっくり。事前学習が足りてません。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

雨上がりそう!
2020年10月01日 06:23撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨上がりそう!
雲が上がって
2020年10月01日 07:29撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がって
☀️がんばれ
2020年10月01日 07:46撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
☀️がんばれ
雨は上がったが展望無し
2020年10月01日 08:29撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は上がったが展望無し
いました、雷鳥さん。教えて頂きありがとう御座います。
2020年10月01日 09:53撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いました、雷鳥さん。教えて頂きありがとう御座います。
2
尾っぽが白い。二羽います。
2020年10月01日 09:53撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾っぽが白い。二羽います。
8
晴れ ない。
2020年10月01日 10:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ ない。
三俣分岐。晴れた。
2020年10月01日 13:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣分岐。晴れた。
1
おはよう御座います。三俣に来るといつも体調が悪い。朝になったら帰ろうと思っていましたが、鷲羽岳でもと出発。
2020年10月02日 05:13撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよう御座います。三俣に来るといつも体調が悪い。朝になったら帰ろうと思っていましたが、鷲羽岳でもと出発。
7
黒部五郎岳へ月入り。(手振れで申し訳ない)
2020年10月02日 05:24撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳へ月入り。(手振れで申し訳ない)
1
もうすぐ日の出、素敵な時間。
2020年10月02日 05:48撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ日の出、素敵な時間。
5
双六 三俣蓮華方面
2020年10月02日 05:52撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六 三俣蓮華方面
10
鷲羽岳着。元気になってきたし水晶まで頑張ろう。
2020年10月02日 06:36撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳着。元気になってきたし水晶まで頑張ろう。
4
ワリモ岳より鷲羽岳と槍ヶ岳
2020年10月02日 07:12撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳より鷲羽岳と槍ヶ岳
2
少し先で半袖半パンのチョー強い人が抜いて行った。新穂高→大町1Dayの超人だった。(レコ拝見)サイン貰えばよかった。
2020年10月02日 07:28撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先で半袖半パンのチョー強い人が抜いて行った。新穂高→大町1Dayの超人だった。(レコ拝見)サイン貰えばよかった。
2年越し、水晶岳着。天気も良くて最高。
2020年10月02日 08:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年越し、水晶岳着。天気も良くて最高。
5
ただただ最高。感動。
2020年10月02日 08:47撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただただ最高。感動。
8
さて、ここからどうするか?迷う。
2020年10月02日 10:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここからどうするか?迷う。
2
先程行った水晶岳眺めて思案。
2020年10月02日 10:21撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程行った水晶岳眺めて思案。
3
結局祖父岳に。
2020年10月02日 10:53撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局祖父岳に。
1
念願の雲ノ平、行くか迷う。ここで素敵なご夫婦と1stコンタクト!いっそ雲ノ平に泊まれば?と提案頂き行ける所まで行く事に!
2020年10月02日 11:05撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願の雲ノ平、行くか迷う。ここで素敵なご夫婦と1stコンタクト!いっそ雲ノ平に泊まれば?と提案頂き行ける所まで行く事に!
3
スイス庭園方面
2020年10月02日 13:27撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイス庭園方面
1
祖父岳を巻いて
2020年10月02日 14:17撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳を巻いて
黒部源流へ落ちて行きます。
2020年10月02日 14:40撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流へ落ちて行きます。
4
どこから見てもわかるランドマーク
2020年10月02日 14:47撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこから見てもわかるランドマーク
4
やっと来ることが出来ました。
2020年10月02日 15:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと来ることが出来ました。
1
コントラスト
2020年10月02日 15:23撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コントラスト
1
テント場着、テント無事。貸切かと思ったら裏手にお一人、ご挨拶。
2020年10月02日 15:56撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場着、テント無事。貸切かと思ったら裏手にお一人、ご挨拶。
2
お早う御座います。下山のみ、のんびり撤収していると昨日の素敵なご夫婦が通過。同じく新穂高に向けて下山。ありがとうございます、雲ノ平端っこですが行くことができました。
2020年10月03日 05:50撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お早う御座います。下山のみ、のんびり撤収していると昨日の素敵なご夫婦が通過。同じく新穂高に向けて下山。ありがとうございます、雲ノ平端っこですが行くことができました。
さて、名残惜しいですが下山開始。
2020年10月03日 06:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、名残惜しいですが下山開始。
1
この辺りで岐阜の日帰り百名山をされている方とすれ違ってる。残念、サインもらえば・・・同年代なのによくあんなに歩けるものだと感心。
2020年10月03日 06:55撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで岐阜の日帰り百名山をされている方とすれ違ってる。残念、サインもらえば・・・同年代なのによくあんなに歩けるものだと感心。
三俣蓮華岳より黒部五郎岳。次回こそは!
2020年10月03日 07:15撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳より黒部五郎岳。次回こそは!
雲ノ平と薬師岳
2020年10月03日 07:15撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平と薬師岳
2
双六岳より笠ヶ岳
2020年10月03日 08:19撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳より笠ヶ岳
2
双六滑走路より水晶、鷲羽方面
2020年10月03日 08:40撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六滑走路より水晶、鷲羽方面
滑走路より双六岳
2020年10月03日 08:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走路より双六岳
3
すでに30数張り。
2020年10月03日 09:22撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに30数張り。
到着、ありがとうございました。
2020年10月03日 13:11撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着、ありがとうございました。
2

感想/記録

天気と休みと、タイミングが合わず今更夏休み遠征。またまた寒い夜を過ごす事になるのかと思いながら、でも今しかないと思い新穂高までドライブ。山行き中に、お会いしてお話頂いた方ありがとうございました。備忘録、日記は後日加筆します。
2年前から行きたいと思い、9月初めから計画を立てていた水晶岳。休みや天気の加減でやっと実行に移すことが出来ました。2時に新穂高無料駐車場に到着、少し休憩をした後に出発。天気予報は雨でしたが、まだ降ってはおらず、真っ暗な中ヘッデンをつけてスタート。星空もなく、ただただ真っ暗中な中を歩いてい行きます。スタートして1時間経たずに雨。わさび平小屋に避難、軒下が広くベンチもあり快適に雨宿りが出来る事もあり、諦めてゆっくりすることに。1時間たち少し雨も小降りになり、明るくなり始めたので出発。誰に会うこともなく、視界も今一でもくもくと登っていきます。鏡平山荘が近くなり、スライドする方が増えて少しお話、3人のダンディーな方は山荘で工事をしていたそうです。鏡平は結構な人で早々に退散(本来はここでゆっくりするべきでした)。弓折乗越を超えた所で、ライチョウが2羽いると教えて頂いて撮影に成功。尾っぽが白くなり冬支度が始まっている感じでした。
小池新道は3回目ですが、弓折乗越からの稜線が、アップダウンがあり長く感じます。小屋に到着しましたが、風がやや強く、雨宿りでのタイムロスが気になりゆっくり出来ない。ここでも早々にスタート、後で通過時間を確認すると全く問題ない。
三俣へのルートは3本、双六経由、中道、巻道。以前に巻道は非常に辛くて、2度と通らないと思っていたのですが、また来てしまいました。やはり巻道は辛く三俣峠まであと少しでダウン、諦めてゆっくりお昼を食べて。今日は三俣にテントを張ることに決め、明日のプランを考える。三俣に到着するとすでに6張り位張られていて、結構いるなと思いながら、小屋に行くと無人。あれ?双六、雲ノ平はやっているけど三俣はもう終わったのか。まあ今更どこかに行く体力もないので、テント設営、寒さ対策の防寒着を着込む(上下アンダー、中綿入りパンツ、フリース、ライトダウン、アウター)が寒い。以前も同じように体調不良。寝不足や(全く寝ていない)、すぐに横になってカロリーをあまり摂取していない事が原因だと思われる。横になりのんびりしていると、何組か見えたようでテントを設営する気配がするが体調が悪くそれどころではない。何度も目を覚まし、明日になったら帰ろう、絶対に帰ろうと思いテントの中で少し寝ては起きてを繰り返しました。ただ、少し見た月だけは綺麗でした。
朝起きて、綺麗な満月と白み始めた東の空に誘われて、鷲羽を目指す事に決め準備。テント場で南岳を目指す方とお話し、私のプランも尋ねられるが体の状態次第でNOプランとしか答えられない。無事、目的地到着したでしょうか?
厚着をし過ぎているためヒートしないようにゆっくりと歩いて登頂。快晴の空に頑張ろうと決め、水晶岳を目指す事に。一点問題があり、水を400CCしか持っていない。
無駄に食料品や粉ポカリを持っているのにペットボトル1本のみ、気温と次の水場を考えて水晶は行けると判断。順調にワリモ岳、ワリモ岳分岐を通過。その間トレランの方が何人か抜いていく。そんな中半袖短パンで一際目立つ方がお一人、その時は普通に挨拶のみしましたが、後日レコを拝見してびっくり。同じ三重在住の方で新穂高→大町1Dayとか一瞬意味が分からない内容でした。
水晶小屋までの間に脱皮をして、通常の秋山仕様に。小屋に到着するがやはり無人、どうしても水分量だけ気になります。小屋から水晶岳まで、見るとかなりの距離。行く事が出来るのか、荷物をデポして出発。意外にも苦しいながらもすんなり到着。先ほど通過した鷲羽岳や、近くなった黒部ダム、雲ノ平。遠くなった槍、穂高。
やっと来ることが出来、景色を満喫。先には赤牛岳が見え、これから往復される方が一名、私も行ってみたいが今日は引き返す事に。水晶小屋まで戻りプランを考える、
提出してある登山届では、日程順序は入れ替わってますが、雲ノ平までです。
一旦標高を下げ、岩苔乗越に行き、残りの水分量を見て決める事に。岩苔に着いて行けると判断、祖父岳を目指します。祖父岳からの景色も素晴らしく、やはり来てよかった。雲ノ平方面へ下って、黒部源流か雲ノ平か?ここで素敵なご夫婦と1Stコンタクト(合計3回会います)。穂高から入り、双六から黒部源流を通過してきたとの事。ここまで来たのですから行きましょう、雲ノ平に泊まれば?と提案頂き、水を確保出来る事もあるので行く事に。分岐から結構な下りと、少しの登りで往復が辛いな、でも最高のロケーションで天国、来てよかった。ご夫婦に感謝。水を得るためにテント場へ、しかし水が出ていない。見渡すと流水が少し、そこから汲むことに。水分補給と食事、ご飯が全く食べられない。半分も食べずにダウン、1時間半以上のお昼寝休憩。その後だらだらと動きだし、黒部源流を目指す事に。雲ノ平周遊は必ずリベンジします。雄大な雲ノ平の景色を楽しみながら祖父岳分岐へ。祖父岳を巻いていくと正面に鷲羽岳と槍ヶ岳、こちらも素晴らしいロケーションです。黒部源流へは激下り、落ちて行きます。ここまで数人スライド。黒部源流付近は紅葉が素晴らしく、紅葉を楽しみながら三俣へ向けて登っていきます。ここでお二人とスライド目指すは雲ノ平でしょうか?テント場が近づくと、テントが無事か心配になります。もちろん何の心配もありませんでした。テント場到着、今日は貸切になるのかと思いましたが、裏手に一人見えて、先ずはご挨拶、その後何組かお見えになりました。その後今日一日我慢したポカリを製造して摂取、お菓子を食べてゆっくりします。やはり、体調が悪く動けない。予定では、明日は黒部五郎方面に行く予定でしたが、今度こそ下山する事にして就寝。
翌朝のんびりと起きて準備、あんなに夜中調子が悪かったのになぜか悪くない。これなら早起きして予定の周回に行けたのだろうか?悔やまれますが、天気も下り坂帰ることに。撤収作業をしていると、昨日の素敵なご夫婦が通過、同じく新穂高に下山中。
私も撤収を終えて下山開始、先ずは三俣蓮華岳への登り。途中で、楽しいレコを拝見している、岐阜の方とすれ違ったようなのですが、最近あまり山レコを見ていないので気づかなかった。同じ位の年齢の方なのによくあんなに歩けるしレコも面白いのに残念。三俣蓮華岳からの展望も素晴らしいのですが、特に黒部五郎岳をしっかりと目に焼き付けて、こちらも次回のお楽しみに。西からの風がやや強く冷たいですが、双六岳へと楽しい稜線歩き。双六まで来ると人の多さにびっくり。あとは景色を楽しみながら新穂高まで下山。途中秩父沢を過ぎた所で素敵なご夫婦と再々会。少しですがお話頂きありがとうございました。
何時も(2回目ですが)三俣に行くと調子が悪くなる、寒さ?疲労?寝不足?高山病? 1回目は寒さ対策も不十分ですが、今回問題なかったと思う。疲労、寝不足、高山病はあるが、それは他の山に行っても同じ。二日目の夜の体調不良は、完全に水分不足だと思う、少量の水だけではダメ。テントから出発する時もしっかり準備が必要。色々反省して次の山につなげたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:293人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ