また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1283270 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

毛無山は再訪せねばなるまい。(三つ峠より黒岳、毛無山)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
三つ峠駅からアクセス
白糸の滝から東京駅まで高速バス2880円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
16時間17分
休憩
42分
合計
16時間59分
S三つ峠駅00:2000:39三ツ峠グリーンセンター00:45山祇神社01:07神鈴の滝01:14憩いの森公園01:1506:43達磨石06:4506:58大曲り07:0107:08股覗き07:0907:17馬返し07:39八十八大師07:4007:59屏風岩08:0008:08三つ峠山荘08:1308:16四季楽園08:2408:26三つ峠山荘08:32木無山08:35三つ峠山荘08:43三ッ峠山08:53御巣鷹山08:5509:16茶臼山09:25大幡山09:42大幡八丁峠09:53清八山09:5610:06八丁山分岐10:10八丁山10:18八丁峠10:1910:36御坂峠11:01御坂山11:0311:18(旧)御坂峠11:54黒岳12:03すずらん峠12:12破風山12:23新道峠12:39中藤山12:4013:10不逢山13:17大石峠13:2313:40金堀山14:07節刀ヶ岳分岐14:0814:11節刀ヶ岳14:20金山14:40鬼ヶ岳14:4215:21鍵掛峠15:34鍵掛16:03王岳16:24横沢ノ頭16:59五湖山17:0117:19阿難坂
2日目
山行
9時間46分
休憩
14分
合計
10時間0分
阿難坂04:4605:16三方分山05:22精進山05:2305:39精進峠 (三ツ沢峠)05:4106:10根子峠06:54中之倉峠07:30中ノ倉山07:38佛峠08:06御飯峠09:14雨ヶ岳09:1909:47タカデッキ10:08大見岳10:12毛無山10:1310:26毛無山(天子山地)10:2710:31地蔵峠・毛無山尾根道出合10:53第二地蔵峠10:59地蔵峠11:12金山11:1311:32雪見岳11:3311:47猪之頭峠12:08熊森山12:0912:47天狗岳13:27長者ヶ岳13:36上佐野分岐13:49天子ヶ岳13:51富士見台14:05林道終点14:19天子ヶ岳登山口214:26天子ヶ岳登山口114:2714:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に不明瞭な箇所はなく、アルプス以外で、延々と縦走できる貴重なエリア
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

三つ峠駅前のレトロな売店
2017年10月07日 23:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠駅前のレトロな売店
謎のトンネル
2017年10月08日 06:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎のトンネル
バス停かと思いきや
2017年10月08日 06:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停かと思いきや
車はここまで
2017年10月08日 06:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車はここまで
股覗き、この2日間で一番の富士山
2017年10月08日 07:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股覗き、この2日間で一番の富士山
三つ峠山の登山道は、塔ノ岳馬鹿尾根のような、人の混む道
2017年10月08日 07:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山の登山道は、塔ノ岳馬鹿尾根のような、人の混む道
クライミングの聖地
2017年10月08日 07:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライミングの聖地
小屋につきましたがトイレがない。
離れたところに公衆トイレがあって、そこを使うらしい。公衆トイレのある山!
2017年10月08日 08:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋につきましたがトイレがない。
離れたところに公衆トイレがあって、そこを使うらしい。公衆トイレのある山!
自販機が!
2017年10月08日 08:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自販機が!
二軒も山小屋がある!
2017年10月08日 08:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒も山小屋がある!
電波塔とかが多い山ですね。
2017年10月08日 08:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔とかが多い山ですね。
送電線も多い山でした。
2017年10月08日 08:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線も多い山でした。
送電線の抜け感が逆にいい
2017年10月08日 09:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の抜け感が逆にいい
地図では避難小屋扱い
2017年10月08日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図では避難小屋扱い
とても使える状態ではありません
2017年10月08日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても使える状態ではありません
80点の富士山
2017年10月08日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
80点の富士山
雲があと一つ
2017年10月08日 12:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲があと一つ
1日目後半はこんな感じの岩場が増えます。
2017年10月08日 15:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目後半はこんな感じの岩場が増えます。
笹藪。全行程でこのあたりだけ
2017年10月08日 16:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪。全行程でこのあたりだけ
税金の無駄遣い
2017年10月09日 06:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
税金の無駄遣い
1
雨ヶ岳への登りは分かりにくいので注意
2017年10月09日 09:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳への登りは分かりにくいので注意
毎年刈り払いしているのかな?
2017年10月09日 09:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎年刈り払いしているのかな?
南アルプス側はよく見えました
2017年10月09日 09:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス側はよく見えました
割りと楽園のようでした
2017年10月09日 10:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割りと楽園のようでした
2日目に見えた富士山はこれだけ
2017年10月09日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目に見えた富士山はこれだけ
ヒメシャラ
2017年10月09日 13:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャラ
天子ヶ岳、ここから一気にかけ降りました
2017年10月09日 13:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳、ここから一気にかけ降りました

感想/記録

アルプス以来の本気縦走です。
車検中で車がないので、電車でいける山ということで、このコースへ。
白糸の滝で終点ですが、逆側は続いていますから、いずれ高尾山へ繋げたいところです。

三連休ですが、土曜は雨でパス。土曜の終電で三つ峠駅へ降り立ち、そのまま登山口近くまで歩いて野宿しました。
日曜の朝一からが本番で、女坂峠を下った水場でビバークして実質一泊二日。
ずっと稜線なのでなかなか水がとれず、使った水場は女坂峠だけです。往復30分はかかります。
もっと足が速ければ、本栖湖畔のキャンプ場などが、良さげです。

三つ峠山は山頂に売店が二軒もあり、人の多い賑やかな山です。
三つ峠山をすぎると、人口密度は一定して低調。極端に道が不明瞭な箇所もなく、不乱に歩き続けることができます。
山の特徴は感じられず、強いて言うなら1日目は後半になると岩場が多い。
2日目は雨ヶ岳に登るところから際立ってきて、標高1700オーバー区域は誠に気持ち良い山道でした。
2日間通して富士山が見えたのが、三つ峠山を登るときと、1日目の昼前の僅かな時間で、毛無山で富士山を眺められなかったのが悔やまれます。毛無山は良い山でした。

その毛無山にて、とあるかたとの再会がありました。
今年の7月だったか、笠ヶ岳でスマホを落としたときに、他の登山者さんに聞いて回ったのですが、その時訪ねた方とすれ違いました。
私は全く覚えていなかったので、その方から声をかけていただいた形です。
私は、よく顔を覚えてらっしゃるものだなと、関心してしまいました。その時とは私の服装は違かったと思います。雨具を着用していたような。
それとあわせて、よく山に訪れる方なのだなと思いました。お互いにですが。

熊森山の北側直下で、悩んでいるトレイルランナーに会いました。
UTMFの試走をするため、コース図片手に山に入ったそうですが、あるべきところに道がないとのこと。
よく見ると、UTMFのコース図は間違っていて、熊森山の尾根にあるはずのないルートが描かれていました。
過去に何度も使ったコースでしょうに、さすがUTMFの運営ですね。
今のままですと、遭難者を出しかねませんが、私には指摘する気がおきません。
その方に聞き、初めて知りましたが、今年は開催せず、来年4月に行うそうですね。
またランナー達は寒い思いをするのでしょうか。

今回のゴールは白糸の滝。ここからバスで富士宮へいき、電車で帰る予定でしたが、白糸の滝から東京駅まで直通の高速バスがあることを知り、頑張って間に合わせました。
20時間以上のコースでありながら、なんと下山が14時44分。18時間の壁を感じることもなく走りきりました。
2日目はコースタイムの5割切ってるはずです。

さて高速バスは、料金は2880円と若干リーズナブル。しかし連休最終日の重体にのまれ、片道六時間の長旅となりました。
しかも隣に咳き込みマスク男がおりまして、逃げ場のないバス内ですから、見事にくしゃみをうつされました。
時間は良くて鈍行と一時間も違わず、値段も少し安いだけ、あんまりよくないですね。
訪問者数:540人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ