また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1164664 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳周回 ※ア・バオア・クー(A BAOA QU)は、吹き荒れる風の中で

日程 2017年06月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→ガス→曇り時々晴れ一時雨+全工程強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸山荘
http://www.yatsugatake.gr.jp/minoto.html
〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-448

道路状況:八ヶ岳山荘以降はダート+凸凹道
     ※一般車でも通行は可能ですが、
      慣れていない人は八ヶ岳山荘に停めるのが正解

駐車スペース:美濃戸山荘に有料駐車場あり(1,000円/日)

トイレ:各小屋にあり(チップ制)
    ※道の駅「小淵沢」にもあり

コンビニ:小淵沢IC周辺にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間26分
休憩
40分
合計
9時間6分
S赤岳山荘04:2704:33美濃戸山荘05:14堰堤広場05:59赤岳鉱泉06:0306:08大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:0906:12ジョウゴ沢07:19赤岩の頭07:2007:41硫黄岳07:4307:56硫黄岳08:10硫黄岳山荘08:41台座ノ頭08:4208:53横岳(奥ノ院)08:5909:06無名峰09:0909:16横岳(三叉峰)09:27石尊峰09:2809:30鉾岳09:3409:39日ノ岳09:4209:51二十三夜峰09:5210:01地蔵の頭10:0310:08赤岳天望荘10:1010:51赤岳頂上山荘10:56赤岳11:0211:20文三郎尾根分岐11:54行者小屋11:5512:25中ノ行者小屋跡12:2713:29美濃戸山荘13:33赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=9時間9分(ヤマプラ標準時間=9時間53分/14.4km)
歩行距離=17.33km
標高差=1,226m
平均速度=1.89km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.八ヶ岳山荘から美濃戸山荘間を車で移動する場合は
 特に帰路の時間は歩行者に注意
2.同道路は一般車でも通行は可能(但し徐行)
3.美濃戸山荘から北沢ルートは、堰堤広場まで林道
4.堰堤広場から登山道になり、足元が大きな石で覆われる
5.赤岳鉱泉から本格的な登山道となり、最初は樹林帯を歩く
6.赤岩の頭から尾根歩きとなるが、
 今回は完全に強風に晒されました
7.硫黄岳から赤岳に向かう途中に、硫黄岳山荘があります(営業中)
8.硫黄岳から横岳間は、鎖場・梯子・急な岩場等、比較的危険ルートです
 ※横岳から赤岳へのルートも同じ様な場所があります
9.赤岳展望荘から頂上山荘まではかなりガレた急坂
 ※一部に鎖あり
10.文三郎尾根は階段が多数ありますが、急な下りもあります
※落石に注意する事と、落石させない様に注意する事が必要
11.行者小屋以降はなだらかな樹林帯歩きです
12.水分補給量≒750mL
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ ストームクルーザージャケット 靴下 夏帽+ニット帽 フリース手袋+冬用 雨具(ストームクルーザーパンツ) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2+おにぎり×2 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) 軽アイゼン

写真

硫黄岳山頂、ガッスガスです。ついでに強風が吹き荒れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂、ガッスガスです。ついでに強風が吹き荒れています。
3
とりあえず、硫黄岳の本当の山頂を目指しましたが、行止まりで辿り着けませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、硫黄岳の本当の山頂を目指しましたが、行止まりで辿り着けませんでした。
1
横岳に向かう途中で、ガスが晴れ始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳に向かう途中で、ガスが晴れ始めました
1
一次的ではありますが、青空も見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一次的ではありますが、青空も見えました
1
横岳から赤岳を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳から赤岳を望む
4
ツクモグサがありましたが、規制線の外なので接写できませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクモグサがありましたが、規制線の外なので接写できませんでした
2
なのでズーム!
でも、あちこちに群生していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なのでズーム!
でも、あちこちに群生していました
8
山梨百名山標柱、あちこちで新しくなってきてますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山標柱、あちこちで新しくなってきてますね
3
ホテイラン……ボケてますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテイラン……ボケてますが
3
風が強かったのでブレてしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強かったのでブレてしまいます
1

感想/記録
by drunk

2017年6月10日(土)
最初に、ア・バオア・クー(A BAOA QU)について説明しよう。
ア・バオア・クー(A BAOA QU)とは、
機動戦士ガンダムに登場する宇宙要塞である。
※その他にも色々説明はあるが、今回はガンダム由来なのである。
なぜ、ア・バオア・クー(A BAOA QU)かと言うと
その形が、今回のルートと似ているから、と言う事。
自分が初めて言う訳ではない、他の人も記載しているはずである。

そして今回は、ア・バオア・クー(A BAOA QU)に取りつかれたのだ!

さて今回の場所は人気がある故、早朝に現着しないと、
八ヶ岳山荘からスタートして、徒歩で約1H/片道、余計に歩く羽目になる。
なので帰宅後に寝るのも早かったが、起床も1:00と早かった。
これで駐車場の確保は問題ないだろう……と思った。
※実際にも問題なかった。

4:27 アイゼンをザックに積み込んで駐車場をスタートする。
結果的にアイゼンは必要なかったが、残雪部は所々に散見されている。
ちなみに、北沢ルートに残雪はほとんど無く、
散見される多くは南沢ルートである。

5:59 赤岳鉱泉着。
ここまでの標高差約500mで、ここからの標高差も約500mとなる。

7:19 赤岩の頭着。
スタート時は、ノマドジャケット+フリース手袋だったが、
ここでストームクルーザージャケットを羽織り、手袋は冬用に交換した。
強風予想が見事に的中した事と、晴れ予報が外れてガスに覆われた為
一気に冷えたからである。

7:41 硫黄岳着。
硫黄岳山頂に着くと風は更に強く感じられ、
縦走強行か撤退かでしばし悩んだが、
横岳までの距離を鑑みて横岳まで移動する事にした。
実際には鎖、梯子、岩場があり、危険ゾーンなのだが
風が本格的に強くなるのは午後からなので、
それまでに下山すると決めて移動した。

ちなみに、冬山装備を準備していたので、
今回の様な天気でも体は冷える事は無かったし、
十分に対応できたと思ってる。
ま、半分は無謀な強行だったと思いますけどね。(-。-)ボソッ

8:53 横岳着。
鎖場と風に神経を尖らせていたので、横岳到着は唐突であった。
なおこの辺りになると一時的ではあるが、風が緩くなる。
で、ここからの移動は、ツクモグサの捜索となったが、
曇りゆえ、咲いている花が見当たりません。
見つけたとしても、花が閉じているのと、その場所は規制線の外でした。
無理してアップにしても、風でブレまくりとなりました……。(T^T)

10:56 赤岳着。
赤岳展望荘でしばしの休憩を取っているので、
ここまでの時間がかなり掛かっている。
今回はルートの制覇が目的なので、時間は気にしていません。
なのでしっかり休憩も取りました。

しかしである。
こんな強風日和なのに、赤岳山頂は写真撮影に並ぶ人・人・人。
自分もその中の1人となったのだが、赤岳人気は凄いですね。

13:29 美濃戸山荘着。
南沢ルートの途中に咲いているホテイランを堪能した後、
数分で下山完了です。
写真はブレたりボケたりしてしまいましたが、
可愛い花をしっかり楽しみました。
でも、ふと思ったんですが、
正面から見るとエイリアンそっくりですね。(-。-)ボソッ
訪問者数:560人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ