また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > nobouさんのHP > 日記
2012年05月10日 07:05未分類全体に公開

驚きの草堆肥

 知人のお母さんが高齢のため畑仕事がしんどくなったので手伝ってほしいと頼まれて半日ほど畑作業を手伝った。
 写真のように畑の草や野菜の不要部分を溜めて置く堆肥場があり、それを元肥として利用して欲しいと言われ堆肥場を引っ掻き回して驚いた。上の方の草は原形のままだが、掘り返して行くと下の方はまったく原形を留めず土と化しているのだ。
 『こうなるには4~5年くらいかかるんでしょうネ』と聞くと、『とんでもない。これは去年からの1年分です』と言われた。『下の方は草とは思えないほど重いですよ。土を混ぜたんですか?』『​いいえ。草だけでこうなったんです』とも・・。
 『土に還る〜』とは言うが、まさかここまで本当の土のようになるとは思わなかった。こんな風に完全に堆肥化しているのなら、牛糞や鶏糞の堆肥を入れる必要はないんじゃないだろうか・・。畑に生える雑草や野菜の本体は、肥料を一時預けしているようなものだから、堆肥化することによってそれを取り戻すと考えればいいのだ・・,と。

 チップソーでなくビニールコードで刈ると草が散り散りバラバラになり、風で飛んで行くか土に混じってしまうので、自分の場合は草を1ヶ所に集めると言う発想にならない。
 バラバラになった小片もやがては土に帰るのだから同じことが起こっているのかも知れないが、まとめて堆肥化したものを見ると実感があり、ちょっと考え直してしまった。
訪問者数:1415人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2010/3/7
投稿数: 1834
2012/5/10 8:03
 RE: 驚きの草堆肥
私も一時草花に凝っていた時期があり、
落ち葉をかき集めては腐葉土を作っていました、

袋の底に穴を開けて水をタップリ入れて、たまにかき混ぜていると
一年後には土のような立派な腐葉土が出来ました、

これを見ていると自然の仕組みは凄いですね、
登録日: 2009/9/15
投稿数: 555
2012/5/10 17:56
 驚きの草堆肥
 すべての有機体(生命)は土に還る〜と言うのは理屈では分かっているつもりでしたが、それは『土のようなものになる』と言う意味と解釈していました。しかし、実際に見たそれはまさに『土』そのものでした。
 でも本当は土ではなく有機物が発酵して元素に近いものに還元されて『土のよいうに』なったものなのだと思いますが・・,でもでも、土と言ってもいいほどにズシリと重い『土』でした。


ページの先頭へ