また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 514875 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

南岳新道〜大キレット〜北穂高岳縦走

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
 Sirozou(CL)
, その他メンバー1人
天候初日:晴れのち曇り  二日目:晴れのち曇り 三日目:曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:夜行あるぺん号にて新穂高温泉下車。

復路:上高地(バス)〜新島々(松本電鉄)〜松本(特急あずさ)〜新宿下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間50分
休憩
40分
合計
9時間30分
S新穂高温泉06:0010:00滝谷出合10:1011:00槍平小屋(昼食)11:3015:30南岳小屋
2日目
山行
6時間50分
休憩
1時間30分
合計
8時間20分
南岳小屋06:4007:40最低コル08:20長谷川ピーク09:30飛騨泣き10:30北穂高岳(昼食)12:0015:00涸沢小屋
3日目
山行
4時間20分
休憩
2時間40分
合計
7時間0分
涸沢小屋07:3009:50横尾10:0010:00徳沢(昼食)12:3014:30上高地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

新穂高バスターミナルよりスタート。
2014年09月13日 06:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高バスターミナルよりスタート。
穂高平小屋
2014年09月13日 07:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平小屋
笠ヶ岳方面
2014年09月13日 08:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面
滝谷出合を通過。
2014年09月13日 10:00撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷出合を通過。
穂高の稜線を仰ぎ見る。
2014年09月12日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の稜線を仰ぎ見る。
槍平小屋到着。
2014年09月12日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋到着。
南岳新道を登る。
2014年09月12日 12:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳新道を登る。
蒲田川を見下ろす。
2014年09月13日 13:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒲田川を見下ろす。
ハシゴ混じりの急な登りが延々と続く。もうすぐ稜線。
2014年09月12日 13:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ混じりの急な登りが延々と続く。もうすぐ稜線。
救急箱が設置してあった。標高2600m付近。
2014年09月12日 14:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救急箱が設置してあった。標高2600m付近。
ガレ場のトラバース。疲労のせいか、空気が薄いせいか、思う様にペースが上がらない(;´д`)
2014年09月12日 14:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場のトラバース。疲労のせいか、空気が薄いせいか、思う様にペースが上がらない(;´д`)
ようやく南岳小屋が見えてきた。槍平から四時間弱。
2014年09月12日 15:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく南岳小屋が見えてきた。槍平から四時間弱。
宿泊カード記入例。
切戸渡(リーダー)、長谷川ピー助、飛騨泣子……(笑)
2014年09月13日 04:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊カード記入例。
切戸渡(リーダー)、長谷川ピー助、飛騨泣子……(笑)
南岳小屋の夕食。中華テイスト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋の夕食。中華テイスト。
こちらは朝食。シンプルで食べやすい。
2014年09月13日 05:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは朝食。シンプルで食べやすい。
日の出。手前のシルエットは常念岳。
2014年09月14日 05:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出。手前のシルエットは常念岳。
雲海の向こうに富士山と甲斐駒ヶ岳。
2014年09月14日 05:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに富士山と甲斐駒ヶ岳。
朝日浴びる大キレット。
2014年09月14日 05:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日浴びる大キレット。
南岳小屋を出発。
2014年09月13日 06:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋を出発。
双六岳・黒部五郎岳方面
2014年09月14日 06:44撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳・黒部五郎岳方面
大キレットに向かう。アプローチは申し分無し。
2014年09月14日 07:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレットに向かう。アプローチは申し分無し。
鎖場やハシゴを通過し、最低コルに向かう。
2014年09月13日 07:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場やハシゴを通過し、最低コルに向かう。
振り替えると南岳。
2014年09月14日 07:44撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り替えると南岳。
長谷川ピークが迫ってきた。
2014年09月14日 07:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークが迫ってきた。
長谷川ピークへの登り。
2014年09月14日 08:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークへの登り。
長谷川ピーク着。絶景。
2014年09月13日 08:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク着。絶景。
遠くに白山も見える。
2014年09月14日 07:47撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに白山も見える。
長谷川ピークをクライムダウンで下る。
2014年09月13日 08:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークをクライムダウンで下る。
いよいよ飛騨泣きに突入。
2014年09月13日 09:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ飛騨泣きに突入。
長谷川ピーク全容。
2014年09月14日 08:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク全容。
飛騨泣き核心部を見下ろす。
2014年09月14日 09:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣き核心部を見下ろす。
北穂高岳まであと200m。一番苦しいところ。
2014年09月13日 10:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高岳まであと200m。一番苦しいところ。
振り返ると絶景が広がっていた。
2014年09月14日 09:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景が広がっていた。
北穂高小屋が見えているのに…なかなか着かない。
2014年09月13日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高小屋が見えているのに…なかなか着かない。
北穂のテラスで味噌ラーメンを頂く。
2014年09月13日 11:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂のテラスで味噌ラーメンを頂く。
憧れの風景が目の前に広がる。
2014年09月14日 10:44撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れの風景が目の前に広がる。
こちらは前穂高岳。
2014年09月14日 10:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは前穂高岳。
頂上は人で一杯。
2014年09月13日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は人で一杯。
涸沢岳から奥穂高岳への稜線。
2014年09月14日 10:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳から奥穂高岳への稜線。
涸沢のテント村を俯瞰する。
2014年09月14日 14:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢のテント村を俯瞰する。
涸沢小屋の夕食。鶏肉のトマトソース和え・かぼちゃの煮ころがし・その他
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋の夕食。鶏肉のトマトソース和え・かぼちゃの煮ころがし・その他
涸沢の星空。
2014年09月13日 21:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の星空。
テント村の夜景。
2014年09月14日 19:12撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント村の夜景。
朝。穂高がモルゲンロートに染まる。
2014年09月14日 05:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。穂高がモルゲンロートに染まる。
名残惜しい風景だがそろそろ下山開始。
2014年09月14日 07:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しい風景だがそろそろ下山開始。
徳沢にて。
2014年09月15日 11:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢にて。
徳沢園で昼食。カレーライス【大盛】を試しに頼んだら本当に出てきた(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園で昼食。カレーライス【大盛】を試しに頼んだら本当に出てきた(笑)。
さよなら穂高。あのジャンダルムにいつの日か…。
2014年09月15日 16:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら穂高。あのジャンダルムにいつの日か…。

感想/記録

二度目のキレット越え。今回はムチャクチャ急登(笑)と評判の南岳新道から詰めてみました。
南岳新道はハシゴ混じりの急登が続く上、距離も長いのでペース配分が重要です。道幅も狭いので注意が必要ですが、崩壊地や不明瞭な場所はありません。
また意外と虫が多く(九月半ば)、刺されやすい人は虫避けスプレーを忘れない様に。

大キレットは危険箇所は頑丈に補強されているので心配ありません。むしろ秋の三連休だったので稜線で渋滞に悩まされる事が多く、飛騨泣き付近でも長時間待たされる事がありました。

小屋はいずれも超満員。北穂高小屋・穂高岳山荘とも、今後は要予約になるとの事でした。
訪問者数:376人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ