また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228241 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

北アルプス・朝日岳〜白馬岳

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蓮華温泉の駐車場手前にも車を停めていたが幸い1台分のスペースが空いていた。
下山してきた時は駐車場の更に下の方のスペースにまで車が止められていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間27分
休憩
56分
合計
10時間23分
S蓮華温泉05:4105:47蓮華温泉キャンプ場05:4906:07蓮華の森分岐06:28兵馬の平07:19瀬戸川橋08:35ヒョウタン池08:38白高地沢橋08:5610:49花園三角点10:52五輪高原11:0514:08吹上のコル14:1915:06朝日岳15:1415:51水谷のコル15:5516:04朝日小屋
2日目
山行
9時間22分
休憩
1時間0分
合計
10時間22分
朝日小屋05:3805:46水谷のコル07:56小桜ヶ原11:04雪倉岳11:1911:49雪倉岳避難小屋12:0113:14鉱山道分岐14:24三国境14:3815:28白馬岳15:4716:00白馬山荘
3日目
山行
5時間1分
休憩
38分
合計
5時間39分
白馬山荘05:4005:54白馬岳06:21三国境06:2507:07小蓮華山07:1407:50船越ノ頭08:0208:32白馬大池山荘08:4309:59天狗ノ庭10:0311:16蓮華温泉11:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨の為木道が滑りやすい状態になっていた。
その他周辺情報道の駅平岩で仮眠したが国道の側なので車の騒音がうるさい。トイレは24時間使える、蓮華温泉まで約1時間。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

朝日岳は花の宝庫でした。
ほんの一部です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳は花の宝庫でした。
ほんの一部です。
1
蓮華温泉を出発して標高300嘆爾襪海箸砲覆蠅泙后
木道が良く滑ります。
馬兵ノ平は湿地帯です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華温泉を出発して標高300嘆爾襪海箸砲覆蠅泙后
木道が良く滑ります。
馬兵ノ平は湿地帯です
花園三角点周辺
晴れているといい眺めなのでしょうが、ガスがかかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花園三角点周辺
晴れているといい眺めなのでしょうが、ガスがかかっています。
五輪尾根は長いコースですがゆっくり登って行きましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪尾根は長いコースですがゆっくり登って行きましょう
1
この辺から花が多くなってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から花が多くなってきます
1
チングルマもまだまだ咲いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマもまだまだ咲いていました
花の草原を登って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の草原を登って行きます
2か所雪渓がありましたが、雪渓の下部を巻くようにして登山道に戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2か所雪渓がありましたが、雪渓の下部を巻くようにして登山道に戻ります
1
ようやく吹上のコルです。風があって体感的には少し寒いですが、あと少しで山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく吹上のコルです。風があって体感的には少し寒いですが、あと少しで山頂です。
朝日岳山頂に着きました。ガスっていて展望はありませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂に着きました。ガスっていて展望はありませんでした
朝日小屋の食事は北アルプスでも最上級と思います。
ワインまで出ました。もちろん食器は全て陶器です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日小屋の食事は北アルプスでも最上級と思います。
ワインまで出ました。もちろん食器は全て陶器です。
3
明けて翌日は青空が広がりました。
本日目指す白馬岳も見えています。テンションが上がりますよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けて翌日は青空が広がりました。
本日目指す白馬岳も見えています。テンションが上がりますよね。
1
朝日神社と朝日岳です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日神社と朝日岳です
お世話になった朝日小屋、名物女将が有名です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった朝日小屋、名物女将が有名です。
1
小屋から水平道を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から水平道を進みます
振り返ると朝日小屋が見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると朝日小屋が見えています
徐々にガスが上がってきそな気配です。
この水平道はけっこうアップダウンがあります。あなどってはいけません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々にガスが上がってきそな気配です。
この水平道はけっこうアップダウンがあります。あなどってはいけません。
この辺の木道もよく滑ります。
花に見とれていては駄目ですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の木道もよく滑ります。
花に見とれていては駄目ですよ
雪倉岳に着きました。少し前までは晴れていたとか・・・残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳に着きました。少し前までは晴れていたとか・・・残念です。
1
雪倉避難小屋からも花の多い所を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉避難小屋からも花の多い所を歩きます。
2か所大きな雪渓がありました。
そこは巻くことができないので雪渓をトラバースしていきます
滑ると遥か彼方まで落ちていきますので要注意です。アイゼンをつけると安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2か所大きな雪渓がありました。
そこは巻くことができないので雪渓をトラバースしていきます
滑ると遥か彼方まで落ちていきますので要注意です。アイゼンをつけると安心です。
今年は残雪が多いので花の時期も少しずれているようです。
予想通りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は残雪が多いので花の時期も少しずれているようです。
予想通りでした。
日が照ってくると非常に暑く感じます。
目指す白馬岳も望めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が照ってくると非常に暑く感じます。
目指す白馬岳も望めます
3
この辺りにはコマクサも咲いていました。
通常は7月で終わってしまう花ですがラッキーでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りにはコマクサも咲いていました。
通常は7月で終わってしまう花ですがラッキーでした。
三国境からは銀座通りで登山者も多いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境からは銀座通りで登山者も多いです
白馬岳山頂には多くの登山者がいました。
ブロッケン現象も見れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂には多くの登山者がいました。
ブロッケン現象も見れました
1
明けて翌日、出発前に数分間ガスが晴れました。
小屋から山頂が見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けて翌日、出発前に数分間ガスが晴れました。
小屋から山頂が見えています
再び山頂に登り白馬大池を目指します。
昨日歩いてきた雪倉岳も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂に登り白馬大池を目指します。
昨日歩いてきた雪倉岳も見えています。
これから目指す小蓮華岳
三国境からは緩やかな登りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す小蓮華岳
三国境からは緩やかな登りです
新潟県の最高峰である小蓮華岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟県の最高峰である小蓮華岳山頂
見えているのは雪倉岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えているのは雪倉岳
白馬大池小屋には多くの登山者が休憩していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池小屋には多くの登山者が休憩していました。
小屋の周辺は花の宝庫です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の周辺は花の宝庫です
小屋を過ぎて樹林帯を蓮華温泉に下って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を過ぎて樹林帯を蓮華温泉に下って行きます

感想/記録

〇仮眠場所
「道の駅平岩」は建屋の大きなひさしの下にテントを張れる絶好の場所があるが国道の側なので車の音が少々うるさい。建屋の裏側がまだ静かだと思う。トイレは24時間使える。

○蓮華温泉から朝日岳
駐車場
蓮華温泉駐車場の少し手前のスペースに駐車していた車があったが、ラッキーなこ とに温泉駐車場に1台分の場所が空いていた。(下山時は更に増えていて随分下の方にも駐車してた)

〇五輪尾根・水場・雪渓
出発してすぐに雨となる。まず登山口から標高差300嘆爾襯魁璽垢杷┐譴震敍擦滑りやすい。全体に急な登りではないが想定していたより時間がかかる長いコースである。随所に水場があるので困ることは無いし花も多い。トラバースする雪渓が2か所あったがいずれも雪渓の下部を巻くことで安全に通過できる。県境稜線に出ると風があり体感温度が下がる。朝日岳山頂は大展望が望めるがガスっていたので展望なし。

〇朝日小屋
綺麗な小屋でスタッフの皆さんの対応も良い。2食9500円、ビール500ml 800円。
到着してすぐ「名物女将」に出発時間を聞かれ遅いと叱られた。予約の時に14時ごろ到着と伝えていたので、この天候でもあり心配していたようでした。遅くとも15時には到着しできるよう心掛けたい。

北アでも上位ランクと評判の食事は、まず宿泊者が全員集合させられたところでワインでの乾杯!(2班に分けられ僕たちは最初のグループで16:45からの夕食)メインは鶏肉の照焼き(残念ながら僕は苦手)その他、椀子風お蕎麦に小鉢が5品、おかみさん自ら漬け込んだホタルイカ、どれも陶器の食器でとても山小屋の食事とは思えない。お米がまた絶妙でとても美味しい。お替り自由。
朝食もとても美味しくて、シャリバテにならないようしっかり食べて行きなさいと言われる。
いっぱい食べれば行動食はいらないね。
部屋は宮崎大学ワンゲル4人と同部屋で、お話していると明石市出身の方がいて就職は地元を希望されているようなので坂本会長はしっかりと当会をPRしていた。

○雪倉岳と白馬岳      
登山道・雪渓・避難小屋
朝日岳へ登り返さない水平道はけっこうアップダウンがあって、あなどってはいけない。雪倉岳への登りは花も沢山咲いていて目を楽しませてくれるがしんどい登りが続く。
一年前に泊した雪倉避難小屋の側に座り心地の良い石を置いたが、そのままの状態であったので座ってみた。鉢ヶ岳の巻道には大きな雪渓が2か所あった。ここは巻くことも出来ず踏み跡もしっかりしているので慎重に雪渓を横切って行く。滑るとケガ程度では済まない、遥かかなたまで滑って行くことでしょう。ここも花の多い所です。ウルップソウは終わっていたがコマクサを見ることができました。予想通り残雪が多いので花の時期に最適でした。
何度も登っている白馬岳はさすがに人が多い。三国境からはさながら銀座通りでた。

〇白馬山荘
もはや山小屋の域を超越した立派な小屋です。とにかくでかいのでゆったりできる。
スカイレストランは、ここはスキー場か?と思えるほどの設備と食事(僕たちはレストランでは食事はしていないけど隣の人が食べていたゴージャスな料理を見て)。
小屋の食事は社食のようなシステム。美味しかったが朝日小屋には勝らない。ご飯とみそ汁はお替り自由なので朝からご飯三杯、行動食が不要になる。
2食9800円 生ビール中 800円

○白馬大池・蓮華温泉
白馬山荘出発前、ガスが晴れて槍ヶ岳まで見れたがカメラに収めるのを忘れた。  その後はガスが晴れることは無かった。白馬大池は多くの登山者で賑わっていた。
小屋の近くには花も多い。
蓮華温泉は下山して直ぐに入れるので便利。800円 ドライヤーは無い。

◎感想
1年前、大雪渓から日本海まで歩いた時からこのコースを例会として山小屋泊でゆっくり楽しみたいと思っていた。4名の最少人数にはなったが、思っていた以上に沢山の花に巡り合えた素晴らしいアルプス縦走の山旅になりました。やはり企画して良かったと思います。
朝日小屋にツェルトを忘れて来て帰宅後に電話してみると「取りに来ますか〜、たまに取りに来る人もいますよ〜」と女将に言われたが送ってもらうことにしました。
紅葉の時期にでもまた行ってみたくなるようなそんな山小屋でした(M)
  当会のホームページもご覧下さい→http://koberozan.org/
訪問者数:221人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ