また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288360 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

氷河が生んだ雲上の楽園。黒部五郎岳。

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月10日(火)
メンバー
天候10/08 快晴!!
10/09 快晴!!!
10/10 くもり(´・ω・`)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鍋平の登山者用駐車場を利用しました。
トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間4分
休憩
1時間0分
合計
9時間4分
宿泊地04:3705:09三俣峠05:19三俣蓮華岳05:5306:14三俣蓮華岳巻道分岐06:57黒部五郎小舎06:5908:29黒部五郎の肩08:37黒部五郎岳08:5109:53西又山10:13黒部五郎小舎10:2111:08三俣蓮華岳巻道分岐11:56三俣山荘11:5712:57鷲羽岳12:5813:41三俣山荘13:41宿泊地
3日目
山行
7時間11分
休憩
50分
合計
8時間1分
宿泊地05:3806:20三俣峠07:27双六岳中道分岐07:39双六小屋07:4407:50双六池08:16くろゆりベンチ08:1808:31花見平08:3208:47弓折乗越08:5009:18鏡平山荘09:22鏡池09:2309:52シシウドヶ原10:09イタドリが原10:21チボ岩10:31秩父沢出合11:08小池新道入口11:0911:28わさび平小屋11:5512:08笠新道登山口12:19中崎橋12:33お助け風穴12:48登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)12:5212:58新穂高温泉駅13:03新穂高登山指導センター13:0913:38鍋平駐車場13:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はとくにありません。

<黒部五郎岳の稜線コースについて>
地図によっては難易度の高い破線コースとされていますが、一般コースと大きく変わらない印象です。
ヤセていたり、北側が切れ落ちている区間がある、
段差の大きい岩場がある、
、、といった注意を要する箇所はありますが、他の一般コースでもよく見られるレベルと感じました。

その他周辺情報登山口のホテル穂高は、ランチメニューをやっているようです。
今回は利用しませんでしたが、1000円以下で飛騨牛カレーなどが食べられるようです。
下山時刻によっては、利用するのもありでしょう。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

毎度おなじみの(笑)、新穂高登山センター。
登山計画書を提出し、出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度おなじみの(笑)、新穂高登山センター。
登山計画書を提出し、出発!
林道をしばらく行くと、わさび平小屋。
早朝にも関わらず、小屋前は結構な賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をしばらく行くと、わさび平小屋。
早朝にも関わらず、小屋前は結構な賑わい。
1
林道終わり。
登山道へ入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終わり。
登山道へ入る。
秩父沢付近。
紅葉が見事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢付近。
紅葉が見事です。
3
振り返ると、焼岳&乗鞍岳。
秋らしい涼やかな青空♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、焼岳&乗鞍岳。
秋らしい涼やかな青空♪
鏡平から槍ヶ岳。
そよぐ秋風にたゆたう水面。
癒される〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平から槍ヶ岳。
そよぐ秋風にたゆたう水面。
癒される〜
3
鏡平山荘。
名物のカキ氷はまだまだ絶賛販売中でした。
今回はカキ氷はパス。
小休止だけとって出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘。
名物のカキ氷はまだまだ絶賛販売中でした。
今回はカキ氷はパス。
小休止だけとって出発!
2
さーて、稜線に出るまでもうひと頑張り!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さーて、稜線に出るまでもうひと頑張り!
弓折乗越付近から、槍ヶ岳。
ド迫力!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越付近から、槍ヶ岳。
ド迫力!
1
同じく弓折乗越付近から、鏡平を見下ろす。
鏡平のむこうに、穂高連峰を一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく弓折乗越付近から、鏡平を見下ろす。
鏡平のむこうに、穂高連峰を一望。
1
稜線に出て、双六を目指す。
振り返り、笠ヶ岳方面。
左奥に見えるのは焼岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て、双六を目指す。
振り返り、笠ヶ岳方面。
左奥に見えるのは焼岳。
1
双六小屋が見えてきた。
双六岳と樅沢岳の鞍部に、両山に挟まれるように建っている。
小屋の向こうに見えるのは鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えてきた。
双六岳と樅沢岳の鞍部に、両山に挟まれるように建っている。
小屋の向こうに見えるのは鷲羽岳。
2
双六小屋を経て、双六岳へ。
写真左側は双六・三俣蓮華。
右側は、水晶・鷲羽・野口五郎。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋を経て、双六岳へ。
写真左側は双六・三俣蓮華。
右側は、水晶・鷲羽・野口五郎。
2
双六の山頂手前。
緩やかな登りは歩きやすく、まるで高原散歩のよう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六の山頂手前。
緩やかな登りは歩きやすく、まるで高原散歩のよう♪
3
双六岳山頂に到着!
右奥に見えるのは、今回の旅の目的、黒部五郎岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂に到着!
右奥に見えるのは、今回の旅の目的、黒部五郎岳。
1
双六岳山頂から、三俣蓮華方面。
右手に見えるのは水晶&鷲羽。
左手に見えるのは薬師。薬師はデカイね〜。
南アルプスの山みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂から、三俣蓮華方面。
右手に見えるのは水晶&鷲羽。
左手に見えるのは薬師。薬師はデカイね〜。
南アルプスの山みたい。
3
三俣蓮華へ。
いや〜、気持ちイイねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華へ。
いや〜、気持ちイイねぇ
2
三俣蓮華岳、山頂に到着!
奥に見えるのは、水晶てす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳、山頂に到着!
奥に見えるのは、水晶てす。
三俣蓮華岳、山頂から。
右手に見えるのは、水晶・ワリモ・鷲羽岳。
左手に見えるのは、祖父岳・雲ノ平。
今度は雲ノ平行きたいなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳、山頂から。
右手に見えるのは、水晶・ワリモ・鷲羽岳。
左手に見えるのは、祖父岳・雲ノ平。
今度は雲ノ平行きたいなー
1
三俣山荘に到着。
さっそく手続きを済ませて、テント設営。
夕飯食べて、さっさと就寝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘に到着。
さっそく手続きを済ませて、テント設営。
夕飯食べて、さっさと就寝。
1
2日目。
あたりが真っ暗なうちに起き出して、行動開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。
あたりが真っ暗なうちに起き出して、行動開始!
三俣蓮華岳、山頂。
良かった、御来光に間に合った♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳、山頂。
良かった、御来光に間に合った♪
御来光。
大天井岳の左側から昇るお日様。
凄絶なまでに美しく、神々しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光。
大天井岳の左側から昇るお日様。
凄絶なまでに美しく、神々しい。
1
三俣蓮華山頂から。
朝の鷲羽、水晶方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂から。
朝の鷲羽、水晶方面。
2
三俣蓮華山頂から。
双六方面。
奥に、こないだ行った笠ヶ岳がよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂から。
双六方面。
奥に、こないだ行った笠ヶ岳がよく見える。
1
三俣蓮華をあとにし、黒部五郎岳へ向けて出発!
少し下ってから振り返ると、稜線を絹のように滑らかに流れていく雲が。
なんだかとっても幻想的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華をあとにし、黒部五郎岳へ向けて出発!
少し下ってから振り返ると、稜線を絹のように滑らかに流れていく雲が。
なんだかとっても幻想的。
2
黒部五郎小屋に到着。
9月いっぱいですでに今季の営業は終了してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小屋に到着。
9月いっぱいですでに今季の営業は終了してました。
黒部五郎岳。
カールがお見事!
カールを抜けて、黒部五郎を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。
カールがお見事!
カールを抜けて、黒部五郎を目指す。
5
そんなこんなで(笑)、黒部五郎岳、山頂に到着。
なんだかあっという間でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなで(笑)、黒部五郎岳、山頂に到着。
なんだかあっという間でした
1
黒部五郎山頂から。
西の方角の彼方には、白山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から。
西の方角の彼方には、白山が見えました。
黒部五郎山頂から、五郎のカールを見下ろす。
1万年以上前の氷河の浸食によって出来たという、巨大な谷。
まるで異世界に迷い込んだよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から、五郎のカールを見下ろす。
1万年以上前の氷河の浸食によって出来たという、巨大な谷。
まるで異世界に迷い込んだよう。
3
下りは、黒部五郎稜線コースを行く。
地図によっては破線ルート扱いですが、難易度はさほど高くありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは、黒部五郎稜線コースを行く。
地図によっては破線ルート扱いですが、難易度はさほど高くありません。
1
黒部五郎を振り返る。
北アルプス最奥部に位置する、黒部源流の盟主。
堂々たる威容は迫力満点!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎を振り返る。
北アルプス最奥部に位置する、黒部源流の盟主。
堂々たる威容は迫力満点!
5
五郎平まで降りてきました。
ひと気のない小屋がなんだか寂しい。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎平まで降りてきました。
ひと気のない小屋がなんだか寂しい。。。
三俣山荘へ引き返す。
思ったよりも時間が早いので、鷲羽岳にも登ろうかな?、とふと思いつく。
鷲羽に上がれば、鹿島槍や白馬の方まで見えるはず。
せっかく天気がいいんだし。
よ〜し、行ってみっか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘へ引き返す。
思ったよりも時間が早いので、鷲羽岳にも登ろうかな?、とふと思いつく。
鷲羽に上がれば、鹿島槍や白馬の方まで見えるはず。
せっかく天気がいいんだし。
よ〜し、行ってみっか!
2
予定にはなかったけど、鷲羽岳へ。
白いのは雪じゃありません、砂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定にはなかったけど、鷲羽岳へ。
白いのは雪じゃありません、砂です。
4
そんなこんなで(笑)、鷲羽岳山頂。
おお!
期待した通りの絶景だー!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなで(笑)、鷲羽岳山頂。
おお!
期待した通りの絶景だー!!!
2
鷲羽山頂から、槍ヶ岳方面。
槍ヶ岳は雲に隠れつつあります。
真ん中あたりの奥は常念岳。
その左側のピークは、大天井岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂から、槍ヶ岳方面。
槍ヶ岳は雲に隠れつつあります。
真ん中あたりの奥は常念岳。
その左側のピークは、大天井岳。
1
鷲羽山頂から、水晶。
昔、ホントに水晶が採れたからこの名前があるという説を聞いたことがある。
ホントか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂から、水晶。
昔、ホントに水晶が採れたからこの名前があるという説を聞いたことがある。
ホントか?
1
左手、水晶。
右手、野口五郎。
水晶と野口五郎の間には、
針ノ木岳、
鹿島槍ヶ岳、
五竜、唐松、
はては白馬連峰まで見える。
素晴らしい絶景!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手、水晶。
右手、野口五郎。
水晶と野口五郎の間には、
針ノ木岳、
鹿島槍ヶ岳、
五竜、唐松、
はては白馬連峰まで見える。
素晴らしい絶景!
3
鷲羽池を見下ろしながら、下山。
池のほとりに出ることも出来るようだったが、今回は行きませんでした。
だってお腹がペコペコなんだもの(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池を見下ろしながら、下山。
池のほとりに出ることも出来るようだったが、今回は行きませんでした。
だってお腹がペコペコなんだもの(笑)
2
三俣山荘まで戻り、小屋二階の展望食堂へ。
残念ながら、名物のジビエ丼は売り切れ(販売終了)でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘まで戻り、小屋二階の展望食堂へ。
残念ながら、名物のジビエ丼は売り切れ(販売終了)でした。
カレーライスとビール。
大変美味しゅうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーライスとビール。
大変美味しゅうございました。
1
展望食堂の窓から。
確かに展望はバッチリ!

テントに戻り、昼寝をしていたらそのまま朝までぐっすり(笑)
大満足の1日でした(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望食堂の窓から。
確かに展望はバッチリ!

テントに戻り、昼寝をしていたらそのまま朝までぐっすり(笑)
大満足の1日でした(^^)
3日目。
天気予報どおり、朝から天気イマイチ。
三俣蓮華・双六は稜線を通らず、巻道コースを取りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。
天気予報どおり、朝から天気イマイチ。
三俣蓮華・双六は稜線を通らず、巻道コースを取りました。
双六小屋。
平日であるせいか、とっても静か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋。
平日であるせいか、とっても静か。
1
双六池の脇を通って先へ進む。
テント場にはテントが2,3張のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六池の脇を通って先へ進む。
テント場にはテントが2,3張のみ。
曇っていて遠景は望めないのだけれど、紅葉は存分に楽しむことができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っていて遠景は望めないのだけれど、紅葉は存分に楽しむことができました。
鏡平山荘。
小休止だけして出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘。
小休止だけして出発。
小池新道の紅葉。
今がいちばん見頃かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道の紅葉。
今がいちばん見頃かな?
1
小池新道の紅葉、その2。
いや〜見事だなぁ。
なんか晴れてきたし(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道の紅葉、その2。
いや〜見事だなぁ。
なんか晴れてきたし(^^)
2
小池新道の紅葉、その3。
キレイだね〜。
最後まで楽しませてもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道の紅葉、その3。
キレイだね〜。
最後まで楽しませてもらいました。
1
わさび平小屋。
ちょうど昼時なので、食堂でなにか食べて行こうっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび平小屋。
ちょうど昼時なので、食堂でなにか食べて行こうっと。
名物のそうめん。
お昼にしてはちょっと軽いけど、他が売り切れ(販売終了)で、これしかなかったので(笑)
とっても美味しゅうございました(^^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物のそうめん。
お昼にしてはちょっと軽いけど、他が売り切れ(販売終了)で、これしかなかったので(笑)
とっても美味しゅうございました(^^)v
1
新穂高登山センターまで戻りました。
下山証を提出。
いや〜、疲れた〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山センターまで戻りました。
下山証を提出。
いや〜、疲れた〜
訪問者数:332人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ