また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1270325 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳 上高地より 酒と食事を楽しむテント泊

日程 2017年09月22日(金) 〜 2017年09月24日(日)
メンバー
 shinmon0711(写真)
 hi-lo(CL)
 brzblue(SL)
天候晴れ-曇-晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
富山で待ち合わせて1台であかんだな駐車場まで。タクシーで上高地入り。帰りはバス利用で駐車場まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
1時間7分
合計
6時間47分
S無料トイレ07:4607:53小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)08:28明神館08:2908:33徳本口(徳本峠分岐)08:3409:14徳沢公衆トイレ09:1709:45新村橋(パノラマ分岐)09:4610:26横尾 (横尾山荘)11:0111:40槍見河原11:49一ノ俣11:5512:02二ノ俣12:34槍沢ロッヂ12:5413:17赤沢岩小屋(ババ平)14:33宿泊地
2日目
山行
7時間11分
休憩
3時間2分
合計
10時間13分
宿泊地05:1305:32槍沢大曲り05:3306:18槍沢・天狗原分岐07:15坊主岩屋下07:1607:23播隆窟07:2608:35槍ヶ岳山荘09:1309:21槍ヶ岳09:22槍ヶ岳山荘09:26槍ヶ岳09:5110:07槍ヶ岳山荘11:2612:19ヒュッテ大槍12:3314:06水俣乗越14:2615:14槍沢大曲り15:1515:26ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目ログなし ババ平7時30分頃~バスターミナル13時頃 多数寄り道
コース状況/
危険箇所等
東鎌尾根の一部は木道やはしごが老朽化しており踏み抜き注意。
その他周辺情報定番の平湯の森で入浴。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 雨具 サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 食器 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト テントマット シェラフ ヘルメット
共同装備 テント一式(shinmon) 火器(Hi-Lo)

写真

1日目岳沢。稜線は快適だったろう。
2017年09月22日 07:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目岳沢。稜線は快適だったろう。
槍の穂先がお目見え。
2017年09月22日 13:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先がお目見え。
で、槍沢ロッジ前の望遠鏡で覗き込む。穂先に渋滞はなさそう。
2017年09月22日 13:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、槍沢ロッジ前の望遠鏡で覗き込む。穂先に渋滞はなさそう。
ババ平にテント設営。裏手の木の下にツェルトで炊事場を作ってお料理。1日目の夕食のメニューはキムチ鍋。ワインで乾杯です。
2017年09月22日 16:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ババ平にテント設営。裏手の木の下にツェルトで炊事場を作ってお料理。1日目の夕食のメニューはキムチ鍋。ワインで乾杯です。
2日目。少し色づいた槍沢を登る。
2017年09月23日 06:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。少し色づいた槍沢を登る。
朝からずっとガスガス。
2017年09月23日 07:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝からずっとガスガス。
稜線もガスガス。
2017年09月23日 07:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線もガスガス。
殺生ヒュッテもガスガス。
2017年09月23日 08:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテもガスガス。
肩の小屋が見えてきたが、ガスガス。
2017年09月23日 08:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見えてきたが、ガスガス。
穂先もガスガスだけど行ってみますか…
2017年09月23日 09:07撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先もガスガスだけど行ってみますか…
と登っていたら急激にガスが取れて視界良好に!!
2017年09月23日 09:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と登っていたら急激にガスが取れて視界良好に!!
で、めでたく記念撮影
2017年09月23日 09:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、めでたく記念撮影
1
穂高の稜線も見えるようになりました。
2017年09月23日 09:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の稜線も見えるようになりました。
帰りは東鎌尾根から。ヒュッテ大槍を見下ろす。この稜線はわくわくする岩場。
2017年09月23日 11:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは東鎌尾根から。ヒュッテ大槍を見下ろす。この稜線はわくわくする岩場。
振り返れば違った顔を見せる穂先。
表銀座の最終にふさわしい道ですね。
2017年09月23日 11:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば違った顔を見せる穂先。
表銀座の最終にふさわしい道ですね。
1
北鎌尾根を臨む。いつかは…
2017年09月23日 12:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌尾根を臨む。いつかは…
P2595前後は穂先に負けず劣らずのはしご場。
2017年09月23日 13:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2595前後は穂先に負けず劣らずのはしご場。
2日目の夕食は野菜カレー。焼酎と日本酒といただきました。
2017年09月23日 17:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の夕食は野菜カレー。焼酎と日本酒といただきました。
3日目は上高地で観光モードに。
2017年09月24日 13:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目は上高地で観光モードに。

感想/記録

先輩との恒例の秋の連休登山。まったり山を楽しむのが目的です。
今年は槍ヶ岳ってことで、テントを持ちこんでババ平から槍ヶ岳ピストンとしました。
1日目はババ平まで。3人用テントを含め幕営環境と歩荷は私の担当。斜面とテントの間に少しスペースを作って、荷物置き場兼炊事場としてツェルトを広げてタープ風に追加で張りました。食事はhi-loさんにお願いしました。
1日目のメニューはキムチ鍋と炊飯したご飯に味噌汁。さらに持ち込んだワイン。贅沢!! 大変美味しくいただきました。翌朝の炊き込みご飯も炊飯して保存。夜はワインを飲み干して17時すぎに就寝。3人用テントでの3人就寝は初めてですが、意外に快適に眠れました。
2日目朝は昨夜炊いた炊き込みご飯に鯖缶。コンソメスープです。朝からほっこりです。残念なのはガスで展望が期待できそうにないこと。それでもあきらめずに行こうということで、槍沢を上ります。気温も低く快適に登ります。肩の小屋に着くまではほとんどガスの中でしたが、小屋まで来ると時折ガスが切れて穂先が顔を出します。
テンション上がって登っていくと、丁度我々が登降している間はガスが切れて展望がいただけました。
小屋前でしっかり休憩して帰りは未踏の東鎌尾根へ。岩場はぞくぞくそそる感じで高度感も良好。左は北鎌尾根から北アルプスの山々。右は穂高の稜線。振り向けば違う表情の穂先。とても展望の良い稜線でした。表銀座の最終地点にふさわしい。ところどころ木道やはしごが渡してありますが、やや老朽化しており踏み抜きには注意が必要と感じました。水俣乗越から槍沢への下りは消化試合的。トリカブトを眺めて癒されるくらいでしょうか。
夕食は野菜チップとキノコ類を入れたカレー。野菜チップは素晴らしい食材ですね。日本酒と焼酎とで美味しくいただきました。同じように19時過ぎにはアルコールで寝落ち的に就寝。
3日目朝はトマトソースのペンネにコンソメスープ。これまた旨し。のんびりテントを撤収して、ほぼ最後にテン場を後にしました。帰りは槍沢ロッジ、横尾、徳澤、明神、全てで何か口に入れ(笑)、明神池を周り上高地観光をしてバスターミナルまで。
天気に恵まれた3日間でした。
素晴らしいパッキングの技を見せてくださったbrzblueさん、美味しい食事を作ってくださったhi-loさんに感謝感謝でした。
訪問者数:25人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ