ヤマレコ

記録ID: 1188490 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

農鳥岳〜間ノ岳〜北岳 前半絶景、後半花畑♪

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新東名の新清水インターから52号、新万沢橋北詰交差点から富士川東側の県道10号線を走ると52号より早く行ける。でも新清水インターから奈良田まで1時間半はかかる。
奈良田は第2駐車場に。ガラガラだった。奈良田からのアクセスはこの時期はまだ空いている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間8分
休憩
49分
合計
12時間57分
S奈良田駐車場02:2502:39奈良田ゲート04:49大門沢小屋04:5207:39大門沢分岐08:33農鳥岳08:4309:05西農鳥岳09:0709:35農鳥小屋10:54間ノ岳11:29中白根山11:46北岳山荘11:5712:21トラバースルート分岐12:2212:42吊尾根分岐13:08北岳13:17両俣分岐13:2013:23北岳肩ノ小屋13:35小太郎尾根分岐13:3613:41草すべり分岐13:4214:11白根御池小屋14:1915:05白根御池分岐15:09広河原山荘15:1815:20広河原・吊り橋分岐15:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下りと登りでは人が違うのはいつも通り。3000m峰になると空気が薄いせいかその差が顕著に出る。ああ、サクサク登りたい。でも、2年前と比べると段違いに成長してるんだけど。
コース状況/
危険箇所等
○奈良田〜大門沢降下点…最初の渡河は橋が無い。また、木の橋のロープはあまり頼り過ぎると逆に危険。雪の為の横断1か所。平坦なのでアイゼン必要なし。
○大門沢降下点〜農鳥岳…2017.7.8時点では雪の箇所、数か所。ツボ足可能。
○農鳥岳〜北岳…間ノ岳山頂の平坦部分、北岳山荘入口のみ雪あり。
○北岳〜広河原…肩の小屋・御池コースは雪無いが、左俣コースは雪道。で今回アイゼン持って行かなかったので、あきらめた。
その他周辺情報奈良田の里温泉(女帝の湯)550円。
御池小屋のソフトクリーム300円。
最終コンビニはセブン‐イレブン 身延下山店。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 行動食 ハイドレーション ヘッドランプ 予備電池 GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

奈良田のゲート。今回も深夜出発。一応このコース初の日帰り挑戦。
2017年07月08日 02:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田のゲート。今回も深夜出発。一応このコース初の日帰り挑戦。
3
舗装された林道を30分ほど歩いて、ここから登山道。奈良田から農鳥岳まで標高差2200m程を登っていく。
2017年07月08日 03:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道を30分ほど歩いて、ここから登山道。奈良田から農鳥岳まで標高差2200m程を登っていく。
1
最初の吊り橋。ここは立派。暗いので高度感無し。
2017年07月08日 03:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の吊り橋。ここは立派。暗いので高度感無し。
4
基本、踏み跡とたまにある標識辿れば行けるが、たまに見失う。特に夜。
2017年07月08日 03:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本、踏み跡とたまにある標識辿れば行けるが、たまに見失う。特に夜。
1
木の橋が大門沢には数か所。ロープは頼らない。最初の渡河には橋は無し。目印も判り難かった。
2017年07月08日 03:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋が大門沢には数か所。ロープは頼らない。最初の渡河には橋は無し。目印も判り難かった。
1
今回靴を新調。今まで履いてたのと同じだが、まだ硬くて足が痛くなるのでインソールを右足だけ外して歩く。
2017年07月08日 04:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回靴を新調。今まで履いてたのと同じだが、まだ硬くて足が痛くなるのでインソールを右足だけ外して歩く。
4
4時を過ぎると明るくなり、4時半にはヘッデン必要ない。結果ナイトハイクは2時間程度。
2017年07月08日 04:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時を過ぎると明るくなり、4時半にはヘッデン必要ない。結果ナイトハイクは2時間程度。
4
大門沢小屋到着。宿泊者の起床の時間くらい。
2017年07月08日 04:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋到着。宿泊者の起床の時間くらい。
1
小屋から霞んでいる富士山。この写真だとほぼ見えない(^_^;)
2017年07月08日 04:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から霞んでいる富士山。この写真だとほぼ見えない(^_^;)
5
大門沢。ここの左側を稜線まで登っていく。
2017年07月08日 05:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢。ここの左側を稜線まで登っていく。
1
ロープに全体重乗せたら川に落ちそうになった。余計なことせず、歩こう(^_^;)
2017年07月08日 05:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープに全体重乗せたら川に落ちそうになった。余計なことせず、歩こう(^_^;)
2
標高2000mを越えたあたりの樹林帯。
2017年07月08日 05:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000mを越えたあたりの樹林帯。
1
最初の雪通過ポイント。標高2600m付近。ほぼ平坦なのでツボ足余裕(^-^)
2017年07月08日 07:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の雪通過ポイント。標高2600m付近。ほぼ平坦なのでツボ足余裕(^-^)
3
桜かな?
2017年07月08日 07:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜かな?
1
標高2700mくらいからハイマツ帯。奥は農鳥岳山頂方面。
2017年07月08日 07:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2700mくらいからハイマツ帯。奥は農鳥岳山頂方面。
4
2000mくらい登ってきて、ようやく大門沢降下点。ここから稜線を歩きます。
2017年07月08日 07:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2000mくらい登ってきて、ようやく大門沢降下点。ここから稜線を歩きます。
1
鐘を鳴らして進みました。
2017年07月08日 07:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘を鳴らして進みました。
1
おっと!塩見岳!
2017年07月08日 07:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと!塩見岳!
7
広河内岳の奥には、蝙蝠、荒川三山、赤石。
2017年07月08日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河内岳の奥には、蝙蝠、荒川三山、赤石。
3
登ってきた大門沢。奥には霞んだ富士山。この時間雲はないが霞んでいる。
2017年07月08日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた大門沢。奥には霞んだ富士山。この時間雲はないが霞んでいる。
4
稜線は、高山植物が沢山咲いてます。
2017年07月08日 07:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は、高山植物が沢山咲いてます。
5
2回目の雪。ハイマツとの境目を歩いた。登山道を少し離れる。
2017年07月08日 08:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の雪。ハイマツとの境目を歩いた。登山道を少し離れる。
2
ここはツボ足でも十分。
2017年07月08日 08:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはツボ足でも十分。
1
20m程ハイマツ帯を藪漕ぎ。登山道へ復帰。
2017年07月08日 08:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20m程ハイマツ帯を藪漕ぎ。登山道へ復帰。
2
その箇所を振り返って。よく見るとステップがあった。こちらの方が楽そう。
2017年07月08日 08:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その箇所を振り返って。よく見るとステップがあった。こちらの方が楽そう。
2
3回目の雪。ここもツボ足可能。20m程。
2017年07月08日 08:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目の雪。ここもツボ足可能。20m程。
1
遂に今年初の3000mの世界にやってきました(^O^)/
2017年07月08日 08:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂に今年初の3000mの世界にやってきました(^O^)/
7
ここが落ちたら危険な雪越え。数メートル。ただ、しっかりステップあるので、通過は余裕です。油断はしないように。
2017年07月08日 08:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが落ちたら危険な雪越え。数メートル。ただ、しっかりステップあるので、通過は余裕です。油断はしないように。
1
そして農鳥岳到着。奥は間ノ岳と北岳。
2017年07月08日 08:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして農鳥岳到着。奥は間ノ岳と北岳。
5
東は霞んだ富士山。
2017年07月08日 08:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東は霞んだ富士山。
4
北から白根三山を縦走されている方に撮って頂いた。ありがとうございました。
2017年07月08日 08:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北から白根三山を縦走されている方に撮って頂いた。ありがとうございました。
18
イワベンケイ。
2017年07月08日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイ。
3
ハクサンイチゲ。これが一番咲いてたな。
2017年07月08日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。これが一番咲いてたな。
7
西農鳥岳へ向かう稜線。ここで僕より2時間以上遅く奈良田を出発したランナーさんと会話。登り速くなりたいなあ。
2017年07月08日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳へ向かう稜線。ここで僕より2時間以上遅く奈良田を出発したランナーさんと会話。登り速くなりたいなあ。
2
たぶん、トリカブト?
→オヤマノエンドウでした(^_^;)
2017年07月08日 08:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん、トリカブト?
→オヤマノエンドウでした(^_^;)
4
間ノ岳。迫力ある。
2017年07月08日 08:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳。迫力ある。
6
西農鳥岳から農鳥岳方面。奥に霞んだ富士山。写真だとほぼ見えない(^_^;)
2017年07月08日 09:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から農鳥岳方面。奥に霞んだ富士山。写真だとほぼ見えない(^_^;)
2
仙塩尾根に蝙蝠、塩見。奥に荒川三山、ちょびっと赤石。あちらも今年行く予定。でも全部は行けないだろうなあ( ノД`)シクシク…
2017年07月08日 09:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙塩尾根に蝙蝠、塩見。奥に荒川三山、ちょびっと赤石。あちらも今年行く予定。でも全部は行けないだろうなあ( ノД`)シクシク…
5
2年前、ここまで11時間かかった。フラフラで農鳥小屋で宿泊した。あれから2年。まだまだだけど、普通に歩いて6時間半くらいで来れるようになった。
2017年07月08日 09:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前、ここまで11時間かかった。フラフラで農鳥小屋で宿泊した。あれから2年。まだまだだけど、普通に歩いて6時間半くらいで来れるようになった。
7
一直線に農鳥小屋まで高度を下げ、間ノ岳へ登り返す。迫力あるルート。
2017年07月08日 09:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一直線に農鳥小屋まで高度を下げ、間ノ岳へ登り返す。迫力あるルート。
6
農鳥小屋から西農鳥岳方面。おじさん、小屋の中で作業中だったので、今回は素通り。
2017年07月08日 09:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋から西農鳥岳方面。おじさん、小屋の中で作業中だったので、今回は素通り。
4
間ノ岳まで標高400mの登り返し。結構疲れる。
2017年07月08日 09:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳まで標高400mの登り返し。結構疲れる。
3
間ノ岳山頂はガスになった(>_<)このあたりから雲が出始め眺望はいまいちになる。ここから先はちょくちょく人と会う。
2017年07月08日 10:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂はガスになった(>_<)このあたりから雲が出始め眺望はいまいちになる。ここから先はちょくちょく人と会う。
7
3000m越えの稜線。贅沢(^_^)
2017年07月08日 11:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3000m越えの稜線。贅沢(^_^)
3
中白峰山3055m。マイナーな3000m峰。ここは間ノ岳山塊にカウントされちゃうんだろうか。農鳥とか塩見より高いんだけどね。奥穂におけるジャンダルムみたいなもんか。
2017年07月08日 11:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰山3055m。マイナーな3000m峰。ここは間ノ岳山塊にカウントされちゃうんだろうか。農鳥とか塩見より高いんだけどね。奥穂におけるジャンダルムみたいなもんか。
5
北岳山荘。
2017年07月08日 11:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘。
1
山荘前は雪。
2017年07月08日 11:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前は雪。
2
チョウノスケソウ。下山するまでキタダケソウと思い込んでいた(^_^;)
2017年07月08日 12:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ。下山するまでキタダケソウと思い込んでいた(^_^;)
9
吊尾根分岐通過。最後の力を振り絞り北岳へ。
2017年07月08日 12:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐通過。最後の力を振り絞り北岳へ。
1
ようやく山頂到着。登りの足終了(^_^;)
ここも残念ながら曇り。そそくさと下山します(>_<)
2017年07月08日 13:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂到着。登りの足終了(^_^;)
ここも残念ながら曇り。そそくさと下山します(>_<)
11
肩の小屋通過。今回は左俣コースは雪多しでアイゼン必須とのことで諦め、御池経由で下山する。山頂は見えたり見えなかったり。
2017年07月08日 13:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋通過。今回は左俣コースは雪多しでアイゼン必須とのことで諦め、御池経由で下山する。山頂は見えたり見えなかったり。
1
3000m以下は見通し効きます。稜線を気持ちよく下山できます。
2017年07月08日 13:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3000m以下は見通し効きます。稜線を気持ちよく下山できます。
2
御池が見えてきた。この辺りはよく人とすれ違う。本日の肩の小屋は満員だろうなあ。
2017年07月08日 13:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池が見えてきた。この辺りはよく人とすれ違う。本日の肩の小屋は満員だろうなあ。
1
白根御池小屋の楽しみはこれ(^-^)バニラと桃味あり。僕は桃味にしてみた。これも山行の目的の一つ。
2017年07月08日 14:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋の楽しみはこれ(^-^)バニラと桃味あり。僕は桃味にしてみた。これも山行の目的の一つ。
11
広河原の吊橋。下界(といっても標高1500m以上あるが)は蒸し暑いね。
2017年07月08日 15:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原の吊橋。下界(といっても標高1500m以上あるが)は蒸し暑いね。
4
振り返って北岳方面。この後最終バス16:40で奈良田まで。奈良田の温泉で汗を流して帰宅。
2017年07月08日 15:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って北岳方面。この後最終バス16:40で奈良田まで。奈良田の温泉で汗を流して帰宅。
5
撮影機材:

感想/記録

今週は日曜日は用事があるので土曜日の日帰りアルプス登山。アイゼン無しで行けそうな日帰り3,000m峰ということで、白根三山に行ってきた。後は奈良田から行くか広河原から行くかだけど、天気の良い午前中に、なるだけ稜線を歩きたいということで奈良田発とした。
ここは2年前に初めて訪れた南アルプスで、同じルートを同じ時期に辿る。その頃は、山経験が浅く体力もないので農鳥小屋で宿泊した。まあ、あの小屋での宿泊は貴重な体験だけどね。
さて、このルートの制約は、広河原から奈良田へのバスの最終16:40に間に合うこと。それを逃すとロードを17キロ歩くことに。まあそれならそれだけどね。また、2年前は全くなかった雪が今年はあるので、そこが留意点。とは言っても、アイゼン無しで行けそうな感じ(北岳の左俣はアイゼン無しは無理。違うコースにした)なので持って行かなかった。

奈良田までは途中仮眠しながらガラガラの駐車場に2時頃到着。準備をして出発。この時期はすぐ明るくなるので、ヘッデン使ったのは2時間程度だった。格好はトレランスタイルだが、登りはすべて歩き、下りも8割がた歩きという感じ。農鳥岳までは、黒戸尾根や早月尾根並みの標高差2200m程。2年前、西農鳥岳まで11時間かかって且つフラフラだったが、今回は歩いて6時間台で。まだまだ登りは遅いが成長はしているみたい。でも、農鳥岳であったランナーさんは僕より2時間以上短いタイムで登ってきてるので、まだまだだなあと思う。この後、間ノ岳と北岳の登り返しは、結構辛かった。やっぱり登りは遅いね。登りと下りは別の人になってるなあ(^_^;)

主な雪は、大門沢降下点と農鳥岳の間。ツボ足で通過可能。時間帯では気を付ける必要あるかもしれないが、いずれにしてもアイゼンは不要かな。この心配もあと2週間程度か。
稜線は、絶景だが本日は霞んでいて、富士山はばっちり見えたけど写真に撮ると見難い。間ノ岳は農鳥岳方面から見ると迫力がある。もちろん北岳もだけどね。
この時期、花は咲き乱れ状態だけど、結局キタダケソウは見れなかった?よく似た花は沢山咲いているんだけど(>_<)まあ、真剣に探してなかったので、もしかしたら見ていたかも。
結局天候は、午後から曇ったが、花目当てでも堪能できるので結果的に大満足の山行だった。

北岳からの下りは、まだ左俣コースはしっかり雪があるのでアイゼン必須とのこと。従って肩の小屋・御池小屋経由で下山。でも御池小屋のソフトクリームは抑えたので良しということで。バス待ちは1時間半ほど。もっと稜線でゆっくりできたかも。

白根三山日帰りできるのは、成長した証だけど、相変わらず登りが遅い。サクサク登りたいなあ。
来週は、野沢のトレラン大会また勢いで申し込んじゃった。アルプスじゃない( ノД`)シクシク…。登りと制限時間が不安だ(^_^;)
訪問者数:1485人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/24
投稿数: 1842
2017/7/9 10:20
 shin0609さん、こんにちは。
またまた凄い山行を・・・余裕で行ってきましたね

恐るべしshinさん<m(__)m>。

もう別次元の世界に行ってしまわれた(笑)。

こりゃ〜〜〜秋のダイトレ完歩もご一緒していただけないかと・・・

来週、野沢のトレランですか。それに赤石方面も・・・。

私も頑張らねば・・・
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/9 22:42
 Re: shin0609さん、こんにちは。
HIDEさん、こんばんは(^ ^)
今回、ほとんど昨年HIDEさんが歩かれたペースと似てますね(^ ^)
途中からその通過時間をヤマレコでチェックして、引き離されずに行けば、バスに間に合うと思って歩いてましたよ(^ ^)
ここで再認識したんですが、登りは遅く時間差が拡がり、下りで追いつくパターンでした。まだまだ登りは遅いんだなと(^_^;)
たぶん、ダイトレもそんな感じだと思いますよ(^_^;)
来週は恥かいてきます(^_^;)
登録日: 2011/10/15
投稿数: 317
2017/7/10 20:59
 私も。
日曜日に奈良田から笹山登って北岳まで縦走して16:40広河原発で帰ってきました。
記録は現在作成中です。
私は広河原から奈良田まで走る根性も体力もないので
時計とにらめっこしながら必死こいて登りました。
土曜日の方が天気よかったようですね。
白峰南嶺で出会った人は3人。静かで眺めも最高でした
qwg
登録日: 2011/8/19
投稿数: 799
2017/7/10 21:37
 足慣らし
shinさんにとってこのくらいの山行は、もう足慣らしですね。
4年前に小太郎山のピストンも含めて奈良田からの白根三山を登りましたけど、早い時間に稜線に立てるから、広河原からより奈良田発の方が好きです。

あと、トリカブトじゃなくて、葉っぱの形からしてオヤマノエンドウではないかと。
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/10 22:20
 Re: 私も。
smさん、こんばんは(^O^)/
なんと!笹山経由で縦走ですかあ。僕だったら、前日夜出発のフルナイトハイクを絡めないとバスは無理だなあ。考えもしないルートです(^_^;)レコ楽しみに待てます(^O^)/

そろそろ、皆さんのアルプスレコが本格化する頃になってきましたよね。今年も悪戦苦闘のレコ&たまにはゆったりテント泊のレコ入れていきます(^-^)
とりあえず、また懲りずに週末トレラン大会行ってきます(^_^;)
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/10 22:38
 Re: 足慣らし
qwgさん、こんばんは
えっ?!小太郎山まで行かれたんですね。確かにあの稜線下っていたら、気持ちよかったのでまだ稜線歩き続けたかったです!(^^)!

そうなんですよね。夜行バスがあれば(あるわけないか)、広河原発でもいいんですけど、ちーと辛いですが、稜線に早くいけるのと、南側から間ノ岳と北岳を眺めるのが結構迫力あって気に入ってます。まあ、逆ルートでも振り向けばいいんですけどね(^_^;)

花の名ありがとうございます。検索したらオヤマノエンドウでした(^_^;)また、今回、キタダケソウもしっかり調べていかなかったので、帰ってネットで調べたらチョウノスケソウと間違えてがっかりしてました(^_^;)
今回は、心拍計持ってくの忘れちゃったんですが、相変わらず登りがトロイので来週のトレランでまた鍛えてきます(^_^;)
登録日: 2013/12/22
投稿数: 376
2017/7/11 6:49
 この土日は登山日和でしたね
 やっぱ、この週末は南アルプスへ行かれたんですね。
 私は、この梅雨時期の同じ土日に奥さんのポイント10倍稼ぎとして、横浜・鎌倉へ行ったけど、旅行中に超梅雨空を眺めならが登山したいな〜と、ずーっと思っていました。
 まだ、一部雪が残っていましたね、私も一泊二日でダブル三山したいなぁ〜と思って計画しました。
 
 野沢まであと3週間、最近ランニングも精力的にやっていますね〜、ワタシなんか15〜16日にONTAKEマイルがあるけど、調整不足でかなりヤバいです
 
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/11 8:43
 Re: この土日は登山日和でしたね
gontaさん、こんにちは😃😃😃
やっぱり1日でも時間取れると迷わずアルプスって感じです(^_^)なるほどgontaさんは家族サービスですね。これは必須ですよね(^_^)
おっと!ダブル三山はファストパッキングスタイルですか(^_^)僕も、憧れててまずザック買いたいけど、家族サービスしないと微妙(^_^;)

今、ランニングしてますが、暑くなると調子上がらすで不安です(^_^;)
野沢も今週末です(^_^)gontaさんも同じ頃奮闘していると思って、完走目指して頑張ってきます(^_^)
登録日: 2016/6/2
投稿数: 1
2017/7/12 17:19
 お疲れ様でした。
こんにちは。

農鳥岳でお話したトレイルランナーです。

結局、体調が芳しくなく、予定ルートを変更し、白根御池小屋経由で下山しました。
それでも、奈良田まで林道を走って戻ろうと思い走ったのですが、途中で14:10広河原発のバスが後ろから来て、それが私の横に停車し、扉が開き、改札係のおばちゃんがにっこりと「乗りませんか?」ってきたものですから、思わずフラフラっと乗車してしまいました。

自分は積雪があるまで、毎週のようにアルプスのどこかを走ると思いますので、どこかでお会いするかもしれませんね。

また、よろしくお願いします。
登録日: 2013/5/15
投稿数: 2795
2017/7/12 20:55
 下りはセンス、登りは努力!
shinさん、こんばんは! 
今週は白根三山縦走でしたか    僕もqwgさんと同じく大門沢から稜線に乗る方が時間的に有効なので、こちらのコースが好みです。
このコース、トレイルランナーは吊尾根から下りてそのまま広河原まで走るというスタイルが多いみたいです。 shinさんなら時間を見ても十分行けましたね

僕も登りが遅いのが課題なのでshinさんの気持ちは良く分かります。
いろいろ考えてはいるんだけどなかなか速くなんないんですよね〜   まだまだ努力しなくては...
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/12 22:13
 Re: お疲れ様でした。
MATRAさん、こんばんは😃😃😃
体調悪い中、颯爽と追い抜いていかれたので凄いと思ってました。冗談おっしゃってるのかなあと思ってましたが、ルートも変更されてたんですね。
バスの改札のおばちゃん商売上手ですね(^ ^)人の疲れ具合を透視しているかもしれませんね(^ ^)でも、僕も、もしランを選んでいたら体調良くても誘惑に負けていたかも(^_^;)

僕は鈍間の登山者からトレラン&マラソンの世界をかじり始めたので、まだまだスローペースですが、週末は北又は南アルプスに出没する予定です。こちらこそ、またよろしくお願いします(^O^)/
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/12 22:39
 Re: 下りはセンス、登りは努力!
kaiさん、こんばんは😃😃😃
今年は残雪が多いので、今のところ実家近くの北アではなく、南アルプスに行ってます(^ ^)白根三山は年一は訪れたいとこで、南から見る間ノ岳とか北岳が良いんですよね(^ ^)
なるほど、吊り尾根経由という手がありましたか。それなら12〜13キロのロードで 僕でも明るいうちに帰れましたね(^_^;)北岳からはもう3回目のルートなので本当は違った道を歩きたかったので次回の訪問ではそのルート行って見ます。また、ここは前日はalsoさん、翌日はsmさんが、プラスαで縦走しているので、僕もそれらもアレンジしてやって見たいと思ってます。ただ実力つけないと(^_^;)
kaiさんのレベルとは数段違いなんで、恥ずかしいですが、登り努力続けます(^_^;)先日のinaminさんの努力日記なんか読むと、まだまだ自分は甘いと(^_^;)
登録日: 2014/4/9
投稿数: 1412
2017/7/13 22:26
 遅くなってゴメンね〜。
shinさん、こんばんは〜。
コメント遅くなってスイマセン。
この山行は計画を発表された時から気になっていたので、ゆっくり拝見しようと後回しにしていたんです。
私は百名山は無理だけど3000m峰制覇は可能だと持っています。北岳、間ノ岳は行きましたが、農鳥に登らなければならないので、奈良田からのルートが楽しみだったんですよ。でもshinさんのスタート地点んだから夜だろうな〜って

しかしこんな事日帰りでできるんですね〜私は一日10時間の行動が限界ですがshinさんの一日は24時間あるからな〜私の2日分だもんな〜ずるいな〜。
登録日: 2013/8/18
投稿数: 473
2017/7/14 6:10
 Re: 遅くなってゴメンね〜。
shigeさん、こんにちは😃😃😃
このルートは稜線までは長いんですが、登ってしまえば雄大な景色が待ってます。間ノ岳から北側は結構人がいるんですが、南は空いてて、景色がいいのに勿体無い感じです。
まあ、2年前は泊まりでコースタイムも標準より相当遅かったですが、農鳥小屋を体験できたのである意味良かったです。
僕も百名山をヤル気は無いんですが、元々3,000m峰をコレクトしようとアルプス行ってました。残りは立山と御嶽。立山は単独でスッと行っちゃうか縦走をするかで、御嶽山頂は気長に登れるのを待つという感じです(^ ^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ