ヤマレコ

記録ID: 933940 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳・間ノ岳(広河原〜野呂川出合)

日程 2016年08月05日(金) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
芦安駐車場〜広河原(バス)
二股出合BT〜広河原(バス)〜芦安(乗合タクシー)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
9時間33分
休憩
7分
合計
9時間40分
北岳肩の小屋05:2005:37両俣分岐05:3805:59北岳06:17吊尾根分岐06:37トラバースルート分岐06:3807:12北岳山荘07:1608:09中白根山09:43間ノ岳10:38三峰岳10:3914:10野呂川越15:00両俣小屋
3日目
山行
2時間13分
休憩
0分
合計
2時間13分
両俣小屋06:3308:46野呂川出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
広河原〜北岳〜間ノ岳は、高山植物と展望に恵まれ、よく整備されているコースです。
間ノ岳からの両俣小屋間は登山客は少なく、間ノ岳〜三峰岳を超えた少し先までは、痩せた稜線を巻いた岩稜のガレ場の道でした。
仙塩尾根は、岩稜、潅木帯を過ぎた後、苔むした奥深く鬱蒼とした樹林帯を歩きます。
千塩尾根から両俣小屋までは、やや荒れた滑りやすい土の急坂を下ります。
両俣小屋から野呂川出合いバス停までは未舗装の林道歩きになります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

広河原は 相変わらず混雑していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原は 相変わらず混雑していました。
大樺沢沿いに、 その流れの 音を聞いて歩く道が とても気持ちがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢沿いに、 その流れの 音を聞いて歩く道が とても気持ちがいい。
終始、お花畑が広がり、 さすがに花の名山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始、お花畑が広がり、 さすがに花の名山です。
沢には雪渓がわずかに残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢には雪渓がわずかに残っていました。
右股コースへ。 この辺りも一面お花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右股コースへ。 この辺りも一面お花畑。
要所要所にははしごなどが整備され 歩きやすいです 。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所要所にははしごなどが整備され 歩きやすいです 。
標識などの整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識などの整備されています。
ガスが かかってきた展望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが かかってきた展望はありません。
北岳肩の小屋 多くの登山客で賑わっていました。 水は1リットル100円。 この頃になると 雨がぱらついてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳肩の小屋 多くの登山客で賑わっていました。 水は1リットル100円。 この頃になると 雨がぱらついてきました。
3000m の 稜線からみる 夕焼けは、 素晴らしく、 すごく 寒かったのですがしばらく 見とれてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3000m の 稜線からみる 夕焼けは、 素晴らしく、 すごく 寒かったのですがしばらく 見とれてしまいました
翌日の朝は快晴 。 朝焼けの 雲海の上に 富士山が ぽっかり 浮かび 実に綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の朝は快晴 。 朝焼けの 雲海の上に 富士山が ぽっかり 浮かび 実に綺麗でした。
1
北岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳に向かいます。
北岳山頂。 多くの人で賑わっていました 。まだ ガスが 上がって きて おらず 360度の 展望を 楽しめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂。 多くの人で賑わっていました 。まだ ガスが 上がって きて おらず 360度の 展望を 楽しめました
1
吊尾根分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐。
北岳山荘と間ノ岳向かう稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘と間ノ岳向かう稜線
2
北岳山荘に 到着 。混雑していました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘に 到着 。混雑していました
中白根山。標識には中白峰山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根山。標識には中白峰山。
間の岳へむかいます。 気持ちの良い稜線歩きを満喫します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間の岳へむかいます。 気持ちの良い稜線歩きを満喫します。
間ノ岳。 広い山頂です。 少し雲が出てきましたが、 ガスはかからず360度の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳。 広い山頂です。 少し雲が出てきましたが、 ガスはかからず360度の展望。
1
三峰岳へ 向かいます 。 間ノ岳へ 戻る 登山者 農鳥岳 向かう登山者 がほとんどで こちらへ向かう 登山者はいませんでした 。 到着先の 両俣小屋まで数人(グループ)に ルートのみでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰岳へ 向かいます 。 間ノ岳へ 戻る 登山者 農鳥岳 向かう登山者 がほとんどで こちらへ向かう 登山者はいませんでした 。 到着先の 両俣小屋まで数人(グループ)に ルートのみでした。
痩せ尾根を巻いたの岩凌を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を巻いたの岩凌を歩きます
苔むした 鬱蒼とした 樹林帯を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした 鬱蒼とした 樹林帯を歩きます。
ここを右折して 両俣小屋へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右折して 両俣小屋へ向かいます。
所々 倒木で 道が 流れている 鬱蒼とした 樹林帯の 滑りやすい急な道を 急降下します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々 倒木で 道が 流れている 鬱蒼とした 樹林帯の 滑りやすい急な道を 急降下します
両俣小屋。 落ち着いた 空気が流れ、ゆったりしたてとてもいい雰囲気の小屋、水も 豊富で美味しい。長居をしたくなる小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋。 落ち着いた 空気が流れ、ゆったりしたてとてもいい雰囲気の小屋、水も 豊富で美味しい。長居をしたくなる小屋。
野呂川沿いをのんびり林道あるきバス停へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野呂川沿いをのんびり林道あるきバス停へ。
野呂川出合い。 ここからバスに乗り広河原へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野呂川出合い。 ここからバスに乗り広河原へ。

感想/記録

芦安無料駐車場にAM4時半頃到着しましたが、すでに第4駐車場まで満車状態で、第5駐車場に駐車しました。駐車後も続々と来車し、どんどん埋まっていました。
芦安第5駐車場から歩いて5分ほど先のバス乗り場まで行ったところ、タイミングよくバスに乗車できましたが、満車状態で広河原まで1時間ほど立ったままでした。
1泊目の肩の小屋はかなり混雑していましたが、夕暮れ時と日の出風景が素晴らしく、3000m稜線上ならではでした。
野呂川沿いの両俣小屋は、こじんまりとした小屋ですが、とのんびりとした温かみのある家庭的な小屋で、釣り客も利用しているようでした。さほどの混雑もなく、ゆっくり寝られてのんびり過ごすのによいです。
両俣小屋からは林道をき野呂川出合バス停から広河原行きバスに15分ほど乗り、広河原で乗合タクシーに乗り換え芦安のPへ戻りました。
昼12時頃に駐車場にもどると、かなりの空きが出ていました。
訪問者数:416人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ