また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925324 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀〜赤〜横〜硫黄 日帰り

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やまのこ村駐車場を利用。1000円。トイレは100円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
1時間35分
合計
6時間54分
Sやまのこ村05:3305:37美濃戸山荘06:13中ノ行者小屋跡06:1606:50行者小屋06:5407:01阿弥陀岳分岐07:0307:18中岳のコル登山道水場07:37阿弥陀岳08:0008:13中岳のコル08:1608:23中岳08:2908:36文三郎尾根分岐08:4408:54赤岳08:5808:59竜頭峰08:59赤岳09:0709:09赤岳頂上山荘09:1409:28赤岳天望荘09:3309:36地蔵の頭09:42二十三夜峰09:4809:56日ノ岳09:5910:01鉾岳10:0510:06石尊峰10:0710:11三叉峰(横岳)10:1310:17横岳(無名峰)10:1910:23横岳10:2610:33台座ノ頭10:45硫黄岳山荘11:00硫黄岳11:0111:10赤岩の頭11:1111:33ジョウゴ沢11:36大同心沢(大同心ルンゼ)分岐12:06堰堤広場12:22美濃戸山荘12:2312:27やまのこ村12:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。残雪もなし。
その他周辺情報やまのこ村で食べた山菜そばの山菜がうまかった。

写真

今日は曇りの天気。南沢ルートで行者小屋を目指しています。いつもの横岳ビューポイントも真っ白け。
2019年07月13日 06:35撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は曇りの天気。南沢ルートで行者小屋を目指しています。いつもの横岳ビューポイントも真っ白け。
1
シロバナヘビイチゴが至る所でこんにちわしてます。
2019年07月13日 06:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴが至る所でこんにちわしてます。
1
行者小屋に着きました。テン泊組や、休憩組で賑わってました。
2019年07月13日 06:51撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に着きました。テン泊組や、休憩組で賑わってました。
1
阿弥陀岳を見上げますが、シルエットすら見えません。
2019年07月13日 06:51撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を見上げますが、シルエットすら見えません。
ミツバオウレンがまだ頑張ってました。
2019年07月13日 06:59撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレンがまだ頑張ってました。
1
イワカガミは標高を上げるにつれぽつりぽつりと。
どんなに疲れていてもこの色彩は目に飛び込んできます。
2019年07月13日 07:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミは標高を上げるにつれぽつりぽつりと。
どんなに疲れていてもこの色彩は目に飛び込んできます。
1
赤岳との分岐地点です。
ほとんどの人が赤岳方面に。
今日はまず先に阿弥陀岳に立ち寄ります。
2019年07月13日 07:03撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳との分岐地点です。
ほとんどの人が赤岳方面に。
今日はまず先に阿弥陀岳に立ち寄ります。
1
今や相棒となったアカシャ。
岩峰なのでトレランシューズは少数派です。短パンもですけどwww
2019年07月13日 07:09撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今や相棒となったアカシャ。
岩峰なのでトレランシューズは少数派です。短パンもですけどwww
2
ウマノアシガタの艶やかな黄色が霧の中で目立ってました。
2019年07月13日 07:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタの艶やかな黄色が霧の中で目立ってました。
1
霧の中をどんどん登ります。
2019年07月13日 07:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中をどんどん登ります。
コケモモが出てきました。いい高さまで登ったんですね。
2019年07月13日 07:34撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモが出てきました。いい高さまで登ったんですね。
1
ハクサンイチゲです。多様な植物が現れて、度々立ち止まってしまう。
2019年07月13日 07:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲです。多様な植物が現れて、度々立ち止まってしまう。
1
イワベンケイです。
2019年07月13日 07:40撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイです。
1
なんとけな気な。
2019年07月13日 07:41撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとけな気な。
2
阿弥陀岳山頂が薄いシルエットとなって見えてきました。
2019年07月13日 07:47撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂が薄いシルエットとなって見えてきました。
1
ゴゼンタチバナです。
こんな岩場にも咲くのですね。
2019年07月13日 07:50撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナです。
こんな岩場にも咲くのですね。
1
ミヤマシオガマです。
2019年07月13日 07:52撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマです。
1
山頂直下の岩場をクリアし、第一目的地に到着ー!
阿弥陀岳2805mです。
2019年07月13日 07:54撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場をクリアし、第一目的地に到着ー!
阿弥陀岳2805mです。
2
ここで奇跡的に富士山が雲の隙間から現れました♪
ラッキー!
2019年07月13日 07:54撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで奇跡的に富士山が雲の隙間から現れました♪
ラッキー!
2
荒れ果てた祠。
2019年07月13日 07:54撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れ果てた祠。
2
槍穂も見えましたよ〜
2019年07月13日 07:57撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂も見えましたよ〜
1
風向きが変わってきたみたいで、次第にガスが晴れ始めます。
赤岳のシルエットです。
2019年07月13日 08:13撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風向きが変わってきたみたいで、次第にガスが晴れ始めます。
赤岳のシルエットです。
1
赤岳手前の中岳を通過。
2019年07月13日 08:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳手前の中岳を通過。
1
赤岳方面を見ると、堂々たる山容が姿を現しつつありまし
た。
2019年07月13日 08:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳方面を見ると、堂々たる山容が姿を現しつつありまし
た。
1
中岳より見下ろすと下部の尾根のガスも取れてきました。
キレイです。
2019年07月13日 08:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳より見下ろすと下部の尾根のガスも取れてきました。
キレイです。
2
お〜、すご〜い!!
赤岳出現です。
2019年07月13日 08:25撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、すご〜い!!
赤岳出現です。
5
中岳からの下りの砂礫にはコマクサが咲いていました。
皆さん突如出現した赤岳に夢中でしたけど。
踏まれないか心配でしたよ。
2019年07月13日 08:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳からの下りの砂礫にはコマクサが咲いていました。
皆さん突如出現した赤岳に夢中でしたけど。
踏まれないか心配でしたよ。
2
この時が一番良い瞬間でした。。
また次第にガスに覆われていきます。
2019年07月13日 08:28撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時が一番良い瞬間でした。。
また次第にガスに覆われていきます。
3
阿弥陀岳を振り返ると山頂に少しだけ雲が。
2019年07月13日 08:40撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を振り返ると山頂に少しだけ雲が。
1
さー、赤岳山頂まで頑張って登りましょう!
さすがに人気の山。沢山の人で賑わっています。
2019年07月13日 08:40撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、赤岳山頂まで頑張って登りましょう!
さすがに人気の山。沢山の人で賑わっています。
1
チョウノスケソウです。
岩場にへばりついて咲いていました。
2019年07月13日 08:52撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウです。
岩場にへばりついて咲いていました。
3
南アルプスも姿を現しました。
2019年07月13日 08:52撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも姿を現しました。
1
ミヤマオダマキです。赤岳山頂直下の岩陰にひっそりと咲いてました。
覗き込んで撮影したかったのですが、危ない場所でしたので。
2019年07月13日 08:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキです。赤岳山頂直下の岩陰にひっそりと咲いてました。
覗き込んで撮影したかったのですが、危ない場所でしたので。
1
赤岳山頂2899mです。
ひ〜、疲れた〜。
大盛況でした。
2019年07月14日 08:43撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂2899mです。
ひ〜、疲れた〜。
大盛況でした。
5
尾根を越えて頂上山荘に向かいます。
2019年07月13日 09:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を越えて頂上山荘に向かいます。
天気が良くなってきてますが、つかの間です。
2019年07月13日 09:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くなってきてますが、つかの間です。
1
富士山の頭。
2019年07月13日 09:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭。
1
赤岳山頂を振り返ります。
2019年07月13日 09:08撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂を振り返ります。
4
展望荘に向かって進みます。
2019年07月13日 09:15撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘に向かって進みます。
3
ガスのほぼ取れた阿弥陀岳を見下ろします。
2019年07月13日 09:15撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスのほぼ取れた阿弥陀岳を見下ろします。
2
展望荘です。
2019年07月13日 09:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘です。
1
地蔵の頭です。
この先でまさかの事態。
内転筋をつりました。これは痛かったwww
仕方ないので栄養補給も兼ねて大休憩を取りました。
2019年07月13日 09:37撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭です。
この先でまさかの事態。
内転筋をつりました。これは痛かったwww
仕方ないので栄養補給も兼ねて大休憩を取りました。
1
ハクサンイチゲです。
やっぱりかわいいですね。
2019年07月13日 10:01撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲです。
やっぱりかわいいですね。
1
オヤマノエンドウです。
2019年07月13日 10:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウです。
1
イワウメです。
横岳エリアはお花畑でした。
2019年07月13日 10:09撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメです。
横岳エリアはお花畑でした。
ウルップソウです。
2019年07月13日 10:10撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップソウです。
1
横岳山頂が見えてきました。
足を再びつらないように自分なりのスローペースで進みます。
2019年07月13日 10:22撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳山頂が見えてきました。
足を再びつらないように自分なりのスローペースで進みます。
2
横岳(奥の院)2829mです!
2019年07月13日 10:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳(奥の院)2829mです!
3
ミヤマハタザオです。
2019年07月13日 10:25撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハタザオです。
1
硫黄岳が近くなり、足元が砂礫となります。
2019年07月13日 10:33撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳が近くなり、足元が砂礫となります。
1
見えてきた!
2019年07月13日 10:35撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた!
硫黄岳山荘も見えてきました。
2019年07月13日 10:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘も見えてきました。
1
砂礫・岩石のゆる〜い傾斜を登ります。
もうひと頑張りだ!
2019年07月13日 10:38撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫・岩石のゆる〜い傾斜を登ります。
もうひと頑張りだ!
1
左手に赤&阿弥陀ツインズが見えます。
晴れたり曇ったりな一日です。
雨が降らないのでまあ良しとします。
2019年07月13日 10:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に赤&阿弥陀ツインズが見えます。
晴れたり曇ったりな一日です。
雨が降らないのでまあ良しとします。
2
「山」と言うよりかは「丘」に近いです。
2019年07月13日 10:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山」と言うよりかは「丘」に近いです。
2
硫黄岳山荘を見下ろします。
2019年07月13日 10:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘を見下ろします。
3
硫黄岳山頂です!ここで今回の縦走もフィナーレとなります。
後は赤岳鉱泉へ下って、北沢沿いをダッシュです。
2019年07月13日 11:01撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂です!ここで今回の縦走もフィナーレとなります。
後は赤岳鉱泉へ下って、北沢沿いをダッシュです。
2
縄文の湯のはす向かいにある「グラスリーぺぱん」のアイスクリーム。これはうまかった。
ブルーベリーミルクとラムレーズンをチョイスしました。
2019年07月13日 14:08撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縄文の湯のはす向かいにある「グラスリーぺぱん」のアイスクリーム。これはうまかった。
ブルーベリーミルクとラムレーズンをチョイスしました。
2

感想/記録

かなり楽しみにしていた海の日の3連休でしたが、天気もパッとせずなので遠征を諦めました。
展望がダメならお花の山を歩きましょう的な発想で八ヶ岳を歩いてきました。
このエリアは行くとたいがい曇りなので、この日はもはや開き直りです。

阿弥陀〜硫黄の縦走は距離19kmと比較的短いので、出だしで飛ばし気味にしたら体はやはり正直で、内転筋をつってしまいました。あれは痛かった(笑)
わりと最近に筋トレ中に痛めた箇所なので、疲労が出やすいのかも。
気を付けたいものです。

花の百名山にも選出されている八ヶ岳。特に横岳エリアのお花畑は有名ですね。
疲れた体を癒すに十分な、とてもカワイイお花畑があちこちにあり、感動しました。
ウルップソウは初見でして、その不思議な姿にしばし見入ってしまいました。

足元に小さく咲いている個体が多いので、踏まないように、大切に歩くのが良いかと思います。

訪問者数:301人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/22
投稿数: 693
2019/7/14 21:52
 良い山行でしたね。
peroshiさん、こんにちはー!

この縦走コース。
来週の土日で息子とテント泊でいこうと思ってました。美しいですよねー。

内転筋やると激痛走りますよね。。
アカシャ、気になってます。

おつかれさまでした!
登録日: 2013/10/5
投稿数: 219
2019/7/15 20:16
 Re: 良い山行でしたね。
zenp君、お久しぶりです。
いよいよテントで八ヶ岳ですね。
ベースの場所やコースなど、とくにお子さん連れだと事前準備も大変ですな。レコ楽しみにしてますねー。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ