また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1489369 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

白峰三山奈良田〜周回

日程 2018年06月02日(土) 〜 2018年06月03日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
10時間18分
休憩
53分
合計
11時間11分
北岳山荘04:3004:57中白根山05:52間ノ岳06:0307:05農鳥小屋08:18西農鳥岳08:1909:10農鳥岳09:1109:50大門沢分岐09:5112:13大門沢小屋12:27大門沢小屋12:5612:46大門沢小屋12:5615:31奈良田ゲート15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

0:40 奈良田発電所ゲートを出発です。
オフシーズンはここまで発電所の駐車場に止めれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0:40 奈良田発電所ゲートを出発です。
オフシーズンはここまで発電所の駐車場に止めれます。
3:25 あるき沢まで12舛舛腓ぁクロックスで歩いてきました。ここからは登山靴に履き替え登りだします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3:25 あるき沢まで12舛舛腓ぁクロックスで歩いてきました。ここからは登山靴に履き替え登りだします。
6:10 池山三池小屋到着
少し休憩。雪は全くありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:10 池山三池小屋到着
少し休憩。雪は全くありません。
8:20 二時間ほどで森林限界を超え富士山が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20 二時間ほどで森林限界を超え富士山が見えてきました。
2
9:20 ボーコン沢の頭。バットレスには微妙に雪がついている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:20 ボーコン沢の頭。バットレスには微妙に雪がついている。
2
バットレスと俺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バットレスと俺。
10
八本歯のコルまでの緩い稜線。
この周辺では一番好きな池山吊尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルまでの緩い稜線。
この周辺では一番好きな池山吊尾根。
3
雷鳥もおった。
インスタばえの写真をとりながらゆっくり歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥もおった。
インスタばえの写真をとりながらゆっくり歩く。
4
バットレス4尾根を観察。
Dガリー大滝下部までは雪があるが、尾根自体は無いようだ。
ただ最後の城塞ハングには雪が詰まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バットレス4尾根を観察。
Dガリー大滝下部までは雪があるが、尾根自体は無いようだ。
ただ最後の城塞ハングには雪が詰まっている。
4
10:50 八本歯まで来るとガスが上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:50 八本歯まで来るとガスが上がってきた。
2
そして連れは死亡w 10分程寝てた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして連れは死亡w 10分程寝てた。
4
北岳山荘へのトラバース道分岐。
まだ通行止めのようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘へのトラバース道分岐。
まだ通行止めのようだ。
12:00 池山吊尾根分岐到着。
風が冷たくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 池山吊尾根分岐到着。
風が冷たくなってきた。
心配していた上部の雪渓もほぼなし。2m程しか残っていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた上部の雪渓もほぼなし。2m程しか残っていない。
12:30 山頂へ到着。しかしガスガス(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:30 山頂へ到着。しかしガスガス(T_T)
2
風が冷たいので北岳山荘へと降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が冷たいので北岳山荘へと降りる。
山荘はオープンに向け準備中。
まだ雪に埋もれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘はオープンに向け準備中。
まだ雪に埋もれていた。
1
14:00 北岳山荘冬期小屋に到着。
今回はトータル的に考え時間は早いがここでストップ。
結果、もうちょっと頑張っていたほうが良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 北岳山荘冬期小屋に到着。
今回はトータル的に考え時間は早いがここでストップ。
結果、もうちょっと頑張っていたほうが良かった。
2日目 4:30 スタート。
完全に寝坊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 4:30 スタート。
完全に寝坊。
1
最高の朝日を眺めながら稜線を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の朝日を眺めながら稜線を歩く。
12
間ノ岳手前に雪が残っており、写真を撮って遊ぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳手前に雪が残っており、写真を撮って遊ぶ
7
やっぱいいカメラがほしいな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱいいカメラがほしいな。
14
6:00 間ノ岳山頂。
ここからちょっと間違えやすいので、富士山の方向に進んでから右へ降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00 間ノ岳山頂。
ここからちょっと間違えやすいので、富士山の方向に進んでから右へ降りる。
3
ちゃんと分岐もあるので確認が必要。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんと分岐もあるので確認が必要。
1
7:00 農鳥小屋へ到着。
雪なし。親父もいない。
今年は開くのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:00 農鳥小屋へ到着。
雪なし。親父もいない。
今年は開くのだろうか。
5
小屋から西農鳥に上がるところに冬は悪い所があるが、
少しだけ雪が残っていた。ステップ切って行けば問題ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から西農鳥に上がるところに冬は悪い所があるが、
少しだけ雪が残っていた。ステップ切って行けば問題ない。
上りきると標識。
左へ進むと西農鳥はすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りきると標識。
左へ進むと西農鳥はすぐ。
1
8:00 西農鳥に到着。
ここまではいいペース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:00 西農鳥に到着。
ここまではいいペース。
3
農鳥岳への登山道も雪はなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳への登山道も雪はなし。
9:00 農鳥山頂。
ここからトラバースが予想されるためアイゼン装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:00 農鳥山頂。
ここからトラバースが予想されるためアイゼン装着。
2
なしでもいけるが、慣れてないと雪が緩いので危ないかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なしでもいけるが、慣れてないと雪が緩いので危ないかも。
ところどころ夏道も出てる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ夏道も出てる。
最後10mほどの雪壁を降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後10mほどの雪壁を降りる。
5
9:50 大門沢分岐 ガスが出てくる前にと思ったが意外と大丈夫だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:50 大門沢分岐 ガスが出てくる前にと思ったが意外と大丈夫だった。
降りて、夏道を辿らず
最初の雪渓をそのまま降りてショートカット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて、夏道を辿らず
最初の雪渓をそのまま降りてショートカット。
1
大門沢の雪渓も、夏みたいにない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢の雪渓も、夏みたいにない。
1
12:15 大門沢小屋に到着
相方大幅ペースダウンw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:15 大門沢小屋に到着
相方大幅ペースダウンw
小屋出て、すぐの橋
最後が流されてて、そおっと行ったけど、折れて川に落ちかけるw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋出て、すぐの橋
最後が流されてて、そおっと行ったけど、折れて川に落ちかけるw
3
14:40 吊橋まできた。後少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:40 吊橋まできた。後少し
砂防ダムでクロックスに履き替え、15:30奈良田へ到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムでクロックスに履き替え、15:30奈良田へ到着。

感想/記録

梅雨前の絶好の晴れ間、人もいない一番いい時期に久しぶりに白峰三山周回をすることにした。
厳冬期農鳥からは周回したが、吊尾根を上がっての周回は初めて。
結果、奈良田から周回するならば農鳥から上がっていったほうがよいという結論。
登山道にはほぼう雪は無いが大門沢手前、稜線に出る前と、農鳥までの間には残雪がある。うまく高巻いて行けば行けるだろうが、ある程度技術がある人でないと雪が緩いので危ないかも。トレースはない。
冬幕営装備、ゆっくりでこの時間だからガッツリ行けば日帰りも可能だろう。
トレランではないので、もちろん担いで。

感想/記録

時計回りと反時計周り、当日の出発までどっちルートで行こうかと迷っていました。
舗装路とはいえ、下山後に歩き沢を15キロ歩くのは辛いという事で、夜間の暗いうちにそこを抜ける反時計回りで決行しました。
結果としてクタクタの体で降りる大門沢の方が辛いという結論に至りました。
会い方は日帰りにチャレンジしたいそうです。
私にはまだ1泊が限界。というかチャレンジしたいとおもえませんW
どっちルートにせよ急登を一気にあがり最後一気に降りる事には変わりなく、最高のトレーニングが出来ました。

訪問者数:1005人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/16
投稿数: 28
2018/6/6 10:20
 教えて下さい
奈良田発電所ゲートって人の開口部は、年中開いてますか?
登録日: 2013/9/10
投稿数: 88
2018/6/6 10:31
 Re: 教えて下さい
年中空いてますけど、トンネルの中からノブで開けるようになっているので、一度柵を乗り越える必要があります。
登録日: 2013/8/16
投稿数: 28
2018/6/7 10:26
 Re[2]: 教えて下さい
柵を乗り越え大変そうですねぇ~

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ