また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221143 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【槍ヶ岳】台風5号直撃 雲上の絶景登山

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月11日(金)
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
8月7日新宿発さわやか信州号が運休になり、槍穂高完全縦走の計画が白紙に。翌8日の高速バスはすべて満席のため中央線各駅停車に乗車し、5時間かけ松本へ。松本で宿泊後、9日タクシーにて上高地に入山。
10日上高地よりさわやか信州号にて新宿。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間55分
休憩
3時間25分
合計
12時間20分
S河童橋06:3007:05明神07:50徳澤08:30横尾08:4009:35一ノ俣10:05槍沢ロッジ10:1011:15大曲12:30天狗原分岐13:20坊主岩小屋13:3014:05殺生分岐14:50槍ヶ岳山荘17:3018:00槍ヶ岳18:2018:50槍ヶ岳山荘
2日目
山行
7時間25分
休憩
2時間5分
合計
9時間30分
槍ヶ岳山荘05:0506:00ヒュッテ大槍06:1007:35水俣乗越07:4008:30大曲09:10槍沢ロッジ09:45一ノ俣10:10横尾10:2011:10徳澤12:5013:45明神14:35河童橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
台風5号による長野県への被害は少なく、登山道も特に崩落、増水等は無し。
槍沢登山道は危険個所は無し。槍ヶ岳山荘から頂上までは鎖、梯子の連続で高所恐怖症の方は要注意ですが岩場のレベルは高くありません。水俣乗越までの東鎌尾根もそこそこの岩稜帯で楽しむことができます。危険個所は鎖、梯子がありますので三点支持で行けば問題ありません。しかし道幅が狭い箇所がありますので譲り合いを心掛ける必要はあります。水俣乗越から大曲までの登山道は樹林帯の急登です。気を抜くと落石を起こしかねない登山道ですのでここも慎重に下山してください。大曲から先は危険個所は無し。
その他周辺情報トイレは横尾以降は各山小屋にあり。水場は横尾の先は槍沢ロッジ、ババ平キャンプ場にあり。坊主の岩小屋手前の水場は地図では水場マークがありますが微妙な感じでした。気になさらない方は問題ないかと思うレベルです。槍ヶ岳山荘の夕食はハンバーグ、ごはん味噌汁お代わりし放題です。稜線上の小屋のため水はすべて雨水です。山荘内の自動販売機に300円で500mlミネラルウォーターあり。東鎌尾根に水場はありません。横尾まで下山後、徳澤園の野沢菜チャーハン、山の手作りカレー、カレーうどんはめちゃめちゃおすすめです。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 日焼け止め、サングラス等の日焼け対策は必須です。

写真

まさかのバス運休で9日の夜に松本到着。始発バス5時まで滞在しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかのバス運休で9日の夜に松本到着。始発バス5時まで滞在しました。
松本駅でタクシーのうんちゃんにキャッチされて上高地へ。霧雨が降っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本駅でタクシーのうんちゃんにキャッチされて上高地へ。霧雨が降っています。
台風の影響か水量も多く、いつもより濁っている気がしました。上高地は例年通りの混み具合でかなり朝から賑わっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響か水量も多く、いつもより濁っている気がしました。上高地は例年通りの混み具合でかなり朝から賑わっています。
今回からはalpengluehenオリジナルTシャツで登山します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回からはalpengluehenオリジナルTシャツで登山します!
今日は行程時間が長めなので早速登山を開始します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は行程時間が長めなので早速登山を開始します
コロンビアのザックカバーとミレーのザックカバー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロンビアのザックカバーとミレーのザックカバー
明神はスルーで徳澤公衆トイレに到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神はスルーで徳澤公衆トイレに到着です。
徳澤園。明日のランチは絶対ここ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤園。明日のランチは絶対ここ!
1
登山しない人にも歩いてほしい散策路ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山しない人にも歩いてほしい散策路ですね。
横尾山荘に到着です。休憩、給水をします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘に到着です。休憩、給水をします。
1
横尾山荘から少し進むと蝶ヶ岳への分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘から少し進むと蝶ヶ岳への分岐です。
横尾から一ノ俣の道は気持ちの良い沢沿いの緩い登りです。常念岳からの沢との合流点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾から一ノ俣の道は気持ちの良い沢沿いの緩い登りです。常念岳からの沢との合流点。
沢のすぐ横の登山道!ザ・夏山って感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢のすぐ横の登山道!ザ・夏山って感じです
10分1回のペースで沢で顔をゆすぐ二人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分1回のペースで沢で顔をゆすぐ二人。
槍沢ロッジまでは緩い登りで疲労ゼロです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジまでは緩い登りで疲労ゼロです
太陽が出てきて気温もUP!テンションもUP!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が出てきて気温もUP!テンションもUP!
1
またゆすいでるよ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またゆすいでるよ、、、
まだ緩い登りです。急登が恋しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ緩い登りです。急登が恋しい。
8月が新緑の季節!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月が新緑の季節!
お気に入りのポーズ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お気に入りのポーズ
雪渓が現れました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が現れました!
1
アイゼン必要ありません。怖い方はストックを持参してください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン必要ありません。怖い方はストックを持参してください。
1
雪渓の落石は音がしないので要注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の落石は音がしないので要注意です。
1
大曲を越えて天狗原分岐まできました。ここら辺から急登になっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大曲を越えて天狗原分岐まできました。ここら辺から急登になっていきます。
お気に入りのポーズ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お気に入りのポーズ
もう疲れたのか、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう疲れたのか、、
ガレ場をつめていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場をつめていきます
常念を眺める。そろそろ向こうの標高こえるぞ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念を眺める。そろそろ向こうの標高こえるぞ〜
2
もう少しで坊主岩小屋です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで坊主岩小屋です
2
播隆窟=坊主岩小屋です。槍ヶ岳を初登頂した僧侶播隆がベースキャンプとして利用した岩穴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
播隆窟=坊主岩小屋です。槍ヶ岳を初登頂した僧侶播隆がベースキャンプとして利用した岩穴です。
奥が殺生ヒュッテ。もうすこし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が殺生ヒュッテ。もうすこし。
槍ヶ岳山荘到着!殺生分岐からの登りは辛かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘到着!殺生分岐からの登りは辛かった。
17時の夕食まではテラスでのんびり過ごします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時の夕食まではテラスでのんびり過ごします。
2
ハンバーグ♪ご飯味噌汁はおかわり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンバーグ♪ご飯味噌汁はおかわり
3
夕食後に槍ヶ岳に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食後に槍ヶ岳に登ります。
山荘から見たままの登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から見たままの登りです。
祠と裏銀座の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠と裏銀座の山々
3
あえて槍ポーズはせず、斬新なポーズ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あえて槍ポーズはせず、斬新なポーズ。
3
極度の高所恐怖症だったと気づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極度の高所恐怖症だったと気づく。
2
本当だったら見えてる穂高連峰を全部縦走していく予定だったのにな〜。左から前穂、北穂、奥穂、ジャンダルム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当だったら見えてる穂高連峰を全部縦走していく予定だったのにな〜。左から前穂、北穂、奥穂、ジャンダルム。
2
影槍。常念と重なっていて神秘的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影槍。常念と重なっていて神秘的。
6
一番奥の山はおそらく御嶽山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥の山はおそらく御嶽山です。
1
新しい槍ポーズはこれで決まりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい槍ポーズはこれで決まりです。
2
ダウン着こんでたのかい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダウン着こんでたのかい!
アルプス一万尺こやりのうえでアルペン踊りを♪の小槍です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス一万尺こやりのうえでアルペン踊りを♪の小槍です。
1
岐阜県側に日が沈みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜県側に日が沈みます。
3
最後に影槍と常念山脈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に影槍と常念山脈
1
梯子はどんな時もひとりずつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子はどんな時もひとりずつ
2
山荘のうしろはどこまでも雲海が続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘のうしろはどこまでも雲海が続いています。
4
満点の星をみて就寝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満点の星をみて就寝です。
2
3時57分に点灯、5時ちょうどにご来光です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時57分に点灯、5時ちょうどにご来光です。
3
東鎌尾根、水俣乗越経由で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根、水俣乗越経由で下山します。
ヒュッテ大槍に到着!地図上のコースタイム30分で行くのは厳しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍に到着!地図上のコースタイム30分で行くのは厳しいです。
1
東鎌尾根にも長い梯子が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根にも長い梯子が!
整備はよくされていて歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備はよくされていて歩きやすいです。
1
花が咲き始めたらそろそろ水俣乗越です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が咲き始めたらそろそろ水俣乗越です。
燕岳まで縦走したいところですが、大曲方面に下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳まで縦走したいところですが、大曲方面に下山です。
急登を下り、大曲に到着です。ここからは緩い下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を下り、大曲に到着です。ここからは緩い下り。
槍沢ロッジに到着。4キロで横尾!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジに到着。4キロで横尾!
横尾に到着です。登山やる人は下山完了した気分ですが一般人は上高地11キロの表示にビビるでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾に到着です。登山やる人は下山完了した気分ですが一般人は上高地11キロの表示にビビるでしょう。
予定通り徳澤園でランチです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通り徳澤園でランチです。
山の手作りカレー、野沢菜チャーハン、カレーうどん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の手作りカレー、野沢菜チャーハン、カレーうどん
2
名物は野沢菜チャーハン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物は野沢菜チャーハン
1
カレーは肉がゴロゴロはいってて最高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーは肉がゴロゴロはいってて最高
2
カレーうどんも魅力的
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーうどんも魅力的
2
二日間で消費したカロリーを取り戻します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日間で消費したカロリーを取り戻します。
1
河童橋に到着です。観光客がたくさんいて登山人はアウェーに感じる・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋に到着です。観光客がたくさんいて登山人はアウェーに感じる・・・

感想/記録



本来の計画であれば8月8日穂高岳山荘、9日槍ヶ岳山荘宿泊で前穂高岳から槍ヶ岳までの縦走でしたが、台風5号が直撃し7日のバスが運休に。急きょ計画を立て直し、槍沢から槍ヶ岳を目指しました。
青春18きっぷを利用し東京から鈍行列車で5時間かけ松本駅へ、一晩を明かし上高地に入ることができました。上高地は霧雨が降り、吊尾根はもちろん焼岳も見えないという天候。しかし徳澤を過ぎたあたりから雨がやみ晴れ間も見え始めました。横尾までは観光者向けの舗装路で横尾から登山が始まるといった感じです。一ノ俣、槍沢ロッジまでは沢沿いの登山道でとても気持ちが良いです。天気も晴れてきて冷たい沢水で顔をすすぎまくりました。槍沢ロッジにはお風呂もあり体力に自信のない方は槍沢ロッジ宿泊がおすすめです。大曲までは緩い登りの道でしたが、大曲からは急登が始まります。急登と言っても鎖場や梯子はなく、ガレた谷をつめていく道です。坊主岩小屋までくると背景には常念岳、蝶ヶ岳を望むことができ疲れが吹っ飛びます。殺生分岐を過ぎると大天井岳、燕岳方面まで景色が広がり絶景のなかの登山ができます。槍ヶ岳山荘は5名以下であれば予約の必要はなく、チェックイン前に用紙を記入します。当日は混んでいなく一人一枚の布団で寝ることができました。夕食は1回目の17時に指定されたので、夕食後に槍ヶ岳を登ることにしました。この時間からの槍ヶ岳登攀は日没の可能性もありおすすめしません。ヘッドライトを持って山頂に向かいました。山荘から頂上への道は見た通り垂直の岩登りです。北アルプスのなかでは初心者向けとされてる槍ヶ岳ですが、三点支持の言葉すら知らないような初心者が登るのは不可能だと思います。ある程度岩慣れしている方やボルダリング経験者は楽しく登れると思います。槍ヶ岳から下り終わりサンセットを山荘横から眺め、20時に就寝しました。2日目は4時起床で山荘前でご来光を待ち、5時5分から下山開始。東鎌尾根を進みます。槍ヶ岳山荘からヒュッテ大槍まで地図では30分となっていますが、我々は約1時間かかりました。計画を立てる際は登下山共にご注意ください。水俣乗越までの道は鎖や梯子もあり変化に富んだ登山道で面白かったです。途中やや道幅が狭くすれ違いが厳しい箇所もありますので他の登山者にも気を配りながら下山しました。水俣乗越から大曲までは一気に高度を下げ森林地帯に入ります。東鎌尾根が終わり気が抜け始めますが、落石も起りうる道ですので気を抜かずに歩くことを心掛けました。大曲からは昨日と同様で緩い下りです。横尾まで下りればほぼ下山完了といった気分です。徳澤園で待望のランチ!それぞれ食事を頼み、あっという間にたいらげました。徳澤園前の徳澤キャンプ場の片隅で昼寝をしてから上高地に向かいます。明神を過ぎ河童橋につくと観光客で溢れていました。我々登山者がアウェーに感じる河童橋を渡り、梓川で2日間の汗を流しました。帰りのバスは通常通り運行され新宿まで渋滞にも巻き込まれずに帰ることができました。
台風で1年前から計画していた穂高連峰縦走ができなくなり少しショックでしたが、槍ヶ岳だけでも十分楽しむことができました。槍穂高縦走はまた来年挑戦したいと思います!最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の山行では主に動画を撮影しました。編集が終わり次第Youtubeにてアップしていきます!https://www.youtube.com/channel/UCO-BM9q1NVAvAnSjUmupahw
訪問者数:433人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ