また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3638182 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年10月14日(木) ~ 2021年10月16日(土)
メンバー
天候10/14快晴、10/15快晴、10/16曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
さわんどバスターミナル〜上高地バスターミナル間はシャトルバス利用です。往復乗車券2,400円。さわんど第3駐車場3日分2,100円。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
21:41
距離
21.6 km
登り
3,030 m
下り
3,038 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間10分
休憩
17分
合計
3時間27分
S上高地バスターミナル08:3708:41上高地アルプス山荘08:4208:50ウェストン碑08:5008:55田代橋08:5809:02西穂高岳登山口09:0210:42宝水10:4811:51焼岳・上高地分岐11:5812:05西穂山荘
2日目
山行
6時間19分
休憩
4時間8分
合計
10時間27分
西穂山荘04:3604:46西穂丸山04:4605:38西穂独標06:0206:22ピラミッドピーク06:2306:36チャンピオンピーク4峰06:4507:02西穂高岳07:3707:45P107:4608:06赤岩岳08:2208:58間ノ岳09:2609:42逆層スラブ09:5310:09天狗岩10:1510:25天狗のコル10:4112:00ジャンダルム12:4812:57ロバの耳13:1613:27馬の背13:4114:00奥穂高岳14:2114:29穂高岳14:3115:05穂高岳山荘
3日目
山行
6時間25分
休憩
57分
合計
7時間22分
穂高岳山荘07:2008:02奥穂高岳08:04穂高岳08:1008:16南稜の頭08:3009:41紀美子平09:5112:19岳沢小屋12:3913:32見晴台13:3314:11岳沢湿原・岳沢登山口14:1414:24日本山岳会上高地山岳研究所14:2414:34河童橋14:3614:40上高地バスターミナル14:4014:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂独標から西穂高岳はアップダウンの連続はありますが、浮き石も少なく安全に行けるかと思います。西穂高岳〜奥穂高岳は難易度が一気に高まります。垂直に近い岩場の登降、長い鎖場、浮き石(間ノ岳から下るところは特にひどかった)が多いです。また所々ルートが解りにくい所があります。遠くを見据えてマーキングを探しながら慎重に進みます。ジャンダルムは、縦走ルートから分岐して5分程で登れます。馬ノ背、ロバの耳は、最近YouTubeで多く紹介されてます。恐怖感で、視聴しただけで行くのを諦めたくなりますが、三点支持の基本をしっかり実践すれば、難なく行けます。とにかく焦らず慎重に行くことが大切かと思います。心に余裕を持つため “早出” をオススメします。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

奥穂吊り尾根、河童橋から見るのとはまた違う新鮮な感じ。
2021年10月14日 08:46撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂吊り尾根、河童橋から見るのとはまた違う新鮮な感じ。
1
西穂高岳登山口
2021年10月14日 08:57撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳登山口
西穂ラーメン
2021年10月14日 13:35撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂ラーメン
2
西穂山荘
2021年10月14日 14:09撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘
夜明け前に西穂山荘出発。
2021年10月15日 04:29撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前に西穂山荘出発。
1
西穂高岳独標
2021年10月15日 05:39撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳独標
朝焼けシルエットの富士山、もうすぐ日の出。
2021年10月15日 05:58撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けシルエットの富士山、もうすぐ日の出。
2
西穂独標で日の出を迎える。
2021年10月15日 05:55撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂独標で日の出を迎える。
朝陽に照らされたピラミッドピーク。
2021年10月15日 05:58撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽に照らされたピラミッドピーク。
ピラミッドピークより望む、西穂、奥穂。
2021年10月15日 06:23撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークより望む、西穂、奥穂。
1
西穂高岳山頂から奥穂を望む。
2021年10月15日 07:09撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂から奥穂を望む。
2
西穂より望む焼岳、乗鞍岳。
2021年10月15日 07:36撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂より望む焼岳、乗鞍岳。
2
危険を告げる警戒看板。
2021年10月15日 07:44撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険を告げる警戒看板。
1
間ノ岳を登る。
2021年10月15日 08:27撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を登る。
1
間ノ岳を下ります。
2021年10月15日 09:21撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を下ります。
1
間ノ岳を下りてきました。浮き石が多く落石注意です。
2021年10月15日 09:28撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を下りてきました。浮き石が多く落石注意です。
1
逆層スラブ
2021年10月15日 09:39撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆層スラブ
1
天狗の頭から、天狗のコルへ下りるところ。
2021年10月15日 10:14撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭から、天狗のコルへ下りるところ。
1
天狗の頭から岳沢を見下ろす。
2021年10月15日 10:15撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭から岳沢を見下ろす。
天狗の頭から奥穂方面を望む。
2021年10月15日 10:15撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭から奥穂方面を望む。
1
天狗のコル、岳沢へ下る道があります。
2021年10月15日 10:30撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコル、岳沢へ下る道があります。
1
ジャンダルムから望む奥穂高岳。
2021年10月15日 12:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムから望む奥穂高岳。
2
今日1日中、富士山を望むことができました。
2021年10月15日 12:46撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日1日中、富士山を望むことができました。
1
憧れのジャンダルム。
2021年10月15日 12:47撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れのジャンダルム。
4
これよりロバの耳、馬ノ背を登ります。
2021年10月15日 13:42撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これよりロバの耳、馬ノ背を登ります。
1
ロバの耳を上から見たところ。
2021年10月15日 13:45撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバの耳を上から見たところ。
1
ジャンダルムからの一本道。
2021年10月15日 13:48撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムからの一本道。
3
奥穂高岳山頂、無事に到着。
2021年10月15日 14:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂、無事に到着。
2
奥穂から望む、ジャンダルム。
2021年10月15日 14:27撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂から望む、ジャンダルム。
4
奥穂から前穂方面を望む。
2021年10月15日 14:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂から前穂方面を望む。
1
穂高岳山荘、もうすぐ到着。
2021年10月15日 14:49撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘、もうすぐ到着。
1
今日一日、快晴だったことに感謝。
2021年10月15日 16:13撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一日、快晴だったことに感謝。
1
前日の好天とは違い、濃霧(霧雨ではない)の中出発。
2021年10月16日 07:08撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の好天とは違い、濃霧(霧雨ではない)の中出発。
1
強烈な風の吹く奥穂山頂。
2021年10月16日 07:57撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な風の吹く奥穂山頂。
吊り尾根
2021年10月16日 09:10撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根
1
紀美子平。今回は前穂高岳は登らず下山する。
2021年10月16日 09:39撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平。今回は前穂高岳は登らず下山する。
1
岳沢近くの紅葉
2021年10月16日 11:22撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢近くの紅葉
岳沢登山口
2021年10月16日 14:12撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢登山口
1
下山翌日、穂高神社をお参りしました。上高地〜西穂〜奥穂〜上高地、無事に遂行できたことに感謝です。
2021年10月20日 16:03撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山翌日、穂高神社をお参りしました。上高地〜西穂〜奥穂〜上高地、無事に遂行できたことに感謝です。
1

感想/記録

奥穂高岳に初めて登ったのが2015年。その後槍ヶ岳、北穂高岳、大キレットと何度か行きまして、6年越しの夢、ジャンダルムです。
ジャンダルムといえば一般登山道として最難関、気を引き締めて実行しました。
私自身あまり登山ペースは速い方ではありません。(ジャンダルムを行く方々は登山ペースの速い超ベテランが多いとお見受けします)なので時間と心に余裕を持ちたいため、西穂山荘をまだ夜の明けない4時30分に出発、 穂高岳山荘15時くらいに到着できるよう目指します。
ヘッデン頼りにひたすら歩き、西穂独標で日の出を迎えました。これから向かう赤く染まる西穂、奥穂方面。緊張を感じます。いくつかのアップダウンを超えて西穂高岳。意外と簡単に到着した感じです。遠くの富士山が美しい。
いよいよ “恐怖?領域” へ出発です。赤岩岳、間ノ岳とピークを踏み急降下、50cm四方はあろうかという大岩が普通に動く、浮き石が多いというより、ほぼ浮き石しかない所を慎重に下ります。次はほぼ垂直に近い岩場鎖場、緊張の連続です。
迷いやすい所をマーキングを見つけながら慎重に進みます。先ほど追い越して行かれたベテランの二人組に遠くから大声で道案内も受け、とても助かりました。
天狗の頭からまた急降下。天狗のコル(岳沢への分岐点)からはジャンダルムまで、ひたすらきつい登りです。(でもアップダウンあります)
縦走路とジャンダルム 分岐からは5分程で頂上到着。ベテラン二人組に記念写真を撮っていただきありがとうございます。かつて奥穂から羨望の眼差しで見たジャンダルム、今ここにいることに感動です。
いつまでも滞在したいジャンダルム、もう間近に奥穂を望むことができますが、手前には最大難所 “ロバの耳、馬ノ背” が控えています。名残惜しい中で出発です。“ウマノセ” とペンキ書きされた岩を登ります。ひたすら進むと警戒看板、すぐそこに奥穂山頂が見えてます。なんか意外と普通に難所を突破してました。奥穂高岳には14時に到着しました。
奥穂高岳からはジャンダルムがいつものように見えてますが、気持ちは達成感で一杯です。ここまで来ればあと30~40分で穂高岳山荘ですので、ここではのんびり360度の眺望を楽しみました。15時頃に穂高岳山荘に到着しました。
今日一日快晴ともいえる好天でしたので、とても幸運でした。西穂〜奥穂間はとても難路でしたが、その中で個人的には間ノ岳の浮き石地帯が、一番大変でした。それにしても私自身は山歩きが速い方ではありませんが、天候条件と準備が揃えば行けるものだと 、改めて思いました。挑戦して良かったです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:502人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ