また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2081646 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

光岳〜聖岳(芝沢ゲートから周回)静かな山旅、小屋を除いて

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年11月02日(土) ~ 2019年11月04日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候11/2(土)晴
11/3(日)ガス→曇時々晴→曇
11/4(月)晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・芝沢ゲート駐車場(無料)約50台駐車可
 駐車場に至る道が工事のため「8時〜12時、13時〜17時」は通行止めになっていました。
 土日祝は関係ないと思っていましたが、そうじゃなかったようで(休工は日曜日だけ?)、帰り道で2時間の足止めに。事前確認が必要でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間17分
休憩
1時間36分
合計
8時間53分
S芝沢ゲート05:0706:06易老渡06:1307:20面平07:3309:50易老岳09:5610:45三吉平12:00県営光岳小屋12:5113:04光岳13:0813:17光石13:3213:43光岳14:00県営光岳小屋
2日目
山行
6時間57分
休憩
39分
合計
7時間36分
県営光岳小屋05:1506:06三吉平06:53易老岳07:0208:16希望峰08:2109:04茶臼岳09:1210:55上河内岳の肩10:5611:03上河内岳11:1711:21上河内岳の肩11:2311:45南岳12:48聖平小屋分岐12:51聖平小屋
3日目
山行
7時間55分
休憩
1時間8分
合計
9時間3分
聖平小屋05:3005:33聖平小屋分岐05:51薊畑分岐06:0006:36小聖岳06:4307:38聖岳07:5408:30小聖岳09:00薊畑分岐09:1510:00苔平10:40大木の広場12:05西沢渡12:1612:53便ヶ島12:5513:18易老渡13:2614:33芝沢ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・易老渡までの林道で崩落している所が2箇所あり、迂回路が設置されています。
・熊の痕跡(糞・引っ掻き傷)が多数。鈴等を持っておられない方が多かったですが、必携だと思います。
・稜線部は天候次第で強風、低温にさらされるので注意が必要です。
・聖岳山頂部の数日前に降った雪の残りはガリガリで氷化していました。
・薊畑〜苔平間には大きな倒木が多数あり、道迷いに注意が必要です。
その他周辺情報●光岳小屋(冬季避難小屋)無料
 トイレは小屋のすぐ近く、水場はかなり急な道を下ったところにあり。
 11/2(土)は大混雑!宿泊者は40人以上でゴミゴミでした。
●聖平小屋(冬季避難小屋)無料
 トイレは小屋から100mくらい?離れたところ、水は小屋横の聖沢から取水。
 11/3(日)の宿泊者は15人くらいでした。
 窓を開けて庇を上げないと小屋内は真っ暗です。
●かぐらの湯 530円(JAF会員割引で100円引き)
 とても広くてきれいな施設。下山後の食事もここでいただきました。
 http://tohyamago.com/osusume/kaguranoyu/
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

易老渡からこの橋を渡って登山開始。
2019年11月02日 06:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡からこの橋を渡って登山開始。
急な登り
2019年11月02日 06:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登り
巨木がいっぱい!
2019年11月02日 07:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨木がいっぱい!
易老岳。噂通り疲労だけ?
2019年11月02日 09:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳。噂通り疲労だけ?
雲に浮かぶ御嶽山。
2019年11月02日 10:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ御嶽山。
ホシガラス。いつもはギャーギャー鳴くのに、ピュイーンと電子音のような声を出してました。調子が悪かったのかな??
2019年11月02日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラス。いつもはギャーギャー鳴くのに、ピュイーンと電子音のような声を出してました。調子が悪かったのかな??
3
急な涸れた沢の中を歩くようなところ。
2019年11月02日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な涸れた沢の中を歩くようなところ。
庭園風。麓から登ってきて、この辺が一番しんどかった。
2019年11月02日 11:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庭園風。麓から登ってきて、この辺が一番しんどかった。
静高平。水場もあります。
2019年11月02日 11:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静高平。水場もあります。
3
木道に出ました。一枚撮っていただきました。
2019年11月02日 11:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道に出ました。一枚撮っていただきました。
1
これが亀甲壌土。
2019年11月02日 11:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが亀甲壌土。
2
この稜線はずっと富士山の展望地ですね。
2019年11月02日 12:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線はずっと富士山の展望地ですね。
2
光岳小屋に到着。階段を上って2階から入るのが冬季のマナーです。
2019年11月02日 12:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋に到着。階段を上って2階から入るのが冬季のマナーです。
4
本日一番乗り。数時間後には大賑わいでゴミゴミに。
2019年11月02日 12:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番乗り。数時間後には大賑わいでゴミゴミに。
4
光岳へハイキング。
2019年11月02日 12:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳へハイキング。
光岳到着。百名山66座目ゲット♪
2019年11月02日 13:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳到着。百名山66座目ゲット♪
4
光岳山頂近くにある展望地から見た光石
2019年11月02日 13:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳山頂近くにある展望地から見た光石
1
光石への途中にあった池。がっちり全凍してます。
2019年11月02日 13:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石への途中にあった池。がっちり全凍してます。
光石に登りました!親切な方に撮っていただきました。
2019年11月02日 13:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石に登りました!親切な方に撮っていただきました。
6
光岳小屋に戻って水汲みへ。水場までは急な階段道を下ります。登り返しがしんどい…。
2019年11月02日 14:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋に戻って水汲みへ。水場までは急な階段道を下ります。登り返しがしんどい…。
光岳小屋から見た聖岳(中央)と上河内岳(右)。
2019年11月02日 14:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋から見た聖岳(中央)と上河内岳(右)。
夕日に照らされた聖岳。うっすらと雲も。
2019年11月02日 16:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に照らされた聖岳。うっすらと雲も。
1
雲海に浮かぶ夕富士
2019年11月02日 16:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ夕富士
3
希望峰へのハイキング道。ガスっていますが、快適です。
2019年11月03日 07:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
希望峰へのハイキング道。ガスっていますが、快適です。
展望が開け、聖岳が見えました。
2019年11月03日 08:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開け、聖岳が見えました。
1
茶臼岳への稜線
2019年11月03日 08:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳への稜線
2
縦走路には木道もあります。
2019年11月03日 08:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路には木道もあります。
1
登ってきた道を振り返る。中央一番奥が光岳。
2019年11月03日 08:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返る。中央一番奥が光岳。
1
聖岳と上河内岳
2019年11月03日 09:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳と上河内岳
3
茶臼岳に到着。
2019年11月03日 09:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳に到着。
3
次は上河内岳を目指します。
2019年11月03日 09:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は上河内岳を目指します。
2
左(西側)を見ると、変わった形の雲発見!
2019年11月03日 09:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左(西側)を見ると、変わった形の雲発見!
1
広い草原に出ました。
2019年11月03日 09:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い草原に出ました。
ピラミダルな山容の上河内岳。登頂意欲がそそられます。
2019年11月03日 10:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミダルな山容の上河内岳。登頂意欲がそそられます。
1
右(東側)にダムが見えました。
2019年11月03日 10:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右(東側)にダムが見えました。
高山の感じ。
2019年11月03日 10:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山の感じ。
1
遠くに遠山郷下栗地区が見えました。天空の何とかですね。
2019年11月03日 10:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに遠山郷下栗地区が見えました。天空の何とかですね。
2
上河内岳の肩を目指していると…
2019年11月03日 10:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳の肩を目指していると…
雷鳥さんに遭遇♪さて、何羽いるでしょう??
2019年11月03日 10:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥さんに遭遇♪さて、何羽いるでしょう??
6
こういういかにも高山という風景が大好きです。
2019年11月03日 10:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういういかにも高山という風景が大好きです。
2
上河内岳の肩はこの上。
2019年11月03日 10:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳の肩はこの上。
上河内岳の肩にザックをデポし、上河内岳へ。
2019年11月03日 10:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳の肩にザックをデポし、上河内岳へ。
1
聖岳。近づいたらわかる、デカいやつやん!
2019年11月03日 10:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳。近づいたらわかる、デカいやつやん!
3
上河内岳に到着。とても良い展望地です。
2019年11月03日 11:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳に到着。とても良い展望地です。
5
赤石岳(左)と悪沢岳(右)
2019年11月03日 11:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳(左)と悪沢岳(右)
1
中央から聖岳、赤石岳、悪沢岳
2019年11月03日 11:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央から聖岳、赤石岳、悪沢岳
2
これから行く聖平小屋が見えました。
2019年11月03日 11:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く聖平小屋が見えました。
ザックを回収し、聖平小屋を目指します。
2019年11月03日 11:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを回収し、聖平小屋を目指します。
1
赤石山脈(=南アルプス)の名の由来、赤色チャートがあちこちに転がっていました。
2019年11月03日 11:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石山脈(=南アルプス)の名の由来、赤色チャートがあちこちに転がっていました。
1
チングルマも冬仕様になっていました。
2019年11月03日 11:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマも冬仕様になっていました。
左側が崩壊している登山道
2019年11月03日 11:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側が崩壊している登山道
聖岳の山頂には雪が見えます。
2019年11月03日 12:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳の山頂には雪が見えます。
聖平小屋近くのdocomoポイントに到着。ここでスマホを機内モードから電波モードに戻しメール等のチェック。新着なし笑。
2019年11月03日 12:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋近くのdocomoポイントに到着。ここでスマホを機内モードから電波モードに戻しメール等のチェック。新着なし笑。
3
木道を通って聖平小屋へ。
2019年11月03日 12:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を通って聖平小屋へ。
3
聖平小屋に到着。写真の左の棟が冬季小屋です。
2019年11月03日 12:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋に到着。写真の左の棟が冬季小屋です。
4
13:25で7.5℃。
2019年11月03日 13:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:25で7.5℃。
最終日、薊畑にザックをデポして聖岳へ。
2019年11月04日 06:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、薊畑にザックをデポして聖岳へ。
1
夜明けの富士山
2019年11月04日 06:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けの富士山
6
小聖岳に到着。
2019年11月04日 06:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小聖岳に到着。
2
聖岳へ。
2019年11月04日 06:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳へ。
3
風もなく快適な登頂です。
2019年11月04日 06:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく快適な登頂です。
1
振り返って。登ってきた道がゴジラの背のよう。
2019年11月04日 07:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。登ってきた道がゴジラの背のよう。
1
急なザレ場を登る。
2019年11月04日 07:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なザレ場を登る。
1
青空と太陽、それに雲海!
2019年11月04日 07:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と太陽、それに雲海!
1
急斜面を登ってきました。
2019年11月04日 07:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登ってきました。
ルートはしっかりしています。
2019年11月04日 07:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートはしっかりしています。
登山道に雪が出てきました。氷化していてガチガチです。
2019年11月04日 07:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に雪が出てきました。氷化していてガチガチです。
2
聖岳山頂が見えました。
2019年11月04日 07:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳山頂が見えました。
1
聖岳到着。百名山67座目ゲット!赤石岳をバックに。
2019年11月04日 07:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳到着。百名山67座目ゲット!赤石岳をバックに。
8
山頂から見た中央アルプス。
2019年11月04日 07:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見た中央アルプス。
穂高連峰に槍ヶ岳。
2019年11月04日 07:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰に槍ヶ岳。
中央に赤石岳、右端に前聖岳。
2019年11月04日 07:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に赤石岳、右端に前聖岳。
聖岳山頂部と富士山
2019年11月04日 07:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳山頂部と富士山
5
名残惜しいですが、下山します。
2019年11月04日 07:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山します。
2
雲海きれい。
2019年11月04日 07:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海きれい。
1
大展望の下山。
2019年11月04日 08:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大展望の下山。
2
振り返って聖岳。
2019年11月04日 08:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って聖岳。
1
今朝出発した聖平小屋が見えました。
2019年11月04日 08:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝出発した聖平小屋が見えました。
薊畑に戻ってきました。
2019年11月04日 09:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薊畑に戻ってきました。
ザックを回収し、下山開始。
2019年11月04日 09:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを回収し、下山開始。
苔平の上部辺りは倒木が激しいです。
2019年11月04日 09:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔平の上部辺りは倒木が激しいです。
カラマツ林とその奥にある山肌の紅葉がきれいでした。
2019年11月04日 11:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林とその奥にある山肌の紅葉がきれいでした。
1
廃墟。何かの作業小屋跡でしょうか。
2019年11月04日 11:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃墟。何かの作業小屋跡でしょうか。
西沢渡に出ました。
2019年11月04日 11:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡に出ました。
仮の橋が流されてなかったので、やむなくこれで。一生懸命引っ張ってかごを寄せます(写真には写ってませんが、私も手伝ってます笑)。
2019年11月04日 11:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮の橋が流されてなかったので、やむなくこれで。一生懸命引っ張ってかごを寄せます(写真には写ってませんが、私も手伝ってます笑)。
2
2人一気に乗っちゃいます。
2019年11月04日 12:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人一気に乗っちゃいます。
オーエス!オーエス!綱引きみたいに息を合わせて引っ張ります(写真には写ってませんが、私も手伝ってます笑)。腕パンパン。
2019年11月04日 12:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーエス!オーエス!綱引きみたいに息を合わせて引っ張ります(写真には写ってませんが、私も手伝ってます笑)。腕パンパン。
西沢渡からは遊歩道的になります。
2019年11月04日 12:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡からは遊歩道的になります。
1
渓谷と紅葉
2019年11月04日 12:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷と紅葉
1
トンネルを通過。森林鉄道の跡だそうです。
2019年11月04日 12:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを通過。森林鉄道の跡だそうです。
便ヶ島の登山口に到着。下り長かった〜。
2019年11月04日 12:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
便ヶ島の登山口に到着。下り長かった〜。
行きは真っ暗だった高巻き道へ。
2019年11月04日 14:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは真っ暗だった高巻き道へ。
このように崩落しています。作業の方、お疲れさまです!
2019年11月04日 14:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように崩落しています。作業の方、お疲れさまです!
芝沢ゲートに到着〜、
2019年11月04日 14:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲートに到着〜、
と思ったら、ゲートを越えたところにマムシ!ビックリ。
2019年11月04日 14:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、ゲートを越えたところにマムシ!ビックリ。
3
無事駐車場に到着しました。
2019年11月04日 14:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事駐車場に到着しました。
法面工事による足止めポイント。ここで2時間過ごしました。
2019年11月04日 14:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法面工事による足止めポイント。ここで2時間過ごしました。
2

感想/記録

 山岳会の方と未開拓の光岳と聖岳を縦走してきました。
 ルートは一日に登る標高差を考慮し、光岳→聖岳の周回で計画しました。
 易老渡までの林道は2箇所で崩落していて、高巻き道が設置されています。その他は歩きやすい道ですが、単純に長いです。易老渡から易老岳まではひたすら急な登り。展望もあまりなくただただ忍耐です。易老岳から光岳小屋まではなだらかな道や涸れた急な沢の中を歩くような道で、前夜あまり寝ていないこともあり、アップダウンが体に堪えてしんどかったです。
 光岳小屋にはこの日一番乗りで到着しました。とてもきれいな小屋で展望も良かったです。水場は小屋近くの急斜面を降りたところにありますが、登り返しが地味にきついです。小屋での荷物整理後に光岳へ。大菩薩嶺みたいな感じの残念な山頂でしたが、百名山66座目をゲットできました。その後、時間もあるので光石へ。巨大な石灰岩の塊は周りの雰囲気に合わない不思議な姿で、この山が百名山に選ばれた理由がわかったような気がしました。
 小屋に戻ると人がいっぱい!その後も次々と人が押し寄せ、最終的には40人以上に。シーズンさながらの混雑ぶりでした。後で聞いた話だと、我々と逆向きの聖岳→光岳ルートだと小屋はかなり空いていたようです。また、夜の寒さが心配でしたが、エアマットに3シーズン用シュラフ(イスカAir450)で十分でした。
 2日目は聖平小屋までの縦走。朝からガスが立ち込め気味で展望はあまり期待できませんでしたが、時間とともに晴れてきて快適な縦走を楽しむことができました。特に上河内岳山頂からの展望は素晴らしかったです。ちょこっと寄り道になりますが、ぜひ登るべきだと思いました。また、冬仕様に変貌しかけた雷鳥さんにも会うことができたのもラッキーでした。
 聖平小屋もきれいな小屋でしたが、窓の外側に庇が下ろされた状態で雨戸的になっているため、小屋内は真っ暗。ヘッドランプだと心もとないので、ランタンがあると便利だと思います。この日の宿泊は15人ほどで、ほとんどの方が我々と同じく光岳から来たようでした。
 3日目、いよいよ聖岳へ。朝から晴れ、さほど寒くもない好条件。薊畑に荷物をデポし山頂へアタック。樹林帯から森林限界を超えて足元はガレ場へと変わり、高山の感じに。じっとしていると寒いですが、暑がりの私は半袖Tシャツにロングスリーブでちょうどいい感じでした。急な登りで呼吸も苦しくなるはずですが、体が麻痺しているのか、気分が高揚しているのか、妙に元気でした。目の前に広がる絶景を堪能しながら、氷化した雪が残る山頂へ。素晴らしい展望の中、百名山67座目をゲットできました。山頂からは赤石岳や悪沢岳、塩見岳のほか、遠く穂高岳や槍ヶ岳も見えました。
 絶景が名残惜しいですが、これからが大変な標高差2,300mの下山。膝が崩壊しないように体を労わりながら下山しました。西沢渡の川渡しのかごは噂通り力が要って大変で、腕がパンパンになりました。
 その後、長い林道を歩き切り、いざマイカーで帰ろうとすると帰り道が通行止め。工事があるのは看板等で見ていましたが、まさか祝日もやっているとは思わず、作業が終わる17時まで2時間ほど足止めに。正直「えー通られへんのー?」と思いましたが、こういう工事をしていただいてこそ通れるもの。ありがたいことですし、「ほんま、お疲れさまです!」という感じです。
 11月に登る光岳と聖岳。気温や天候、小屋の感じなど、心配要素もありましたが、とても充実した山行になりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1894人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ