また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1847119 全員に公開 ハイキング京都・北摂

百里ヶ岳 〜イワカガミロード〜 [滋賀県 高島市]

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
百里ヶ岳登山者用駐車場に停める。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
1時間7分
合計
5時間49分
S百里新道登山口09:5111:18シチクレ峠11:1911:56百里ヶ岳12:5813:53根来坂峠13:5514:48焼尾地蔵14:4915:14百里ヶ岳登山口根来坂峠ルート15:20小入谷林道出合15:2115:40百里新道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

百里ヶ岳の登山口。
駐車場にオオスズメバチの女王がたむろしてた。
2019年05月12日 09:49撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百里ヶ岳の登山口。
駐車場にオオスズメバチの女王がたむろしてた。
ここのイワカガミは残念な感じだ。
2019年05月12日 09:54撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのイワカガミは残念な感じだ。
綺麗なミズナラ林だ。
2019年05月12日 10:01撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なミズナラ林だ。
イワカガミ。
2019年05月12日 10:04撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
登山道は非常に歩きやすい。
2019年05月12日 10:11撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は非常に歩きやすい。
イワカガミが沢山出てきた。
2019年05月12日 10:21撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが沢山出てきた。
新緑が眩しい。
2019年05月12日 10:25撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が眩しい。
ブナ林になった。
2019年05月12日 10:42撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林になった。
シチクレ峠手前の展望から百里ヶ岳。
2019年05月12日 11:11撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シチクレ峠手前の展望から百里ヶ岳。
雲洞谷山。
2019年05月12日 11:11撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲洞谷山。
アセビも良い。
2019年05月12日 11:11撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビも良い。
シチクレ峠。
2019年05月12日 11:19撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シチクレ峠。
分水嶺の登り。
2019年05月12日 11:23撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺の登り。
着いた分水嶺。
高島トレイルです。
2019年05月12日 11:28撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた分水嶺。
高島トレイルです。
安曇川方面の景色。
2019年05月12日 11:37撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇川方面の景色。
右奥が蛇谷ヶ峰。
2019年05月12日 11:43撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥が蛇谷ヶ峰。
美しいブナ林を登ると…
2019年05月12日 11:50撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいブナ林を登ると…
百里ヶ岳山頂だ。
2019年05月12日 11:56撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百里ヶ岳山頂だ。
記念撮影。
2019年05月12日 12:54撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。
三重嶽
2019年05月12日 12:58撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三重嶽
堂々の一等三角点。
2019年05月12日 12:58撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々の一等三角点。
武奈ヶ岳方面の景色。
2019年05月12日 13:09撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳方面の景色。
安曇川方面の景色。
2019年05月12日 13:09撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇川方面の景色。
今度は真っ直ぐ高島トレイルを歩きます。
2019年05月12日 13:23撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は真っ直ぐ高島トレイルを歩きます。
根来峠手前のピーク。
2019年05月12日 13:46撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根来峠手前のピーク。
鯖街道。
まさかこの街道を歩くことになるとは。
2019年05月12日 13:55撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯖街道。
まさかこの街道を歩くことになるとは。
イワカガミの群落。
2019年05月12日 13:57撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミの群落。
鯖街道を歩く。
2019年05月12日 14:02撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯖街道を歩く。
展望の良い場所だ。
彼女は我慢出来なかったので、ここの茂みでお花包み💕
2019年05月12日 14:10撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良い場所だ。
彼女は我慢出来なかったので、ここの茂みでお花包み💕
百里ヶ岳も見える。
2019年05月12日 14:16撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百里ヶ岳も見える。
丹波山地の景色。
2019年05月12日 14:17撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波山地の景色。
林道が出てきた。
普通に車が通る。
しかも長いこと林道を歩いてしまった。
2019年05月12日 14:26撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が出てきた。
普通に車が通る。
しかも長いこと林道を歩いてしまった。
焼尾地蔵。
2019年05月12日 14:46撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼尾地蔵。
林道から鯖街道に入る。
2019年05月12日 14:56撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から鯖街道に入る。
芋虫が付いてた。
2019年05月12日 15:03撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋虫が付いてた。
橋が切れ落ちてる。
2019年05月12日 15:14撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が切れ落ちてる。
仕方なくここを徒渉。
2019年05月12日 15:16撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方なくここを徒渉。
ここも徒渉。
2019年05月12日 15:19撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも徒渉。
小入谷の集落。
人住んでて驚いた。
2019年05月12日 15:28撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小入谷の集落。
人住んでて驚いた。
ここを渡る。
2019年05月12日 15:34撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡る。
そして最後はこれを登りきり…
2019年05月12日 15:39撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後はこれを登りきり…
おしまい。
2019年05月12日 15:40撮影 by KYV42, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしまい。

感想/記録

GW後の週末はまだ踏み入っていない高島トレイルの山に登ることにした。
このエリアは比良山地ではなく丹波山地、つまり京都北山の区域になる。

朽木中心の場所から登山口までの距離はかなりあり、相当奥深い山域なのに村人が生活していることに驚いた。
冬は滋賀県一雪深く、かなり厳しいはずだ。
県内において、ここまでののどかな村は他にない。

登山口の駐車場に着くと一匹のオオスズメバチが車をたむろしてたので、なかなか降りられなかったが、後々調べてみるとこの時期に見かけるスズメバチは女王バチで、巣を作り始める時期なので襲ってくることはない。
だが、見た目の問題上気になるに決まってる。
なんせ男性の親指くらいの大きさなのだから。

スズメバチが去ったら登山開始だ。
登山道は基本なだらかで急な坂は殆ど無いに等しい。
その為、のんびり散歩しながらのフラワーウォッチングができる。
だが、肝心のイワカガミが終了間際で殆ど咲いておらず残念だ。

少しずつ標高が上がってきたらイワカガミも群落があったりと、それも彼女に見せることができたので嬉しかった。

シチクレ峠に行く手前に展望が効く場所があり、そこからはこれから登り詰める百里ヶ岳の姿をとらえることができ、更にリトル比良、遠く安曇川の平野などが拝められた。

ゆっくり休憩したらシチクレ峠を越え、分水嶺の尾根直下を登り詰める。
そこから百里ヶ岳は初めて急の付く坂が待っているものの、やはり大したことはなく山頂へ。

山頂は広々とした空間の中、一等三角点が置かれているが残念な事に春特有の霞み空で日本海など見えなかった。
野坂山地の三重嶽がよく目立っていた以外は山々も見える感じでもなかったが、とりあえず山頂を踏めたと言うことで大休止をする。

休憩が終わって尾根を戻り、根来坂峠に向かう。
相変わらず緩やかだが、1つのピークで多少の登りがあったくらいで根来坂峠までは楽だった。

根来坂峠は鯖街道の源道の峠でしっかり踏まれているしっかりした古道が交差しており、この古道を戻るように辿る。
鯖街道は歩きやすく気持ちがいい。
少ししたらさっきまでいた百里ヶ岳が見える開けた場所に出て、そこで彼女がトイレを我慢することが出来なかったから、隠れた場所でお花包みをさせた。

林道に出てまた逸れる筈が、そのまま林道を真っ直ぐ行ってしまって、距離と時間を余計に費やしてしまったが、彼女との時間なので苦ではなかった。
また鯖街道に戻るとイワカガミが咲き乱れる癒しの道が待っていた。

だらだらと長い鯖街道は沢へと降り立ち、やがて小入谷という場所に出てきてなんと人が住んでいる事に驚いた。
そして、ヤマト運輸のトラックが故障で止まっているのもだ。
街まで相当な距離があるので大変な筈だ。

その集落から沢に外れて少し登ればゴールだ。
久々のゆるゆるハイキングで楽しかった。
彼女とは訳あって、この登山を最後に一緒に登ることは出来なくなったけど、一緒に居られて物凄く楽しかったし、凄く幸せだった。
付き合ってくれて本当にありがとう。
本当に大好きだったよ。
訪問者数:14人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ