また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4256728 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳 横尾尾根(残雪期)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月03日(火) ~ 2022年05月05日(木)
メンバー
 tachibana(記録)
天候初日は朝のうち高雲りのち晴れ、2日目からは快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路は前日夜発の夜行バス
経路を調べる(Google Transit)
GPS
36:07
距離
44.2 km
登り
2,646 m
下り
2,623 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間15分
休憩
26分
合計
9時間41分
S無料トイレ06:0506:41明神館06:46徳本口07:18徳沢公衆トイレ07:1908:13横尾08:3808:52横尾岩小屋跡15:46宿泊地
2日目
山行
11時間53分
休憩
1時間10分
合計
13時間3分
宿泊地04:2015:36天狗原分岐16:4517:12南岳17:1317:23南岳小屋
3日目
山行
10時間7分
休憩
2時間49分
合計
12時間56分
南岳小屋03:5204:02南岳04:0804:30天狗原分岐04:3105:58中岳06:2307:27大喰岳07:4908:06飛騨乗越08:1208:26槍ヶ岳山荘08:5309:34槍ヶ岳10:0810:26槍ヶ岳山荘10:4010:52播隆窟10:5311:06槍沢・天狗原分岐11:28槍沢大曲り11:51ババ平12:26槍沢ロッヂ12:5513:20二ノ俣13:2113:31一ノ俣13:3213:40槍見河原14:20横尾15:16徳澤園15:17徳沢公衆トイレ15:1815:55徳本口15:5616:01明神館16:36小梨平16:44河童橋16:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上高地から横尾までは雪はなし。横尾から第3ガリー入口まで薄い雪。
第3ガリーからアイゼン装着。下部はガレた沢に薄い着雪で滑りやすく、上部は午前中だったこともあり雪は安定していたが左右の枝沢からの落石多い。
第3ガリー稜線から2323ピークあたりまでは薄く着雪した樹林帯の藪漕ぎ。2323の上から2520ピーク辺りまでは着雪したハイマツ帯で雪の踏抜き多い。この間に小ピーク下降時に懸垂2回を行ったがクライムダウンでも可能。横尾の歯一帯は薄く着雪した岩稜で3ピッチ、全てナチュプロ。2729ピークから横尾コルまでは雪稜、2729直前の1回ロープ登攀。横尾コルから天狗原分岐までは午後の腐った雪の急斜面。
南岳−槍ヶ岳は雪稜。槍ヶ岳−ババ平までは腐れ雪、横尾までは雪と土、アイゼンはババ平まで。

装備

個人装備 ダブルロープ50M各自2本 登攀具としてアルパインヌンチャク各自3本程度 支点構築用に長めのスリング2-3本。

写真

上高地出発。5月3日午前6時。
やや雲があるが好天の予感。
2022年05月03日 06:05撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地出発。5月3日午前6時。
やや雲があるが好天の予感。
1
横尾までは従来の歩道は工事中。う回路は工事用のブル道で風情はないが遮る樹がなくて景色はいい。
2022年05月03日 07:13撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾までは従来の歩道は工事中。う回路は工事用のブル道で風情はないが遮る樹がなくて景色はいい。
横尾まで2時間半。
2022年05月03日 08:37撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾まで2時間半。
横尾尾根へ第3ガリーを登る。ガリー入口でアイゼンを装着。
2022年05月03日 09:40撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾尾根へ第3ガリーを登る。ガリー入口でアイゼンを装着。
下部は薄く着雪しており滑りやすく、上部は雪の状態は良いが左右の枝沢からの落石が多い。気を抜けない登り。
2022年05月03日 10:11撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部は薄く着雪しており滑りやすく、上部は雪の状態は良いが左右の枝沢からの落石が多い。気を抜けない登り。
第3ガリー最上部の急斜面。落ちないように慎重に。
2022年05月03日 11:40撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3ガリー最上部の急斜面。落ちないように慎重に。
第3ガリーを詰め上げた稜線から屏風岩。第3ガリーに2時間、上高地から5時間半。
2022年05月03日 11:41撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3ガリーを詰め上げた稜線から屏風岩。第3ガリーに2時間、上高地から5時間半。
2323ピークまでは薄く雪の付いた樹林帯の藪漕ぎ。アイゼンでの藪漕ぎは本当に大変。身に着けているあらゆるものが引っ掛かり、挙句にビレイデバイスのワイヤーが切れて(?)失くなった。
2022年05月03日 12:47撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2323ピークまでは薄く雪の付いた樹林帯の藪漕ぎ。アイゼンでの藪漕ぎは本当に大変。身に着けているあらゆるものが引っ掛かり、挙句にビレイデバイスのワイヤーが切れて(?)失くなった。
藪漕ぎにウンザリしてきたころ木々の間から槍が見えて気分がアガる。
2022年05月03日 15:15撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎにウンザリしてきたころ木々の間から槍が見えて気分がアガる。
2323ピーク周辺から灌木帯に。藪漕ぎほどの苦労はないが、雪の踏み抜きは多く辛いことは変わらない。
2022年05月03日 15:22撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2323ピーク周辺から灌木帯に。藪漕ぎほどの苦労はないが、雪の踏み抜きは多く辛いことは変わらない。
1
涸沢。小屋の周りに苔みたいに見えるテント。すごい数。
2022年05月03日 15:22撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢。小屋の周りに苔みたいに見えるテント。すごい数。
1
2323ピークを過ぎたあたりの平らな場所で幕営とする。上高地出発から9時間弱、藪漕ぎが想定以上に時間がかかる。常念岳が美しい。
2022年05月03日 16:44撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2323ピークを過ぎたあたりの平らな場所で幕営とする。上高地出発から9時間弱、藪漕ぎが想定以上に時間がかかる。常念岳が美しい。
長い1日、お疲れさまでした。
2022年05月03日 20:08撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い1日、お疲れさまでした。
翌日5月4日は2時起床、4時過ぎに出発。常念岳の脇からの曙光。
2022年05月04日 04:20撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日5月4日は2時起床、4時過ぎに出発。常念岳の脇からの曙光。
横尾尾根から常念岳、午前5時。
これだけ見ても来て良かったと思う。
2022年05月04日 04:58撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾尾根から常念岳、午前5時。
これだけ見ても来て良かったと思う。
北穂のモルゲンロート。
写真の数万倍美しかった。
2022年05月04日 05:00撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂のモルゲンロート。
写真の数万倍美しかった。
5時20分、おはよう!
2022年05月04日 05:20撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時20分、おはよう!
1
まだまだ続くハイマツ帯。
2022年05月04日 05:30撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続くハイマツ帯。
初日の樹林帯では目立たなかったが、雪稜になると先行者のトレースがあった。ありがたかったです。
2022年05月04日 05:39撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日の樹林帯では目立たなかったが、雪稜になると先行者のトレースがあった。ありがたかったです。
横尾の歯。期待したほど雪はなく、風に煽られながらの岩稜トラバースはそれなりに怖かった。3ピッチ。
2022年05月04日 06:30撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾の歯。期待したほど雪はなく、風に煽られながらの岩稜トラバースはそれなりに怖かった。3ピッチ。
2729ピークへ。
2022年05月04日 11:01撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2729ピークへ。
1
よーく見ると槍沢を登る登山者が写ってる。
2022年05月04日 11:31撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーく見ると槍沢を登る登山者が写ってる。
横尾のコルから南-槍の稜線。長くて急な雪の登り。
2022年05月04日 14:07撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾のコルから南-槍の稜線。長くて急な雪の登り。
稜線へ。
2022年05月04日 16:09撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へ。
歩いてきた長い道。午後4時、行動開始より10時間。
2022年05月04日 16:15撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた長い道。午後4時、行動開始より10時間。
1
絶景の夕陽と今晩のネグラの南岳小屋冬季小屋。
前日のテントと比べると天国のような環境で、8時過ぎに就寝。
2022年05月04日 18:27撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景の夕陽と今晩のネグラの南岳小屋冬季小屋。
前日のテントと比べると天国のような環境で、8時過ぎに就寝。
2
3日目、5月5日2時起床、3時半南岳小屋出発。
三日月のせいで月明かりも少なく、天の川が素晴らしかった。
2022年05月05日 04:05撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、5月5日2時起床、3時半南岳小屋出発。
三日月のせいで月明かりも少なく、天の川が素晴らしかった。
朝日キター。
2022年05月05日 04:53撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日キター。
2
槍ヶ岳稜線のモルゲンロート。奇跡の景色。
2022年05月05日 05:02撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳稜線のモルゲンロート。奇跡の景色。
中岳。雪の急斜面の渾身の登りを終えて、この笑顔。
2022年05月05日 06:10撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳。雪の急斜面の渾身の登りを終えて、この笑顔。
槍が近づいてくる!
2022年05月05日 07:28撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍が近づいてくる!
1
歩てきた長い長い横尾尾根。思わず感慨に耽る。
2022年05月05日 07:32撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩てきた長い長い横尾尾根。思わず感慨に耽る。
到着!槍ヶ岳山荘!!
2022年05月05日 08:32撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!槍ヶ岳山荘!!
槍ヶ岳登頂。上高地出発から51時間30分。
2022年05月05日 09:36撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳登頂。上高地出発から51時間30分。
1
やったー。
2022年05月05日 09:38撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー。
2
北鎌尾根。何時かはここも。
2022年05月05日 09:39撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌尾根。何時かはここも。
槍ヶ岳と鯉のぼり。
2022年05月05日 10:28撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と鯉のぼり。
ババ平まではヒールステップを効かせながらスピードに乗ってガンガン下る。
2022年05月05日 11:04撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ババ平まではヒールステップを効かせながらスピードに乗ってガンガン下る。
ただいま。
余韻に浸りながら6時間の下山。
2022年05月05日 16:48撮影 by SH-M15, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいま。
余韻に浸りながら6時間の下山。
1
楽しかったよ。また来るよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかったよ。また来るよ。

感想/記録

2022年GWは槍ヶ岳を横尾尾根から。私にとっては初の残雪期槍ヶ岳。
計画では2日目は槍ヶ岳まで行けるかと考えてたが、初日はウンザリするほどの藪漕ぎ、2日目は果てることない腐れ雪との格闘で予想以上に時間を費やし、結局3日間まるまる使った山行となった。重い登攀具を持っての雪山縦走は厳しかったが、天気に恵まれて景色もよく、それだけにやり遂げた充実感のある山行となった。
共に登り歩いた仲間に尽きない感謝。また共に北アルプスを歩きましょう。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:218人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ