また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2680437 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

鶏冠山・甲武信ヶ岳(道の駅みとみから周回 甲武信小屋泊)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月26日(月) ~ 2020年10月27日(火)
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅みとみ 4:00 到着 駐車場で1時間程仮眠をとる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間53分
休憩
1時間43分
合計
8時間36分
S道の駅みとみ06:1006:16西沢渓谷入口バス停06:29ねとりインフォメーション06:36徳ちゃん新道登山口06:41二俣吊橋06:49渡渉ポイント06:5907:00鶏冠谷出合06:41(休憩)06:4508:36チンネノコル08:4609:31第二岩峰09:3609:40第三岩峰迂回点09:4309:54第三岩峰10:1110:35鶏冠山(昼食)10:5311:472,177m地点11:5312:32(休憩)12:3613:19木賊山13:2513:37甲武信小屋13:55甲武信ヶ岳14:1514:27甲武信小屋
2日目
山行
5時間10分
休憩
1時間12分
合計
6時間22分
甲武信小屋06:0006:12戸渡尾根分岐06:52破風山避難小屋06:5907:35破風山07:4008:01東破風山08:0608:49雁坂嶺09:0709:30雁坂峠09:4210:15井戸ノ沢出合10:2010:57沓切沢出合11:15沓切沢橋11:3512:00雁坂トンネル有料道路料金所駐車場12:16雁坂峠登山道入口12:22道の駅みとみG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
チンネノコル〜鶏冠山稜線上:岩場、痩せた稜線での滑落に注意。
鶏冠山〜木賊山:標識はあるが少なく、ルートは赤テープ頼り。踏み跡がはっきりしない場所も多い。
木賊山〜甲武信ヶ岳〜雁坂峠〜道の駅みとみ:明確な登山路で標識類も要所にあり、歩き易い。
その他周辺情報日帰り温泉:三富温泉 白龍閣 0553-39-2611 500円 いいお湯で、宿の方の対応も良くお勧めです。沢沿いの小さな露天風呂がいい。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ コッフェル ガスストーブ ヘルメット

写真

道の駅みとみの駐車場。何組かの登山者が夜明け前に出発していった。6時10分に出発。まずは西沢渓谷方向へ歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みとみの駐車場。何組かの登山者が夜明け前に出発していった。6時10分に出発。まずは西沢渓谷方向へ歩いて行く。
ねとりインフォメーションを過ぎて、西沢山荘へ。かなり以前から営業停止している。この前に徳ちゃん新道登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねとりインフォメーションを過ぎて、西沢山荘へ。かなり以前から営業停止している。この前に徳ちゃん新道登山口。
二俣吊橋。吊橋に真新しい靴跡。先行者が一人いるようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣吊橋。吊橋に真新しい靴跡。先行者が一人いるようだ。
吊橋から鶏冠山を望む。色付いた山間に急峻な山容。まさしく鶏冠だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋から鶏冠山を望む。色付いた山間に急峻な山容。まさしく鶏冠だ。
4
鶏冠山への分岐。左に行けば西沢渓谷。西沢渓谷はこの先の三重の滝から通行止なので、ハイカーはいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山への分岐。左に行けば西沢渓谷。西沢渓谷はこの先の三重の滝から通行止なので、ハイカーはいない。
河原を歩き、鶏冠谷出合で渡渉。出来るだけ浅く水流の弱い渡渉点を探す。膝下程度の深さ。水は冷たい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原を歩き、鶏冠谷出合で渡渉。出来るだけ浅く水流の弱い渡渉点を探す。膝下程度の深さ。水は冷たい。
1
坐って靴下、靴を履きながら景色を眺める。紅葉が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坐って靴下、靴を履きながら景色を眺める。紅葉が美しい。
1
鶏冠谷出合から、いよいよ山道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出合から、いよいよ山道に入る。
1
尾根筋の急峻な登りが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋の急峻な登りが続く。
1
歩き始めて2時間程。時々歩を止めて周りを眺める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて2時間程。時々歩を止めて周りを眺める。
2
振り返ると黒金山(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると黒金山(右)。
2
山頂への⇒の先は崖。何処を歩けと言うんだ?崖に沿ってトラバースしろという事だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への⇒の先は崖。何処を歩けと言うんだ?崖に沿ってトラバースしろという事だった。
2
急登続きでやっとチンネノコル。鶏冠山のメインルートは此処からが核心。でも疲れた〜。ここでヘルメット着用。これからの岩場に備える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登続きでやっとチンネノコル。鶏冠山のメインルートは此処からが核心。でも疲れた〜。ここでヘルメット着用。これからの岩場に備える。
1
岩の↑の先には大きな倒木。ここを潜って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の↑の先には大きな倒木。ここを潜って行く。
1
岩場が続く。この岩も木の間を縫って攀じ登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が続く。この岩も木の間を縫って攀じ登る。
2
攀じ登った岩を上から眺める。高度感があるね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
攀じ登った岩を上から眺める。高度感があるね。
2
ツインピークスのように見えるが、右に国師ヶ岳と左に北奥千丈岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツインピークスのように見えるが、右に国師ヶ岳と左に北奥千丈岳。
3
複雑に入り込んだ深い谷は、紅葉で彩られている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複雑に入り込んだ深い谷は、紅葉で彩られている。
1
第三岩峰。う〜ん。あの上に立てるのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三岩峰。う〜ん。あの上に立てるのだろうか?
4
破風山(左)、雁坂嶺(中央)、水晶山(右)と続く稜線。明日はあの稜線を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山(左)、雁坂嶺(中央)、水晶山(右)と続く稜線。明日はあの稜線を歩く。
1
第二岩峰?切り立った岩場の上に鎖が見える。。あの岩を登るの??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰?切り立った岩場の上に鎖が見える。。あの岩を登るの??
2
岩の下から見上げてルートを確認する。鎖もあるので何とか登れそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の下から見上げてルートを確認する。鎖もあるので何とか登れそう。
2
岩を乗り越えて振り返る。後ろには黒金山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を乗り越えて振り返る。後ろには黒金山。
2
谷側の紅葉が、心を落ち着かせてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷側の紅葉が、心を落ち着かせてくれる。
2
目前に第三岩峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目前に第三岩峰。
3
第二岩峰の頂上はこの辺り。さあ次は難所の第三岩峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰の頂上はこの辺り。さあ次は難所の第三岩峰。
1
第三岩峰の岩場。この岩を登るの??もう少し若かったら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三岩峰の岩場。この岩を登るの??もう少し若かったら・・
2
ここは勿論迂回路を選択。この迂回路も結構大変な道。でもあの岩を登る事を考えれば問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは勿論迂回路を選択。この迂回路も結構大変な道。でもあの岩を登る事を考えれば問題なし。
3
第三岩峰頂上。山梨百名山の標柱はかなり朽ちている。後ろに国師ヶ岳から甲武信ヶ岳に続く稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三岩峰頂上。山梨百名山の標柱はかなり朽ちている。後ろに国師ヶ岳から甲武信ヶ岳に続く稜線。
2
国師ヶ岳(右)と北奥千丈岳(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳(右)と北奥千丈岳(左)。
4
黒金山。その手前は西滑頭(2,086m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山。その手前は西滑頭(2,086m)。
2
第二岩峰を下に望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰を下に望む。
1
第三岩峰から鶏冠山への道は、シャクナゲの中を歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三岩峰から鶏冠山への道は、シャクナゲの中を歩いて行く。
1
鶏冠山山頂。少し早めに昼食。少しして若い男性の単独登山者が登って来る。第三岩峰の岩場を登って来られたようだ。羨ましい〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山山頂。少し早めに昼食。少しして若い男性の単独登山者が登って来る。第三岩峰の岩場を登って来られたようだ。羨ましい〜。
2
木賊山(右)と甲武信ヶ岳(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山(右)と甲武信ヶ岳(左)。
2
西破風山(左)、東破風山(中央)、雁坂嶺(右)。手前に戸渡尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西破風山(左)、東破風山(中央)、雁坂嶺(右)。手前に戸渡尾根。
2
水晶山(左)、その隣に古礼山。奥に飛龍山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶山(左)、その隣に古礼山。奥に飛龍山?
1
鶏冠山から木賊山を経由して甲武信ヶ岳へ向かう。結構遠いなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山から木賊山を経由して甲武信ヶ岳へ向かう。結構遠いなあ。
1
痩せた稜線上をアップダウンを繰り返しながら歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた稜線上をアップダウンを繰り返しながら歩いて行く。
2,177m峰。左に甲武信ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,177m峰。左に甲武信ヶ岳。
1
振り返って鶏冠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って鶏冠山。
1
中央に広瀬湖。その少し手前に道の駅みとみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に広瀬湖。その少し手前に道の駅みとみ。
2,177m峰を過ぎると、コメツガやシラビソ、シャクナゲの森を、赤テープ頼りに登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,177m峰を過ぎると、コメツガやシラビソ、シャクナゲの森を、赤テープ頼りに登って行く。
1
木賊山が少しは近づいて来たか。私の脚では、まだここから1時間かかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山が少しは近づいて来たか。私の脚では、まだここから1時間かかった。
1
シラビソ林。シラビソの若木を掻き分けて登って行く。途中赤テープが2方向に分かれた。地図で確認し、左側の赤テープルートを登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソ林。シラビソの若木を掻き分けて登って行く。途中赤テープが2方向に分かれた。地図で確認し、左側の赤テープルートを登る。
1
木賊山。鶏冠山で会った登山者が一人。凄く早く歩く方で、多分私より1時間近く早く着いたはず。頼りない足取りの私を心配して安否確認をしてくれたのかも。ありがとうございます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山。鶏冠山で会った登山者が一人。凄く早く歩く方で、多分私より1時間近く早く着いたはず。頼りない足取りの私を心配して安否確認をしてくれたのかも。ありがとうございます!
1
木賊山から甲武信小屋に向かって下っていく。正面に甲武信ヶ岳、右に三宝山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山から甲武信小屋に向かって下っていく。正面に甲武信ヶ岳、右に三宝山。
1
今日宿泊する甲武信小屋を横目に、一気に甲武信ヶ岳へ。5年ぶりの甲武信ヶ岳山頂だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日宿泊する甲武信小屋を横目に、一気に甲武信ヶ岳へ。5年ぶりの甲武信ヶ岳山頂だ。
1
中央右にちょこっと頭を出す金峰山。五丈石も見える。その手前は朝日岳。左に国師ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央右にちょこっと頭を出す金峰山。五丈石も見える。その手前は朝日岳。左に国師ヶ岳。
1
三宝山。山頂直下の岩場は三宝岩。当初予定ではこの後、三宝山まで往復する予定であったが、鶏冠山ルートで疲れてしまったので断念する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝山。山頂直下の岩場は三宝岩。当初予定ではこの後、三宝山まで往復する予定であったが、鶏冠山ルートで疲れてしまったので断念する。
1
ガレ場を2人の登山者が登って来る。毛木平から来られたようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を2人の登山者が登って来る。毛木平から来られたようだ。
頭だけ出してくれている富士山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭だけ出してくれている富士山!
甲武信ヶ岳を後にして、正面に木賊山を見据えながら甲武信小屋へと下りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳を後にして、正面に木賊山を見据えながら甲武信小屋へと下りていく。
甲武信小屋到着。お疲れ様でした。受付をして一休み。宿泊者は10名程か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋到着。お疲れ様でした。受付をして一休み。宿泊者は10名程か。
小屋前のウッドデッキにて夕食。メニューはサバ味噌鍋。アルコールが身に染みる。30年前のエバニューのコッフェルはまだ現役だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前のウッドデッキにて夕食。メニューはサバ味噌鍋。アルコールが身に染みる。30年前のエバニューのコッフェルはまだ現役だ。
3
昨夜は熟睡して、5時起床。寒いので朝食は小屋内で自炊。かぼちゃのポタージュスープとパンの朝食。食後のコーヒーが美味しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜は熟睡して、5時起床。寒いので朝食は小屋内で自炊。かぼちゃのポタージュスープとパンの朝食。食後のコーヒーが美味しい。
1
6時前、小屋の方にお礼の挨拶をして外へ。朝焼けが美しい。太陽はこの時期、ここからは見えないようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時前、小屋の方にお礼の挨拶をして外へ。朝焼けが美しい。太陽はこの時期、ここからは見えないようだ。
今日は、破風山、雁坂嶺を経由して道の駅みとみへ下山する予定。清々しい空気に包まれながら出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、破風山、雁坂嶺を経由して道の駅みとみへ下山する予定。清々しい空気に包まれながら出発。
朝日に輝く甲武信ヶ岳(左)と三宝山(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く甲武信ヶ岳(左)と三宝山(右)。
西破風山。ザレ場は霜が降りて白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西破風山。ザレ場は霜が降りて白い。
1
広瀬湖方面。雲が低く垂れこめる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広瀬湖方面。雲が低く垂れこめる。
1
振り返って木賊山。山頂は雲がかかっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って木賊山。山頂は雲がかかっている。
1
立ち枯れした場所が多い。縞枯れ現象というとシラビソか。ダケカンバが混じっているように思える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れした場所が多い。縞枯れ現象というとシラビソか。ダケカンバが混じっているように思える。
1
この角度で見る破風山は、富士山のように綺麗な形。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度で見る破風山は、富士山のように綺麗な形。
1
鞍部に破風避難小屋。中を覗いてみる。よくある避難小屋の作りで、写真を撮ろうと思ったが、何かと噂のある小屋なので止めておく。小心者!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に破風避難小屋。中を覗いてみる。よくある避難小屋の作りで、写真を撮ろうと思ったが、何かと噂のある小屋なので止めておく。小心者!
1
破風山避難小屋から、西破風山への登りとなる。振り返って、木賊山(左)、甲武信ヶ岳(中央)、三宝山(右)。左下に破風山避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋から、西破風山への登りとなる。振り返って、木賊山(左)、甲武信ヶ岳(中央)、三宝山(右)。左下に破風山避難小屋。
1
白く見えるのは霜。だが、寒くはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く見えるのは霜。だが、寒くはない。
1
遠く浅間山。前回の山行で見た浅間山は雪を冠っていたが、もう融けてしまったかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く浅間山。前回の山行で見た浅間山は雪を冠っていたが、もう融けてしまったかな。
ひと登りで(西)破風山。山梨百名山の標柱。すぐ近くで鹿が鳴き続ける。警戒しているのだろう。写真を撮ろうとすると逃げていった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りで(西)破風山。山梨百名山の標柱。すぐ近くで鹿が鳴き続ける。警戒しているのだろう。写真を撮ろうとすると逃げていった。
破風山を後にして、東破風山に向かう。黒金山と眼下に広瀬湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山を後にして、東破風山に向かう。黒金山と眼下に広瀬湖。
稜線を歩いて行く。岩とコメツガ、シラビソの道。ルートは明確で歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を歩いて行く。岩とコメツガ、シラビソの道。ルートは明確で歩き易い。
(西)破風山(右手前)と木賊山、甲武信ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(西)破風山(右手前)と木賊山、甲武信ヶ岳。
東破風山を後にして、今日最後のピーク、雁坂嶺(右)に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東破風山を後にして、今日最後のピーク、雁坂嶺(右)に向かう。
振り返って東破風山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って東破風山。
快適な稜線の道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な稜線の道。
1
雁坂嶺。これは山梨百名山の標柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂嶺。これは山梨百名山の標柱。
その向かいに埼玉県の標柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その向かいに埼玉県の標柱。
この標柱、三角点を真ん中にして向かい合って立たされている。何か対抗心を感じるなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標柱、三角点を真ん中にして向かい合って立たされている。何か対抗心を感じるなあ。
歩いて来た稜線を振り返る。稜線は、破風山(中央)から手前に東破風山を経てここまで続く。木賊山方面はすっかり雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た稜線を振り返る。稜線は、破風山(中央)から手前に東破風山を経てここまで続く。木賊山方面はすっかり雲の中。
さあ、あとは雁坂峠を経て下山するのみ。鞍部の白いベンチのある場所が雁坂峠。その先の山は水晶山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、あとは雁坂峠を経て下山するのみ。鞍部の白いベンチのある場所が雁坂峠。その先の山は水晶山。
雁坂峠。日本三大峠として有名。因みにあとの二つは、三伏峠(南ア)と、針ノ木峠(北ア)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠。日本三大峠として有名。因みにあとの二つは、三伏峠(南ア)と、針ノ木峠(北ア)。
雁坂峠から雁坂嶺方向を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠から雁坂嶺方向を望む。
ここからは道の駅みとみまで下り。あの沢沿いを下って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは道の駅みとみまで下り。あの沢沿いを下って行く。
笹原を下る。砂利道で歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を下る。砂利道で歩き易い。
カラマツは黄葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツは黄葉。
モミジも色づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジも色づく。
1
小さな沢を渡渉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな沢を渡渉。
1
紅葉の中を、どんどん標高を下げていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の中を、どんどん標高を下げていく。
1
紅も混じるが、燃えるような紅色は少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅も混じるが、燃えるような紅色は少ない。
1
沢沿いの道に紅葉は良く似合う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道に紅葉は良く似合う。
1
渡渉ポイント。何とか濡れずに渡る。水量が少なめで良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント。何とか濡れずに渡る。水量が少なめで良かった。
標高が下がってくると、ブナやミズナラの黄葉が目立つようになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がってくると、ブナやミズナラの黄葉が目立つようになる。
1
沓切橋まで来ると山道は終了。ここで昼食。朝、甲武信小屋で水を入れておいたフリーズドライのドライカレー。食べ頃の柔らかさになっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓切橋まで来ると山道は終了。ここで昼食。朝、甲武信小屋で水を入れておいたフリーズドライのドライカレー。食べ頃の柔らかさになっている。
沓切橋から沢を覗き込む。薄陽が当たると色が映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓切橋から沢を覗き込む。薄陽が当たると色が映える。
あとは錦秋の山々を眺めながら、舗装路を下って行くのみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは錦秋の山々を眺めながら、舗装路を下って行くのみ。
1
雁坂トンネル入り口と橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂トンネル入り口と橋。
雁坂峠登山道入口。もうゴールはすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠登山道入口。もうゴールはすぐ。
道の駅みとみにゴール!お疲れ様でした。さあ、温泉に入って帰ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みとみにゴール!お疲れ様でした。さあ、温泉に入って帰ろう。
駐車場から歩いて来た山々を望む。鶏冠山(左)、木賊山(中央)、破風山(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から歩いて来た山々を望む。鶏冠山(左)、木賊山(中央)、破風山(右)。

感想/記録

今日は鶏冠山。ついでに甲武信ヶ岳。
鶏冠山は初めて、甲武信ヶ岳は5年ぶりの山行となる。
鶏冠山の岩場が続く稜線を歩きたくて計画する。
日帰りでは体力的に不安なので、甲武信小屋泊まりとし、復路は破風山、雁坂嶺を周回するコースとした。

1日目:早朝6時過ぎに道の駅みとみを出発。やや寝不足気味だが、体調は悪くない。
しかし鶏冠谷出合からチンネノコルまでの急登で、早くも疲れてしまった。いつもの日帰り荷物に、自炊道具や食材等が増えた分ザックが重い。先週の積雪はすっかり消えたようで、雪装備を省いた分軽くはなったのだが。。

チンネノコルからの岩場の連続は、期待以上に楽しいものだった。しかし身体が付いていかない。
第二岩峰はなんとかクリア。第三岩峰の岩場は、最初から登ろうと思っていなかった。途中で上にも下にも行けない状態となった時ほど恥ずかしいものはない。
素直に迂回路を歩くこととした。

鶏冠山で昼食休憩中に、今日初の登山者が登って来る。若い単独の男性登山者だ。第三岩峰もなんなく登ってこられたようで、羨ましい。
ひじょうに感じのいい男性で、私が先に出発する時に、”遭難していたら助けて下さい!”と言葉をかけると、”分かりました!”と快活に返答をくれた。

鶏冠山から木賊山へのルートは、森の中を赤テープ頼りに登って行く。
身体に疲れも溜まってきており、ゆっくりと休み休みの歩きとなる。
甲武信小屋泊まりの計画だったので、焦る事無く歩いて行く。山行において時間的余裕は大事だ。
鶏冠山で出会った登山者は、早々に疾風のように追い抜いて行った。

木賊山に到着した時に、その登山者が休憩中であった。
挨拶をして、ひじょうに大変だったと素直に伝える。
彼の歩き方からすると、たぶん1時間は早く木賊山に到着していたと思う。
もしかしたら、覚束ない足取りの私が、無事に木賊山に辿り着くかが心配で、待っていてくれたのかも知れない。私の姿を確認した後、早々に下山を始められていたので、その思いを強くする。口には出せなかったが、”ありがとうございます。”

木賊山からは甲武信ヶ岳に寄ってから、宿泊地の甲武信小屋へ。
1年振りの小屋泊まり。他の登山者と山の話に花を咲かせ、アルコールを嗜み、早い消灯を迎えるのであった。

2日目:甲武信小屋から破風山、雁坂嶺を経て下山するコース。標高2,000mを越える奥秩父の稜線上を、アップダウンを繰り返しながら歩いて行く。
登山路は明瞭だし、急で長い登りが無いので気楽なものだ。
平日の為か、他の登山者は、小屋を出てから一人と出会ったのみ。ひじょうに静かな歩きとなった。

雁坂峠からの下りは、錦秋の山の美しさを堪能する。
カエデやカラマツ、ブナやミズナラ等々の色付いた木々が、山を森を賑やかに飾っていた。

道の駅みとみには昼過ぎに到着。
西沢渓谷の周回ルートが通行止めで、ハイカーが来ないのだろう。例年なら平日でも駐車場がいっぱいになる時期なのに、結構空いている。

一つだけ懸念していた熊の出没も、その気配さえ無く、無事山行を終える事が出来た。
そして、今回も安全に山行を楽しむ事が出来た。
ありがとうございます!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:378人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ