ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 941680 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【北鎌尾根】

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月15日(月)
メンバー nightbird
天候初日、二日目、晴れ ⇒ 最終日雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡バスターミナルへ駐車(600円/日)
 朝4時の時点で上段は満車
 下段も6割程の入り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間16分
休憩
1時間50分
合計
9時間6分
S上高地バスターミナル05:2605:31無料トイレ06:12明神館06:16徳本口(徳本峠分岐)06:55徳澤園06:5607:08新村橋(パノラマ分岐)07:47横尾 (横尾山荘)08:0308:38槍見河原08:3908:47一ノ俣08:4808:57二ノ俣09:21槍沢ロッヂ10:2110:41赤沢岩小屋(ババ平)10:4211:15槍沢大曲り11:2512:31水俣乗越12:5114:32北鎌沢出合
2日目
山行
10時間7分
休憩
1時間56分
合計
12時間3分
北鎌沢出合05:0807:35北鎌のコル08:0410:44北鎌独標10:5915:03槍ヶ岳15:3616:05槍ヶ岳山荘16:4417:11殺生ヒュッテ
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水俣乗越までの一般道は危険個所無し

水俣乗越〜北鎌沢出合
乗越よりガレ沢の急下降。しばらくすると右岸に踏み跡があります。
視界が良ければP7とP8のコルからの北鎌沢を見つけるのは難しくないと思います。
北鎌沢出合でテン泊の場合、水は間の沢出合で確保していった方が無難。
この日は北鎌沢を左俣分岐まで15分程登らないと取水できませんでした。

北鎌沢出合〜北鎌のコル
情報によると北鎌沢の分岐は右へ右へと進み、最後のみ左(右はクライマーホイホイ)といったものが多いですが、右俣に入れば常に本流を見極めながら進めば間違いないと思います。
クライマーホイホイへの分岐点でも上部にコルが見えてますので、あえて右のP7方向へルートを外すことは無いと思います。

北鎌のコル〜独標
明瞭な踏み跡をたどりますが、樹林帯を抜けると複数の踏み跡が出てきます。
独標基部までは大きな迂回はせず基本稜線伝いに進みました。
残留スリングのある独標トラバース点からが核心の始まり。
ザレたトラバースを注意深く進み、有名な逆コの字は一段下のステップを使いますが、高度感が半端ないです。
逆コの字を抜けてすぐ稜線に上がるルートもありますが、もう少しトラバースしスラブ帯を過ぎた辺りで稜線に上がりました。

独標〜北鎌平
直登ルートと巻き道ルートなどいくつかありますが、P15と北鎌平への登り以外は直登ルートを進みました。
トラバースの巻き道もザレた登り返しが多く、前後に登山者がいる場合は落石に注意が必要です。
また岩の脆い部分が多く、掴む岩もグラつきを確認しながら進む必要があります。

北鎌平〜槍ヶ岳山頂
北鎌平からは稜線伝いに進み、王道チムニー右側の岩場を登りました。
トラバースしながらチムニーの上に出ます。
そこまで来ると山頂はすぐで、祠の横に飛び出します。

槍ケ岳山頂〜槍ヶ岳山荘〜上高地
一般ルートの為危険個所無し
その他周辺情報日帰り温泉「梓湖畔の湯」
http://www.sawando.jp/

写真

さすがお盆の上高地。
早朝から賑わってますね。
2016年08月13日 05:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがお盆の上高地。
早朝から賑わってますね。
4
恒例の〜
2016年08月13日 05:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の〜
3
明神通過
2016年08月13日 06:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神通過
3
川のせせらぎを聴きながらノンビリ行きましょう。
前にも後ろにも人がいっぱい。
2016年08月13日 06:51撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川のせせらぎを聴きながらノンビリ行きましょう。
前にも後ろにも人がいっぱい。
4
徳沢
ソフトクリームは帰りのお楽しみです。
2016年08月13日 06:58撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢
ソフトクリームは帰りのお楽しみです。
5
横尾到着。ここで小休止です。
涸沢方向へ行く人が多いらしく、槍沢へ行く人はグンと減りました。
2016年08月13日 07:57撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾到着。ここで小休止です。
涸沢方向へ行く人が多いらしく、槍沢へ行く人はグンと減りました。
5
槍が見えるポイント。
肉眼で微かに見えましたが写真では・・m(__)m
2016年08月13日 08:41撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えるポイント。
肉眼で微かに見えましたが写真では・・m(__)m
4
ん〜
気持ちいいね〜
2016年08月13日 08:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん〜
気持ちいいね〜
6
マイナスイオンを浴びながら行きましょう。
2016年08月13日 08:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイナスイオンを浴びながら行きましょう。
6
突然ですがここでオコジョ登場!
チョロチョロ動き回るのでカメラに納まらない!
ドコ? ドコ?
2016年08月13日 08:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然ですがここでオコジョ登場!
チョロチョロ動き回るのでカメラに納まらない!
ドコ? ドコ?
6
やっと撮れたのがコレ
後ろ姿もイカシテルでしょ?
かわいい〜
2016年08月13日 08:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと撮れたのがコレ
後ろ姿もイカシテルでしょ?
かわいい〜
13
大曲から水俣乗越を目指します。
ここから急登に喘ぎながら苦行の始まり!
2016年08月13日 11:15撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大曲から水俣乗越を目指します。
ここから急登に喘ぎながら苦行の始まり!
7
緑の濃さが夏っぽいですね〜
2016年08月13日 11:15撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の濃さが夏っぽいですね〜
4
水俣乗越ま〜だかな〜?
2016年08月13日 12:06撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越ま〜だかな〜?
5
随分登ってきたな〜
後ろからジリジリやられて体力消耗が激しい(汗
2016年08月13日 12:07撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随分登ってきたな〜
後ろからジリジリやられて体力消耗が激しい(汗
6
水俣乗越は何度来ても虫の多い所だな〜(>_<)
早々に下降開始!
水俣乗越でお行き会いした方とご一緒することに。
2016年08月13日 13:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越は何度来ても虫の多い所だな〜(>_<)
早々に下降開始!
水俣乗越でお行き会いした方とご一緒することに。
8
ひたすら沢を下って行きます。
2016年08月13日 14:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら沢を下って行きます。
5
振り返って。
水俣乗越に引き返す方や逆ルートで歩く方もいるらしいのですが、支沢があるのでたまには後も見ながら。
2016年08月13日 14:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
水俣乗越に引き返す方や逆ルートで歩く方もいるらしいのですが、支沢があるのでたまには後も見ながら。
5
こんな感じで歩き難い!
まあこのルートで歩き易さを求めるのが間違いかとw
2016年08月13日 14:35撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで歩き難い!
まあこのルートで歩き易さを求めるのが間違いかとw
7
晩御飯のお供(^^)/
2016年08月13日 18:07撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩御飯のお供(^^)/
9
重かったけど担ぎ上げて良かった
2016年08月13日 18:11撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重かったけど担ぎ上げて良かった
18
翌朝
いよいよ北鎌沢を登ります。
稜線上では水が手に入らないので左俣分岐で水を2リットル確保
2016年08月14日 05:12撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
いよいよ北鎌沢を登ります。
稜線上では水が手に入らないので左俣分岐で水を2リットル確保
7
右俣をズンズンズンドコ登ります。
この日は右俣の2000m越えでも水が流れていました。
ただ普段は涸れていることが多いそうです。
2016年08月14日 06:03撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣をズンズンズンドコ登ります。
この日は右俣の2000m越えでも水が流れていました。
ただ普段は涸れていることが多いそうです。
7
北鎌のコルが見えてきました。
2016年08月14日 06:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌のコルが見えてきました。
6
クライマーホイホイの分岐です。
岩の×印は消えています。
2016年08月14日 06:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマーホイホイの分岐です。
岩の×印は消えています。
8
クライマーホイホイ分岐から正規ルート。
コルに向かって真っ直ぐ進みます。
2016年08月14日 06:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマーホイホイ分岐から正規ルート。
コルに向かって真っ直ぐ進みます。
6
クライマーホイホイへの間違ったルート。
踏み跡が明瞭すぎです。
誤って進入しないように木が置かれています。
2016年08月14日 06:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマーホイホイへの間違ったルート。
踏み跡が明瞭すぎです。
誤って進入しないように木が置かれています。
7
キイチゴがありました。
甘酸っぱくて美味しかった〜
2016年08月14日 07:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キイチゴがありました。
甘酸っぱくて美味しかった〜
9
北鎌のコルに到着。
後程行動を共にする4人が集結。
2016年08月14日 07:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌のコルに到着。
後程行動を共にする4人が集結。
7
P8へ進みながら振り返り。
P4〜P7の稜線
2016年08月14日 08:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P8へ進みながら振り返り。
P4〜P7の稜線
8
遥か遠くに針の木岳
2016年08月14日 08:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か遠くに針の木岳
6
P8に向かって登って行きます。
先程コルで会った方がクライム中。
2016年08月14日 08:44撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P8に向かって登って行きます。
先程コルで会った方がクライム中。
5
隣の硫黄尾根、スバラな迫力!
奥は三俣蓮華〜鷲羽?
イマイチ自信なし(^_^;)
2016年08月14日 08:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の硫黄尾根、スバラな迫力!
奥は三俣蓮華〜鷲羽?
イマイチ自信なし(^_^;)
9
野口五郎方面でしょうか?
2016年08月14日 08:56撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎方面でしょうか?
7
ちなみに写真撮ってるのは安全な場所だけです。
この先の核心部では写真撮る余裕も無くなってきます。
2016年08月14日 08:57撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに写真撮ってるのは安全な場所だけです。
この先の核心部では写真撮る余裕も無くなってきます。
21
振り返って
2016年08月14日 08:58撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
5
これから進む天狗の腰掛から独標
2016年08月14日 09:01撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む天狗の腰掛から独標
7
P9天狗の腰掛とP10独標
2016年08月14日 09:10撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P9天狗の腰掛とP10独標
6
独標が大きくなってきました。
威圧感ハンパネ〜〜
2016年08月14日 09:16撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標が大きくなってきました。
威圧感ハンパネ〜〜
8
独標の基部に到着
ここからトラバースに入りますよ。
ロープとスリングがありますが、いつから在るんでしょうか。
信頼できるのか不安です。
2016年08月14日 10:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の基部に到着
ここからトラバースに入りますよ。
ロープとスリングがありますが、いつから在るんでしょうか。
信頼できるのか不安です。
8
トラバース途中から上を
2016年08月14日 10:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース途中から上を
5
ザレたトラバースルート。
慎重に行きます。
ズルッときたらあの世行き。
2016年08月14日 10:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレたトラバースルート。
慎重に行きます。
ズルッときたらあの世行き。
8
核心部逆コの字を通過後。
一段下にしっかりしたスタンスがありますが、その下は奈落の底。
2016年08月14日 10:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部逆コの字を通過後。
一段下にしっかりしたスタンスがありますが、その下は奈落の底。
10
トラバース終盤
どこから登ろうかな
2016年08月14日 10:34撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース終盤
どこから登ろうかな
6
独標の裏に出ると
2016年08月14日 11:04撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の裏に出ると
7
槍ケ岳どーん!
右下にこれから進むP13,14,15?
もうPいくつかわかんなくなってきた(>_<)
2016年08月14日 11:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ケ岳どーん!
右下にこれから進むP13,14,15?
もうPいくつかわかんなくなってきた(>_<)
17
景色を楽しむ余裕も、あるんだか無いんだか。
2016年08月14日 11:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を楽しむ余裕も、あるんだか無いんだか。
9
この角度からの槍ヶ岳、メッチャカッコいい!
2016年08月14日 11:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度からの槍ヶ岳、メッチャカッコいい!
19
P15を巻いて登り返す!
2016年08月14日 13:37撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15を巻いて登り返す!
7
P15を振り返って
2016年08月14日 13:42撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15を振り返って
6
北鎌平の手前で少し休みましょう。
2016年08月14日 13:42撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌平の手前で少し休みましょう。
6
ガスが上がってきました。
2016年08月14日 13:57撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが上がってきました。
6
ガスの中から不気味に姿を現した
2016年08月14日 13:57撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中から不気味に姿を現した
6
槍ケ岳ちゃ〜〜ん♡
2016年08月14日 13:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ケ岳ちゃ〜〜ん♡
11
ラストスパート!
いきまっせ〜!
2016年08月14日 14:19撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストスパート!
いきまっせ〜!
9
山頂に居た皆さんに拍手で迎えられ感動のフィニッシュ!
皆さんありがとうございました!
2016年08月14日 15:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に居た皆さんに拍手で迎えられ感動のフィニッシュ!
皆さんありがとうございました!
32
登ってきたルートを見おろす
2016年08月14日 15:32撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたルートを見おろす
8
あれれ〜
翌朝の殺生ヒュッテのテン場から
な〜〜んも見えん
2016年08月15日 06:38撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれれ〜
翌朝の殺生ヒュッテのテン場から
な〜〜んも見えん
5
下山開始
常念のシルエットカッコいいね
2016年08月15日 06:51撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
常念のシルエットカッコいいね
8
槍ケ岳さん見えないけどサラバじゃ
2016年08月15日 06:52撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ケ岳さん見えないけどサラバじゃ
5
天狗池
2016年08月15日 07:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗池
7
大曲まで戻りました。
さてもう一周・・な訳ないし
2016年08月15日 08:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大曲まで戻りました。
さてもう一周・・な訳ないし
8
癒されます
2016年08月15日 10:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒されます
8
雨の上高地
しっとりエンディング

おしまい
2016年08月15日 13:57撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の上高地
しっとりエンディング

おしまい
11
撮影機材:

感想/記録

まず最初に・・
このレコのように北鎌尾根に限らずバリエーションルートを踏破したネット情報は沢山有りますが、それをそのまま鵜呑みにして自分も行けるだろうと安易に思い込むのは非常に危険です。

今回は北鎌のコルで居合わせたソロ4人で力を合わせて槍ケ岳を目指しました。
自分独りで行けたかどうか。歩き通す自信はあっても、ルートミスで行き詰まったらリカバリーできただろうか。
北鎌尾根を実際歩いてみて、奥穂〜ジャンダルム〜西穂の縦走などとは比べようも無いほどの難易度に感じました。
単独での挑戦は無謀だったのではないか。
北鎌尾根に来る前に他にもっと登っておくべき山が有ったんじゃないか。
これが振り返っての率直な感想です。

このレコにご訪問頂いた方々それぞれ経験値は違うと思いますが、以上をご理解頂いたうえで、このレコをお読みくださいm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北アルプスのシンボル槍ケ岳。
展望がいい場所では真っ先に目が行く山です。
表銀座から眺めると、その右手に延びる険しい北鎌尾根。
ずっと憧れでしたが、ついにその北鎌尾根に挑戦してきました。

今まで私が登ってきた山の中では、間違いなく一番の難易度です。
体力、登攀能力、ルートファインディング能力、どれか一つ欠けても踏破は無理でしょう。
エスケープルートも無いので、一歩踏み入れたら行くしかない!
行けなければ戻れるのか?でなければ即遭難です。
それだけに、下調べは入念に行ないました。

初日、水俣乗越でそれまでのマッタリした気持ちを切替え、天上沢へのガレ場を下って行きます。
そして本番の二日目。
今までの山歩きの集大成をこの日に!
昨日水俣乗越からご一緒してる方と共に、不安と期待が入り交じりながら北鎌沢を登ります。
北鎌のコルで先行のソロお二人と少し会話を交わしましたが、その後いつの間にかこの4人で即席パーティを組んで歩くこととなりました。
やはり4人だと心強さが違います。
ルーファイも意見を出し合い、より確実なルートへ。

最後は槍ケ岳山頂に4人揃って登頂。
居合わせた方々からおめでとうの言葉をいただき、ご同行して頂いた御三方、山頂で声を掛けてくださった皆さん、大変ありがとうございました。

天候にも恵まれ、今回歩き通せたのはラッキーも有ったかと思います。
今回の山行は間違いなく自分の中で自信にはなるかと思いますが、しかし自分の力量を見誤ることなく過信することなく、この経験を今後に生かしていきたいと思います。
訪問者数:1095人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/28
投稿数: 2267
2016/8/16 9:55
 よくぞご無事で…
nbちゃん: 北鎌ルート攻略おめでとう(^_^)v
ご苦労様…それしか言いようが無いな\(^o^)/
登録日: 2014/6/2
投稿数: 1605
2016/8/16 10:17
 おめでとう♪
nbさん ちわちわ〜

お疲れさま〜
いやいやいやいや
こっちまで緊張するではないですかぁ

よくぞご無事で
よかった よかった
本当に無事でよかったよ
おめでとう

ここから眺める硫黄尾根もちょっとヤバイですね
惹かれるものがあります
あのギザギザも北鎌歩かないと見れないのかぁ
くぅぅぅ
ん( -_・)?鷲羽岳から眺められるか?

3日間お疲れさまでした
登録日: 2014/5/8
投稿数: 1726
2016/8/16 10:22
 とうとう行きましたか・・・
いやいや
おめでとうございます

一人で行けたかどうかはさておき、結果論ですが即席で4人パーティー組めたことは良かったですな。
心強かったでしょう。

他の3人も「行きたかった〜!」と地団太を踏んでることでしょうね

限られた者だけが踏み込める領域。

私は「行きたいな〜」と思うだけにしておきます。

ふん、バイクの方が楽しいわい
登録日: 2014/12/16
投稿数: 110
2016/8/16 11:02
 ゲゲゲ!
nbさん こんにちは
北鎌からご無事で何よりです。
地図で破線ルートが限界なので、憧れはあっても、行くことにない世界!
素晴らしいの言葉しか見当たりません。
次は、劔・北方稜線だったりして
登録日: 2013/11/24
投稿数: 405
2016/8/16 17:58
 北鎌尾根。
nbさん、こんにちは!

北鎌尾根行かれたんですね
自分には、なかなか想像も及ばないところですが、
好天にも恵まれて、目に飛び込んでくる絶景は、
そこを歩ける人だけの特権でしょうね
硫黄尾根越しに見る三俣蓮華岳から鷲羽の稜線の美しさや、
見たことのない槍ヶ岳の表情。
ありがとうございます

イチゴのつまみ食い、美味しいですよね
私もこの前、木苺ではなかったですが、
地べたのイチゴを戴きました
登録日: 2014/3/2
投稿数: 100
2016/8/16 21:23
 お疲れ様です
nbさん こんにちは
なんと、北鎌尾根でしたか。
勇気とパワーと技術を少しだけ分けていただきたいくらい。
きっと達成感は凄まじいのでしょうね。
また以降登る方のためのルート間違い抑制の写真と解説は参考になりますね。
(私は行けませんが。。。)

同じ日程、同じ山域に居ました。
こちらはのんびりハイキングでしたが、どこかでお会いしていたのかも。
63枚目の写真の場所で水浴びしましたよ!冷たかったー

お疲れ様でした。
登録日: 2015/2/20
投稿数: 1050
2016/8/16 22:00
 〜。
私らごときはコメントできませんね。
無事下山ようございました。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1469
2016/8/16 22:45
 おめでとうございます
ひゃ〜、北鎌ついに行っちゃいましたか。
奥西とは比べようも無いほどの難易度とは
よくぞご無事で...

写真48の槍ヶ岳、ほんとカッコいいですね。
北鎌からしか見られない景色!
スバラです

着々とアルパインに足を踏み入れていますね〜
nbさんにもっとレベルアップしてもらって、連れてってもらお〜
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1004
2016/8/17 1:13
 うわぁ〜
nbさん こんばんわ

あこがれの北鎌尾根〜
かっこいい〜
阿弥陀の恐ろしい?冬登ったのより厳しいのですか〜?
そんな大変な所なのですね
いつか行きたいと思っておりましたが、最近はお花三昧なので、たぶん行きません〜w
ほ・ほ・本当は北鎌・北尾根・八峰行くような登山したいんですが…
いいな〜羨ましいな〜
今度武勇伝聞きたいです〜
お疲れ様でした〜
登録日: 2015/4/29
投稿数: 11
2016/8/17 7:49
 こんにちは!
北鎌素晴らしいですね☆
私もいつかは北鎌をとねらっていますが、コメントにありますようにやはり奥穂~西穂とは比べものにならないのでしょうか?先週ジャンに行ってきました。
もしよろしければ、アドバイスお願いします(^^*)
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 10:09
 Re: よくぞご無事で…
カールさん、お早うございます(^o^)/
今回は歩くことに精一杯で、景色や山飯ランチを楽しむ余裕がありませんでしたよ(^_^;)
でもまた行きたいと思ってます(^-^)v
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 10:17
 Re: おめでとう♪
ponさん、ちわっす〜(^^)

今回はご一緒できず残念でしたが応援ありがとうございました(^-^)/

硫黄尾根の荒々しさは凄い迫力でした
でもあそこは眺めるだけですね〜

今度ジャンダルムの縦走して、少し岩場の練習すればponさんだったら北鎌も余裕で行けちゃいますよ(^_-)

またご一緒しましょう(^o^)/
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 10:25
 Re: とうとう行きましたか・・・
タクさん、おはよーさんです(^o^)

ありがとうございます!
いやいや、行ってしまいましたよ(^_^;)
即席パーティー組めただけでも心強かったですよ

行きたいな〜って思ったら行くしかないんじゃ?
バイクでフワワキロ出す以上の刺激ですぜ
\(◎o◎)/
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 10:41
 Re: ゲゲゲ!
ヨッシャーさん、おはようございます(^-^)

いやいや、ジャンダルムを何度も歩いてるヨッシャーさんなら行けると思いますよ(^^)d

北方稜線行ってみたいですね〜
そそられますよ( ^∀^)
ありがとうございました
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 11:26
 Re: 北鎌尾根。
フジモンさん、こんにちは(^o^)/

何度も見ている槍ヶ岳も、北鎌尾根から角度を変えて見ると迫力も違いますね〜
本当なら独標の上でマッタリ珈琲タイムといきたいところでしたが、そんな余裕ありませんでしたよ(^_^;)

北鎌のコル手前見つけたキイチゴ、北鎌の恵み?ちょっとだけパワー出ました(^o^)/
コメントありがとうございました☆
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 11:42
 Re: お疲れ様です
hyさん、こんにちは(^o^)v

いや〜ビックリですよ、すぐ近くにいらっしゃったんですね\(◎o◎)/
私がもう一本遅いバス上高地入りしてたらお会いできてたかもですね〜
カメラのテクニックも教えていただきたかったですよo(^o^)o

hyさんの南岳〜天狗原レコも拝見しました。
帰りに天狗池に寄ってくれば良かったかなと後悔中ですよ(^_^;)
コメントありがとうございました(^-^)/
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 11:44
 Re: 〜。
ハムさん、ちわちわ(^o^)/

帰りの上高地バスターミナルの人混みで遭難しそうでしたよ(^_^;)
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 11:58
 Re: おめでとうございます
マルイさん、こんにちは(^o^)/

ついに行ってしまいましたよ〜
初の北鎌をソロはちょっと無謀だったかもですが、パーティーも組めてよかったですよ(^_^;)

感じ的には、奥穂〜西穂を鎖を使わずに行く感じでしょうかね
本当に危ないところにはスリングやロープが残留してましたが使えるのかどうか?でした(*_*)

今度はHTで行きましょうかね〜
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 12:33
 Re: うわぁ〜
マキビトさん、こんにちは(^o^)v

北鎌尾根にも花咲いてましたよ〜☆
歩きながら花を見てホッとする瞬間もありましたが、残念ながら写真に納める余裕はありませんでした(^_^;)

あれ?マキビトさん八峰行ってませんでしたっけ? 長次郎谷でしたっけ?
今度北鎌も行ってみてくださいね〜☆
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/17 13:53
 Re: こんにちは!
mahok510さん、はじめまして。
コメントありがとうございますm(__)m

北鎌ねらっていらっしゃるんですね(^^)
普段はちょっとオチャラケた私ですが、そういうことなら少し真面目に(^^ゞ

プロフも拝見しましたが、ジャン以外にもバリエーションを歩かれてる様子。
私も少々バリエーションは歩きましたが、今までの場所とは随分違うと思いましたよ。
北鎌に比べると、奥穂〜西穂は破線ルートとはいえ一般ルートのように感じてしまいます。
危険個所には鎖が整備されマーキングもしっかり有り、ガレ場なども人が多く歩いている分だけ石も安定している。それが北鎌にはありません。
登れる場所を自分で見つけ、登れなかったらクライムダウン。
懸垂下降できるようロープは持って行きましたが、岩に蝉のように張り付いてザックからロープを出せるような状態ではありませんでした。
下は100m以上も落ちているザレ場で、一歩踏み出すたびに崩れる足元の石。
どなたかのレコで、ジャンダルムの奥穂側を直登できるくらいの登攀能力がないと歩けないともありました。
これが本当のバリエーションなんだなと思いましたよ。

・・と、言葉ではお伝えきれないのですが、まずは経験者の方に同行されるのが最善ではないかと思います。
そしてアドバイス的なことでは天気の事前確認と、気持ちにゆとりをもって決して焦らない急がない。
他の荷物は軽量化しても水だけは多めに持ち、稜線上でビバークしても大丈夫くらいのつもりで挑んだ方が良いと思います。

なんか怖がらせるような事ばかり書いてしまいスミマセン(>_<)
でも、しっかり準備をすれば、素晴らしい景色と槍ケ岳山頂のウイニングロードが待ってますので、ぜひ頑張ってくださいね〜〜(^^)/
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1473
2016/8/19 9:18
 4継の日本新のような感動
nbさん、おはようございます。

すっかりと遅コメになりました
なかなか異動前後バタバタで...
オリンピックで男子4×100mで日本新を出したと同じくらいの感動というかなんでしょうかね?
自分も歩いているような感覚で写真を見ましたが、自分にはやはり行ける場所ではないと感じました。
経験を積んでいつか行きたい!と気持ちが満タンになった時は、ぜひお願いします

即席でのチーム、各人の経験が結集、融合したいいチームだったんだと思います。
お疲れ様でした。×100
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/8/19 22:20
 Re: 4継の日本新のような感動
がーねっちん、わんばんこ(^o^)/

お仕事の異動の方は少し落ち着いてきましたかね(^-^)

レコ読みしたりオリンピック見たりで感動と余韻に浸ってます(^_^;)
奥原希望には試合でメダル取って欲しかったなぁ(><*)

北鎌手強かったですが、四人で力合わせて行くことができましたよ〜
今度はHTで行きたいですよ〜
岩登りやろ〜(^o^)/

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ