また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2636808 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

新穂高〜黒部五郎岳1泊2日

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月03日(土) ~ 2020年10月04日(日)
メンバー
天候10/3晴れ 10/4曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鏡平小屋:オープン中 改修工事中
双六小屋:オープン中
黒部五郎小屋:10/1で終了のため、スタッフの方が片づけしてました。
その他周辺情報ひがくの湯:700円 登山者割引50円
あんき屋: 飛騨牛鉄板焼き定食1600円

写真

鍋平にしか駐車できず。この30分の往復はつらい。せっかく金曜日が休みだったので、一日早く行けたら、天気も駐車場も違っていた。
2020年10月03日 05:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋平にしか駐車できず。この30分の往復はつらい。せっかく金曜日が休みだったので、一日早く行けたら、天気も駐車場も違っていた。
まずは歩いて新穂高まで
2020年10月03日 05:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは歩いて新穂高まで
登山センター
2020年10月03日 05:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山センター
いままで鍋平に駐車したことなかったので、知らなかったけど、ここがその入口だったのか。
2020年10月03日 05:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いままで鍋平に駐車したことなかったので、知らなかったけど、ここがその入口だったのか。
注意書きが多すぎる弊害の一例。要点が分からないので、誰もみない。
2020年10月03日 06:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意書きが多すぎる弊害の一例。要点が分からないので、誰もみない。
コロナ影響。
2020年10月03日 06:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ影響。
1
朝から人いっぱい
2020年10月03日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から人いっぱい
まだまだこれからが登り
2020年10月03日 07:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだこれからが登り
槍方面が良く見える
2020年10月03日 09:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍方面が良く見える
2
鏡平の小屋。改築中
2020年10月03日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平の小屋。改築中
双六小屋はテントがたくさん
2020年10月03日 11:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋はテントがたくさん
おっさんが、一人。三俣蓮華岳
2020年10月03日 13:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっさんが、一人。三俣蓮華岳
2
黒部五郎岳とその下に小屋
2020年10月03日 14:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳とその下に小屋
閉鎖した黒部五郎岳。スタッフの方はまだ片づけしておりました。
2020年10月03日 15:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉鎖した黒部五郎岳。スタッフの方はまだ片づけしておりました。
オレンジテントが自分の
2020年10月03日 15:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジテントが自分の
明日のポカリを作る
2020年10月03日 16:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日のポカリを作る
全部で5張り。カラフル
2020年10月03日 17:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全部で5張り。カラフル
晩飯。18時には早々に寝る。
2020年10月03日 17:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩飯。18時には早々に寝る。
2時起床で朝食
2020年10月04日 02:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時起床で朝食
ヘッドライトは12時半に出発した方が戻ってきた。
2020年10月04日 02:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドライトは12時半に出発した方が戻ってきた。
カール途中のテント
2020年10月04日 03:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カール途中のテント
うまく撮れたのはこれ一枚
2020年10月04日 04:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うまく撮れたのはこれ一枚
明けてきた。
2020年10月04日 05:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けてきた。
黒部͡小屋
2020年10月04日 06:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部͡小屋
黒部͡小屋
2020年10月04日 06:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部͡小屋
黒部͡小屋
2020年10月04日 06:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部͡小屋
1
三俣蓮華山頂はガス
2020年10月04日 08:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂はガス
紅葉。あんまりきれいじゃない気がするけど
2020年10月04日 09:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉。あんまりきれいじゃない気がするけど
双六テン場はテントがもうほとんどない
2020年10月04日 10:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六テン場はテントがもうほとんどない
1
双六谷を遡行するとここに出るのか
2020年10月04日 10:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六谷を遡行するとここに出るのか
ガスの鏡平小屋
2020年10月04日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの鏡平小屋
ガスの鏡池
2020年10月04日 11:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの鏡池
無責任なのか、どうなのか。
2020年10月04日 13:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無責任なのか、どうなのか。
2年前の小倉谷の下りのときには営業していたような気がしたが、閉鎖しているみたいだ。
2020年10月04日 14:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年前の小倉谷の下りのときには営業していたような気がしたが、閉鎖しているみたいだ。
もう一度登る。。実はロープウェイが使えるのを登山センターに降りて初めて知った。
2020年10月04日 14:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度登る。。実はロープウェイが使えるのを登山センターに降りて初めて知った。
車もだいぶ少ない
2020年10月04日 14:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車もだいぶ少ない
きなりの湯はカオス
2020年10月04日 16:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きなりの湯はカオス
きなりの湯はカオス
2020年10月04日 16:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きなりの湯はカオス
あんきやで飛騨牛鉄板焼き1600円
2020年10月04日 16:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんきやで飛騨牛鉄板焼き1600円
あんきやで飛騨牛鉄板焼き1600円
2020年10月04日 16:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんきやで飛騨牛鉄板焼き1600円

感想/記録

北アの百名山で唯一残っていた黒部五郎岳。いつか機会があったら行こうと思っていたが、そうこうするうちに10年は経ってしまったので、ちょうど天気のいい3連休の機会に行くことにした。

<一日目>
わけあって金曜から3連休だったが、いつものように木曜夜に出発するには準備と気力が足りず、金曜夜から出発。なので1泊2日でピークを仕留めないといけなくなりぎりぎりの日程。いくら新穂高は岐阜側で近いといっても片道400kmはあり、到着したのは午前4時半。すでにP5の市営第3駐車場は満車で、鍋平の駐車場へ回される。5時半にようやくスタート。天気はいい。延々と登り双六小屋には昼に到着した。テン場にはテントが60-70張りもあって盛況。同時刻に到着した人らはここでテントを張るみたいで、この先まで行く人はいない。黒部五郎小屋や三俣小屋も閉まっているらしいことを鏡平小屋の掲示で知り、どうしようか迷ったが、天気も落ち着いているので進むことにした。

三俣蓮華岳までの巻き道では、おそらく前日に双六にテント泊をしてピストンしている人と、そこそこ会った。しかしそこから黒部五郎方面へはほぼ人はいない。自分の歩く少し前に、この日テンバで一緒になる単独の方が一名歩いているのが見えただけである。15時半にようやく黒部五郎のテン場に到着。先着はさきほどの人と合わせて単独男性が2名。その後単独男性が2名到着し、この日のテン場は単独男性のテントが5張り。テントの色が全員異なってカラフルだった。誰かのラジオから聞こえるH2Oの思い出がいっぱい、クリスタルキングの大都会が、懐かしかった。夜からは曇ってきてしまい、星空は見えなかったが放射冷却がなくそこまで寒くなかった。荷物を背負っての12時間行動だったので相当疲れて、18時にはそうそうに寝付いた。

<二日目>
今日中に新穂高まで降りて、そこから400劼魃薪召靴覆韻譴个覆蕕覆い里如AM2時に起床してちょうど日の出とともに山頂に到着するように出発した。出発してすぐに降りてくる方と出会ったら、テン場に一番に居た方で12時半に出発して山頂を踏んで降りてきたとのことで早い。自分も空身なので比較的サクサク登り、予定よりも早く山頂についてしまった。天気は曇りで一瞬だけ街の灯りがみえたが、ほぼダメ。したがって山頂の写真は真っ暗だし、カメラのレンズが擦り傷だらけのためかフラッシュをたくとうまく撮影できない。前回の光・聖縦走で液晶にヒビが入ったが、今回さらにもう一か所入ってしまった。しかもやっぱり寒さ(風?)で電源がなかなか立ち上がらない。なんとか証拠写真を撮って下山。カールの途中の水場にテントを張っている人がいて、なるほどいい場所だなと。

6時にテン場に戻ってきたら、もう他のテントは一つもなかった。さすが単独者の朝は早い。自分も味噌汁を一杯だけ飲んで片づけて出発。曇っており風も多少あって昨日よりも悪い。金、土、日にすればちょうど天気のいいときに山頂に行けたが残念。双六岳経由しようかと思ったが、この天気では風で寒いだけなので、素直に巻き道を戻る。そうして双六小屋でトイレ休憩、鏡池で食事休憩した以外はほぼ休憩せずに下山。途中はほとんど早歩きだった。最後は新穂高ロープウェイで鍋平高原まで400円で登れば楽ができたことを、新穂高の登山センターについて知ったがいまさら登り返す気力にはなれずに、来た道を登り返して駐車場へ。ちょうど下山で同じ時刻に新穂高に降りた人もロープウェイから降りてきた。

年々カオス化している「きなりの湯」で汗を流し、「あんきや」で飛騨牛を食べて帰宅。しかし途中で疲れてSAで何回も休憩して、到着は深夜1時半。
今回は運転も核心だったが、1日目10時間、2日目12時間の計50kmでかなり疲れた。50kmは3泊4日の中央ア全縦と同じ距離。そりゃあ疲れる。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1598213.html

これで車で(比較的楽に)行ける範囲の百名山はもう荒島岳(と赤石悪沢)しかないので、こういった行きあたりな縦走はこれで終わりだろう。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:159人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ