また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1240669 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜唐松岳(栂池↑ 遠見尾根↓)

日程 2017年08月28日(月) 〜 2017年08月29日(火)
メンバー
天候28日 晴れ(微風) 29日 午前ガス(強風)午後から晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五竜エスカルプラザ駐車場を利用  無料 600台
  マップコード 691 895 262

エスカルプラザ駐車場から栂池自然園登山口への移動は
 駐車場(徒歩20分)→JR大糸線「神城駅」発06:44 →「南小谷」
着07:05(240円)南小谷(バス)発07:35→栂池高原07:55着(20分 520円) 栂池高原(栂池パノラマウェイ)→栂池自然園 
 
*タクシー:白馬大池駅〜栂池高原駅およそ1500円。(徒歩約50分、3.8km)

・JR大糸線j神城駅時刻表
 http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list0490.html

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間5分
休憩
1時間2分
合計
6時間7分
S栂池ヒュッテ09:0109:59天狗原/白馬岳神社10:1910:25風吹大池方面分岐10:2611:16乗鞍岳11:2111:44白馬大池山荘12:0212:44船越ノ頭12:4713:33小蓮華山13:3814:10三国境14:1114:50白馬岳14:5915:08白馬山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況 (栂池自然園〜白馬三山〜不帰ノ嶮〜唐松岳〜遠見尾根)

【栂池高原〜白馬大池〜小蓮華山〜白馬岳】
 登山道は大岩、雪渓もありますが良く整備され道標、目印も多数あり
分かり易い。

【白馬岳〜杓子岳〜鑓ヶ岳〜天狗山荘】
 杓子岳・鑓ヶ岳への直登路はザレ・ガレで登りづらく、道標、目印が
 あまり無くわかり難かった。(ガスっていたので見逃しか?)
 
【天狗山荘〜天狗の大下り〜不帰キレット〜唐松】
 天狗山荘〜天狗の大下りはアップダウンが少なく歩き易い。
 本格的な危険箇所は天狗の大下りから300mを一気に下り不帰キレット(最低鞍部)から200m登り返す。不帰2峰北峰までが核心部。
  鎖や梯子急峻な岩場があるがスタンスがあるのでしっかり3点確保し無理せず鎖も利用すればそれ程怖くない。(私見です)
 大岩の後はザレザレが続くので気を抜くと滑落の危険性があります。
  険しい所とそうでない所があるので途中休憩ができる。
 南峰まで来ると危険箇所はなくなる。三峰は巻き道ですぐに唐松山頂。

【唐松岳〜遠見尾根】
  いわ、イワの連続でアップダウンがが多く結構タフなルート。
 唐松山荘から最低コルまで300m程度下り、そこから遠見尾根分岐まで200m登り返す。
 牛首付近は岩場の連続(このエリアの核心部)、その後も片側が切れ落ちたヤセ尾根や登り返し。
 
【遠見尾根〜アルプス平】
  白岳〜西遠見山への下りは鎖、梯子、階段が連続しているが難易度は高くない。
 西遠見山〜小遠見山アップダウンの連続でキツいルート。(特に中遠見山の登り返しがキツかった)
  小遠見山〜アルプス平(テレキャビン乗り場)まではハイキングルートで、緩やかな下りになる。
その他周辺情報・栂池パノラマウェイ
 http://www.nsd-hakuba.jp/green/tsugaike/panoramaway.html

・五竜テレキャビン
 テレキャビン(片道・大人 1,000円)。
 最終はアルプス平16:30。
(17時以降は割増料金)0261-75-2101
  http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/gondola/summary/

・白馬山荘 
 http://www.hakuba-sanso.co.jp/hakubasanso/

・天狗山荘は雪害のため今季休業、売店、水場、テント場は利用可。
 http://hakubakousha.com/index.php/mountain-lodge-info/tengu

・白馬頂上宿舎ライブカメラ
 http://hakubakousha.com/index.php/live-camera-choujo

過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

エスカルプラザ駐車場 登山者用の駐車場はこの←
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エスカルプラザ駐車場 登山者用の駐車場はこの←
2
登山者用の駐車場。AM05:00で先行車40〜50台。前泊者でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用の駐車場。AM05:00で先行車40〜50台。前泊者でしょうか?
1
正面奥が栂池ゴンドラリフト乗り場。
*栂池ゴンドラ&パノラマウウェイ:片道¥1,730(レコ情報でjRO割引有りがあったので使ってみました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面奥が栂池ゴンドラリフト乗り場。
*栂池ゴンドラ&パノラマウウェイ:片道¥1,730(レコ情報でjRO割引有りがあったので使ってみました)
栂池ゴンドラ&リフトを乗り継いで(約30分)一気に1.000m上昇して標高1.860mの栂池自然園に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池ゴンドラ&リフトを乗り継いで(約30分)一気に1.000m上昇して標高1.860mの栂池自然園に到着。
栂池自然園の概略図でルートを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池自然園の概略図でルートを確認。
栂池ビジターセンターと公衆トイレの間に登山道入口↑があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池ビジターセンターと公衆トイレの間に登山道入口↑があります。
登山口からおよそ40分で 銀嶺水。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からおよそ40分で 銀嶺水。

細いですが飲んでみたら冷たくて美味しかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細いですが飲んでみたら冷たくて美味しかったです。
1
銀嶺水からしばらくして展望の良い広場から 鑓ヶ岳、不帰ノキレット方面の視界が良好。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀嶺水からしばらくして展望の良い広場から 鑓ヶ岳、不帰ノキレット方面の視界が良好。
5
不帰ノキレットをズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノキレットをズーム。
10
さらにその先には八方尾根と後立山連峰の名峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにその先には八方尾根と後立山連峰の名峰。
4
広場で チングルマの果穂が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場で チングルマの果穂が
2
イブキボウフウ? それともオオカサモチ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキボウフウ? それともオオカサモチ?
チングルマがまだ元気に咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマがまだ元気に咲いていました。
5
アオノツガザクラも元気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラも元気です。
1
急登を過ぎると「天狗原」の入り口に到着。登山道入口から約1時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を過ぎると「天狗原」の入り口に到着。登山道入口から約1時間。
2
ミヤマアキノキリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。
1
リフト山頂駅で虎の巻を購入(2枚で200円)しましたが載っていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト山頂駅で虎の巻を購入(2枚で200円)しましたが載っていませんでした。
1
天狗原で小休憩後木道をしばらく進むと風吹大池分岐 。
乗鞍岳←方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原で小休憩後木道をしばらく進むと風吹大池分岐 。
乗鞍岳←方面へ
1
ミヤマダイコンソウや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウや
2
シナノオトギリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ。
2
ハクサンフロウも今が旬のように元気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフロウも今が旬のように元気です。
2
オオカサモチ?ん・・・?“(・・ *)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカサモチ?ん・・・?“(・・ *)
これはタカネシオガマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはタカネシオガマ。
ちょっとピンボケだけどm(_ _)mエゾシオガマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとピンボケだけどm(_ _)mエゾシオガマ。
大岩と戯れながら ^^;乗鞍岳へ向います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩と戯れながら ^^;乗鞍岳へ向います。
振り返って 天狗原からだいぶ標高が上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って 天狗原からだいぶ標高が上がってきました。
さらに標高を上げると雪渓のトラバースが見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに標高を上げると雪渓のトラバースが見えてきました。
2
この付近にはツガザクラ や
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近にはツガザクラ や
ミヤマアキノキリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。
ヤマハハコが沢山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコが沢山。
1
振り返って 登ってきた雪渓とその先に天狗原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って 登ってきた雪渓とその先に天狗原。
3
乗鞍岳が見えてきました。後方は小蓮華山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が見えてきました。後方は小蓮華山。
3
白馬大池小屋も見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池小屋も見えてきました。
2
白馬大池。透明度が高くて美しい。とても火山湖とは思えないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池。透明度が高くて美しい。とても火山湖とは思えないです。
10
白馬大池小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池小屋に到着。
1
小屋前はお花畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前はお花畑。
1
白馬大池小屋の水場←(無料でした)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池小屋の水場←(無料でした)
1
これから向う小蓮華山への登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向う小蓮華山への登山道。
1
振り返って白馬大池と小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って白馬大池と小屋。
3
船越の頭を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船越の頭を通過。
3
振り返って登ってきた稜線。そしてこれから向う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って登ってきた稜線。そしてこれから向う
1
NHKドラマ司馬遼太郎の「坂の上の雲」のエンディングロードの舞台となった稜線 。(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKドラマ司馬遼太郎の「坂の上の雲」のエンディングロードの舞台となった稜線 。(^^♪
10
嫋やかな稜線に見えますが結構傾斜がありました。
 ^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫋やかな稜線に見えますが結構傾斜がありました。
 ^^;
8
・・・( ̄  ̄;) うーん 後で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・( ̄  ̄;) うーん 後で
1
タカネヤハズハハコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネヤハズハハコ。
クモマミミナグサ(花弁の先端が2つに大きく割れてる のが特徴?)これもピンボケm(_ _)m

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモマミミナグサ(花弁の先端が2つに大きく割れてる のが特徴?)これもピンボケm(_ _)m

ハクサンフロウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフロウ。
小蓮華山の山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂が見えてきました。
小蓮華山山頂(2.766m)新潟県の最高峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山山頂(2.766m)新潟県の最高峰。
5
振り返って歩いてきた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って歩いてきた稜線。
1
これから向う白馬岳への稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向う白馬岳への稜線。
5
雪倉岳 への稜線。ここもなかなかいいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳 への稜線。ここもなかなかいいですね。
3
三国境。この標識をぐるっと回れば、長野県、新潟県、富山県の三県制覇 。(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境。この標識をぐるっと回れば、長野県、新潟県、富山県の三県制覇 。(^^)/
1
三国境から 白馬岳への綺麗な稜線。(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境から 白馬岳への綺麗な稜線。(^^♪
3
今年覚えたタカネツメクサ。(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年覚えたタカネツメクサ。(^^)
1
イワベンケイ。赤いのは雌株?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイ。赤いのは雌株?
2
タカネシオガマ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ?
白馬岳山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂が見えてきました。
白馬岳山頂(2.932m)登頂。(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂(2.932m)登頂。(^^)/
9
新田次郎著「強力伝」の中に出てくる重さ100貫(50貫×2=375kg )の台座部分を背負い上た(坂田金時?)ことが書かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新田次郎著「強力伝」の中に出てくる重さ100貫(50貫×2=375kg )の台座部分を背負い上た(坂田金時?)ことが書かれています。
3
白馬山荘。今日のお宿。スカイプラザでビールを飲んでみたかったのでここにしました。(^ν^)右の建物が受付です。おっ(゜д゜)!
受付が3名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘。今日のお宿。スカイプラザでビールを飲んでみたかったのでここにしました。(^ν^)右の建物が受付です。おっ(゜д゜)!
受付が3名。
2
白馬山荘と後方に白馬岳。こんなでかい山荘を見たのは初めてw(゜o゜)w オー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘と後方に白馬岳。こんなでかい山荘を見たのは初めてw(゜o゜)w オー!
2
明日向う杓子岳。(翌朝、ガスで視界不良のため登山道は右側なのに途中から左側へ下りてしまって白馬頂上宿舎付近をウロウロ・・・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日向う杓子岳。(翌朝、ガスで視界不良のため登山道は右側なのに途中から左側へ下りてしまって白馬頂上宿舎付近をウロウロ・・・)
1
山荘前から
白馬岳山頂↑と松沢貞逸顕彰碑→ 白馬山荘の開設者で
日本で最初の山小屋開設者だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前から
白馬岳山頂↑と松沢貞逸顕彰碑→ 白馬山荘の開設者で
日本で最初の山小屋開設者だそうです。
1
【二日目】
早朝、風が強いので途中で弁当は食べれないだろうと朝食の弁当を食べて04:10に山荘を出発。頂上宿舎を過ぎてからずいぶん下って行くので何度もGPSを確認しながらやっと、杓子岳山頂(2.812m)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【二日目】
早朝、風が強いので途中で弁当は食べれないだろうと朝食の弁当を食べて04:10に山荘を出発。頂上宿舎を過ぎてからずいぶん下って行くので何度もGPSを確認しながらやっと、杓子岳山頂(2.812m)に到着。
4
白馬鑓ヶ岳山頂I(2.903m) ここもガス・強風で展望は望めないので次の目的地天狗山荘へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳山頂I(2.903m) ここもガス・強風で展望は望めないので次の目的地天狗山荘へ。
4
白馬鑓温泉への分岐。昨日山岳パトロールの方が29日は悪天候が予想されるので鑓温泉方面へは自粛して下さいと言ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓温泉への分岐。昨日山岳パトロールの方が29日は悪天候が予想されるので鑓温泉方面へは自粛して下さいと言ってました。
1
天狗山荘到着。ここの小屋が営業をしていたら今日の行動がもっと楽だったのに・・・まぁ天災だから仕方ないですね。水場、トイレ使用可能。ビール・ジュース等の販売も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘到着。ここの小屋が営業をしていたら今日の行動がもっと楽だったのに・・・まぁ天災だから仕方ないですね。水場、トイレ使用可能。ビール・ジュース等の販売も。
2
天狗山荘から天狗尾根を30分ほど登ると天狗の頭(2.812m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘から天狗尾根を30分ほど登ると天狗の頭(2.812m)
1
天狗の頭←から 20分で天狗の大下り↑に到着。先行者のレコで間違え易いそうなので慎重にペンキマークを確認しながら…(*'ω' *)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭←から 20分で天狗の大下り↑に到着。先行者のレコで間違え易いそうなので慎重にペンキマークを確認しながら…(*'ω' *)
2
なが〜い鎖場。ここがこのエリアの核心部?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なが〜い鎖場。ここがこのエリアの核心部?
1
天狗の大下りを通過して不帰キレット鞍部から 結構長いです。40分かかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の大下りを通過して不帰キレット鞍部から 結構長いです。40分かかりました。
いよいよ不帰ノ嶮へ。不帰一峰への登り。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ不帰ノ嶮へ。不帰一峰への登り。

1
不帰一峰の頭。ここまでは鎖や梯子等がなく簡単な岩場とハイマツの登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰一峰の頭。ここまでは鎖や梯子等がなく簡単な岩場とハイマツの登山道。
不帰一峰から不帰ノ嶮の鞍部に下って。 核心部の不帰ノ嶮二峰北峰への登りです。急傾斜の岸壁ですが、実際に登ってみるとスタンスやホールドは豊富にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰一峰から不帰ノ嶮の鞍部に下って。 核心部の不帰ノ嶮二峰北峰への登りです。急傾斜の岸壁ですが、実際に登ってみるとスタンスやホールドは豊富にありました。
3
岩の割れ目に架けられた橋を通過 。ガスっていたのであまり高度感は感じませんでした。むしろこの手前の鎖場の連続がちょとスリルがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の割れ目に架けられた橋を通過 。ガスっていたのであまり高度感は感じませんでした。むしろこの手前の鎖場の連続がちょとスリルがありました。
5
梯子を通過すると次は・・・うは〜(^▽^;)これは左側に巻けました。(;´・ω・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を通過すると次は・・・うは〜(^▽^;)これは左側に巻けました。(;´・ω・)
ガスで視界がない急登を登っていると・・・上の方から 突然「どうぞ〜」の声が登って行くとご年配のご夫婦(と思われる)とスライド。不帰ノ嶮は初めてだそうです。(^▽^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで視界がない急登を登っていると・・・上の方から 突然「どうぞ〜」の声が登って行くとご年配のご夫婦(と思われる)とスライド。不帰ノ嶮は初めてだそうです。(^▽^;)
左側に回ってトラバース。ここも鎖があって足元がしっかりしていたのでさほど高度感は感じませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に回ってトラバース。ここも鎖があって足元がしっかりしていたのでさほど高度感は感じませんでした。
2
二峰北峰直下の短い鎖場(写真の鎖は転落防止。この左側にある)。手を掛けた浮石をラクさせてしまいました。 ^^; ここを登って、短い梯子を昇ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二峰北峰直下の短い鎖場(写真の鎖は転落防止。この左側にある)。手を掛けた浮石をラクさせてしまいました。 ^^; ここを登って、短い梯子を昇ると
2
不帰ノ嶮 2峰北峰 登頂。\(^o^)/これで不帰の嶮の核心部は無事通過しましたが疲れました。(*_*)しんどかったぁー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮 2峰北峰 登頂。\(^o^)/これで不帰の嶮の核心部は無事通過しましたが疲れました。(*_*)しんどかったぁー
5
頑張ってくれた手袋。(^人^)感謝♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張ってくれた手袋。(^人^)感謝♪
4
2峰北峰から15分位で、2峰南峰に到着。広々したピークは視界が良ければ展望が良いんでしょうね。残念!(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰北峰から15分位で、2峰南峰に到着。広々したピークは視界が良ければ展望が良いんでしょうね。残念!(T_T)
最後のピーク唐松岳への稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク唐松岳への稜線。
唐松岳山頂(2.696m)。少し晴れ間が出てきましたが、貸切です。(^^)
しかしこの後山荘へ向うと沢山の人とスライド。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂(2.696m)。少し晴れ間が出てきましたが、貸切です。(^^)
しかしこの後山荘へ向うと沢山の人とスライド。
11
唐松岳山荘。抜群のロケーションに建っていますね。大きくて立派な山荘です。その横にある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山荘。抜群のロケーションに建っていますね。大きくて立派な山荘です。その横にある
1
八方尾根分岐。八方尾根↑ 五竜→ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根分岐。八方尾根↑ 五竜→ 
2
予定どおりの時間にこれたので最終ステージはボーナスステージの遠見尾根で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定どおりの時間にこれたので最終ステージはボーナスステージの遠見尾根で下山します。
1
早速このエリアの核心部牛首。鎖場が連続していますが足元がしっかりしているのでさほど高度感は感じませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速このエリアの核心部牛首。鎖場が連続していますが足元がしっかりしているのでさほど高度感は感じませんでした。
5
ガスの切れ間から剱岳がちょっと・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から剱岳がちょっと・・・
これから向う五竜方面の稜線。想定していたよりもなかなかタフなルートです。w(゜o゜)w オオー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向う五竜方面の稜線。想定していたよりもなかなかタフなルートです。w(゜o゜)w オオー!
3
奥の五竜岳をズーム。いやぁ〜(^ν^)でかいですね〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の五竜岳をズーム。いやぁ〜(^ν^)でかいですね〜!
3
振り返って牛首方面。唐松岳〜五竜岳は後立山連峰の赤線つなぎと思っていましたがなかなかのルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って牛首方面。唐松岳〜五竜岳は後立山連峰の赤線つなぎと思っていましたがなかなかのルートです。
1
これから向う大黒岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向う大黒岳。
大黒岳はピークに登れないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒岳はピークに登れないようです。
遠見尾根分岐。奥のほうから登って来ました。白岳↑ 五竜山荘→
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根分岐。奥のほうから登って来ました。白岳↑ 五竜山荘→
遠見尾根分岐から すぐ下に五竜山荘と五竜岳への稜線。↑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根分岐から すぐ下に五竜山荘と五竜岳への稜線。↑
2
白岳山頂。唐松山荘から2時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岳山頂。唐松山荘から2時間。
1
これから向う最後の目的地遠見尾根。これがまたなが〜い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向う最後の目的地遠見尾根。これがまたなが〜い。
テレキャビンの最終時間は16:30。間に合うかな〜 (^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレキャビンの最終時間は16:30。間に合うかな〜 (^^;
2
大遠見。「リフトに間に合わない人はTELして下さい」と書いてありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大遠見。「リフトに間に合わない人はTELして下さい」と書いてありました。
アルプス平駅到着!16:20でした。 o(^o^)o
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス平駅到着!16:20でした。 o(^o^)o
6

感想/記録

 昨年、このルートを計画しましたが、8月に大雪渓が雪不足のため通行禁止になってしまい計画が延期になっていました。
 今年は8月が天候不順の日が続いてなかなか機会がありませんでしたがやっと噛み合って実現できました。

 このルートはmaple19 さんの「"白馬岳~唐松岳"不帰ノ嶮から帰りました(*^^)v」を参考にさせて戴きました。 <(_ _*)> アリガトォ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1224966.html

今回の目標は
 NHKのドラマ「坂の上の雲」のインディングロード(雷坂〜小蓮華 山)になった稜線を歩くこと。
 ¬てГ痢崘鯒六飴魁廚離圈璽ハント。
 「不帰ノ剣」の踏破。
 じ緘昌間があれば遠見尾根で下山する。(後日、後立山連邦の赤線を繋ぐために)
 以上四つの盛りだくさんの目標を目論んで ^^; 訪問しました。
 初日は好天に恵まれれましたが二日目はガッスガスと強風でしたが、無事目標を達成することができました。
 
 嶌笋両紊留澄廚離ぅ鵐妊ングロード(雷坂〜小蓮華山)は優しい
嫋やかな稜線を想定していましたが、地味にキツい稜線でした。 ^^;

二日目は早朝からガッスガスの強風で視界が全くありませんでしたが、杓子岳、鑓ヶ岳を無事通過して白馬三山の頂を踏むことができました。
眺望は次回のお楽しみです。

3某管瑤良垉▲琳佞脇本三大キレット(大キレット・八峰キレット・不帰ノキレット)の一つですが私的には八峰キレットより少し難易度が高いと感じました。大キレットと八峰キレットの中間ぐらいでしょうか。

の辰靴ったのでほぼ予定していた 時間で遠見尾根で下山できました。
 それにしても遠見尾根は長い(前回は4時間かかりました)


 白馬岳はやはり夏山の定番ですね。平日でも沢山の人で賑わっていました。
 
 8月も後半ですが高山植物は終盤を迎えるどころかまだまだ元気で短い夏を惜しんでいるかのようでした。

 北アルプスは至れりつくせりで利便性が良すぎて「観光地化され過ぎ」という声も聞きますが、高齢になって厳しい山に登れなくなった人や初級者、子供達が道迷いや危険な個所が少ない安心して気軽に絶景を楽しめるという意味では利便性が良いエリアもありと感じた山行でした。

訪問者数:466人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/21
投稿数: 363
2017/8/31 13:23
 盛りだくさんの目標(^^;)
masaさん
こんにちは。
不帰ノ嶮を終えて、唐松山荘から先、まだ行く気になるってすごいです!
冬に白馬五竜でスキーをした時に、遠見尾根に行ってみたいなぁと思いました。
いつか行かれるかな。。。
テレキャビンに間に合ってよかったですね。
下山がリフトやゴンドラって最高です!
登録日: 2013/9/29
投稿数: 69
2017/8/31 18:11
 Re: 盛りだくさんの目標(^^;)
maple19さん

こんにちは。

コメありがとうございます。 <(_ _*)> ありがとう

 レコを参考にさせていただいたので当初の目的にプラスαを加えて
欲張りな目標を達成することができました。(^^♪

 しかし、後ろが切られているのはプレッシャーがありますね。

翌日は久し振りの筋肉痛でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ