また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1550785 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳山荘-南岳 ガスを見にいってきました…

日程 2018年08月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇・霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前夜20時ころに新穂高無料駐車場に到着したが、数台しか空きがなかった。運良く駐車できた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間46分
休憩
1時間42分
合計
11時間28分
S新穂高登山指導センター00:1800:22新穂高温泉駅00:33小鍋谷ゲート00:55穂高平小屋00:5601:23白出小屋02:07滝谷避難小屋02:0902:11藤木レリーフ02:1302:49槍平小屋04:03飛騨沢千丈乗越分岐04:0805:10飛騨乗越05:18槍ヶ岳山荘06:1106:15飛騨乗越06:1606:27大喰岳06:2806:46中岳06:4707:17天狗原分岐07:1807:30南岳07:36南岳小屋07:5408:40南岳新道 救急箱08:4509:37槍平小屋09:4710:13藤木レリーフ10:1510:18滝谷避難小屋10:58白出小屋11:18穂高平小屋11:33小鍋谷ゲート11:43新穂高温泉駅11:46新穂高登山指導センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<新穂高-槍ヶ岳山荘>
渡渉地点は赤旗が立っているが、未明はよく見えなかった。他には特に問題なし。

<槍ヶ岳山荘-南岳小屋>
石が綺麗に並べられており歩きやすい。下りで何箇所かザレているところがありスリップ注意。

<南岳小屋-槍平小屋>
出だしの岩場は快適に下れる。途中で雪渓が30mほどルートを塞いでいる。対面の登山道がよく見えないが最終的にナイフリッジの稜線に出るところ。雪上を進める装備ではなかったため雪渓の下のガレた岩場を進むが回り込んだあとはクライミングが必要。ある意味今日の核心部分だった。慎重に雪上にステップを切るほうが安全だったかもしれない。
それ以後は急な下りになるが、根っこ・朽ちた木の階段・浮石多数で非常に難渋した。登りにも下りにも使いたくないルート。しかし今日は全く眺望がなかったが、ナイフリッジ部分の眺めはおそらく高度感抜群だろうと思われる。

小屋からのルート情報を追記します。
https://blog.goo.ne.jp/yaridairagoya/e/5b53072a7bad86dcd388bdd71601e674
その他周辺情報駐車場から歩いていける深山荘で。駐車場から丸見えな露天風呂(笑)で豪快に入浴。内風呂清掃中につき500円(普段は700円)。

栃尾にある「小さな蕎麦屋」に行きました。岩魚天ぷら付きそばをいただきました。美味しい。1700円なり。

写真

大喰岳への途中で長野側に雪渓はっけーん
モモちゃん滑れますよ!
2018年08月11日 06:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰岳への途中で長野側に雪渓はっけーん
モモちゃん滑れますよ!
景色がないのでせめて自撮り写真だけでもテンションあげようと、「イエーイ」と叫びながら撮影。通り過ぎていく人が怪訝な顔…
2018年08月11日 06:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色がないのでせめて自撮り写真だけでもテンションあげようと、「イエーイ」と叫びながら撮影。通り過ぎていく人が怪訝な顔…
3
こんなはしごもあります。
2018年08月11日 06:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなはしごもあります。
同じく同上
2018年08月11日 06:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく同上
1
ワタスゲいっぱい
2018年08月11日 06:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲいっぱい
1
黒いナメクジも
2018年08月11日 06:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒いナメクジも
あえて言うとここが一番注意するところかもしれないが、一瞬で通過…
2018年08月11日 07:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あえて言うとここが一番注意するところかもしれないが、一瞬で通過…
花に見とれる
2018年08月11日 07:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に見とれる
絶妙なバランスで残る雪
2018年08月11日 07:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶妙なバランスで残る雪
あっという間に南岳
2018年08月11日 07:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に南岳
同じく…
2018年08月11日 07:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく…
1
小屋の前でも…
2018年08月11日 07:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前でも…
1
下りは花がいっぱい
2018年08月11日 08:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは花がいっぱい
なんちゃら平の上に40mほどの雪あり。ここはほんとに滑れますよ!!!
2018年08月11日 08:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんちゃら平の上に40mほどの雪あり。ここはほんとに滑れますよ!!!
ここが本日の核心部分。
道はまっすぐで、突き進むと稜線の切れ込み部分からナイフリッジが始まる。
右はガレた岩場で滑って落ちたくない。ということで下を巻いた。
2018年08月11日 08:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本日の核心部分。
道はまっすぐで、突き進むと稜線の切れ込み部分からナイフリッジが始まる。
右はガレた岩場で滑って落ちたくない。ということで下を巻いた。
登山道に復帰して振り返る。登りの人はルートがわかりやすいかも。しかしどう攻略すると安全か?
アイゼンがあれば全ては解決だが。
2018年08月11日 08:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に復帰して振り返る。登りの人はルートがわかりやすいかも。しかしどう攻略すると安全か?
アイゼンがあれば全ては解決だが。
1
ここの稜線は素晴らしい眺めです。心眼で見てください!
2018年08月11日 08:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの稜線は素晴らしい眺めです。心眼で見てください!
2
千丈沢分岐にあるものと同じ救急箱。
2018年08月11日 08:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈沢分岐にあるものと同じ救急箱。

感想/記録

岩稜帯トレーニングその2。
本当はもう少し天気がいい見込みだったけれどもガスガスで残念だった。が、行動に支障が出るほどの雨量ではなくほとんど霧雨。
飛騨乗越での風は強かったが。
ガスガスで穂先は全く見えず。小一時間待ったが変わらないので諦めて南岳に向かった。
これというほど変わったところもなく、眺望もなく…、到着。
このあたりは少し強い雨だった。故に奥に進むことははばかられる。
小屋で美味しいコーヒーを頂いてすぐに下山。
もう消化試合と思っていたが、じつはここからが本日の核心。
雪渓を巻くのに怖いクライミングはするはルートは荒れて歩きにくいはで大変だった。
今年の雪でやられている部分が多いのだろう。
今後あまり使いたくないルートではあるが、人が少ない分花は多く、またナイフリッジ部分の眺望はおそらく素晴らしい(今日は全く見えず)。

さて次は南岳-奥穂高に行く予定。頼む。晴れてくれ!
訪問者数:521人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/1
投稿数: 821
2018/8/11 22:46
 ノーアイゼン?
シンモンさん、まいどです。10年以上前に南岳新道下りました。その時は10月で、まだ新雪がないのですが、そこの雪渓ありまして、10本爪のアイゼンを使いました。他の部分もなかなか当時の自分には厳しいルートで、時間がかかりました。今回もルート知っていたらアドバイスできたのに。まあ、無事でなによりです。ところで自慢のイケメンを露出した写真が多いけど、路線変更したのかな?
登録日: 2013/10/18
投稿数: 194
2018/8/12 5:18
 Re: ノーアイゼン?
チカさん、おはようございます。

今回のレコ、美しい景色もなく特にアップする理由もないような代物ですが、
あえてアップする理由があるとしたら、実は南岳新道の雪渓の情報・ルートの情報が、全てです。

まぁ完全に下調べ不足です。ノーアイゼンでした。稜線の情報ばかり求めてました。
また雪渓の部分だけでなく、その他のところも毎年の雨や雪で状態を維持するのが大変なコースなのだろうと想像します。
それでも新しい鎖の設置や階段の修繕の手が入っていて助かりました。
小屋からのルート情報を追記しました。

顔を出してるのは…(口しか出してませんが)ネタです。あまりにオモロくないレコなので…

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ