また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > kennさんのHP > 日記
2013年02月09日 02:13未分類全体に公開

絵本「アルバータ山のピッケルものがたり」

昨年11月にここでお宅訪問記を書いたハガスキー元社長・元日本山岳会副会長の芳賀孝郎さんの奥さん・淳子さんが、「アルバータ山のピッケルものがたり」という絵本を自費出版された。

これは、お宅訪問記の中でも紹介したエピソードを描いたもので、“アルバータ山のピッケル”とは、1925年に槇有恒や淳子さんのお父様(三田幸夫)たちの日本隊がカナディアン・ロッキーの鋭鋒アルバータに初登頂した際に、頂上に残してきたピッケルのこと。

絵本は、このピッケルがその後にたどった数奇な運命を感動的に描き出しています。本体と石突きが離ればなれになってしまったピッケルが、70年あまりの時を経てついに再び一本に合体されるまでが、実話をもとに、美しい水彩画と、ピッケルの視点による一人称の文章で綴られています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1441人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2007/7/19
投稿数: 3298
2013/2/10 21:04
RE: 絵本「アルバータ山のピッケルものがたり」
 kennさん、この絵本は市販ルートには乗ってない様子ですね。
 入手方法を教えてくださるとありがたいです。

 石突きからシャフトの末端部分と、ピック部分が離れた理由は、持ちかえった人が一部残そうとしたからなんでしょうか?
登録日: 2007/5/15
投稿数: 6103
2013/2/11 17:16
RE: 絵本「アルバータ山のピッケルものがたり」
ケンさん、この本、僕も読みたいです。
アルバータはいまでも結構難しい山です。丸太ん棒を
立てかけて登った槙有恒の初登も凄いですけどね。カナダの近代アルミニズムと日本の近代アルピニズムがほぼ同時代だったのも凄く縁を感じますよ。
登録日: 2008/6/19
投稿数: 425
2013/2/12 11:56
RE: 絵本「アルバータ山のピッケルものがたり」
tanigawaさん、yoneyamaさん

今、問い合わせしておりますので、しばらくお待ちください。
ピッケルが折れて石突きが残ったのは、ケルンに刺さったまま凍りついていたのを無理矢理引き抜いたからのようです。


ページの先頭へ