ヤマレコ

記録ID: 1275466 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

大展望でした 扇沢ー鹿島槍ー五竜ー唐松岳ー八方

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候9/30 晴れのち霧 八峰キレット等で風あり 弱い西高東低
http://www.tenki.jp/past/2017/09/30/chart/
10/1 快晴ピーカン、微風〜無風 移動性高気圧が通過
http://www.tenki.jp/past/2017/10/01/chart/
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
湘南新宿ラインで新宿へ
夜行バス・さわやか信州号 扇沢線 新宿西口23:15 - 扇沢05:32 6,200円
http://sawayaka.alpico.co.jp
ーーーーー (登山)扇沢 - 後立山縦走路 - 八方池山荘 ーーーーーー
八方池山荘〜八方駅 アルペンライン 所要30分 片道1,550円(リフト+ゴンドラ)
http://www.happo-one.jp/trekking/alpenline
八方駅〜八方バスターミナル 八方駅から路線バスは発着せず、約10分徒歩。
https://goo.gl/maps/8j9avdkiMJP2
特急バス長野−白馬線 八方バスターミナル15:50 - 長野駅東口17:05 1,800円
https://www.alpico.co.jp/access/express/nagano_hakuba
北陸新幹線はくたか570号 東京行 長野駅17:34 - 大宮駅18:47 自由席 5,940円
上野東京ラインで帰宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間32分
休憩
1時間12分
合計
8時間44分
S柏原新道登山口05:5906:48ケルン(柏原新道)06:54駅見岬06:5707:36水平岬07:3708:01富士見坂08:0408:23種池山荘08:4509:25爺ヶ岳南峰09:33爺ヶ岳中峰09:48爺ヶ岳北峰10:18冷乗越10:1910:30冷池山荘10:3310:40冷池山荘テント場11:26布引山12:07鹿島槍ヶ岳12:4013:13鹿島槍ヶ岳北峰13:1814:29八峰キレット14:3014:43八峰キレット小屋
2日目
山行
7時間35分
休憩
1時間51分
合計
9時間26分
宿泊地05:3408:28五竜岳09:0309:35五竜山荘09:4809:53遠見尾根分岐09:56白岳10:37大黒岳10:3811:49牛首11:5011:56唐松岳頂上山荘12:1012:29唐松岳12:4212:59唐松岳頂上山荘13:1313:35丸山13:3613:45扇雪渓13:4714:17八方池14:3414:36第三ケルン14:42八方ケルン14:46第2ケルン15:00八方池山荘15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPXログにて休憩0分と誤登録された3箇所の出発時刻を修正。他はそのままです
コース状況/
危険箇所等
柏原新道 … 標高2000m付近から紅葉し、水平道〜種池が見頃(9/30時点)
鹿島槍南峰ー北峰 … 岩場あり。気象状況によっては八峰キレットより要注意かも。
鹿島槍北峰ー五竜 … 知らずに入る人はまずいないと思いますが、全区間が滑落多発地帯。
五竜ー唐松岳山荘 … 大黒岳の先から牛首ピークまで岩稜。滑落注意。
八方尾根 … 初心者向き。扇雪渓付近の紅葉色づきが綺麗でした(9/30時点)

キレット小屋は9/30小屋終い。種池、冷池、唐松山荘は10/14まで営業。

写真

秋ですね!紅葉して羽毛が飛ぶチングルマ
2017年09月30日 09:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋ですね!紅葉して羽毛が飛ぶチングルマ
2
ついに!北アでカラっと晴れましたー
2017年09月30日 09:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに!北アでカラっと晴れましたー
3
種池山荘より、端正な爺ヶ岳
2017年09月30日 09:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種池山荘より、端正な爺ヶ岳
1
稜線は爽快なピーカン秋晴れ
2017年09月30日 09:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は爽快なピーカン秋晴れ
3
広い扇沢の谷。右は岩小屋沢岳、正面奥が針ノ木
2017年09月30日 09:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い扇沢の谷。右は岩小屋沢岳、正面奥が針ノ木
2
鹿島槍。存在感が他のピークの比ではない
2017年09月30日 09:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍。存在感が他のピークの比ではない
5
冷池乗越への下りから鹿島槍。立派ですよね
2017年09月30日 10:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池乗越への下りから鹿島槍。立派ですよね
5
爺ヶ岳の信州側
2017年09月30日 10:19撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳の信州側
1
鹿島槍への登り。布引山過ぎてから長いけど
2017年09月30日 11:39撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍への登り。布引山過ぎてから長いけど
3
この剣立山、疲労なんて吹っ飛びます
2017年09月30日 11:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この剣立山、疲労なんて吹っ飛びます
4
牛首尾根と剣岳。秋のクライマックス
2017年09月30日 11:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首尾根と剣岳。秋のクライマックス
3
空気の澄み切った稜線歩き
2017年09月30日 11:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気の澄み切った稜線歩き
3
久々撮っていただきました
2017年09月30日 12:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々撮っていただきました
7
昼下がり、鹿島槍南峰の頂上にて
2017年09月30日 12:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼下がり、鹿島槍南峰の頂上にて
3
北峰目指します。吊尾根とは正に名前の通り
2017年09月30日 13:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰目指します。吊尾根とは正に名前の通り
3
北峰の景観は高度感あり。氷河候補と云われるカクネ里
2017年09月30日 13:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰の景観は高度感あり。氷河候補と云われるカクネ里
2
北峰からは、五竜への稜線も真正面でした
2017年09月30日 13:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰からは、五竜への稜線も真正面でした
1
鹿島槍北峰から見た逆光の南峰
2017年09月30日 13:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰から見た逆光の南峰
1
鹿島槍北峰、訪れる人も少ないです
2017年09月30日 13:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰、訪れる人も少ないです
5
八峰キレットへ向かって下ります。やや風強し
2017年09月30日 14:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八峰キレットへ向かって下ります。やや風強し
1
五竜岳の山容。八峰キレット下りにて
2017年09月30日 14:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳の山容。八峰キレット下りにて
3
キレット小屋のテラスでビール1本!寒かったw
2017年09月30日 15:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋のテラスでビール1本!寒かったw
3
うーん、雲行き怪しい。このあとガスってきました
2017年09月30日 15:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、雲行き怪しい。このあとガスってきました
1
小屋終いのキレット小屋夕食。キャベツ山盛りでした
2017年09月30日 17:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋終いのキレット小屋夕食。キャベツ山盛りでした
5
翌朝。太陽が顔を出した瞬間
2017年10月01日 05:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。太陽が顔を出した瞬間
3
日の出からの30分間は、目が離せない
2017年10月01日 05:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出からの30分間は、目が離せない
3
赤く染まる鹿島槍北峰
2017年10月01日 05:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く染まる鹿島槍北峰
5
何度振り返っても飽きない
2017年10月01日 06:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度振り返っても飽きない
3
登る太陽。遠景の山々は火打妙高
2017年10月01日 06:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る太陽。遠景の山々は火打妙高
3
五竜岳モルゲン。シャッターチャンス狙いました
2017年10月01日 06:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳モルゲン。シャッターチャンス狙いました
6
鹿島槍。何度も振り返ってしまう
2017年10月01日 06:53撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍。何度も振り返ってしまう
5
赤抜よりG5、G4、五竜。悪場が結構長かった
2017年10月01日 07:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜よりG5、G4、五竜。悪場が結構長かった
2
この登り返し。疲れる分だけパノラマが開ける
2017年10月01日 07:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登り返し。疲れる分だけパノラマが開ける
2
爽快ですね。やっぱり北アといえば岩稜歩き
2017年10月01日 07:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快ですね。やっぱり北アといえば岩稜歩き
3
最後の難関G4を通過して、いよいよ五竜本峰へ
2017年10月01日 07:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の難関G4を通過して、いよいよ五竜本峰へ
3
急なガレ場の登りから。もうすぐ頂上
2017年10月01日 08:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なガレ場の登りから。もうすぐ頂上
2
五竜頂上。キレットから3時間弱で到着しました
2017年10月01日 08:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜頂上。キレットから3時間弱で到着しました
5
風もほとんどない青空です。気持ち良いー
2017年10月01日 08:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もほとんどない青空です。気持ち良いー
4
歩き甲斐は大キレットより感じました。距離が長い
2017年10月01日 08:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き甲斐は大キレットより感じました。距離が長い
4
剣立山と黒部源流方面の山々
2017年10月01日 08:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣立山と黒部源流方面の山々
3
今年の年賀状、どれにしようかな?
2017年10月01日 08:51撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の年賀状、どれにしようかな?
2
鹿島槍ヶ岳と立山連峰。今年登った二山
2017年10月01日 08:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と立山連峰。今年登った二山
3
唐松・白馬三山へ続く稜線
2017年10月01日 08:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松・白馬三山へ続く稜線
2
白岳の上に頸城山塊が勢揃い。最奥が妙高山
2017年10月01日 08:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳の上に頸城山塊が勢揃い。最奥が妙高山
3
五竜山荘へ向けて下ります。こっちも岩場
2017年10月01日 09:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘へ向けて下ります。こっちも岩場
3
振り返ると五竜岳の山体のボリューム感が凄い
2017年10月01日 09:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると五竜岳の山体のボリューム感が凄い
3
岩場を通過し終えると快適に
2017年10月01日 09:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を通過し終えると快適に
1
五竜岳を下って行きます
2017年10月01日 09:47撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳を下って行きます
2
青空と五竜岳の威容。山荘の上、白岳にて
2017年10月01日 10:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と五竜岳の威容。山荘の上、白岳にて
5
10時、唐松岳へ縦走開始。無風状態で夏日和
2017年10月01日 10:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時、唐松岳へ縦走開始。無風状態で夏日和
2
標高を下げると唐松岳が大きい。右は牛首
2017年10月01日 10:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げると唐松岳が大きい。右は牛首
2
餓鬼谷。大正時代に銅が採掘されたとか
2017年10月01日 10:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼谷。大正時代に銅が採掘されたとか
1
大黒岳を通過して振り返った、鉄兜のような五竜岳
2017年10月01日 11:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岳を通過して振り返った、鉄兜のような五竜岳
2
牛首の岩場から来し方。よく歩いたと思う
2017年10月01日 11:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首の岩場から来し方。よく歩いたと思う
1
険しい岩稜を抜けると、突如現れる唐松岳
2017年10月01日 11:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩稜を抜けると、突如現れる唐松岳
2
丁度20年ぶりに来ました。当時のままですね
2017年10月01日 12:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁度20年ぶりに来ました。当時のままですね
2
巻雲が広がってきた空と唐松岳
2017年10月01日 12:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻雲が広がってきた空と唐松岳
2
「見上げても まだ届かない あの頂」
2017年10月01日 12:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「見上げても まだ届かない あの頂」
1
頂上から山荘。登山人気は今の方が凄いかも
2017年10月01日 12:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から山荘。登山人気は今の方が凄いかも
2
おまけ、八方池と白馬三山
2017年10月01日 14:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ、八方池と白馬三山
3
撮影機材:

感想/記録

秋に入り、立て続け3週連続の遠出山行。今年は夏に全く天気に恵まれなかった(シルバーウィークも連休ダメでしたよね。。)こともあり、登山日和になる本週末を逃すまいと夜行バス「さわやか信州号」最後の空席1を当日予約。ほぼ思いついた瞬間の実行となりました(笑

キレット小屋の小屋終い日が9/30とウェブサイトに記載あり。相当前々から予約しないと無理だったかな…と既に観念しており、ダメ元で5時半に白馬館予約センターに電話したところ、繋がりました!そして1泊OKとのこと。何が起きても良いようにとテン泊装備で来ましたが、温かい夕食も頂けることになりました。感謝。

前回レコに書きましたが、東北岩手の色づきが大当たりだったので、北アももしや?と紅葉に期待して柏原新道へ取り付いたのですが、下部は茶色く枯れた状況。逆に上部はしっかり色づいていて(柏原新道は上部が西斜面トラバースなので)午後下ってたら良い写真狙えたかも…と思いました。

今回はそれよりも、稜線に出てからの澄んだ青空と空気が新鮮そのものでした!それを表現しようと、カメラの方も広角レンズとC-PLを着けっぱなしだったので、ほぼ風景写真に絞った結果ですが、これだけ天候条件が良いと楽しいものです。鹿島槍と五竜の間は標高差も距離もスケールが大きく、その途中の岩峰から眺める景色も素晴らしいとつくづく思いました。

八峰キレットは鹿島槍からの下りがそれほど難路ではなく、キレットの通過自体は簡単で呆気無く終わってしまうので、三大キレットの中では楽勝と云われるのも分かりました。ただ縦走コース全体として見ると、率直な感想そうではないです。大キレットを北穂〜南岳で通過するのに比べて、鹿島〜五竜は岩場の難易度は低くても、その連続する区間の距離が圧倒的に長い。ガレやザレで崩れやすい場所も多くあり、集中力が要ると思いました。幸いなのは昭文社コースタイムで6時間はかなり余裕設定 (^^) なので、長期縦走だと有難いです。

唐松岳は私が登山を覚えた一番最初のきっかけとなった山。かれこれ丁度20年昔の97年と比べると、山荘の佇まいはそのままですが、人気が上がったんだなあと感じました。八方尾根を下ると長野行きのバス増発便に間に合い、思いの外早く帰宅。週末は最高にリフレッシュできました♪
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ