ヤマレコ

記録ID: 1236190 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂〜奥穂縦走 幸運にも晴天!

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月28日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 晴れ
2日目 快晴、夕方から霧
3日目 曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 松本駅→上高地 バス
復路 上高地→新島々 バス、新島々→松本駅 松本電鉄上高地線

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間46分
休憩
36分
合計
3時間22分
S上高地バスターミナル12:2612:30無料トイレ12:3512:35河童橋12:38上高地アルペンホテル12:3912:51ウェストン碑12:55上高地温泉ホテル13:00西穂高岳登山口13:0513:55小休14:0514:55小休15:0515:31焼岳・上高地分岐15:3615:37丸山南分岐(田代橋方面)15:48西穂山荘
2日目
山行
8時間16分
休憩
2時間27分
合計
10時間43分
西穂山荘04:1904:34西穂丸山05:19西穂独標05:3506:00ピラミッドピーク06:22チャンピオンピーク4峰06:47西穂高岳07:0707:15P107:46赤岩岳08:15間ノ岳08:3509:01逆層スラブ09:21天狗岩09:5010:12天狗のコル11:04畳岩の頭11:1511:43コブ尾根の頭12:0012:15ジャンダルム12:2012:54ロバの耳13:39馬の背手前小ピーク13:5313:58馬の背14:15穂高岳14:3015:02穂高岳山荘15:02宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
例年の夏場と変わらないが、ロバの耳から馬の背に向かう下りは、以前よりも浮石が多く、急傾斜ではスタンスを探りにくく慎重に下った。

鎖、ハシゴは度々使うが、今回の天気ではザイルを必要とするところはない。降雪時、悪天時は歩きたくない。
その他周辺情報帰路、小梨平の小梨の湯に寄る。
松本 小波食堂で焼肉の反省会。種類は多くないが焼肉も丼物も美味しい。

装備

個人装備 タイツ グローブ ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ヘルメット

写真

松本駅一番線の立ちそばで朝食
2017年08月26日 09:41撮影 by Unknown iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本駅一番線の立ちそばで朝食
河童橋の山名案内板
明日歩くコースがよくわかる
2017年08月26日 12:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋の山名案内板
明日歩くコースがよくわかる
これは橋の上から見た実物
2017年08月26日 12:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは橋の上から見た実物
3
ここが西穂山荘への登山口
お寺の山門みたいだ
2017年08月26日 12:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが西穂山荘への登山口
お寺の山門みたいだ
2
1時間半登って宝水
水の音が聞こえる
2017年08月26日 14:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間半登って宝水
水の音が聞こえる
1
西穂山荘に到着結構混んでいる
2017年08月26日 17:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘に到着結構混んでいる
2
敷布団2枚に3名
2017年08月26日 17:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敷布団2枚に3名
3
夕食は豪華とんかつ
2017年08月26日 17:59撮影 by Unknown iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は豪華とんかつ
2
食事は3回戦目
2017年08月26日 18:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事は3回戦目
2
売店でビールを買う
2017年08月26日 18:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店でビールを買う
1
4時15分、まだ暗い中を出発
2017年08月27日 04:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時15分、まだ暗い中を出発
1
独標から見たピラミッドピーク(左)、西穂高岳(2つ隣り)
2017年08月27日 05:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から見たピラミッドピーク(左)、西穂高岳(2つ隣り)
3
6時ピラミッドピークを通過
2017年08月27日 06:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時ピラミッドピークを通過
4
大混雑の西穂高岳山頂
2017年08月30日 10:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大混雑の西穂高岳山頂
2
西穂高岳から1つ目のP1
2017年08月27日 07:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳から1つ目のP1
1
赤石岳(中央)と間ノ岳(右)に向かう
2017年08月27日 07:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳(中央)と間ノ岳(右)に向かう
1
間ノ岳への登り
2017年08月27日 08:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳への登り
3
1時間8分歩いて、8:15に間ノ岳到着
この間長い鎖の下りがありました
2017年08月27日 08:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間8分歩いて、8:15に間ノ岳到着
この間長い鎖の下りがありました
3
間ノ岳を振り返る
2017年08月27日 08:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳を振り返る
4
天狗のコルに下る
2017年08月27日 10:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルに下る
2
天狗のコル
数名が岳沢ヒュッテ側から登っていた
2017年08月27日 10:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコル
数名が岳沢ヒュッテ側から登っていた
畳岩の頭への登り
2017年08月27日 10:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳岩の頭への登り
2
畳岩の頭を振り返る
2017年08月27日 11:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳岩の頭を振り返る
1
コブ尾根の頭への登り
2017年08月27日 11:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブ尾根の頭への登り
2
ジャンダルムからの槍〜奥穂高岳
2017年08月27日 12:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムからの槍〜奥穂高岳
8
ジャンダルムにて
2017年08月27日 12:22撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムにて
9
ジャンダルムの手前鞍部をロバの耳に向かう
2017年08月27日 12:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムの手前鞍部をロバの耳に向かう
2
ロバの耳から見たジャンダルム
2017年08月27日 12:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳から見たジャンダルム
5
ロバの耳の下り
今回今までになく微妙なスタンス
トシか?
2017年08月27日 12:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳の下り
今回今までになく微妙なスタンス
トシか?
2
これから馬の背
2017年08月27日 13:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから馬の背
3
奥穂高岳に到着
2017年08月27日 14:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳に到着
3
穂高岳山荘は目前
2017年08月27日 14:50撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘は目前
3
愛知岐阜の元気で楽しい3人と夕食まで一杯
無事に下山しましたか?
2017年08月27日 16:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛知岐阜の元気で楽しい3人と夕食まで一杯
無事に下山しましたか?
4
美味しい夕食
2017年08月27日 18:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しい夕食
2
月明かりの穂高岳山荘
2017年08月27日 19:35撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月明かりの穂高岳山荘
1
もう直ぐ朝食
2017年08月28日 05:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう直ぐ朝食
1
ご飯の進む朝食
2017年08月28日 05:13撮影 by Unknown iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯の進む朝食
3
これから涸沢へ下ります
2017年08月28日 05:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから涸沢へ下ります
3
雲空の下の前穂高岳北尾根
2017年08月28日 05:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲空の下の前穂高岳北尾根
3
ザイテングラートを下る
2017年08月28日 06:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテングラートを下る
2
涸沢からの山々の図
2017年08月28日 07:22撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢からの山々の図
1
その山々
パノラマ新道との分岐から望む
2017年08月28日 07:21撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その山々
パノラマ新道との分岐から望む
本谷橋は大混雑
12:40のバスに乗るのでここは通過
2017年08月28日 08:20撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋は大混雑
12:40のバスに乗るのでここは通過
横尾で弁当
穂高岳山荘製、朴葉に包まれた美味しいちらし寿司、天ぷら、甘露煮付き
2017年08月28日 09:07撮影 by Unknown iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾で弁当
穂高岳山荘製、朴葉に包まれた美味しいちらし寿司、天ぷら、甘露煮付き
1
徳沢園のテント
楽しそう
2017年08月28日 10:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢園のテント
楽しそう
1
30分早いので小梨平で一風呂あびました。600円,大浴槽,シャワー,シャンプー,ドライヤー有り
2017年08月28日 12:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分早いので小梨平で一風呂あびました。600円,大浴槽,シャワー,シャンプー,ドライヤー有り
2

感想/記録
by truman

〇〇歳になるのでここ2〜3年のうちに歩いておかなくてはならない山があるなぁとT氏と話していた。
まずは槍穂の大キレットと西穂から奥穂への縦走だ。
7月に槍ヶ岳山荘まで登ったのだが、あいにくの雨のためそのまま大天井岳から安曇野側に下ってしまったのだった。
今回はそのリベンジとも考えたのだが、1日かけて槍ヶ岳山荘まで登る気力がなかったので、初日を西穂山荘までとする楽ちん計画で西穂高岳から奥穂へ縦走することにした。

問題は天気だった。今年の夏は梅雨明けと同時に雨が降りはじめ、本当にひどい夏になってしまった。
今回も半月ほど前から天気予報をみては一喜一憂していたのだった。

出発の3〜4日前まではぱっとしない天気予報だったのだが、実際にはピンポイントの素晴らしい快晴に恵まれることになった。


8月26日土曜日
松本10時15分に出発する直行バスで上高地に入る。河童橋では穂高の山々がくっきりと見える。案内図を眺めながら山山の形と名前を確認する。何度も眺める山々だが時々確認しておかないと忘れてしまう。

久しぶりに歩く西穂山荘への登りは一歩の段差のあるところが結構あり、九十九折の快適な道と言うわけにはいかなかった。

それでも16時前には無事に西穂山荘に到着し、ビールを飲みながら3回目の夕食の時間を待つ。

ビール飲みながら群馬のご夫婦とお母さんと居合せる。お母さんは70代半ばの大変お元気な方。明日は西穂高まで登ると言う。去年も奥穂に登ってきたそうだ。私もあのようになりたいものだ。

8月27日日曜日
朝4時15分、いよいよ奥穂に向かって出発だ。懐中電灯でまずはゆっくりと独標へと登る。

独標から西穂高への道も所々結構おかない。それでも大勢の登山者が西穂高に向かって登っていく。

西穂高岳のピークは大勢の登山者で満員だった。

好天のためか西穂高岳から先にも結構な登山者が歩いている。10年前にこのルートに来た時にはヘルメットをかぶっている人はせいぜい2割だったと思うが、今回は9割の縦走者がヘルメットを被っている。私もだが変わったものだと思う。

間ノ岳岳へ向かう。
途中に長く急な下りをクサリを頼りに下る。進退窮まる所はないが、高度差があるので時間がかかる。

間ノ岳に近づくにつれ、直方体の赤い岩が増えて来た。
間ノ岳まで1時間ちょっと、8:15に到着。北アルプス中が見渡せ最高。
間天のコルまで80mほどを一気に下り、同じ位登り返す。

天狗岩で30分ほど休憩し、食料と北アルプスの山々を堪能する。
天狗のコルへの下りも80mくらい。所々鼻歌をストップしてゆっくりと下る。

天狗のコルからコブ尾根の頭への登りは300mちょっとの登りだ。5時間歩いた足にはなかなか厳しい。
途中で一休み(多分畳岩の頭)して、コブ尾根の頭を目指す。

コブ尾根の頭からジャンダルムは指呼の間だ。またジャンダルムの右側には
ロバの耳、馬の背、奥穂高岳などよく見える。

ジャンダルムの根本に荷物を置き、ピークの数分を含めて25分ほどで往復する。
以前と比べてルートがわかりにくく、石を落とす人が多く、ちょっと要注意だった。

ロバの耳の横を通つてからの下りも浮石が多く、ここが一番慎重を要すると記憶しているので慎重に下った。

下ったぶんを登り返すと馬の背だ。
馬の背をトントンと登り、最後のひと登りで奥穂高岳山頂に到着。
あいにく飛騨側からガスが出てきて、絶景とはいかなかった。

穂高岳山荘には15時過ぎに到着。
前回(11年前)よりも1時間多くかかり、前々回(16年前)よりも2時間多くかかっていた。
頑張って歩いたのだが、トシには勝てないと痛感する。

小屋の夕食3回目までの間を愛知岐阜からの3人とビールなど飲みながら過ごす。彼らは西穂山荘を我々よりも30分遅く出て1時間早く着いたそうだ。またまたトシを感じる。
もっとも20台後半から30台の屈強の3人のように年寄りが歩けるわけもないが。

8月の終わりの月曜日ということもあるが、小屋は布団に1人ずつと厚遇だった。

8月28日(月)
北穂岳を回って帰ろうかとも思っていたのだが、小屋の朝飯を食べてザイテングラートから横尾経由で下ることにする。

雲が多いが、ザイテングラートからの眺めは美しい。
涸沢、横尾を通っての上高地への下りは何度通っても楽しい。

下る人も登ってくる人も多く、すれ違いや追い越しに時間がかかる。
それでも上高地12:40発のバスの45分前に小梨平に着いたので、小梨平の小梨湯で一風呂浴びてバスターミナルに向かった。

天気良く、楽しい縦走だった。
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/27
投稿数: 1122
2017/8/31 10:57
 反対方向からの二人連れです!
こんにちは!
天狗のコルと天狗の頭辺りですれ違っています(^^♪
私達が通った午前中は素晴らしい景色でしたが、ジャンダルム辺りからはガスって仕舞ったんですね!(>_<)
西穂側からは体力的に厳しいのにすばらしい!お疲れ様でした!
日曜の穂高岳山荘も24時間テレビのイモトが居た槍に引っ張られたのか?一人一枚の布団でまだ空きがありました。(笑)
登録日: 2014/2/23
投稿数: 3
2017/8/31 12:59
 Re: 反対方向からの二人連れです!
はじめまして。コメントありがとうございます!
すれ違った天狗のコルのあたりは、ジャンダルムへの登りを見てマナジリを決していた頃だと思います。
晴天でそれほど暑くもなく最高の山日和でしたね、
山行記録を拝見しました!スピードで歩き切り、そのまま四国に帰るとは感服です。
一時期高知市に住んでいまして、北アルプスは麓までの往復も結構アドベンチャーだったのを思い出します。
お疲れ様でした(^^)/"
登録日: 2012/3/6
投稿数: 468
2017/9/8 23:46
 お疲れ様でした
同じ週末、甲斐駒で倒れてました
せっかく天気の良い週末だったのに、熱中症になるなんて・・・
もう年には勝てません。

いい山行が出来て良かったですね。
またお会いした時に、お話聞かせてください。
下山翌日は、最上と焼肉食べに行きました

9月は、ピークハントではなく、槍を眺めに行こうと思ってます。

jikyoon
登録日: 2014/2/23
投稿数: 3
2017/9/19 16:48
 Re: お疲れ様でした
熱中症ですか!
jikyoonさんの辞書には熱中症はないと思っていました。
それは焼肉食べてスタミナつけないといけないですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ