また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1270842 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月11日(金)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芦安駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており危険個所なし
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 小屋泊だったので水3lは多すぎたかも。

写真

芦安駐車場から始発の乗合タクシーで広河原へ。
2017年08月10日 06:02撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦安駐車場から始発の乗合タクシーで広河原へ。
天気はいい感じです。長丁場ですが頑張ります!
2017年08月10日 06:14撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はいい感じです。長丁場ですが頑張ります!
大樺沢、結構な水量です。涼しくて気持ち良い。
2017年08月10日 06:47撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢、結構な水量です。涼しくて気持ち良い。
花は詳しくないですが、北岳は花の山ですね。たくさん綺麗な花が咲いています。
2017年08月10日 06:54撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は詳しくないですが、北岳は花の山ですね。たくさん綺麗な花が咲いています。
稜線がガスってきた。大丈夫か?
2017年08月10日 07:55撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線がガスってきた。大丈夫か?
振り返ると鳳凰山(右のピークが観音岳か)
2017年08月10日 08:02撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると鳳凰山(右のピークが観音岳か)
大樺沢二俣まであと少し。
2017年08月10日 08:14撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢二俣まであと少し。
やっぱりガスってきました。
2017年08月10日 09:17撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりガスってきました。
八本歯のコルに向けて最後の難関。ヘトヘトで這うように登りました。
2017年08月10日 10:31撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルに向けて最後の難関。ヘトヘトで這うように登りました。
振り返って大樺沢
2017年08月10日 10:38撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大樺沢
八本歯の頭(行かないけどね)
2017年08月10日 10:38撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯の頭(行かないけどね)
八本歯のコルに到着。ふ〜。
2017年08月10日 10:40撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルに到着。ふ〜。
北岳山荘。訪れる予定はなかったのですが…
2017年08月10日 10:43撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘。訪れる予定はなかったのですが…
主稜線への分岐に向けてまた階段を登る
2017年08月10日 10:49撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線への分岐に向けてまた階段を登る
分岐まで最後は岩場を登る。岩場大好きなんだけど、今日はヘトヘトでパワーが出ません。
2017年08月10日 11:06撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで最後は岩場を登る。岩場大好きなんだけど、今日はヘトヘトでパワーが出ません。
何とかトラバース分岐に到着。本当はピークを踏んで、北岳肩の小屋泊まりを予定していたのですが、吊尾根分岐まで来てもう足が上がらない。あと標高差100m(20分)の所まで来ているのに…。登りは無理なので時間はかかるけど北岳山荘を目指すことに。
2017年08月10日 11:22撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とかトラバース分岐に到着。本当はピークを踏んで、北岳肩の小屋泊まりを予定していたのですが、吊尾根分岐まで来てもう足が上がらない。あと標高差100m(20分)の所まで来ているのに…。登りは無理なので時間はかかるけど北岳山荘を目指すことに。
イワヒバリが
2017年08月10日 11:35撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワヒバリが
おっと雷鳥も
2017年08月10日 12:06撮影 by NIKON D300S, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと雷鳥も
山小屋でゆっくり休んで翌朝ピークに向かいます。途中でイルカ岩(ここは燕岳ではないぞ!)発見。
2017年08月11日 05:33撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋でゆっくり休んで翌朝ピークに向かいます。途中でイルカ岩(ここは燕岳ではないぞ!)発見。
mission complete!
でも残念ながらガスってます。
登頂して浮かれていましが、この後地獄が待ち構えていました。
2017年08月11日 05:56撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
mission complete!
でも残念ながらガスってます。
登頂して浮かれていましが、この後地獄が待ち構えていました。
泊まるはずだった肩の小屋。素通りです。
2017年08月11日 06:32撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泊まるはずだった肩の小屋。素通りです。
まだ少しだけ余裕があった草滑りの下り。ニッコウキスゲ(違う??)綺麗でした。
2017年08月11日 07:22撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ少しだけ余裕があった草滑りの下り。ニッコウキスゲ(違う??)綺麗でした。
ここまではまぁまぁのペースで下っていたのですが。下りが苦手な私はこの後…
2017年08月11日 08:04撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではまぁまぁのペースで下っていたのですが。下りが苦手な私はこの後…

感想/記録

ちょっと記録をさぼっていて時季外れの投稿です。
当初、山の日前日にお休みを取って弟と鳳凰三山、特に地蔵ヶ岳のオベリスクを見に登る予定でした。急遽弟が仕事となったため、高村薫の「マークスの山」を読んで登りたいと思っていた北岳に登ることにしました。
南アルプスはアクセスに難があり、芦安駐車場からの始発バスに乗るため4:00には到着したい。イコール1:00には自宅を出る必要があり(前日は仕事なので、もっと早く着いて仮眠もちょっと難しい)、myソロ登山では毎度のことですが眠い目を擦りながらの運転です(その後の山行を考えても危ないです。反省)。
とは言え、天気予報通り晴れで登り始めると気分もスッキリ、快調な滑り出しでした。今回、初の北岳登山で、登りは大樺沢左俣ルート(雪渓を見ながら登りたかったので)、下りは草すべりルートで予定していました。ほぼ予定通りの山行でしたが、大樺沢左俣ルートが楽な気がします。草すべりルートは傾斜がきつく、下りでも難儀だったので登りはもっとキツイかと。それでも悪い癖でコースタイムより早く登ろう(今思えばアホですがあわよくば日帰りしようとまで考えていました)と考えて登っていたので、八本歯のコル直前の階段で力尽きました。大樺沢二俣辺りで稜線にガスが掛かり始めたのが見え、次第にガスが降りてきて気持ちも萎えてきたのもありましたが…。写真のコメントにも書きましたが階段は這うように登り、その後は足が上がらず吊尾根分岐まで頑張ったものの、あとピークまで20分の登りに堪えられず、北岳山荘に向かうことに(当初予定は北岳登頂→北岳肩の小屋泊まり)。小屋に着くと私より年配の方でも、これから間ノ岳まで行ってこようとか会話されている方がいてなんと体力のあることかとビックリしました(というか私が自分の体力以上のペースで登ってくるからいけないのですが)。
小屋泊(これも初めて)では夕焼け、星空を期待していましたが天候は回復せず、かつ翌日の下山も心配だったので食事以外は睡眠を取ることにしました(よく寝た〜)。
翌日は体力は回復するも、稜線の天候は回復せずでした。山頂も真っ白け、残念ですが、帰りの高速での渋滞も心配(疲れているので渋滞に捕まると居眠りしそう)なので、ちゃっちゃと下山することに。体力は回復した(と思っていた)ので、快調にテンポよく草すべりを下って行ったのですが、これが仇に(本当は下りは苦手(膝痛になる)なのですが、途中で「とってもテンポ良く下っていて上手いですね」なんて言われたものだから…)。何とか白根御池小屋まで辿り着きましたが、膝痛だけでなく全体的に足がだるくなりまともに下れない(膝が曲げられず、段差は腰を落としたりカニ歩きをしたりの)状態に。トラバース道はホッとしましたが、その後、急な下りが…。泣きそうでした。4回コケました。中高年の事故・遭難が多いですが、自分は大丈夫なんて過信していました。疲れると何でもないところでも簡単にコケます。場所が悪いと滑落します。甘く見ていた自分に大いに反省しました。
天気がいまいちだったのは残念ですが、スケールの大きい景色が楽しめるところや、可愛らしい花々がそこここに咲いているところ、稜線では岩稜歩きなどアルペンムードが味わえるところなど、ぜひまた登ってみたい山でした!
訪問者数:23人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ